産褥期の過ごし方は?機能回復の期間はいつまで?床上げとの違い

e180e6946146056f9aa810f206bc1cf5

この記事の読了時間は約 8 分です。

床上げと産褥期

一般的に、産後の床上げ3週間(1か月)と言えば、出産で疲れきった心身の回復に努めながら、徐々に育児や家事をこなせる身体に戻していく期間のことです。

床上げとは産後1か月のこと?家事・外出できる生活はいつから?

この床上げとは別に、「産褥期(さんじょくき)」という言葉があります。こちらも産後の床上げと同じように、産後の養生をしなければいけない期間として知られていますが、産褥期は6-8週間ほどを指し床上げよりも少し期間が長くなっています。

同じ産後の養生をしなければいけない期間にもかかわらず、なぜ産後の床上げと産褥期という2つの言葉があるんでしょうか。

今回は、産褥期がどのような期間なのか、また産後の床上げとは何が違うのかというお話をしたいと思います。

産褥期(さんじょくき)とは

産褥期とは、妊娠と出産(分娩)によって生じた膣や子宮などの変化や身体の機能が、妊娠前の状態に回復するまでの期間のことを言います。以前は、「産後の肥立ち」と呼んでいたそうです。

母体が妊娠前の状態に回復するためには6-8週間が必要で、この時期に無理に身体を動かしてはいけません。

産後休業も身体機能の回復を目的として、法律で8週間休みを取ることが義務付けられていますね(医師の許可があれば6週間でもOK)。

産休と育休の取得条件の違いは?休暇中の給料・手当はどうなる?

この産褥期の6-8週間の間に、子宮などの形状や機能が妊娠前の状態に回復したり、分娩のときに産道や膣にできた傷などが治ります。

また、妊娠によって赤ちゃんを産むために変化した身体が、再び赤ちゃんを妊娠できる身体に戻ります。そのため、産褥期の過ごし方はとても大切なんです。

産褥期に起こる身体の変化と機能回復

産褥期には、母体に以下のような身体の変化や妊娠前の状態への機能回復が起こります。

参考|産褥期の注意すべき症状と対策(さんじょくきのちゅういすべきしょうじょうとたいさく)とは – コトバンク

産褥期の変化と回復1.汗・体温

通常、女性は男性よりも汗をかきませんが、産後1週間ほどは発汗量が増えます。その理由は妊娠中に大量に分泌されていたプロゲステロン(黄体ホルモン)やエストロゲン(卵胞ホルモン)などの女性ホルモンが減少し、自律神経が失調気味になることが原因です。

これを産褥期多汗(産褥性多汗)と言い、女性ホルモンのバランスが整うまで多汗状態が続きます。

また、出産当日から翌日にかけて、分娩時にできる産道・膣などの傷に細菌が感染することで、37度台まで体温が上昇することがあります。

通常は発熱の翌日に平熱に下がることがほとんどですが、熱が続いたり、38度以上の高熱を発した場合は「産褥熱(さんじょくねつ)」という感染症の可能性があります。

産褥感染症とは?産後の産褥熱・合併症の原因・症状と治療法

産褥期の変化と回復2.体重

一般的に、出産前は妊娠前に比べて7-10kgほど体重が増えますが、出産によって赤ちゃん、羊水、胎盤などを体外に出すため5-6kgほど体重が減ります。さらに、4-6か月の日常生活の中で3-4kgほど体重が減ります。

妊婦の体重増加の理想は何キロ?増えすぎ痩せすぎは胎児に影響?

ただし、妊娠中の皮下脂肪が蓄積していたり、生活習慣が変わってしまうことで、妊娠前より3-4kg(人によってはそれ以上)増加した状態で安定してしまうこともよくあります……。

産褥期の変化と回復3.血圧や血流

血圧は分娩時に急激に上昇し、脈拍や心拍出量(心臓から運び出される血液量)も増加しますが、ほとんどの人が出産後24時間以内に元に戻ります。

また、出産前は体内を循環する血液量も増加していますが、出産後は発汗、悪露などによって徐々に循環血液量が減少し、産後3週間ほどで妊娠前の状態に戻ります。

産褥期の変化と回復4.尿

出産直後は膀胱や尿道などの泌尿器に圧力がかかるため、泌尿器が一時的に麻痺して排尿しにくいことがありますが、およそ6週間ほどで妊娠前の状態に戻ります。

また、出産中から少量の蛋白尿が出る場合がありますが、多くが産後1-2日で出なくなります。蛋白尿は以下を参考にしてください。

蛋白尿とは、血尿と同様に腎臓のろ過機能に異常があり、血液中のタンパクが尿中に漏れたもので、おしっこに白濁色が混じっていたり、おしっこが泡立っていることを言います。

産褥期の変化と回復5.排便

産後は、一時期便秘傾向が強くなります。通常は産後2-3日で排便ができるのですが、便秘が続く人には、水分不足、寝不足、切開傷の痛みなどの理由があります。

出産後の便秘の7つの原因は?硬い便や腹痛を解消する方法は?

