永久歯はいつ生え揃う?乳歯が永久歯に変わる時期や順番は?

59b8ae044625649a0f66bcf46a260467

この記事の読了時間は約 9 分です。

乳歯が抜けて歯がスカスカ

「ねー、また抜けそうー。」今6歳の息子は、乳歯が4本抜けています。さらに2本がグラグラしている状態なので、あと1-2か月で6本抜けているかもしれません。

そうなると乳歯20本中6本が抜けるので、スッカスカですね。前歯の多くが抜けてしまうため、この時期は発音がおかしくなったり、歯並びが悪くなる舌癖には注意しないといけません。

子どもの歯並びが悪くなる原因は癖・習慣と遺伝…予防法は?

こんなに一気に乳歯が抜けてしまうと、「ご飯が食べられなくなるんじゃ……。」と思うかもしれませんが、心配する必要はありません。

もちろん、子どもの歯が抜けると一時期の噛み合わせのバランスは悪くなりますが、乳歯が抜けたということは間もなく永久歯が生えてくるということです。

ところで、子どもの永久歯は一体いつごろから生え始め、いつごろ生え揃うのか知っていますか?

今回は、乳歯から永久歯への生え変わりと生え揃いの時期や順番、また永久歯が持っている大切な役割についてお話したいと思います。

永久歯とは

永久歯とは、6-7歳ごろから11-13歳ごろまでの期間に、乳歯の生え変わりや新しく生えてくる上下28本(18歳以降で4本生えて最大で32本)の大人の歯のことです。

永久歯は、乳歯と比べて大きく全体的に黄色味を帯びており、エナメル質・象牙質も2倍ほどの厚みがあるため、永久歯が生え揃うと噛む力が強くなり、色々な食べ物を上手に食べられるようになります。

乳歯の特徴や生え始め、生え揃いの時期や順番の目安などは以下を参考にしてください。

赤ちゃんの歯が生え始める時期はいつ?乳歯の本数や順番は?

子どもの乳歯が永久歯に生え変わるのは、これから大きくなる全身の成長を支えるために顎周辺の筋肉や骨格を強くし、栄養が豊富な固形食品を効率的に摂取するためでもあります。

ただし、前述した通り永久歯が生え揃うには長い時間がかかります。そのため、永久歯の生え変わりや生え揃いの時期と順番を意識して、十分な歯のケアを行なっていく必要があります。

永久歯が生え始める時期と順番

永久歯が生え始める時期や順番には個人差があります。ただし、子どもによっては乳歯が抜けにくかったり、乳歯が抜けても永久歯が生えて来ないことがあり、その場合は小児歯科での受診や治療が必要になります。

おおよそ平均的に永久歯が生える時期と順番は以下の通りです。

11b92d4f788782286598bdc26d4aecdd

永久歯の時期と順番1.中切歯(ちゅうせっし)

上図の上下4本の前歯を「中切歯」と言います。

乳歯の「乳中切歯」は早い子で4-5歳からグラつき始め、乳中切歯が抜けるとその後に微かに白い中切歯が見えていることがあるでしょう。

中切歯も乳中切歯と同様、下顎から生え変わり始め、次に上顎の中切歯が生え変わる順番が一般的です。

下顎の中切歯が生えてくる時期の目安は6-7歳ごろ、上顎の中切歯が生えてくる時期の目安は7-8歳ごろですが、個人差があるため早い子で5歳ごろ、遅い子で7-8歳ごろから生え変わると考えると良いでしょう。

永久歯の時期と順番2.第1大臼歯(だいいちだいきゅうし)

4本の中切歯とあまり変わらない時期に、この時期の最奥歯として生えてくるのが「第1大臼歯」です。

第1大臼歯は、乳歯との生え変わりではなく単独で生えてくる永久歯です。こちらも上顎よりも、下顎の方が早く生えてきます。

第1大臼歯が生える時期の目安は6-7歳ごろですが、多くの子が第1乳臼歯よりも中切歯の生え変わりの方が早く、第1大臼歯が7-8歳ごろになる子もいます。

第1大臼歯は乳歯との生え変わりではないため、気が付いたら生えていたということが多い歯です。そのため、虫歯になりやすい永久歯として認識されています。

第1大臼歯がむし歯になりやすい理由

・奥に生えるため、歯磨きが難しい
・生え揃ってから上下の歯がかみ合うまでに、1年~1年半ほどかかり、その間に汚れがたまりやすい状態が続く
・噛み合わせの溝が複雑で汚れがたまりやすい

引用|歯の役割と仕組み|歯の健康基礎知識|ライオン

永久歯の時期と順番3.側切歯(そくせっし)

