頓服薬と内服薬の服用方法や違いは?分服や頓用の意味は?

8b56ac0338e9513216418a7b09ca5803

この記事の読了時間は約 6 分です。

処方薬、頓服薬、内服薬の使い方や用語がよくわからない

子どもが風邪を引いてしまい、小児科に行くと医師から2種類の薬を処方されました。

1つはシロップタイプの飲み薬で朝と夕方の食後に飲むというもの、もう1つは粉薬で高熱が出たときに飲むというもの。風邪を引いて熱が出た場合の薬としては、よくある組み合わせだと思います。

よく見ると粉薬が入った袋にはどかーんと大きな文字で「頓服薬」というスタンプが押してあります。ここでママは疑問に思いました。

「頓服薬って何?読み方は?」「高熱って何度のこと?(これは説明があるはずなので聞き漏れ……。)」

これまで病気であまり病院に行く機会がなかったママは、出産後に小児科に行く機会が格段に増えます。そして子育てをするうえで、ある程度基本的な医療の知識を持つことが大事なんだと学びます。

では、薬を処方されたときによく目にする「頓服薬」とは何のことでしょう。どのように使えば良いのでしょうか。

今回は、頓服薬と内服薬の服用方法や違いについて、また、分服や頓用などの薬用語の意味についてお話したいと思います。

処方薬(しょほうやく)とは

まず、基本的な知識として「処方薬」の意味を解説しておきます。

処方薬とは、処方箋医薬品の略のことで、病院で出してもらう薬のことです。病院が薬を出すためには、医師の処方箋が必要です。そのため、処方箋医薬品と言います。

処方箋は、病気の治療に必要な薬の種類、量、服用法が記載された書類のことです。処方箋を受け取った薬剤師が調剤を行い、医師の指示のもとで、患者にあった薬が処方されます。

反対に、薬局などで販売されていて、医師の処方箋を必要としない薬のことを市販薬と言います。

頓服薬(とんぷくやく)とは

頓服薬とは、食前、食後、食間のように定期的に飲む薬ではなく、特定の症状が出たときに飲むための薬のことを言います。

「頓」には、たちどころに、すぐに、急になどの意味があり、「服」は、服する、飲むという意味があるため、頓服薬は「特定の症状が出たときに飲むための薬」ということになります。

頓服薬は、高熱、頭痛、下痢、痙攣、吐き気などの症状に応じて病院で処方されるのですが、子どもの場合は、主に解熱や吐き気止めを目的とした頓服薬が多いでしょう。

頓用薬(とんようやく)とは

頓服薬に似た名前で「頓用薬」という薬があります。頓用薬とは、特定の症状が出たときに使用する飲み薬ではない薬のことを言います。

たとえば、高熱が出たときに使う坐薬や腫れを抑えるための塗り薬が頓用薬にあたります。

病気の種類や症状にもよりますが、通常の解熱目的で処方された頓服薬、または頓用役であれば、医師の指定があるのは38.5度以上が多いのではないかと思います。解熱用の頓服薬、頓用役を処方される場合は、以下の様な指示があるはずです。

解熱用の坐薬の場合は、一般的に38.5度以上の高熱があり、ぐずりがひどく、水分も摂れない場合に使うものですし、痙攣抑制用の坐薬の場合は、その子が痙攣を起こしやすい熱(一般的には37.5度)を出した際に予防のために使います。

子どもの症状には個人差があるため、医師はその子の平熱や病気の種類、病状などを基にして「1回目は38度以上のときに頓用して、2回目は6時間以上あけてから使ってください。」など細かく指示を出してくれると思います。

指示が理解できない場合は、理解できるまでしっかりと医師に確認してください。

高熱・痙攣・吐き気…子どもの坐薬の入れ方と出たときの対処法

ただし、38.5度はあくまでも目安です。平熱が低い子や、高熱でぐったりして身体が辛そうな子には38度で使っても良いでしょう。

また、38.5度以上の高熱でも、食欲があって元気なときは様子を見るなどして、安易に頓服薬を使わないことも大切です。

内服薬(ないふくやく)とは

内服薬とは、飲み薬全般のことを言います。そのため、頓服薬は内服薬の一種であり、頓用薬は内服薬ではないということになります。

症状の有無にかかわらず定期的に飲む薬のことを「内服薬」と言うなら、反対に症状の有無にかかわらず定期的に使用する薬(塗り薬など)のことを「外用薬」と言って区別しています。

