親子で上手に話すコツは?子どもの会話を引き出す7つの方法

1b16a54f0d77be86ce6b69aae4df1427

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

会話したいのに子どもがそっけない

普段仕事で子どもと触れ合うことが少ないパパは、久しぶりの休日に子どもとコミュニケーションをとると戸惑ってしまうことがあります。

「昔はあんなにベッタリだったのに、今は自分がやりたいことに夢中で、話をしても何だかそっけない……(´;ω;`)」

特に男の子は5-6歳ごろからなかなか生意気になり、質問したことに「わかんない。」「忘れた。」、ひどいときには無視……もあります。もちろん、ママでも会話が難しいと感じる場合もあります。

でもこれは普通のこと。これまで家族が全てだった子どもが、集団生活にシフトして優先順位が変わってきたんです。これもまた成長ですね。

とは言え、子どもとコミュニケーションをとりたい、会話がしたい、触れ合いたいとパパやママが考えることも普通のことですよね。

そこで今回は、子どもとたくさん話をしたいパパやママが、子どもから会話を引き出すための方法・コツなどをお話したいと思います。

子どもの会話を引き出す方法1.基本はあいさつ

あいさつをすることは、社会生活を営む人間としての基本です。

「おはよう」
「おやすみ」
「いってきます」
「いってらっしゃい」
「いただきます」
「ごちそうさま」
「ありがとう」
「ごめんなさい」

もちろん、小さなころからあいさつを大切にして、子どもの躾に取り入れている親はたくさんいます。

「ありがとうは?」「いってらっしゃいは?」など、このような簡単なことで家族の決め事を作っておくことが、会話をするきっかけになります。

ところが、いつの間にか子どもにだけ言わせて、親がおざなりになっている場合があります。たとえば夫婦間での「おはよう」「おやすみ」「ありがとう」「ごめんなさい」もちゃんと言えてますか?

あいさつを家族間のルールにするなら、夫婦の間でもどんなときもあいさつをしなければ、子どもは「場合によってはあいさつをしなくても良い。」と解釈してしまいます。子どもはちゃんと見ていますよ。

子どもの会話を引き出す方法2.話のきっかけは質問から

子どもとたくさん会話をするにはコツが必要です。話しだしたら止まらないマシンガントークの子もいますが、全ての子どもが話し好きなわけではありません。

そのため、まずはパパ・ママから子どもに質問を振ってください。何気ない質問で良いですし、そっけなく返されてもまた別の質問をすれば良いんです。

「今度の日曜日にどこに遊びに行きたい?」
「今日の晩ごはん何食べたい?」
「いつも幼稚園で遊んでいる子なんて名前?」

話をすることが苦手な子でも、たくさん質問をしていればどれかでひっかかってくれます(^_^;)

ただし、何の脈絡もない質問を五月雨でするのはダメですよ。返答があれば、そこから会話を展開していきましょう。

コツは子どもの周辺情報など、答えやすい質問をすることです。答えがわかっていても、会話のきっかけとして質問をすれば良いと思います。

子どもの会話を引き出す方法3.子どもの周辺情報を把握する

子どもとたくさん話しをしたいなら、子どもの周辺情報を把握しておかなければいけません。

お友だちの名前、先生の名前(担任だけじゃダメ)、保育園の行事内容、テレビ番組、習い事、今興味を持っていること、好きな子は誰なのかなどです。

「この前いちご組の○くんのママに会ったけど、サッカー教室に行ってるんだって!知ってる?」
「○先生が○○のこと、すごく褒めてたけど何してあげたの?」
「今度新しいロボットが出てきて、違う合体するんだよ!見ないとな!」

たとえ会話が展開しそうにない質問でも、子どもに興味がある話しかけであれば勝手に話をしてくれるようになります。

特に男の子は夢中になっている戦隊モノやアニメ、女の子はプリンセスモノやディズニーなどのキャラクターについて「教えて」と言うと、延々話してくれます。

子どもの周辺情報を把握することは、子どもが「自分を把握してくれている。」と感じることにつながり、信頼感を強めてくれます。

子どもの会話を引き出す方法4.意味がわからない話も目を見て聞く

「子どもがたくさん話してくれるけど、何言ってるか意味がわからない……。」

保育園の話を聞いていたつもりが、いつの間にかテレビ番組の話だったり、お友だちの話だったり、習い事の話だったり……ということはしょっちゅうです。

「○○っていうのが仲間になるんだけど、そいつどれくらい強いかママ知ってる?」
「(知るか……。)」

たとえ、子どもが話している内容がわからなくても、子どもが一生懸命話しているときは、目を見て聞く姿勢を作りましょう。

もし家事などで忙しい場合は、「忙しいから後にして!」ではなく、「今ご飯作ってるから、食べるときにその話し聞かせて!」と言ってあげてください。

いくら子どもでも、パパやママが適当に聞いてるかどうか位はわかりますよ(^_^;)

「あーパパにもその話し聞かせて!」とパパが乗っかってきてもOKです。とにかく、子どもとの会話は聞き上手になることが大切です。

子どもの会話を引き出す方法5.言葉が出てくるまで待ってあげる

子どもは5-6歳になると話も上手になり、大人が話している内容も子どもなりに理解できるようになります。

と言ってもまだまだ語彙は少なく、途中で会話が止まることも珍しくありません。その場合は、子どもを急かしたり、こちらで予測して答えを言うのではなく、子どもの言葉が出てくるまで待ってあげましょう。

