ベビーカーに乗る赤ちゃんに3つの危険!ママが注意することは?

473033d73103c45cf71b93c2001af83d

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ベビーカーで外出は危険?

赤ちゃんが生後1か月を過ぎると、本格的にママと外出できるようになります。

初めは抱っこひもでお散歩をしていたママも、慣れてくるとベビーカーで少し遠くへお散歩したくなりますよね。

もちろん、赤ちゃんをベビーカーに乗せてお出かけをする場合は、飲食店や公共交通機関などのマナーに気を付けなければいけません(飲食店はまだ早いですが)。

子連れママがマナーを守るべき10の公共の場所

それよりも基本的なこととして、赤ちゃんに危険がないように注意しなければいけません。

「え?ベビーカーの何が危険なの?」

と思う人もいるかもしれませんが、産まれたばかりの赤ちゃんは常に注意しなければいけない存在だということを理解しましょう。

今回は、赤ちゃんとベビーカーで外出する際の危険とその対処法についてお話したいと思います。

ベビーカーの危険性1.熱中症・脱水症状

夏場のベビーカーの中は、アスファルトの照り返しとコンパクトで熱が集まりやすい空間のため、外気温よりも4-6度ほど暑くなります。そのため、赤ちゃんの熱中症や脱水症状に気を付けなければいけません。

熱中症・脱水症状対策1.外出は涼しい時間帯

赤ちゃんがベビーカーの中で熱中症や脱水症状を起こさないためには、朝や夕方など日差しが強くなく、なるべく涼しい時間帯を選んで外出するようにしましょう。

熱中症・脱水症状対策2.外出前の授乳

赤ちゃんの水分補給のために、外出前に授乳をしましょう。もし外出が長くなる場合は、授乳の準備をしてから出かけましょう。

熱中症・脱水症状対策3.照り返し防止シート

アスファルトの照り返しを防ぐために、ベビーカーの底面に照り返し防止シートをつけましょう。

熱中症・脱水症状対策4.ガーゼのタオル

夏場の外出の際は、綿素材などの肌着だけで良いと思います。その代わり、赤ちゃんには風通しの良いガーゼのタオルをかけるようにしましょう。もちろん、外の気温に合わせてください。

熱中症・脱水症状対策5.高さ調節をする

最初に購入するベビーカーはメッシュ素材など通気性が良く、地面から高く調節できるものを選んだ方がよいでしょう。

/entry/how-to-choose-the-stroller” target=”_blank”>ベビーカーはいつまで使う?A型・B型の違いと10の選び方

ベビーカーの危険性2.身体の冷え・風邪

冬場のベビーカーの散歩は、赤ちゃんの身体の冷えに注意しましょう。赤ちゃんは体温調節が未熟なため、外気温が高いときも低いときも影響を受けやすくなります。

身体が冷えるとさらに抵抗力が弱くなり、風邪をひく原因になってしまいます。

体温調節機能の役割とは?赤ちゃんの体温管理が必要な理由

熱中症・脱水症状対策2.肌着・靴下・手袋で防寒

冬場の外出は、暖かい服を着るのは当然ですが、あまり重ね着をするのではなく綿素材の肌着でプラスアルファの防寒を心掛けましょう。また、靴下と手袋で、末端の冷えも防いであげましょう。

熱中症・脱水症状対策3.冷えの確認

ベビーカーを押していると赤ちゃんの手足や顔の冷えに気付かないこともあるため、10-15分毎を目安に赤ちゃんの手足をこまめに触って確認するようにしてください。

熱中症・脱水症状対策4.保温シートを使う

ベビーカーにポケットを付けて、保温シートや保温材を入れておくことで、ベビーカー内の温度を上げてあげましょう。これは、冬場だけでなく、夏場にも保冷剤などを入れて暑さ対策を行えます。

ただし、ポケットカイロは熱くなりすぎるため、専用の保温・保冷シートを使ってください。以下の商品は便利そうですね。夏は保温・保冷シートを冷凍庫で3-8時間冷やすと25度、冬はレンジで1分ほど温めると35度になり、3-5時間保つそうです。

ベビーカーの危険性3.接触・衝突事故

ベビーカーを押しているときは、気を付けていても接触事故や衝突を起こしやすくなります。なぜなら、ママの位置と赤ちゃんの位置が離れているためです。

ベビーカーは常にママよりも赤ちゃんの方が先行しています。対面式は顕著です。以下はアップリカの公式動画ですが、対面式と背面式のママと赤ちゃんの位置を比べると差がよくわかると思います。

そのため、特に前方や上方の注意が必要になります。

接触・衝突事故対策1.曲がり角に注意する

飛び出しで衝突事故が起こりやすいのは曲がり角です。車であれば音がするのでわかりやすいのですが、自転車や子どもの飛び出しがあると、避けられない場合があります。

そのため、曲がり角では減速をして、前方に注意しましょう。

接触・衝突事故対策2.落下物に注意する

陳列棚が高く、通路が狭いスーパーに行くと、人とすれ違う際に陳列棚に接触して、商品がベビーカーの上に落下する恐れがあります。

缶詰など固いものが赤ちゃんの頭の上に落ちてしまうと、頭を切ってしまう可能性もあるため、予めホロを広げるなどの工夫をしてください。

接触・衝突事故対策3.自転車などすれ違いに注意する

赤ちゃんはお座りがうまくなると、葉っぱを取ろうとしたり、首位を見回すためにベビーカーから身を乗り出すようになります。

そのため、人通りが多い道路では危険が増えるのですが、特に自転車とすれ違いざまに身を乗り出すとても危険です。前方から自転車が来たら、減速をして、少し横に避けるようにしましょう。

ベビーカーでたくさん散歩をしよう

さて、ベビーカーに乗る赤ちゃんには常に注意しなければならないことをお伝えしましたが、これはベビーカーで外出しないで!ということではありません。

もしかしたら、曲がり角でドキッとすることはあるでしょう。思いがけず長い外出になり、赤ちゃんが風邪をひいてしまうこともあるでしょう。ベビーカーに乗らなくても、花粉症の季節には花粉に気をつける必要はありますし、地面に近いため、ほこりによる鼻炎が起こるかもしれません。

子どもの花粉症の症状と対策は?治療法・予防法はある?

でも、それも赤ちゃんが成長する過程に起こるものです。医師から外出を控えるように言われていない場合は、ママが十分に注意して、赤ちゃんと外出を楽しむ方が良いと思います。

ベビーカーを使えば、抱っこよりも遠いところまで散歩に行けます。そして、抱っこよりもママの負担が軽減します。

赤ちゃんの好奇心を高めて心の成長を促し、ママのリフレッシュにもなるベビーカーでの散歩はとても有意義だと思います。

ただし、赤ちゃんとの外出は、抱っこでもベビーカーでも十分な準備が必要です。必要なものをちゃんと準備して、赤ちゃんとのお散歩を楽しんでください。

赤ちゃんとのお散歩はいつから?持ち物は?毎日する必要性は?

記事のURLとタイトルをコピー