揺さぶられっ子症候群はいつまで注意する?症状の見極め方と後遺症

d18e7e01b085bd2484ef802316dd10fe

この記事の読了時間は約 7 分です。

激しく揺さぶることで起こる揺さぶられっ子症候群

「○○容疑者は生後6か月の長男を激しく揺さぶるなどして、頭にケガを負わせ~~」などのフレーズを児童虐待のニュースで聞くことがあります。

男性や年配の方の中には「赤ちゃんを激しく揺さぶったから、ぶつけてケガをさせたのかな?」と考える人も多いようです。

ところが、子育てをしているママはすぐにピンと来ます。「揺さぶってケガ……。揺さぶられっ子症候群(揺さぶられ症候群)かも……。」と。

なぜなら、揺さぶられっ子症候群は2002年から母子手帳にも掲載されており、最近のママにとっては認知度が高いためです。

頭をぶつけなくても、子どもを激しく揺さぶることで発症する「揺さぶられっ子症候群」は、1990年台に入りようやく世界中で知られ始めた症状のため、まだ世間に十分認知されているものではありません。

そこで今回は、揺さぶられっ子症候群とは何か、揺さぶられっ子症候群で起きる怖い後遺症、また揺さぶられっ子症候群の症状の見極め方についてお話したいと思います。

揺さぶられっ子症候群とは

揺さぶられっ子症候群とは、赤ちゃん(小さな子ども)の身体を大きく強く揺さぶることで脳内で出血を起こし、「硬膜下血腫(こうまくかけっしゅ)」など脳の損傷に至ることを言います。

揺さぶられっ子症候群は、定義として以下の3つの診断の特徴を持っています。

揺さぶられっ子症候群診断の定義
・網膜出血が起こっている
・硬膜下血腫またはくも膜下出血を発症している
・上記の症状と体表の外傷の関連性がない

網膜出血は、頭部への衝撃や強打で引き起こされることが多い症状ですが、頭を激しく揺さぶること(1秒間に3-4回往復するほどの激しい揺さぶり)でも起こることがあり、特に赤ちゃんは脳への衝撃が大きいため、揺さぶられっ子症候群になる可能性が高まります。

赤ちゃんの脳は、大人に比べて脳と頭蓋骨の間の隙間が広く空いています。新生児の脳はまだ未発達で、1-2歳まで大きく成長していくため、予めある程度の隙間が必要だからです。

また、出産時にも脳と頭蓋骨の隙間があるおかげで、ある程度頭の形を変えて産道を通りやすくなっています。

ところが、脳と頭蓋骨の隙間が広いため、赤ちゃんの頭を揺さぶると脳が大きく揺れ、頭蓋骨内に叩きつけられます。すると、衝撃で脳が萎縮し、より隙間が広がります。

さらに、脳の揺れによって静脈が伸びたりつぶれたりすることで、血管が切れて脳内出血を起こします。出血した血は脳と頭蓋骨の隙間に溜まって塊になり、硬膜下血腫などの重大な障害に至ります。

そのため、赤ちゃんの脳が成長して、脳と頭蓋骨の隙間がある程度埋まるまでは、赤ちゃんを激しく揺さぶらないように扱いに気を付けなければいけません。

以下の動画を見ると揺さぶられっ子症候群の仕組みや、赤ちゃんを揺さぶることがどういうことなのかがわかります。

参考|2013年9月8日:放送内容|TBSテレビ:夢の扉+

揺さぶられっ子症候群になりやすい赤ちゃんの特徴

通常、生後3か月を過ぎると徐々に首がすわりますが、自力でしっかりと支えるためには生後5-6か月までの期間が必要です。

そのため、揺さぶられっ子症候群になりやすい赤ちゃんには、以下の5つの特徴があります。

揺さぶられっ子症候群になりやすい赤ちゃんの特徴
・生後6か月未満の乳児
・相対的に頭が大きくて重い乳児
・頸部の筋肉など頚椎の発達が未熟な乳児
・脳が未発達で頭蓋骨との隙間が大きい乳児
・脳表面の血管構築が未熟で血管が弱い乳児

ただし、赤ちゃんには成長の個人差がありますし、たとえ生後6か月を過ぎて首すわりが安定しても、強い揺れほど揺さぶられっ子症候群の発症リスクが高いため、せめて1歳過ぎまでは気をつけた方が良いでしょう。

揺さぶられっ子症候群が起きる原因は、以下を参考にしてください。

揺さぶられっ子症候群の原因と予防法、車移動の揺れは大丈夫?

