キックバイク(ストライダー)は必要?選び方と安全な乗り方

28437ddfbac244e8c85d932739470f61

この記事の読了時間は約 7 分です。

キックバイク(ストライダー)は本当に必要?

公園や広場に行くと、小さな子どもがペダルがない自転車で一生懸命走っている姿を見かけますよね。ママにはお馴染みですが、これは自転車に乗る前の子どもが乗るペダルなし自転車です。

ただし呼び方は様々で、キックバイク、キッズバイク、バランスバイク、トレーニングバイク、ランニングバイクで認識している人もいるでしょう。

または、ストライダーやディーバイクなどのメーカー名で認識している人もいるかもしれません。一般的には、ストライダーで認識している人が一番多いかな。

うちは息子のときは年上のお友だちに借り、娘のときは3歳前に購入して使っていました。そして、そのメリットを実感しています。

キックバイクは2010年前後に流行し、いまだにその人気が根強いのですが、なぜこれだけ使われているのでしょうか。キックバイクは、子どもにとってどのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は、キックバイクのメリットと使い方や注意点についてお話したいと思います。

キックバイクとは

キックバイクとは、ペダルがついておらず、足で地面を蹴って進む乗り物のことです。海外での呼び方はバランスバイク(balance bike)ですが、日本では商標の関係上キックバイクです。

対象年齢は主に2歳から5歳で、自転車との大きな違いはペダル、クランク、チェーン、ブレーキ、カゴ、スタンド、ベルがないことです。そのため、公道で乗ることはできません。

日本で最も有名なキックバイクは、以下のストライダーですね。ストライダーは2009年から販売を開始し、2015年3月までで累計販売台数100万台を突破しています。

ストライダーカップ、ストライダーエンジョイカップ、ストライダーワールドチャンピオンシップなどのレースが全国、世界で行われているため、子どもの初めての挑戦として鼻息の荒いママもけっこういます。

参考|Strider Event| ストライダーイベント

キックバイクに乗るメリット

なぜこれほどキックバイクが流行っているのかというと、以下のメリットが考えられるためです。

メリット1.バランス感覚が養われる

キックバイクに乗っている間は、常にバランスを取っていなければいけません。曲がるときも体重移動とハンドルを切る動きが必要なため、子どものバランス感覚が向上します。

メリット2.反射神経が養われる

キックバイクに慣れてきた子どもは、前方の障害物もスッと避けられます。補助輪ありの自転車よりもスピードが出る場合もあるため(危険かどうかは別にして)、子どもの反射神経が向上します。

メリット3.補助輪なし自転車に早く乗れる

キックバイクは、進むことも止まることもすべての制御を子どもの足のみで行ないますが、乗っている間の操作性は自転車とほとんど変わりません。

そのため、キックバイクに慣れると、補助輪なしの自転車に移行するのがとても早くなります。

補助輪なし自転車の乗り方は?簡単な練習方法と教え方のコツ

キックバイクを選ぶポイント

キックバイクは公道を走ることができないため、自転車の代わりにはなりません。それを踏まえて、どのように選べば良いかを考えましょう。

選び方1.年齢は2歳から3歳

キックバイクの対象年齢は2歳から5歳ですが、初めての自転車は3-4歳から乗ることが多いため、2-3歳から1年ほどキックバイクに乗ることをおすすめします。

運動神経に多少の差はありますが、4歳を過ぎてからキックバイクに乗ると小さく感じますし、他の子が自転車に乗っている横でキックバイクに乗るのは少しかわいそうです。

選び方2.実はブレーキは邪魔になる

最近のキックバイクには、ブレーキやスタンドが付いた商品があります。一見良さそうに思いますが、2歳の子どもにはブレーキを握る握力はありませんし、操作もできません。

また、キックバイクで転ぶときは、大抵ハンドルを切って倒れるため、ブレーキがあると身体をぶつけてしまい逆に危険です。そのため、ブレーキは必要ないと思います。

選び方3.ママのためにも軽い方が良い

もちろん子どもにとってキックバイクは軽い方が良いのですが、大人にとっても軽い方がありがたいです。

子どもは遊んでいてもすぐに飽きます。さっきまでキックバイクで遊んでいたのに、今は追いかけっこ……。「あれ?キックバイクは?」ということがよくあります。

最終的に子どもが遊び疲れると、ママがキックバイクを持ち運ばなければいけません。重さは3-5kgほどですが、2kgの差は割と大きいと思います。

選び方4.付加機能はお得ではない

ブレーキやスタンドが付いて、値段が安いキックバイクもたくさんありますが、機能がついてるからお得!ではありません。

機能がつくということは、それだけゴテゴテするということです。ゴテゴテすると重くなりますし、引っ掛けてケガをすることもあります。子どもが乗るものなので、シンプルで質が高いものを選びましょう。

