血流・心臓音に近い1/fゆらぎを持つピンクノイズの効果

9c8ad94384047759e783377a6d089d2f

この記事の読了時間は約 7 分です。

ママの胎内音にはリラックス効果がある

赤ちゃんは、ママの胎内環境に近い状態を作ってあげれば、眠りやすくなる・泣き止みやすくなるということを聞いたことがあると思います。

出産後の赤ちゃんは、手厚く守られていた胎内とは違い、周囲の環境全てに何らかのストレスを感じています。そのため、赤ちゃんがママの胎内にいたころの様々な環境を思い出すことでリラックスができます。

ママの胎内環境を作る代表的な方法としては、胎内で赤ちゃんが聞いていた音を聞かせることです。赤ちゃんの聴覚は胎児のころから発達しており、妊娠20週ごろから周囲の音が聞こえています。

胎児に五感はある?視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の発達時期と順番

では、具体的にママの胎内にいる赤ちゃんには、どのような音が聞こえているのでしょうか。また、なぜ胎内の音で赤ちゃんは落ち着くことができるのでしょうか。

今回は、ママの胎内音がどのような音なのか、なぜ赤ちゃんにリラックス効果があるのかというお話しをしたいと思います。

ママの胎内で聞こえる音とは

まず、赤ちゃんがママの胎内にいて一番聞こえる音は、血管の中を血液が流れる「ざーーーー」という血流の音です。これは妊娠18-20週ごろから聞こえ始めます。

さらに、血流の音に混じって様々な雑音も聞こえます。たとえば心臓の「ドクンドクン」という音、羊水の中で動いたときの「ゴボゴボ」という音などです。

そして、妊娠28-30週を過ぎてからは、ママのお腹の外の音が聞こえるようになります。ただし、血流の音に混じってこもった感じの音になるため、聞き取りやすいとは言えません。

それでも、ママの声だけは胎内に響いて聞こえてくるため、外から聞こえる声や音に比べるとクリアに聞こえるようです。これが赤ちゃんがママの声でリラックスができる理由です。

さて、このように血流の「ざーーーー」がメインで聞こえてくる音のことを「ピンクノイズ」と言います。このピンクノイズが赤ちゃんに胎内の記憶を思い出させ、リラックスさせると言われています。

「ピンクノイズ?ホワイトノイズじゃなかったっけ?」
「あれ?リラックスって心臓の音じゃなかったっけ?」

ホワイトノイズとピンクノイズの違い

ホワイトノイズとは

ホワイトノイズとは、波長が一定の雑音のことです。ホワイトノイズをイメージする場合、よくテレビの砂嵐の「シャーーーー」という音であらわします。

07fd8666e5011e10b95f4863cdc387da

引用|ホワイトノイズ、ピンクノイズ : 音響技術と機器開発 用語補足解説

ホワイトノイズの周波数はどの部分を聞いても均一になっており、波長にすると上図のようになります。

ピンクノイズとは

ホワイトノイズに対してピンクノイズとは、一定ではなくある程度規則性がある波長の雑音のことを言います。ピンクノイズの音の特徴は「1/fゆらぎ」と言われます。

6d94c23fc82473c3bc07bc80e0214c82

引用|ホワイトノイズ、ピンクノイズ : 音響技術と機器開発 用語補足解説

ピンクノイズの周波数は「1/fゆらぎ」であるため、上図のようにホワイトノイズとは違う波長になります。

波長が大きく変わるのではなくゆったりと変化していて、不規則さと規則性が調和しているため、心地良く聞ける音が「ピンクノイズ」、そしてこの心地良いリズムが「1/fゆらぎ」というわけです。

ピンクノイズの他にも、ブラウンノイズ、ブルーノイズ、パープルノイズなどがあるそうです。専門家ではないので雰囲気でしかわかりません。

この「1/fゆらぎ」は川のせせらぎやそよ風のような自然現象のリズムに似ていて、血流の音も「1/fゆらぎ」にあたります。

血流は絶えず一定の速さで流れるわけではありません。ゆるやかに早くなったり、遅くなったりしています。これが自然な心地よさを生み出すピンクノイズになります。

心臓の音はピンクノイズ?

赤ちゃんが胎内で聞こえているママの心臓の音も、赤ちゃんをリラックスさせる効果があるということをよく聞くと思います。

赤ちゃんに聞こえているメインの音は血流の音なんですが、それに混じって「ドクンドクン」というママの心臓の音もたしかに聞こえます。

もちろん、心臓の音にもリラックス効果があります。なぜなら、血流を生み出しているのは心臓の鼓動だからです。つまり「1/fゆらぎ」があるピンクノイズだと言えます。

ママが赤ちゃんをリラックスさせたい場合、それなりの用意をしなければ血流の音を聞かせることはできませんよね。

でも、赤ちゃんの耳をママの心臓の近くに持ってくれば、胎内音の一部として心臓の音を聴かせることは簡単にできます。そのため、「心臓の音を聞くとリラックス効果がある」と言われるのだと思います。

ピンクノイズを試してみよう

ちなみにホワイトノイズはこのような音です。

そしてピンクノイズはこのような音です。

ピンクノイズとホワイトノイズ違いがわかるでしょうか……。違うものだと思って聞けば何となく違う気もします……(^_^;)

また、スマホアプリにもピンクノイズやホワイトノイズを聞けるものがあるため、赤ちゃんに試してみたいママは使ってみてください。iPhone/Androidどちらにもたくさんあると思います。

512x512bb

ピンクノイズ プラス
開発元:Rachel Conwell
無料
posted with アプリーチ

xGzNNbZNsxewNPz9IFkntFT-BwKHHaVYKm5nAayKGhUBnGcZ1KpgD6vE1IUVjSnu6Q=w170

Pink Noise For GO Keyboard
開発元:T-Me Themes
無料
posted with アプリーチ

KwuuGXdkGm7hJfwKN6jrtg6n_KUGibDt1pJPlF-krxnrsSJeOO1H02IZwDI7ijSBPQ=w170

Pink Noise
開発元:wellbeing
無料
posted with アプリーチ

ピンクノイズの効果は?

このピンクノイズを使えば、どんな赤ちゃんでも完全に落ち着かせ、泣き止み、すぐにぐっすり眠ってしまう…………というスペシャルなものではありません。

わたしたちが相手をしているのは機械ではなく人間なので、赤ちゃんのその時の気分や体調、環境で効果が変わってしまうのは仕方がありません。

もちろん、体調・環境などに関係なく、ピンクノイズを聞かせても全く効果がない赤ちゃんもいます。

どちらにしても、ピンクノイズが赤ちゃんに効く万能薬というわけではないので、赤ちゃんをあやすアイテム、睡眠のお供にするアイテム程度のイメージで試してみるのが良いでしょう。

ママの胎内環境を再現する方法は、ピンクノイズだけではありません。胎内の暗い環境、暖かく包まれる感覚、自然の揺れなど、他の要素も含めて赤ちゃんをリラックスさせてあげてください。

赤ちゃんが泣きやむママの胎内音・環境を作る4つの方法

それにしても、赤ちゃんが妊娠28週ごろからすでにお腹の外の音が聞こえるというのはすごいですね。通りでママやパパが呼びかけると、お腹を痛いくらいボンボン蹴ってくるわけです……。

一説によると、お腹の中にいたことを覚えている「胎内記憶」は、3割の子が覚えていると言います。そのため、あんまり変なことを言わないように、気を付けないといけないですね(^_^;)

記事のURLとタイトルをコピー