出っ歯・受け口など不正咬合の種類と歯並びが悪い子どもの割合

e787236f54d94a7b1415e9085811cf33_s

この記事の読了時間は約 11 分です。

子どもの歯並びに敏感な親が増えている

わたしが子どものころに比べると、今は子どものきれいな歯並び、正しい噛み合わせに敏感な親が増えています。

きれいな歯並びでないこと、歯の噛み合わせが悪いことを「不正咬合(ふせいこうごう)」と言います。 不正咬合には、骨格がずれている骨格性のもの、歯と顎の大きさのバランスが悪い歯性のものなどがあります。

歯並びの悪さは見た目の悪さだけではなく、虫歯や歯周病の増加、口臭、構音障害、体や精神のバランスの悪化など、子どもの成長や身体の機能に悪い影響をおよぼすことがあるため、歯並びに気をつけることはとても良いことです。

子どもの歯並び・悪い噛み合わせが原因で虫歯…口臭…顔の変形?

とは言え、歯並びや噛み合わせの悪さで起こる子どもの成長や身体への悪影響の認識は、一般的にはまだまだ低いように思えます。

矯正歯科治療を提供するアライン・テクノロジー・ジャパン株式会社が日米中で行なった「歯並びに関するアンケート」によると、日本人は矯正治療に対する意識が低いという結果が出ています。

b2140ca8054e69f8a05fa7bb68d3480e

出典|【特集】矯正治療に踏み切れないワケとは!?(「日本人の歯並びに関する意識調査」より)| 矯正歯科ネット

・歯並びが良くない人の矯正治療率
日本…
 矯正治療した/治療中|21.3%
 未治療|78.7%
米国…
 矯正治療した/治療中|50.0%
 未治療|50.0%
中国…
 矯正治療した/治療中|23.8%
 未治療|76.2%

・歯並びについて歯科医への相談経験
日本…
 相談したことがある|23.5%
 相談したことがない|76.5%
米国…
 相談したことがある|67.5%
 相談したことがない|32.5%
中国…
 相談したことがある|74.5%
 相談したことがない|25.5%

歯並びや噛み合わせの悪さによる悪影響をすぐに認識させることは難しいですが、「歯並びが悪いとかっこ悪い……。」とはすぐに思えるはずです。

たとえば、「上顎前突」「反対咬合」「空隙歯列」などが悪い歯並びの例なのですが、これらがどのような歯並びを指しているか分かりますか?

今回は、上顎前突、反対咬合、空隙歯列などの悪い歯並びの種類とその意味、割合などについてお話したいと思います。

悪い歯並びの種類1.上顎前突(じょうがくぜんとつ)

c08bf53f597bc1f6edad337a4798d057

上顎前突とは、いわゆる出っ歯のことです。上顎前突は、上の歯(上顎)が前に出ている咬み合わせのことで、上唇が閉じにくく、笑ったり口を横に広げると上歯茎が出てしまう状態を言います。

上顎前突の原因

子どもが上顎前突になってしまう原因は以下の通りです。

・指しゃぶり、舌癖、口呼吸など生活習慣のため
・副鼻腔炎など鼻の病気のため
・前歯の生え変わりが上手く進まないため
・下顎の小ささが遺伝したため
・大きな上の歯を遺伝したため

上顎前突の症状・悪影響

上顎前突によって起こる症状や悪影響は以下の通りです。

・噛み合わせが悪いため食べ物が噛み切りにくい
・口が閉じにくいため口内が乾燥して雑菌が増える
・上下の歯に隙間ができ虫歯・歯周病になりやすい
・前歯が出ているため虫歯になりやすい
・口臭の原因になる
・明確に発音しにくい音が増える
・嚥下障害が起きる場合がある
・出っ歯や歯茎による顔の印象が悪い
・下顎の顎関節症の原因になる
・前歯を傷つけやすい
・咀嚼回数が減るため胃腸障害や首・肩こりが増える

悪い歯並びの種類2.反対咬合(はんたいこうごう)