中切歯の両サイドに生えるのが「側切歯」です。

側切歯は「乳側切歯」が生え変わるもので、中切歯と同じく下顎から生え変わりが始まります。

側切歯の生え変わり時期は下顎が7-8歳ごろ、上顎が8-9歳ごろですが、6歳から9歳にかけてたくさんの歯が抜けるため、歯の隙間ができやすい時期です。

歯の隙間があると虫歯もできやすくなるため、ママは10歳までは子どもの仕上げ磨きをした方が良いでしょう。

仕上げ磨きはある程度の年齢まで続ける必要があります。ところが、その年齢は歯科医師によって見解が違うようで、調べてみると

「小学校2-3年生までは仕上げ磨きをした方が良い。」
「10歳ごろまでは仕上げ磨きをした方が良い。」
「小学校の高学年までは仕上げ磨きをした方が良い。」

などの意見が見られました。ただ、どの歯科医師の意見も、小学生以降も仕上げ磨きを続ける必要性に触れています。最低でも小学校2-3年生まで、できれば高学年までは、親が仕上げ磨きをした方が良いということでしょう。

子どもが自分で歯磨きするのはいつから?3歳からの虫歯予防とは

永久歯の時期と順番4.犬歯(けんし)

側切歯の両サイドにある「乳犬歯」と生え変わるのが「犬歯」です。

犬歯も同じく下顎と上顎の生え変わり時期に差がありますが、他の歯に比べて特に生え変わりの差が大きな永久歯です。

犬歯が生えてくる時期の目安は、下顎の生え変わりが9-10歳ごろ、上顎の生え変わりが11-12歳ごろで、特に上顎の犬歯は顎の筋肉や骨格が発達するように噛む行為を行なわないと、歯並びが悪くなってしまいます。

永久歯の時期と順番5.第1小臼歯(だいいちしょうきゅうし)

「第1小臼歯」は、「第1乳臼歯」と生え変わります。

この時期から徐々に「第1大臼歯」以外の奥歯が生え出します。奥歯は大きく硬くしっかりと固定された歯なので、歯が生える十分なスペースが必要です。

奥歯の噛み合わせを整え、顎を大きく発達させるには1年以上の時間がかかるため、この時期は特によく噛んで食べるように子どもに指導しましょう。

第1小臼歯が生える時期の目安は、下顎が10-12歳ごろ、上顎が10-11歳ごろと上顎の方が少し早いのですが、これも目安でしかありません。

永久歯の時期と順番6.第2小臼歯(だいにしょうきゅうし)

「第2乳臼歯」に代わって生えてくるのが「第2小臼歯」です。

第2小臼歯が生え変わる目安は、下顎が11-12歳ごろ、上顎が10-12歳ごろです。

永久歯の時期と順番7.第2大臼歯(だいにだいきゅうし)

第1大臼歯が生えてから5-6年経ったころに生え出すのが「第2大臼歯」です。こちらは乳歯の生え変わりではなく最奥歯として、永久歯単独で生えてきます。

第2大臼歯が生える目安は下顎が11-13歳ごろ、上顎が12-13歳ごろです。この時点で永久歯は一旦生え揃います。

子どもの虫歯の多くは第1大臼歯ですが、第2大臼歯が生えると第2大臼歯が最も虫歯になりやすい歯になります。そのため、しっかりと歯磨きをしなければ、小学生から中学生にかけて奥歯4本が虫歯になる子も多くいます。

永久歯の時期と順番8.第3大臼歯(だいさんだいきゅうし)

「第3大臼歯」は18歳以降で最も奥の歯として生えてくる4本の永久歯ですが、4人中1人は1本も生えてきません。しかもいつ生えてくるかわからないため、親が知らないときに急に生えてくる歯という意味で「親知らず」とも言います。

親知らずはきれいに生えることが珍しく、歯並びが悪いと歯茎の中で横向きに生えたり、歯茎を突き破って生えるなど、とても厄介な永久歯です。

また、まともに生えたとしても痛みを伴うことが多いため、成人してから親知らずを抜歯するという話はよく聞きますね。

永久歯の大切な役割

永久歯は名前の通り、一生使い続ける歯です。(第3大臼歯を除く)永久歯が生え揃うと噛む力が強くなり、色々な食べ物を上手に食べられるようになります。

永久歯は本来生きている限り使い続ける歯なので、永久歯の役割も一生続きます。大切なことなので十分子どもに認識させましょう。

参考|はじめよう口腔ケア|8020推進財団

永久歯の役割1.美味しく食べること

食べ物を美味しく食べるためには、きっちり噛む役割を果たす丈夫な歯が必要です。食べ物を美味しく食べることは生きる意欲にもつながります。必要な歯の本数は食べ物によって以下の様に決まっているそうです。

