赤ちゃんがお座りで遊ぶのはいつから?お座り練習方法は?

この記事の読了時間は約 7 分です。

赤ちゃんのお座り(ひとりすわり)はいつから?

振り返ってみると、赤ちゃんが「成長したなぁ。」と感じることは大きく2つに分かれます。

1つは言葉の成長です。「あーうー」とクーイングする様子を見て、「うちの子世界一かわいいんじゃね?」と思うママ・パパは多いですよね。

もう1つが運動機能の成長です。子どもの好き嫌いで順番は前後しますが、寝返りができると次はズリバイ、お座り、ハイハイと続きます。

赤ちゃんのお座りの時期は、早い子で生後5-6か月ごろ、平均的な(腰すわりの)目安は生後6-7か月ごろですが、しっかりバランスが取れてどっしりと座れるのが生後9-10か月ごろです。

お座り(ひとりすわり)は、寝転がった体勢から目線が変わる行動です。調査結果によると、お座り(ひとりすわり)ができる子は生後7-8か月で7割近く、生後9-10か月で9割を超えます。

生後04-05か月未満:0.5%
生後05-06か月未満:7.7%
生後06-07か月未満:33.6%
生後07-08か月未満:68.1%
生後08-09か月未満:86.3%
生後09-10か月未満:96.1%
生後10-11か月未満:97.5%
生後11-12か月未満:98.1%
生後12-13か月未満:99.6%

なお、お座り(ひとりすわり)の定義は以下の通りです。

「ひとりすわり」は、おおむね1分以上支えなしですわっていられるもので、このとき両手を床についていないものを「できる」とした。

寝返り・ハイハイ・つかまり立ちなど運動機能の発達順番と平均時期

赤ちゃんがお座りが上手になると何が凄いのか……そうそれは赤ちゃんが1人遊びができるということ!

お座りが上手なほど、赤ちゃんの1人遊びは長くなり、ママが赤ちゃんから少し離れて家事などができるようになる素晴らしい成長革命です(すぐにハイハイ、後追いと続きますが……)。

そこで今回は、赤ちゃんのお座りの時期や簡単な練習方法、注意点についてお話したいと思います。

生後3-4月か月のお座り|初体験時期

アクティブな赤ちゃんは、首がすわって少し落ち着いてきた生後3-4か月ごろから、起き上がりたい欲求が出てきます。

たとえば、赤ちゃんを抱っこしても、横抱きより縦抱きの方が機嫌が良く、横に抱っこをされると体を動かして縦になろうとします。

これは縦抱きで寝ているときとは違う目線で色々な物を見たいという、赤ちゃんなりの好奇心が高まっている証拠です。

ママは赤ちゃんの首がしっかりすわっていることを確認したら、手を添えてお座り体験をさせましょう。ただし、注意点があるので守ってください。

お座り体験の注意点1.

お座りをしていてもしっかり腰がすわっていない赤ちゃんは、前後左右どちらに倒れてしまうかわかりません。

もちろん、赤ちゃんは倒れたときに首を起こせないため、ママが手で支え、いくつかのクッションを周囲に用意してから、赤ちゃんにお座り体験をさせてあげましょう。

お座り体験の注意点2.

いくら赤ちゃんにお座りの興味があっても、身体はまだ成長をしていません。赤ちゃんにとっては寝ている方が楽です。

まだ頭を支えるだけでもやっとなので、長時間、または毎日お座り体験をさせると、骨など骨格の発達に影響を与えるかもしれません。体験はあくまでも適度に行いましょう。

生後5-8か月のお座り|トレーニング時期

赤ちゃんが生後半年になると、少しずつ腰すわりでバランスを取り始めることができるようになります。

大人でも長時間座っているとおしりが痛くなりますよね。つまり、お座りはおしりの筋肉が必要なんです。尾てい骨の発達も必要です。そしてそれを支える腰回りの筋肉も必要です。

筋肉や骨は無理をして発達するものではないので、徐々に慣らしてあげましょう。筋肉や骨格が発達すると、座ったまま手を上手に使って1人遊びを始めます。

また、このころから赤ちゃんの首には筋肉がつき始め、後ろに転がっても反射的に頭を浮かせて、ゴンッ!と頭をぶつけることが少なくなります。

当たり前ですが、物を避けて転がるわけではないので、赤ちゃんの周辺には気をつけ、硬い物や家具がある隅っこでは遊ばせないようにしてください。

生後9-10か月のお座り|安定時期

生後9-10か月になると、腰回りがしっかりしてどっしりとお座りができるようになります。

離乳食も3回食が始まり、食べる量も増えておしりも大きくなり、何だか急に貫禄が出て頼もしくなります。ズリバイやハイハイにも慣れ、生後9-10か月にはつかまり立ちが上手な赤ちゃんも増えますね。

