もし陣痛より先に破水したら…妊婦の対応としてはいけないこと

e08e2319c8666ff86da3f8ad7f3cec5a

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

もし陣痛より破水が先に起こったら…

妊娠し出産が近づいてきた妊婦は、「もし陣痛が来てしまったら……。」「もし破水してしまったら……。」と、もしもの時のために対処法を考えているものです。

旦那さんが仕事中の場合は、誰に電話をして病院に連れて行ってもらうのか、早めの入院を申請するのか、陣痛タクシーに登録しておくのかなど二の手三の手を考えて、ドキドキしながら待っています。

正産期の妊娠37週に入ると、いつ破水や陣痛があってもおかしくありません。そのため生活にも気を付けます。ムリをせず、外出も控え、でも気も紛らわしながら……。

一般的に自然分娩が行なわれる場合は、陣痛、破水、出産の順番です。陣痛が来て、赤ちゃんが産まれる準備が整ってから破水が起きるからです。

ところが、破水、陣痛、出産の順番になると、破水が起きてから陣痛が始まるまで時間がかかる場合があり、すぐに出産に至らないケースがあります。

そこで今回は、もし先に破水してしまったら妊婦はどう対処すれば良いか?というお話をしたいと思います。

陣痛よりも先に破水したときの対応

もし、陣痛より先に破水した場合は、以下の対応をとるようにしましょう。

対応1.病院に連絡する

まず、妊婦は慌てず落ち着いて、自分でかかりつけの産婦人科へ電話して、医師に状況を伝えて指示を仰ぎましょう。医師は直近の妊婦健診で、胎児がどういう状態か知っています。

妊娠36週以降であれば、通常1週間に1回のペースで妊婦健診があるため、的確な指示をしてもらえるはずです。妊婦健診のスケジュール例は以下を参考にしてください。

妊婦健診の検査内容や頻度・回数は?お金がなくても受けるべき?

対応2.ナプキンや吸収性が高いタオルでカバーする

破水が起きたら、膣に雑菌が入らないようにナプキン(夜用など)やタオルをあてておきます。もし周りに人がいたら、清潔なタオルなどの用意をお願いしましょう。

対応3.車や陣痛タクシーで移動する

破水後に妊婦が動けるなら、車やタクシーで移動します。ただし、妊婦自身が運転をしてはいけません。

乗車の際は、車を汚さないようにバスタオルを数枚持って行きましょう。何枚かレジャーシートがあれば、車のシートに敷いてください。ビニール袋も数枚必要です。

また、出産予定の病院が徒歩5分以内であれば、歩いて向かうこともできなくはありません。ただし、陣痛が来ていない場合、破水が少量の場合に限ります。これも医師に確認してください。

タクシーで行く場合は突然呼ぶのではなく、事前に陣痛タクシー(妊婦タクシー)を登録しておきましょう。

出産が近い妊婦のための陣痛タクシー登録・利用方法と注意点

外出先で破水した場合は?救急車を呼ぶ?

もし、外出先で陣痛より先に破水した場合も、まずは医師に電話で連絡をして状況を伝え、指示を仰ぐことが一番良いでしょう。

ときおり、妊婦が救急車を呼ぶかどうかは話題になりますが、これはそのときの妊婦の状況によるとしか言えません。

ケガをしたときやお腹が痛いときも、動けるようであれば自分で病院に行きますし、動けないほど痛ければ救急車を呼びますよね。それと同じです。

通常は、先に破水が起きた場合、陣痛がくるまでは時間がかかることがあり、すぐに出産になるわけではありません。その場合は、当初決めておいた通り、相談した相手に病院に連れて行ってもらったり、陣痛タクシーを利用してください。

事前準備がしっかりできていれば、救急車を呼ぶ必要性は少なくなります。これは、旦那さんを筆頭に、家族や周囲の人が事前準備を含めて気遣ってあげなければいけません。

妊婦が以下の場合は、躊躇せずに救急車を呼んで対応するようにしましょう。

・破水してすぐに陣痛が来て動けない
・出血が激しく、血が止まらない
・外出しているため、近くに誰もいない

破水後にしてはいけないこと

先に破水をしてもまだ陣痛などの痛みがなく、問題なく動けるという落ち着いた妊婦もいると思います。ただ、問題なく動けるからと言って、安易な行動はいけません。

してはいけないこと1.自分で車の運転

車の運転中に陣痛が始まるととても危険です。「平気平気!」とは絶対に考えないでください。赤ちゃんがもうすぐ生まれますから。

してはいけないこと2.お風呂に入る

破水とは、卵膜が破れて羊水が体外に流れる状態のことです。つまり、破れたところから子宮内に雑菌が入りやすくなっています。

そのため、妊婦がお風呂に入ったりシャワーを浴びると雑菌が入る恐れがあります。「きれいにしてから行こー。」は無しです。

してはいけないこと3.ウォシュレット

ウォシュレットもダメです。お風呂、シャワーと同じく、今の身体が汚かろうがきれいだろうが、そのまま病院に向かってください。

分娩室にもトイレはありますし、病院で適切な指示をしてくれます。うんちやおしっこを垂れ流しながら出産する妊婦もたくさんいると言いますし。

陣痛・破水・分娩は準備と心構えが大切

破水には、わかりやすい破水とわかりにくい破水があります。そのため、「破水!!」と思っても軽い尿漏れの場合もあります。

もし病院に行き、破水でなければすぐに自宅に帰ることになりますが、破水だった場合は状態によってそのまま入院ということもあるため、旦那さんや周囲の人は妊婦の入院準備をしてください。

先に破水が起こるにしても陣痛が起こるにしても、妊娠37週近くになれば、いつ何が起きても良いように入院の準備を済ませておいてください。

たとえば、ちょっとした外出の際も、母子手帳、保険証、診察券、タオル、ナプキンをバッグに入れて持ち歩くようにした方が良いですね。

また、旦那さんや周りの人にももうすぐ出産という意識をしてもらい、いざというときの対応方法をシミュレーションしておけば安心です。

出産は一発勝負です。病院も含めて万全な準備はしてくれていますが、周囲がパニックになると大変です。妊婦は出産に備えて、慌てないように心の準備をしながら生活することが大切です。

記事のURLとタイトルをコピー