新生児は車に乗れる?赤ちゃんの長距離移動・遠出はいつから?

95a80a423fcad4e81dac9f519e385ef1

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

新生児も車に乗る機会は多い

基本的にママが赤ちゃんといっしょに外出できるのは、外気浴などで赤ちゃんが外気に慣れて、生後1か月が過ぎてからです。

赤ちゃんの外気浴はいつから?時間帯や効果は?日光浴との違い

では、赤ちゃんが生後1か月まで、全く外出せずに過ごせるかというと、ほとんどの子はそうではありません。

実家など他に頼るところがなければ、必要最低限お買い物に出かける必要がありますし、市役所など何らかの届出を提出する必要もあるでしょう。

その場合は赤ちゃんを置いていけないため、いっしょに外出して、できるだけ短時間で用事を済ませて帰ってくることになります。

さらに、実家に頼るなどは関係なく、ほぼ全ての赤ちゃんが生後1か月未満で病院から退院して、自宅などに戻る際に1度は外に出ることになります。そして、その際に車やタクシーを使います。

では、赤ちゃんをタクシーや車に乗せる際に、ママはどのようなことに気を付けなければいけないのでしょうか。

今回は、赤ちゃんを車に乗せるときの注意点、赤ちゃんと車でお出かけをするときの注意点についてお話したいと思います。

赤ちゃんはいつから車に乗れる?

前述した通り、ほとんどの赤ちゃんは退院時に車に乗ります。つまり、新生児でも車に乗ること自体は問題ではありません。ただし、新生児を車に乗せる場合、いくつか注意しなければいけません。

退院時の注意点1.チャイルドシートを使う

赤ちゃんを車に乗せる場合は、必ずチャイルドシート(ベビーシート)を使わなければいけません。

6歳未満の子のチャイルドシートの着用は道交法にも定められていますし、事故を起こしたときにチャイルドシートを着用している方が、致死リスクが20分の1に軽減されます。

チャイルドシートはいつからいつまで?着用義務と法律違反の罰則

退院時の注意点2.ベビータクシー(キッズタクシー)を使う

もし、タクシーで帰る場合はベビータクシー(キッズタクシー)を利用してください。

ベビータクシーとは、小児救命救急講習を受けたドライバーがベビーシートに新生児を乗せ、退院したママと赤ちゃんを自宅に送り届けるタクシー会社のサービスのことです(サービス内容はタクシー会社に確認してください)。

出産が近い妊婦のための陣痛タクシー登録・利用方法と注意点

退院時の注意点3.最新の注意で運転してもらう

ベビータクシーの予約を忘れてしまった場合は、一般のタクシーで帰宅しなければいけません。タクシーなど公共の乗物には、チャイルドシートの装着義務はありません。

その場合、運転手さんには「産まれたばかりなので、できるだけゆっくりの運転でお願いします。」と声掛けをしてください。

赤ちゃんを車に乗せるときの準備

次に、どうしても幼い赤ちゃんを車に乗せなければいけないときの準備を見ていきましょう。

乗車準備1.月齢に合わせたチャイルドシート

チャイルドシート(ベビーシート)は、必ず月齢に合わせた商品を使いましょう。一般的に、乳児用のベビーシート、または乳幼児兼用のチャイルドシートであれば、45度~水平に倒せます。

また、ベビーシートを取り付ける向きは、車の進行方向に対して後ろ向きに使用する「シートタイプ」と、横向きに使用する「ベッドタイプ」に分かれています。

チャイルドシートを前向きに取り付けるのは1歳前後、体重が10kg前後からです。

ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシート・兼用シートの違い

乗車準備2.ステッカーを貼る

よくあるステッカーは「赤ちゃんが乗っています」「Baby in car.」などです。最近は可愛いステッカーや、ジョークステッカーもありますが、それらが必ずしも、良い印象を与えるとは限りません。

赤ちゃんを乗せた車が安全運転をするのは当たり前として、普段よりもゆっくり走るなら、「お先にどうぞ」という意思を表したステッカーが良いと思います。

乗車準備3.ベビーミラーを準備する

産後1か月以上経過しており、医師から許可をもらえば、ママも自分で車を運転することができます。

ベビーシートに乗った赤ちゃんは1歳まで後ろ向きのため、運転しているママは赤ちゃんの様子を確認できません。そのため、赤ちゃんを確認できるベビーミラーを付けておきます。

乗車準備4.お散歩セットを常に持っていく

基本的に、徒歩でも車でも赤ちゃんとお出かけをする場合は、お散歩セットを持っていくようにしましょう。

赤ちゃんとのお散歩はいつから?持ち物は?毎日する必要性は?