お座りが安定すると、つかまり立ちでよろけてもドシンと尻もちをついて、それ以上転がることが少なくなるのでママも安心です。

ただし、赤ちゃんの行動範囲は格段に広くなります。ぶつかって危険な物だけではなく、誤飲しそうな物を片付けるなど、より周囲の環境に気をつけましょう。

赤ちゃんと外に遊びに行っても座って遊ぶことが多くなります。外出先での誤飲も増えるので、ママが注意するのはお家の中だけではありません。

誤飲は赤ちゃんのころだけでなく、幼児の間はずっと注意しなければいけないのですが、特にお座りができるようになる生後6か月からは手が空き始めるため、誤飲をする機会が増えます。

タバコ…薬…子どもの誤飲は何歳まで?年齢別誤飲予防方法は?

赤ちゃんのお座り練習方法

赤ちゃんの運動機能の成長は、個人差があります。はやる気持ちは押さえつつ、お座り初体験からスムーズな流れを作りましょう。

お座り練習方法1.縦抱っこで赤ちゃんの興味を確認

赤ちゃんがお座りにチャレンジする時期は生後3-4か月を過ぎ、赤ちゃんが「おすわりしたいばぶー」というのがわかったときです。

まずは、赤ちゃんに縦抱きの視点を十分に堪能させることが大切です。ママは体力が必要ですが、赤ちゃんを縦抱きをして散歩に行き、自然や風景をたくさん見せて、好奇心を高めてあげましょう。

お座り練習方法2.クッションで身体を起こす

お散歩でたくさんの刺激をもらった赤ちゃんは、お家の中でも色々と興味が出始めます。

ほんの少し視点を変えると、赤ちゃんはママを目で追えるようになるので、厚めのクッションなどを使って上半身を少し起こしてあげましょう。

生後3-4か月位だと、転がらないように30度以下にしましょう。

ちなみに、生後3-4か月のベビーカーはまだA型ですね。A型ベビーカーは角度があっても30度程度なので、外出したときはなるべく縦抱きをしてあげましょう。

ベビーカーはいつまで使う?A型・B型の違いと10の選び方

お座り練習方法3.たまーにお座り体験

前述した通り、赤ちゃんにはたまにお座りを体験させてあげましょう。クッションとママの支えを忘れずに。

ただし、なかなか腰すわりが安定せずに、おすわりの体勢を嫌がる子もいるため、無理にお座りをさせる必要はありません。

お座り練習方法4.バンボなどで手の支えをなくす

首がしっかりし、腰回りもしっかりしてきたらバンボなどを使ってママの支えをなくしてみましょう。

バンボはお座りを嫌がる子にも使いやすいですし、ズリバイやハイハイで動き回るアクティブな赤ちゃんの動きを制限する役割も持つ便利グッズです。

ひとりで座ることを嫌がる子もいる!

赤ちゃんはみんなアクティブで、色々なことに興味津々というわけではありません。

以下の様に寝ている以外はママに抱っこされていないと嫌がる子もいますし、腰がすわっていないため、不安定なお座りを怖がる子もいます。

赤ちゃんがお座りできない・嫌がる原因
 1.腰で身体を支えられないから
 2.前のめりに抵抗があるから
 3.頭が少し大きめだから
 4.床に違和感を感じるから
 5.おむつが汚れて不快だから
 6.目線が変わることを怖がるから
 7.ママと離れる感じがするから
 8.筋緊張低下症(きんきんちょうていかしょう)のため

腰すわりとは?赤ちゃんがひとりでお座りできない・遅い8つの原因

赤ちゃんが生後4-5か月でお座りにチャレンジしないと遅いということはありませんし、1歳近くになってもまだお座りがふらふらしている子もいます。

お座りを体験させてあげることと、お座りを習得することは別のお話なので、ママもパパも気持ちがはやり過ぎないようにしましょう。

赤ちゃんは経験すること全てが初めてのことばかりです。色々なことをうまくできる子もいればできない子もいます。

できないことを歯がゆく感じるママもいますが、いざ赤ちゃんができるようになるとと後から寂しく感じます。一瞬一瞬を見逃さないように今の赤ちゃんの成長を堪能してください。

記事のURLとタイトルをコピー