18da60f38092f08da48da5bbb47d7d4b

反対咬合とは、いわゆる受け口のことです。下顎前突(かがくぜんとつ)とも言います。

正常な歯並びは、上の歯が下の歯より2-3mm外に出ている状態に対し、反対咬合は下の歯(下顎)が前に出て、噛み合わせが上下逆になっています。

また、下顎が前に出てしまい、上下の歯の先端が当たる状態を切端咬合(せったんこうごう)と言い、下顎前突の1つとされる場合もあります。

反対咬合の原因

子どもが反対咬合になってしまう原因は以下の通りです。

・指しゃぶり、舌癖、口呼吸など生活習慣のため
・副鼻腔炎など鼻の病気のため
・前歯の生え変わりが上手く進まないため
・下顎の大きさが遺伝したため

反対咬合の症状・悪影響

反対咬合によって起こる症状や悪影響は以下の通りです。

・噛み合わせが悪いため食べ物が噛み切りにくい
・口が閉じにくいため口内が乾燥して雑菌が増える
・歯に隙間ができ虫歯・歯周病になりやすい
・口臭の原因になる
・さ行やた行など発音しにくい音が増える
・嚥下障害が起きる場合がある
・受け口や顎の発達などによる顔の印象が悪い
・下顎の顎関節症の原因になる
・咀嚼回数が減るため胃腸障害や首・肩こりが増える
・噛み合わせが悪いため、くちゃくちゃ食べ方が汚く見える

悪い歯並びの種類3.空隙歯列(くうげきしれつ)

7a67eeb7981cb680219e3cd737b8d95c

空隙歯列とは、いわゆるすきっ歯のことです。空隙歯列は、主に乳歯から永久歯への生え変わりが上手く進まないことによって起こります。

空隙歯列の原因

子どもが空隙歯列になってしまう原因は以下の通りです。

・指しゃぶり、舌癖、口呼吸など生活習慣のため
・永久歯の虫歯などのため
・生え変わる歯が小さいため
・生え変わる歯の方向がまばらなため
・顎の骨の成長が上手く進まないため
・舌が大きく長いため
・生えてくる歯の本数が少ないため

空隙歯列の症状・悪影響

空隙歯列によって起こる症状や悪影響は以下の通りです。

・噛み合わせが悪いため食べ物が噛み切りにくい
・歯に隙間があるため口内が乾燥して雑菌が増える
・歯に隙間ができ虫歯・歯周病になりやすい
・口臭の原因になる
・空気が抜けるためさ行、た行、ら行など発音しにくい音が増える
・噛み合わせが悪いため嚥下障害が起きる場合がある
・すきっ歯による顔の印象が悪い
・下顎の顎関節症の原因になる
・咀嚼回数が減るため胃腸障害や首・肩こりが増える

悪い歯並びの種類4.叢生(そうせい)

f2c0984fe5968ac6016e130285cc732e

叢生とは、いわゆるガチャ歯(乱杭歯)のことです。叢生は、主に乳歯から永久歯への生え変わりが上手く進まないことで起こります。歯並びが悪いといえば叢生が思い浮かぶほど、日本人には一般的な悪い歯並びの代表例です。

叢生の原因

子どもが叢生になってしまう原因は以下の通りです。

・指しゃぶり、舌癖、口呼吸など生活習慣のため
・乳歯の虫歯のため
・生え変わり前の早い時期の歯抜けのため
・生え変わる歯の大きさがスペースに対してまばらなため
・生え変わる歯の方向がまばらなため
・顎の骨の成長が上手く進まないため
・うつぶせ寝や頬杖が習慣なため
・事故などの外傷のため

叢生の症状・悪影響

叢生によって起こる症状や悪影響は以下の通りです。

・噛み合わせが悪いため食べ物が噛み切りにくい
・歯に隙間があるため口内が乾燥して雑菌が増える
・歯に隙間ができ虫歯・歯周病になりやすい
・口臭の原因になる
・空気が抜けるため発音しにくい音が増える
・歯並びの悪さによる顔の印象が悪い
・下顎の顎関節症の原因になる
・上下でバランス良く咀嚼できず胃腸障害や首・肩こりが増える

悪い歯並びの種類5.開咬(かいこう)

aba0b4c277eaf28a2bd3dd9d1215e134

開咬とは、歯を噛み合わせたときに、上下の前歯などの間に隙間が開き、全ての歯が上手く噛み合わせられない状態を言います。開咬がひどい場合は、上下の歯が出っ張っるため、チンパンジーやゴリラのような口の形になります。