選び方5.色は派手な方が便利

キックバイクに乗っていると、キックバイクに乗っている子同士で遊ぼうということになります。ところが、前述した通り、子どもは遊んだら遊びっぱなしで、そこら中にキックバイクの放置もよくあります。

とりあえず今すぐは取りに行かなくても、派手な色だと遠くから見つけやすくなります。

選び方6.譲ってもらえると嬉しい…

価格帯は5,000円から1万円超ほどです。最も有名なストライダーは1万円超、ディーバイクも同じくらいですね。スパーキーが7,000円弱ほどです。

キックバイクの選び方とは言いましたが、2-3歳の1年、長くて2年ほどしか使わないことを考えると、本当は誰かから借りられるのが1番良いんですけどね……(^_^;)

キックバイクの安全な乗り方・使い方

キックバイクを上手く乗るコツは、特にありません。キックバイクにまたがって、靴の裏が地面にピッタリつけば、あとは歩きながら少しずつ慣れていくでしょう。

ただし、子どもがキックバイクに安全に乗るために、ママは以下のことに注意してください。

安全な乗り方1.道路で乗らない

何度も言いますが、キックバイクは公道では乗れません。消費者庁によると、キックバイクの事故の多くは公道で起こっています。また、駐車場や人との接触の可能性がある場所でも乗ってはいけません。

安全な乗り方2.ヘルメットを着用する

基本的に、キックバイクに乗るときはヘルメット着用の義務はありません。ただし、今後自転車に乗るときはヘルメットが必要になるため、購入しておいた方が良いでしょう。

ヘルメットの選び方はこちらを参考にしてください。

初めての自転車のサイズと選び方は?子どもの身長別インチ数

安全な乗り方3.服装は肌が隠れるもの

子どもは必ずキックバイクで転びます。そのため、服装はなるべく肌が隠れるものをおすすめします。夏場はある程度仕方ないのですが、スカートやタイヤに巻き込む恐れがある服、動きにくい服装はNGです。

安全な乗り方4.プロテクターを着用する

「うちの子運動神経良いから。」というのは間違っています。運動神経が良い子の方が、転んでケガをします。

運動神経が良い子ほどスピードを出せるようになり、曲がるときも急激に曲がります。そのため、肘用・肘用のプロテクターがある方が安心できます。

安全な乗り方5.子どもだけで遊ばない

世の中に100%安全なものはありません。公園や広場でキックバイクに乗っていても、ケガをすることはあります。その際に発見が遅れてしまわないよう、必ず親の目が届くようにしましょう。

わたしが感じたキックバイクの良いところ

最後に、息子と娘がキックバイクを使っていたので、個人的に良かったところをいくつかお話しておきます。ちなみにうちは、ストライダーでした。

娘は少しどんくさいため心配だったのですが、ストライダーに乗るようになってからは、確実に運動神経が良くなったと感じます。

慣れてくるとどんどんスピードを出すようになり、派手に転んで泣いて機嫌が悪くなることもありますが、親にとっても子どもの多少の傷に慣れることは大切です。

また、娘は行動全般的にアグレッシブになった気がします。どちらかと言うと、お家の中で遊ぶことが多かったのですが、ストライダーに乗るようになってからは「ママー、お散歩いこー。」と誘われることが多くなりました。

お付き合いが面倒なときもありますが、娘のためなので仕方なしです。ちなみに、息子は元々運動神経が良くアグレッシブなタイプなので、特に変化なしです。

というわけで、個人的にはキックバイク(ストライダー)はわたしと娘にとってプラスになりました。

もちろん、「どうせすぐ自転車に乗るから必要ないよ。」という意見の人もいるとは思いますが、検討している人の参考になれば。

記事のURLとタイトルをコピー