寒さ対策のおくるみ、よだれや吐き戻し用のタオルは、車の中に常備しておくと便利です。

乗車準備5.直射日光対策をする

運転席と後部座席では、直射日光の状態が違う場合があります。そのため、真夏に気付いたら赤ちゃんに直射日光が……と言うこともあります。

赤ちゃんは直射日光を浴びていてもどうすることもできないため、日よけカーテンやシェードを付けてあげてください。

赤ちゃんを車に乗せるときの注意点

では、実際に赤ちゃんを車に乗せて移動する際に、何を注意すれば良いのかを見ていきましょう。

乗車時の注意点1.なるべく生後1か月後

基本的に赤ちゃんを車に乗せるのは、生後1か月を過ぎてからにしましょう。どれだけ気を付けていても、事故に合う可能性はありますし、大きな振動は身体によくありません。

もちろん、ママが運転できるのも産後1か月過ぎなので、それまでに車で移動する場合はなるべく家族や友人を頼りましょう。もちろん、チャイルドシートは必ず用意してください。

産後の車の運転はいつから?買い物など用事がある場合の対処法

乗車時の注意点2.とにかく安全運転

赤ちゃんを乗せていなくても当たり前ですが、赤ちゃんを乗せているときは特に安全運転に気を付けてください。

マナーの悪い車に出くわしても、全て譲ってあげる気持ちで運転するようにしましょう。

乗車時の注意点3.何度も休憩を取る

もし長距離移動をする場合は、何度か休憩を取って赤ちゃんの様子を確認しましょう。車内の空気が悪くないか、温度変化がないかも注意してください。

また、赤ちゃんを乗せて運転をすると、いつも以上に気が張るため運転する人も疲れてしまいます。30分毎に5-10分程度の休憩を取って、疲れない運転を心掛けたいですね。

乗車時の注意点4.赤ちゃんが泣いたら休憩

もし調子良く運転をしていても、赤ちゃんが泣き出したら休憩できる場所を探して、早めに休憩を取るように検討してください。

赤ちゃんが泣いているのは、授乳やおむつ替えのサインです。もちろん、他の原因で泣いている場合もあるため、早めに赤ちゃんの様子を見て状態を確認してください。

乗車時の注意点5.二階以上の駐車場を利用しない

ショッピングモールに買い物に行くと大きな立体駐車場がありますが、上の階に行くほど赤ちゃんは傾いたり、身体が揺れることになります。

事前に混む時間帯を調べるなど、なるべく駐車場の上の階を利用しなくて済む工夫をしましょう。

乗車時の注意点6.車に置いて外に出ない

休憩を取ったときに赤ちゃんが寝ていると、「おしっこだけ」「缶コーヒーだけ」と、つい赤ちゃんを車に置きっぱなしにする人がいます。

たとえ季節が夏ではなくても、赤ちゃんが寝ていたとしても、赤ちゃんを車に置き去りにはしないでください。

乗車時の注意点7.お出かけは赤ちゃん優先

赤ちゃんが生後6か月を過ぎるまでは(できれば1歳)、全てのお出かけの予定を赤ちゃん優先で考えてください。

ママが行きたいところがあっても、天気が悪かったり、赤ちゃんの体調が悪い場合は行かないと考えて予定を組みましょう。もちろん、外出先で赤ちゃんの体調が悪くなった場合もすぐに帰ってきましょう。

乗車時の注意点8.帰宅後は生活リズムに注意して休む

遠出の外出をすると大人でも疲れますよね。ということは、赤ちゃんがどれだけ疲れているかを考えましょう。

生後3か月ごろまなら、赤ちゃんの好きなように寝かせてあげれば良いのですが、それ以降の月齢の場合は生活リズムも考える必要があります。

あまり変な時間帯の睡眠にならないように早めに帰宅をして、赤ちゃんを十分に休ませながら、生活リズムも狂わない調整をしてください。

遠出は離乳食が始まってから

他に大人がおらずママが運転をする場合は、基本的には首がすわってからが良いですね。ということは、目安は生後3か月過ぎごろになります。

もちろん、普段の生活があるため、なかなかそうは言っていられなのですが、基本的なこととして押さえておきましょう。

赤ちゃんを車に乗せて1時間以上の遠出をしたい場合もあると思いますが、赤ちゃんの遠出は生後5-6か月までは待った方が良いでしょう。

赤ちゃんが遠出に耐えるためには、体力が必要です。そのためには、ある程度離乳食に慣れてからの方がぐずりも少なくなりますし、安全性も高まります。

また、遠出をする際は、なるべく赤ちゃんのお昼寝時間に合わせるなどの工夫をしてあげると良いですね。

「赤ちゃんと車でお出かけって面倒そう……。わざわざ行かなくても良いかも……。」と思うかもしれませんが……まぁ面倒ですよ……(^_^;)

たとえば、生後6か月で動物園に行っても1時間ぐらいしかいられませんし、その1時間も赤ちゃんのお世話をしているとあっという間に過ぎてしまいます。

でも、短い時間でも赤ちゃんとお出かけをした思い出は今でも鮮明に覚えていますし、「本当に行って良かった。もう1回赤ちゃんに戻っていっしょに行けないかな。」なんて思うこともあります。

みなさんも、赤ちゃんの月齢に合わせて無理をせずに、車で色々なところに連れて行ってあげてください。もちろん、交通ルールと赤ちゃんの安全にも配慮して、楽しい思い出を作れるようにしましょう。

記事のURLとタイトルをコピー