開咬の原因

子どもが開咬になってしまう原因は以下の通りです。

・指しゃぶり、舌癖、口呼吸など生活習慣のため
・おしゃぶりを長くくわえていたため
・副鼻腔炎など鼻の病気のため
・生え変わる歯の大きさがまばらなため
・顎の骨の成長が上手く進まないため

開咬の症状・悪影響

開咬によって起こる症状や悪影響は以下の通りです。

・噛み合わせが悪いため食べ物が噛み切りにくい
・口が閉じにくいため口内が乾燥して雑菌が増える
・歯に隙間ができ虫歯・歯周病になりやすい
・前歯で咀嚼ができないため、奥歯が虫歯になりやすい
・口臭の原因になる
・空気が抜けるためさ行、た行、ら行など発音しにくい音が増える
・出っ歯や歯茎による顔の印象が悪い
・噛み合わせが悪いため、上下の顎の成長が阻害される
・顎関節症の原因になる
・咀嚼回数が減るため胃腸障害や首・肩こりが増える
・歯をぶつけやすい

悪い歯並びの種類6.過蓋咬合(かがいこうごう)

ba16c59e26e486dc7f891228a019ca79

過蓋咬合とは、噛み合わせた際に上の前歯が下の前歯に被ってしまい、下の歯が見えなくなるほど深い噛み合わせになる状態を言います。

過蓋咬合は、一見噛み合わせや歯並びが悪くないように思いますが、上顎前突と同じように下顎よりも上顎の発達が進んでいるため、噛み合わせた際に上歯茎や前歯が大きく見えてしまいます。

過蓋咬合の原因

子どもが過蓋咬合になってしまう原因は以下の通りです。

・指しゃぶり、舌癖、口呼吸など生活習慣のため
・副鼻腔炎など鼻の病気のため
・前歯が過度に発達したため
・奥歯の成長が遅い・未発達なため
・生え変わる歯の大きさがまばらなため
・頬の筋肉が上手く使えないため
・下顎の小ささが遺伝したため
・大きな上の歯を遺伝したため

過蓋咬合の症状・悪影響

過蓋咬合によって起こる症状や悪影響は以下の通りです。

・噛み合わせが悪いため食べ物が噛み切りにくい
・前歯が出ているため虫歯・歯周病になりやすい
・上の歯茎を噛んで口内炎ができやすい
・口臭の原因になる
・発音しにくい音が増える
・大きな歯や歯茎が出るため顔の印象が悪い
・噛み合わせが悪いため、上下の顎の成長が阻害される
・顎関節症の原因になる
・咀嚼回数が減るため胃腸障害や首・肩こりが増える
・前歯を傷つけやすい

悪い歯並びの種類7.交叉咬合(こうさこうごう)

7b4ab6272a0f11b9987349c0a76aebd3

交叉咬合(交差咬合)とは、上下の歯の噛み合わせが前後左右どちらかにズレている状態を言います。口元が左右歪んでいる人は、交叉咬合の可能性があります。

交叉咬合の原因

子どもが交叉咬合になってしまう原因は以下の通りです。

・頰杖、指しゃぶり、舌癖、口呼吸など生活習慣のため
・事故などによる外傷のため
・奥歯の成長が遅い・未発達なため
・生え変わる歯の大きさがまばらなため
・生え変わる歯の方向がまばらなため
・歪んだ顎の骨を遺伝したため

交叉咬合の症状・悪影響

交叉咬合によって起こる症状や悪影響は以下の通りです。

・噛み合わせが悪いため食べ物が噛み切りにくい
・歯の隙間ができるため虫歯・歯周病になりやすい
・口臭の原因になる
・発音しにくい音が増える
・顔がいびつに変形してしまうため顔の印象が悪い
・顎関節症の原因になる
・噛み合わせが悪いため、上下の顎の成長が阻害される
・噛み合わせが悪いため、胃腸障害や首・肩こりが増える