「いいよ、落ち着いてゆっくり話して。」と言ってあげるだけで子どもは安心します。

あまりにも会話が進まない場合は、「あっ、わかった!○○だ!!」とテンション高く答えて、会話を進めるという方法もあります。わざと間違えたりして、笑いを誘っても良いでしょう。

子どもの会話を引き出す方法6.話し方は5W1Hで質問する

親子のコミュニケーションを目的とした会話をするときは、子どもからの話題を中心に会話を展開していきましょう。

その際、5W1Hで会話が展開されるように誘導してあげます。わたしたちは昔、5W1Hを習っているはずです。英語でも国語でも。

話の流れを切らないように、いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)を質問しながら、子どもとの会話が成り立つようにしましょう。

そして、子どもとの会話の最後は必ず、「○○をしたことの理由は○○」というところに持って行きましょう。

最後に理由があると、良いことであれば褒めてあげて、良くないことであればたしなめることができます。

普段から5W1Hで子どもとの会話を作る癖を付けておくと、子どもも会話の作り方がうまくなり、集団行動でリーダーシップを取ってどんどん活発な子になっていきます。

子どもの会話を引き出す方法7.会話でも身体のふれあいは大事

たとえ目的が子どもとの会話でも、親子の身体のふれあいは大切です。子どもは触れ合うことで心を許し、何でも話したくなります。

たまには何の脈絡もなく両手を広げて、「来い!!」と抱っこしてあげましょう。ただ、5-6歳になると体重は20kg前後もあるので、パパは良くてもママはつらいかもしれません(^_^;)

別に抱っこで持ち上げる必要はありません。ギュッとするだけでも良いんです。

また、男の子なら外でサッカーをしたり、いっしょに大きめの遊具で遊ぶなどすると、その遊びを通した感想を同じ目線で共有できます。これはパパだけではなくママも同じで、運動の得意・不得意は関係ありません。

とにかく、子どもといっしょに体を使って遊んだり、触れ合うことで驚くほど話が出てくると思います。スキンシップは特別なことではありません。以下も参考にしてください。

親子のスキンシップの例
1.トランプやおもちゃなどで遊ぶ
2.体を動かす遊びをする
3.いっしょにお風呂に入る
4.本や絵本の読み聞かせをする
5.積極的に話しかける
6.いっしょに食事をする
7.膝に乗せるなどスキンシップをはかる
8.子どもを褒める
子どもと接し方がわからないパパ…親子のスキンシップの方法

子どもと会話する際の注意点

子どもとの会話の注意点1.おもちゃなどで釣らない

子どもと会話をするために、物で釣っていると後から大変になります。

「今度○○買ってやろうか!」「よし、今から○○買いに行こう!」という話の切り出し方が癖になると、子どもは「パパは何か買ってくれる人」と学習してしまいます。

もし子どもが何か欲しいものがあるなら自分の口から言わなければ買ってあげない、買ってあげるときにはちゃんと条件をつけたり、目標を達成させることは、基本的なルールにした方が良いですね。

子どもとの会話の注意点2.認めてあげる

「子どもにこう育って欲しい。」という理想を持っている親は多いと思います。

そのため、会話の中で子どもに、「違う!○○はこうしなきゃダメなんだよ。」というバッサリと切るダメ出しをして、子どもに言い聞かせることもあるでしょう。

ただ、子どもの意見を否定する会話をしてしまうと、子どもは親に対して自分が思うことを言えなくなる可能性があります。

子どもが間違ったことを話してもバッサリ切り捨てる言い方は避け、「どう思ったのか。」「なぜ、そうしたのか。」という感情面の質問をするようにしましょう。

子どもとの会話の注意点3.話を中断しない

子どもと親の立場は、どうしても親の立場の方が上です。そのため、子どもが一生懸命話しているにもかかわらず、つい口をはさみたくなり、子どもの話を中断することがあります。

たとえその話が10回聞いた話しでも、意味がわからない話でも、忙しくてなかなか聞けないときでも、子どもと会話をするときは上の空になったり話を中断せずに、最後まで聞いてあげてください。

中断を繰り返すと、子どもは親子の会話が意味が無いことだと思ったり、自分の話を聞きたくはないのだと感じるようになります。

子どもとのスムーズな会話は赤ちゃんのころから

子どもとスムーズな会話をしたいなら、赤ちゃんのころの語りかけがとても大切だと思います。赤ちゃんへの語りかけをすると、赤ちゃんのちょっとした反応や変化に気付くことができます。

そして、赤ちゃんとコミュニケーションを取り続けていれば、成長しても自然に子どもとの会話ができているはずです。

赤ちゃんに対する語りかけ方
1.基本はあいさつ
2.泣いていたら理由を聞く
3.クーイングにはオウム返し
4.今から行う育児の行為を伝える
5.育児の行為の感想を伝える
赤ちゃんとの会話が苦手…親の自覚を促す語りかけ方と5つの効果

小さいうちは、男の子も女の子も単純で楽なんですけどね。男の子は幼児のころに少し反抗期がある子もいますが、女の子がパパと話をしてくれなくなるのはもうちょっと後ですね。

でも女の子は5-6歳を過ぎると、「パパは嫌い!」って言い始める子もでてくるかもしれません……。パパは後悔する前に、ちゃんと子どもと会話をして、積極的にコミュニケーションを取るようにしてください。

ちなみに、大人でも会話が苦手な人が読む本にも、同じようなことが書いてあったりします(^_^;)

記事のURLとタイトルをコピー