つまり、単純に書くならば、処方薬の種類は用法によって大きく「内服薬」と「外用薬」に分かれており、内服薬の中に頓服薬があり、外用薬の中に頓用薬があるということになります。

46f6dbce5d7bd40de61d2f97f5057700

ただし、頓服の反対語として、症状の有無にかかわらず定期的に飲む薬を示す言葉として、「内服」を使う場合があります。つまり、内服薬は定期薬という意味で使われる場合があります。

また、頓服が1つの(効果が期待される)薬を1回で服用することの意味の反対語として、1つの薬を複数回に分けて一定量ずつ服用する「分服」という言葉を使うこともあります。

頓服薬と内服薬の注意点

頓服薬(頓用薬)は高熱が出たり、痛みが激しい場合に、それらの症状を和らげるために使う薬のため、病気の回復をする薬効はありません。

ただし、高熱が出て食欲がない場合、水分を取れない場合、睡眠が取りづらい場合は身体が病気の回復を計れないため、頓服薬(頓用薬)によってまず症状を和らげるためには効果的な薬です。

頓服薬(頓用薬)の注意点は、特定の症状が出ていないときに服用しても全く意味が無いどころか、余計な副作用が出たり、いざ症状が出たときに薬が効きづらくなってしまう可能性があることです。

一般的に内服薬(定期薬)は、定期的に飲むことで病気の回復を助けるための薬です。そのため、1回の服用で明確な効果は見えづらい場合がありますが、必要な用量と用法を守って服用することで病気の回復を促してくれます。

注意点としては、内服薬(定期薬)はトータルでの回復を促す薬のため、必要な用量用法を守らなかったり、症状が緩和したからといって服用をやめてしまうと、効果が期待できなくなる可能性があることです。

そのため、内服薬(定期薬)は症状が回復したと感じても、薬を飲み残すことがないように、医師の指示に従って服用し続けなければいけません。

薬の飲み方の時間や間隔の種類

内服薬(定期薬)の飲み方には、適切な時間や間隔の種類が色々あってわかりにくいという人もいます。そこで簡単にまとめておきたいと思います。

・食直前
食事をする直前に使用する薬のことです。

・食前
食事をする前の30分以内に使用する薬のことです。

・食直後
食事をした直後に使用する薬のことです。

・食後
食事をした後30分以内に使用する薬のことです。

・食間
食事の最中ではなく、食事と食事の間に使用する薬のことです。前の食事から2時間程あけてから使用するようにします。

・起床時
朝、起きてすぐに使用する薬のことです。

・就寝前
寝る30分程前に使用する薬のことです。

・頓服
前述した通り、定期的ではなく症状が出たとき使用する薬のことです。

内服薬と頓服薬を使い分ける

これで内服薬と頓服薬の違いがわかってもらえたと思います。

文中にもあるように、内服ではなく分服という言葉を使うこともあるため、そちらの意味も押さえておいた方が良いでしょう。

薬を使うための基本的なルールや用語は知っているようで意外と知らない人が多く、内服薬(定期薬)なのに余ってしまったり、頓服薬・頓用薬なのに余るのが嫌で使いきってしまう人もいるそうです。

そして、このような間違った薬の使い方は、男性の方が圧倒的に多いそうです。というのも、女性の場合は子育てを経験すると病院に行く機会が多くなり、基本的な薬のルールを何度も説明される機会があるためです。

というわけで、このお話しはどちらかというと旦那さんに知っておいてもらいたいお話ですね。今後旦那さんも自分で薬を使うこともあると思いますし、子どもに薬を飲ませる機会もあるでしょう。

そのときに適切な使い方をしてもらわないとやっぱり困りますよね(^_^;)

うちの夫も最近まで頓用の意味がわからなかったようですし、後で薬のことについて夫婦で話をしてみても良いと思いますよ。

記事のURLとタイトルをコピー