揺さぶられっ子症候群の症状

揺さぶられっ子症候群は、脳の損傷具合によって表面化する症状が変わるため、見極めやすい場合と見極めにくい場合があります。

たとえばボクサーは試合の後、パンチで脳を揺らされると気持ち悪くて嘔吐したり、めまいがすると言います。また、脳に損傷がある場合は急に眠気に襲われたり、頭の痛みを訴えるそうです。

揺さぶられっ子症候群の赤ちゃんにも近い症状が出ますが、赤ちゃんは言葉がしゃべれないため、状況や症状を見て親が判断するしかありません。

揺さぶられっ子症候群の可能性がある症状には、以下のものがあります。

揺さぶられっ子症候群を疑う症状
・半日以上おっぱい(ミルク)を飲まない
・大量に嘔吐する
・何度もけいれんを起こす
・意識がない、ぐったりしている
・月齢目安よりも長時間眠り続ける
・起こしてもすぐに寝てしまう
・ギャン泣きがピタリと泣き止む
・笑わない、表情に反応がない
・目が見える月齢なのに焦点が合わない
・呼びかけに応じない
・呼吸が苦しそう
など

嘔吐やけいれん、意識がない、おっぱいを飲まない、苦しそうなどは、揺さぶられっ子症候群に限らず異常だと気付けますが、その他の症状は揺さぶられっ子症候群どころか、異変にも気付かないかもしれません。

よく観察するとわかりますが、泣いている子がピタッと泣き止み、落ちるように眠ることが稀にあっても、それを繰り返すことはほぼありません。

また、この前まで呼びかけに応じて表情を作っていた赤ちゃんが急に反応しなくなり、目がうつろで焦点が合わない場合も注意深く見れば異常だと分かるはずです。

ただし静脈の損傷は徐々に出血が起こるため、明確な症状が出るのは揺さぶられっ子症候群発症から数週間後、1-2か月後ということも有り得ます。

脳の病気は深刻なため、少しでも気になる症状があればすぐに病院に連れて行き、症状をしっかり伝えましょう。とりこし苦労なら良かったと安心すれば良いだけです。

揺さぶられっ子症候群の後遺症

揺さぶられっ子症候群は、脳の静脈が損傷することで深刻な脳の病気が起こります。

大人の場合は、動脈硬化などで脳の動脈が切れてしまい死亡確率が上がるのですが、揺さぶられっ子症候群で傷つくのは多くが静脈とはいえ、最悪の場合は死に至ります。

また、揺さぶられっ子症候群は、症状の重度や処置の遅滞によって、赤ちゃんの成長に大きなダメージを与える後遺症が残ることも考えられます。

揺さぶられっ子症候群の後遺症例
・失明や視力障害
・難聴
・言語機能の障害や遅れ
・知能障害
・てんかん
・手足の麻痺
・重度心身障害
・麻痺による寝たきり
など

せっかく元気に生まれてきた赤ちゃんが、揺さぶられっ子症候群によって言葉を話せない、目が見えない、耳が聞こえない、言葉が話せない、歩けない、身体が動かせないなど、食事やトイレにも介助が必要な生活を強いられる可能性があります。

揺さぶられっ子症候群は虐待の可能性

「1秒間に3-4回往復するほどの激しい揺さぶり」が、一般的な揺さぶられっ子症候群を発症する基準です。想像するとわかりますが、これは意図的に赤ちゃんを揺らさない限りあり得ない揺さぶり方ですよね。

1秒間に頭が3-4回往復するためには、子どもの肩を掴んで前後に激しく揺さぶる必要があり、これは直接の身体的虐待ではなくても、明らかに虐待だと言える行為です。

被害者の子どもの年齢・加害者の割合は?児童虐待相談件数と推移

もう一度言いますが、揺さぶられっ子症候群は命の危険性があり、後遺症の可能性もあるとても重い子どもの病気です。

もし、仮に何らかのはずみで親が揺さぶられっ子症候群発症の可能性がある行動をしてしまったら、すぐに病院に連れて行き、何をしてどのような症状が出ているかをはっきり医師に伝えましょう。親の責任として。

もちろん、子どもが小さいうちは揺さぶられっ子症候群には十分注意をしなければいけないのですが、過度な心配をしすぎても、赤ちゃんをあやしたり抱っこすることに慎重になりすぎて、十分なコミュニケーションが取れません。

そこで次回は、どのような行為によって揺さぶられっ子症候群が起きてしまうかについてお話をしたいと思います。

揺さぶられっ子症候群の原因と予防法、車移動の揺れは大丈夫?


参考|ゆさぶられっ子症候群、こんな症状が出たら要注意 [新生児育児] All About
参考|乳幼児揺さぶられ症候群防止パンフレットについて|公益社団法人 日本小児科学会 JAPAN PEDIATRIC SOCIETY

記事のURLとタイトルをコピー