子どもの不正咬合の割合

歯並びは、永久歯が生え揃ったときにどのような歯並びかで判断されます。そのため、小学校高学年ごろには歯並びの良し悪しが顕著になっているでしょう。

厚生労働省が平成23年に行った歯科疾患実態調査によると、12歳-20歳の日本人の不正咬合の割合は以下の結果が出ています。

43f80a45cec94901ed1dc29bf982eea3

出典|不正咬合の種類と実態 | e-ヘルスネット 情報提供

日本人の不正咬合の割合
叢生|44.3%
上顎前突|12.9%
空隙|12.4%
開咬|5.7%
過蓋咬合|4.8%
反対咬合|2.4%

ガチャ歯(叢生)が全体の44%以上、出っ歯(上顎前突)とすきっ歯(空隙)もそれぞれ12%以上もおり、改めて日本人の歯並びや噛み合わせの悪さがよくわかります。

また、2013年に千葉県市川市が小学生548名(4・5・6年生)を対象に行なった調査によると、正常咬合は34.7%、何らかの不正咬合は65.3%もおり、正しい歯並び、正しい噛み合わせをもった小学生は3人に1人しかいないことがわかります。内訳は以下の通りです。

502a8adaf8db2614c0b981bc9918d5c9-1

出典|小学生における不正咬合と口腔機能異常との関連について|東京歯科大学

小学生の不正咬合の割合
上顎前突|31.3%
叢生|27.9%
上顎前突+過蓋咬合|16.2%
過蓋咬合|15.4%
交叉咬合|3.9%
切端咬合|2.5%
下顎前突|2.2%
開咬|0.6%

千葉県市川市の小学生の場合は、出っ歯(上顎前突)が31.3%と最も多く、ついでガチャ歯(叢生)が27.9%、出っ歯と過蓋咬合の複合が16.2%、過蓋咬合が15.4%となっています。

歯並びの治療・矯正はした方が良いが…

このように悪い歯並び・噛み合わせの種類を見てみると、「あー、この歯並びはあの子だ。」と思い浮かべられますね。

特に、出っ歯、受け口、すきっ歯、チンパンジーのような口の形は、その人を表す特徴になっていることがあります。つまり、それだけ歯並びの悪さ、噛み合わせの悪さは人に与える印象が大きいということです。

どれだけ歯並びがきれいな人でも、全ての歯が整然と並んでいることはほとんどなく、ちょっとした歪みやズレがあり、それが口内に悪影響を与えます。

冒頭でお話したアライン・テクノロジー・ジャパンの別のアンケート調査「子供の歯並びと矯正治療に関する意識調査」によると、「子どもの歯並びは悪いけど、子どもの意志があれば治療したい。」という意見の親は多いそうです。

715_400_201106291458364e0abf0c6652b

出典|<子供の歯並び・矯正治療に関する意識調査>「子供の歯並びが良くない」62.3%、 子供の歯並びを未治療の親:「治療の必要性を感じても、子供の意向がなければ治療しない」63.1% | アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社

子供の歯並びを未治療の親の考え
子供の矯正治療をしたいと思う|69.2%
矯正治療は子供のうちに行った方が有効だと思う|76.2%
治療の必要性を感じても、子供の意向がなければ治療しない|63.1%

子供の歯並びを治療した親の考え
治療の必要性を感じれば、子供の意向に関わらず治療する|71.9%

もちろん、歯並びの治療や矯正は子どもの将来のリスクを減らすことができるため、全ての親が考えるべき課題だとは思います。

ただ、子どもにとっては「歯の矯正はかっこ悪いし、いじめの対象になるかも……。」、大人にとっては「自分に治療の経験はないし、お金もかかる……。」と高いハードルがあるため、なかなか踏み切れないようです。

とは言え、歯並びや噛み合わせが悪いことの弊害を認識することで、親子で治療や矯正を真剣に考えることは良いことです。

これから乳歯が生えてくる子、永久歯に生え変わる子が歯並びや噛み合わせを悪くしないように、以下の悪い生活習慣を正してあげてください。

子どもの歯並びが悪くなる原因は癖・習慣と遺伝…予防法は?

歯並びが悪いことは本当にコンプレックスになりますからね……。


参考|ご存じですか? 出っ歯(上顎前突症)にはさまざまなタイプがあります。タイプに応じた矯正・治療法を選びましょう!
参考|不正咬合の種類と症例 | 歯ならび治療専門歯科|大阪府岸和田市の茶野矯正歯科クリニック

記事のURLとタイトルをコピー