赤ちゃんが生まれて初めて泣く瞬間は?産声をあげる理由は?

d57b670f908c8697bc71cc703d448cd0

この記事の読了時間は約 5 分です。

赤ちゃんは生まれて少し経ってから泣き出す

わたしは帝王切開で子供を2人を産みましたが、麻酔が効いた朦朧としている中で「オギャー!(仮)」という産声を聞いて、安心して気を失った(気付いたら気を失っていた)記憶があります。

そのため、よくドラマやドキュメント番組で見るように、枕元に赤ちゃんを持ってきて「元気な男の子ですよぉー。」という流れは経験していません。もしかしたらしてくれていたのかもしれませんが。

でも、それでも良いんです。ひとまず赤ちゃんの産声を聞けて安心できたので。五体満足の前にまず赤ちゃんが生きていることが重要なので。

ところで、シェイクスピアの「リア王」の一説で「人はみな泣きながら生まれてくる」とありますが、赤ちゃんは泣きながら生まれてくることはほとんどありません。個人差はありますが、産まれて少ししてから「オギャー!」と泣き始めます。

そのため、わたしは「赤ちゃんの泣き声を聞くまでは……。」と耐えていました。そこで疑問が……なぜ赤ちゃんは生まれて少し経ってから泣くんでしょうか。また、赤ちゃんが最初に泣くのは何が起こったタイミングなんでしょうか。

今回は、赤ちゃんが産声をあげる理由と仕組みについてお話したいと思います。

赤ちゃんが産声(うぶごえ)をあげる理由

生まれたばかりの赤ちゃんは「オギャー!」と泣きます。この泣き声を「産声(うぶごえ)」と言いますが、医学用語では「第一啼泣(だいいちていきゅう)」と言います。

赤ちゃんは、ママのお腹の中で羊水の中に浸かっています。肺の中も羊水で浸っているため、赤ちゃんには胎盤からへその緒を通して酸素が送られ、へその緒を通して二酸化炭素をママに返すという呼吸をしています。

つまり、赤ちゃんはママのお腹の中では肺呼吸をしません。

ところが、赤ちゃんがお腹から出てくると胎盤は子宮から剥がれ、へその緒も切られてしまうため、赤ちゃんは自力で肺に酸素を取り入れ、二酸化炭素を出す肺呼吸をしなければいけません。

赤ちゃんにとって初めての肺呼吸です……が、産まれたばかりの赤ちゃんの肺の中はまだ羊水で浸っています。

そのため、赤ちゃんはまず大きく息を吸い込み、息を吐き出しながら無理矢理泣くことで羊水を体外に排出し、さらに空気を取り入れて肺を大きく膨らませることで、最初の肺呼吸を開始します。

これが赤ちゃんが生まれてから少しして泣く理由であり、ママや周りの人たちが泣き声を聞くとひと安心できる理由です。

赤ちゃんは肺呼吸をすることで全身に酸素と血液が循環し、肌に赤みを帯びていきます。赤ちゃんと呼ばれる由来の1つですね。

産まれたばかりの赤ちゃんは、分娩時の圧力や産まれてからすぐに泣き始めることで血流が良いこと、さらに皮膚が薄いため血管が透けていることから、赤っぽい肌の色です。

その見た目の赤さのため、「赤子(あかご)」と呼ばれていました。それが「赤ん坊」になり、「赤ちゃん」と呼ばれる語源になったというのが有名な説の1つです。

その他には、「夜が明ける」から来ていて、子供が産まれることは朝日が昇るイメージがあるため「夜が明ける子→明け子→赤子」になったという説や、子供を太陽に見立てて赤をイメージしたから「赤子」と呼ばれるようになったなどの説があります。

赤ちゃん・子供・乳児・幼児は何歳まで?赤ちゃんの語源・由来は?

赤ちゃんが泣かない場合どうする

生まれたばかりの赤ちゃんは息を吸い込み、最初のひと泣きを始めることで呼吸を開始しますが、それがうまくできない子もいます。

もし羊水が肺などに詰まっている場合は、人工的に羊水の吸引(サクション)を行い、赤ちゃんの初めての肺呼吸を助けます。

それでも泣かなければ足を持って逆さにし、背中を叩いたり、おしりを叩いたり、つねったりして泣かせます。このような刺激を与えることで、なんとか最初のひと泣きをさせる必要があります。

赤ちゃんが無事に産声をあげることができれば、後は自力で肺呼吸できるため、みんな一安心ということになります。

また、赤ちゃんが泣かない理由は羊水が呼吸器に詰まっている以外にも、

・へその緒が首に巻き付いていた(臍帯巻絡)
・仮死状態で分娩された(新生児仮死)

ということも考えられます。どのような理由にしても、対応が遅くなって赤ちゃんが肺呼吸できず、脳に酸素が行かなければ脳性麻痺などの後遺症を残す可能性があります。

このような場合、へその緒の圧迫の解除、気道確保や酸素投与などで赤ちゃんの呼吸を助ける必要があります。赤ちゃんが産声をあげない原因の詳細は以下を参考にしてください。

出産直後に赤ちゃんが泣かない…新生児が産声をあげない原因とは

産声は”泣く”とは違う

赤ちゃんは生まれてすぐに羊水が詰まった呼吸器に空気の通り道を作り、肺呼吸をしなければいけません。そこで、大きく息を吐くために最適な「産声をあげる」行為をします。

そして、産声によって一番出しやすい声が、泣き声のように聞こるのです。また、赤ちゃんがしばらく泣き続けるのは、肺呼吸を続けるためです。これで赤ちゃんが生まれて初めて泣く瞬間がわかりました。厳密には大人が認識する「泣く」ではありません。

ちなみに新生児期の赤ちゃんが泣く行為は、不快感などの生理的要求をママにお知らせする行為です。ここにも明確な感情はありません。

わたしたちが認識する「泣く」は、感情で涙を流すことです。そのため、赤ちゃんが感情で泣くことを「赤ちゃんが生まれて初めて泣く瞬間」とするなら、おそらく生後3-4か月ごろからです。

涙が流れるためには、扁桃体で形成された感情によって交感神経が優位になり、涙腺が刺激されて涙が分泌される神経系の情報伝達が発達しなければいけません。

発達心理学者のマイケル・ルイス氏は、人は生まれながらにして「苦痛」「満足」「興味」の3つの感情を持っており、生後3か月を過ぎると「満足」から「喜び」という感情が生まれ、「苦痛」から「悲しみ」と「嫌悪」という感情が生まれるとしています。

つまり、赤ちゃんは「悲しみ」と「嫌悪」という感情によって、涙を流すということになります。「嫌悪」はわかりますね。不快感を感じることで赤ちゃんは泣き、涙を流します。

赤ちゃんが泣いても涙が出ない理由は?涙が出る時期はいつから?

ちなみに冒頭のリア王の一説は、「人間が泣きながら生まれるのは、アホばかりの(人生という)舞台に上がってしまったことを悲しんでいるからだ。」と人生の皮肉が続きます。もちろん生まれたばかりの赤ちゃんにそんな感情はありませんが、赤ちゃんが早く安心できるよう毎日愛情を注いであげたいものです。

記事のURLとタイトルをコピー