スルメイカ、酢だこ、フランスパン、たくあん、堅焼きせんべいを美味しく食べたければ、一本も欠かすことができません。

9a0319ed46c06df53234f0549d5b3b82

引用|はじめよう口腔ケア|8020推進財団

永久歯の役割2.正しく話すこと

永久歯は、正しい発音するためにも必要です。十分な永久歯の数と正しい歯並びがなければ、発音以外にも口臭や顔の変形、心や身体のバランスの崩れなど様々な弊害が出る可能性があります。

子どもの虫歯や口臭、顔の歪み原因に!歯並びや噛み合わせの悪さ

永久歯の役割3.脳への刺激

食べ物をよく噛むことで脳を刺激し、血液の循環を促すことで脳細胞の働きが活発になり、知能が高まります。

永久歯の役割4.唾液による殺菌作用や免疫機能

よく噛むことで多くの唾液が出ます。唾液は食べ物の消化や嚥下(えんげ)を助けるだけでなく、口腔内の殺菌作用、粘膜の保護などの働きを行い、虫歯や病気の予防を助けてくれます。

永久歯の役割5.平衡感覚を保つ

正しい歯並びと正しい噛み合わせがあることで、体のバランスを保ったり、歩行の安定にもつながります。

永久歯の役割6.ストレスの発散

硬い固形物を食べること、噛むことよってストレスの発散につながります。また、きれいな歯並びで自信を持って笑ったり、話をしたりすることもストレスの発散につながります。

永久歯の役割7.良い印象を与える

永久歯がきれいに生え揃った人の顔はとても端正に見えますよね。前歯が1本抜けただけでも、顔のイメージが大きく変わるほど歯は人に与える印象を変えてしまいます。

永久歯のケアは乳歯から

ママは「乳歯は永久歯への大切なつなぎ」と認識し、子どもに歯の大切さを教え続けなければいけません。たとえ、乳歯から永久歯に生え変わるタイミングが他の子より早くても、子どもの歯のケアが疎かでは意味がありません。

永久歯を大切にしたいなら1.乳歯の虫歯を防ぐ

子どもは歯磨きを嫌がります。もちろん、上手く褒めつつ、誘導しつつ、歯磨きを行うのですが、嫌がる子どもを押さえつけて歯を磨かなければいけないことも多々ありますね。

「こんなに嫌がっているのに……。」と子どもを押さえつけることに抵抗があるママの気持ちはよくわかります。が!今後何十年も幸せな時間を過ごして欲しいなら、心を鬼にしなければいけません。

子どもが歯磨き・仕上げ磨きを嫌がる理由は?対処・克服方法は?

永久歯を大切にしたいなら2.歯並びを良くする

また、永久歯が生え揃う過程で気をつけたいことが歯並びです。歯並びが悪くなってしまうと様々な弊害がありますが、歯並びの悪さの原因は生活習慣、つまり癖によって起こります。

子どもに以下の癖がある場合は、早めに生活習慣を見なおさなければいけません。

歯並びが悪くなる変な癖や習慣
1.指しゃぶり
2.舌突出癖(ぜつとっしゅつへき)
3.頬杖(ほおづえ)
4.口呼吸
5.不均等な食事の仕方
6.猫背や姿勢の悪さ
7.うつぶせ寝
子どもの歯並びが悪くなる原因は癖・習慣と遺伝…予防法は?

大きくなるほど習慣を変えることは難しくなります。なるべく赤ちゃんのころから歯磨きを行う習慣、歯並びに良い習慣になるよう、ママが注意をしてあげましょう。

親が歯の大切さを知っておこう

永久歯が生えるタイミングには個人差があります。20本の乳歯がおよそ2-3年かけて生え揃うことに対して、28本の永久歯が生え揃うためには、およそ6-7年の時間がかかります(第3大臼歯除く)。

そして、生え揃った永久歯は60-70年ほど使わなければいけません。つまり、一生使う歯であるため日々のケアがとても大切でなのですが、その大切さを十分に認識している人はあまりいません。

子どもに永久歯の大切さを教えるのは親の役割です。子どもの虫歯や噛み合わせの悪さ、顎の未発達など、先天的ではない原因に対して、親は責任を持たなければいけません。

歯のケアは永久歯ではなく、乳歯から始まっています。子どもに乳歯が生え揃う前から歯の大切さを繰り返し教え、上手に歯を磨けるようになった子ほど、永久歯も大切にできます。

虫歯予防を行い、良い歯並びを作ってあげれば、子どもは一生美味しいものをたくさん食べ、大きな口を開けて笑うことができるんです。

ちなみに、悪い歯並びには出っ歯、すきっ歯、受け口などの種類があります。悪い歯並びの種類は以下を参考にしてください。

出っ歯・受け口など不正咬合の種類と歯並びが悪い子どもの割合

記事のURLとタイトルをコピー