産褥期の変化と回復6.月経・内分泌

妊娠中は排卵を促す卵巣刺激ホルモン(FSH)や黄体化ホルモン(LH)の分泌が抑制されています。卵巣刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の分泌は産後6-8週間ごろに始まり、それによって再び月経が起こるようになります。

ちなみに、授乳をしていると「赤ちゃんはまだ小さい」と身体が認識して、卵巣刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の分泌が遅れ、月経の再開も遅れます。場合によっては、年単位で月経が始まらないこともあるそうです。

産褥期の変化と回復7.子宮

子宮は後産を経て縮小し、出産後2時間でへそ下まで収縮しますが、その後12時間でへそのあたりまで一旦拡大してから、徐々に縮小していきます。この流れの中で後陣痛も起こります。

後陣痛を和らげる方法は?経産婦・帝王切開後の痛みはいつまで?

子宮は徐々に小さくなり6-8週間かけて妊娠前の大きさに戻りながら、新しい粘膜が再生し始め、妊娠前の状態に戻っていきます。この子宮の修復を子宮復古と言います。子宮復古の際は、廃棄物や分泌物として悪露が排出されます。

産褥期の変化と回復8.悪露(おろ)

産後すぐに血液と子宮残留物、産道分泌物などが混じった悪露が排出され始め、およそ4週間ほど続きます。悪露は期間によって色や量が変化するため、子宮の回復状態を知るための指標になります。

悪露が続く期間やその際に変化する色・量・匂いなどは以下を参考にしてください。

産後の悪露はいつまで?出血量・色・匂いの変化と帝王切開後の症状

産褥期の変化と回復9.子宮頚部(しきゅうけいぶ)

子宮頸部は妊娠中は閉鎖していますが、分娩時には10cmほどに開大します。分娩後はまたすぐに閉鎖しはじめ、約4-6週間で妊娠前の状態に戻ります。

分娩の前兆から分娩開始までの子宮頸部の変化は以下を参考にしてください。

正常分娩と異常分娩の違いとは?症状・種類・割合・出産の流れなど

産褥期の変化と回復10.膣

膣は出産時に緩み、伸展し、傷ついた状態ですが、出産を終えるとすぐに縮小しはじめ、3-4週間ほどで妊娠前の状態に回復します。

産褥期の変化と回復11.会陰切開(えいんせっかい)

もし、出産時に会陰切開を行なったり会陰裂傷が起こったとしても、退院までにはある程度傷口は閉じます。会陰切開の痛みは1週間ほど、違和感は1か月ほどで治まりますが、会陰裂傷は痛みや違和感が数か月残る場合もあります。

麻酔や抜糸は?痛みは?出産で会陰切開を行う理由と手術方法

産褥期の変化と回復12.呼吸器

妊娠に伴う子宮の拡大によって横隔膜が上昇するため、呼吸に圧迫感があり、機能的残気量(呼吸のときに呼気の後に残っている量)が20%ほど減少します。

出産後は子宮収縮に伴って横隔膜が下降していくため、呼吸の圧迫感も薄れ、産後1週間ほどで機能的残気量も回復します。

産褥期の変化と回復13.乳汁(にゅうじゅう・ちしる)・乳房

産後2-3日目から乳房が膨らんで固くなり、乳房内に乳汁が分泌されます。経産婦の場合は1-2日で乳汁が分泌されます。

産後すぐの時期に出る母乳を初乳と呼びますが、初乳には赤ちゃんが吸収しやすく免疫機能を高めるホエイ(タンパク質)が多く含まれているため、とても重要です。

栄養素満点!母乳に含まれる重要な7つの成分の役割

初乳と成乳の違いとは?時期・栄養成分・色・味・カロリーなど

産褥期と床上げの違い

産褥期で行われる身体の変化や身体機能などの回復は、全て妊娠前の状態に戻るための期間を指しています。一方、産後の床上げは、体力が回復し、身体を動かして色々な動作を開始できる期間を指しています。

つまり、産褥期と床上げ期(床上げは行為なので床上げ期とします)を使い分けるなら、

・床上げ期は、必要最低限の行動を起こすために身体を休めて養生する期間
・産褥期は、様々な身体機能が回復し妊娠前の身体の状態に戻る期間

と言えます。よくわからないという人は、まずは床上げまでを静養と生活習慣を取り戻す期間と捉えて、計画的に過ごすことをおすすめします。床上げまでの過ごし方は以下を参考にしてください。

床上げとは産後1か月のこと?家事・外出できる生活はいつから?

床上げ期間を過ぎ、1か月検診で医師に入浴や赤ちゃんとお散歩をする許可などをもらったら、育児や家事の本格的な活動を開始します。

産後の生活に慣れ始めて産褥期を過ぎたら、身体は妊娠前の状態に戻っています。ただし、活動を開始する最適な時期には個人差があるため、すぐにトップギアに上げて、無理をして良いという意味ではありません。

産後でもアクティブに過ごしたいというママもいるとは思いますが、産褥期を抜けるまでは赤ちゃんと同じペースで、抑え気味に日々を楽しんで過ごしましょう。

記事のURLとタイトルをコピー