いないいないばあで笑う・泣き止むのはいつから?その理由は?

いないいないばあ

この記事の読了時間は約 6 分です。

いないいないばあで赤ちゃんが笑う理由とは

「いないいないばあ」ってわかりますよね?ワンワン、うーたんのことじゃありません。

赤ちゃんの目の前で、ママが自分の顔を両手で「いないいない~」と隠して、「ばぁ!」と両手を広げ赤ちゃんに顔を見せることです(言うまでもない(^_^;)

赤ちゃんに「いないいないばあ」をすると最初は反応がないのですが、徐々に驚いた顔をするようになり、成長するに連れて「いないいないばあ」で喜んだり、笑顔になったりします。

泣いている赤ちゃんをあやすときに、誰でも1回はやったことがあるはずです。でも「いないいないばあ」って不思議だと思いませんか?

赤ちゃんは、こんな単純な動作で「キャッキャ」と笑います。ときにはツボにはまって、ゲラゲラ笑い転げます。激しく泣いていたのに、泣き止みます。

なぜ赤ちゃんは「いないいないばあ」で笑うんでしょうか。また、生後何か月くらいから「いないいないばあ」で驚いたり、笑ったりできるんでしょうか。

今回は、赤ちゃんが「いないいないばあ」で笑ったり、泣き止むのはいつからなのか、「いないいないばあ」を理解できる発達がどのようなものなのかについてお話したいと思います。

いつからいないいないばあを理解できる?

産まれたばかりの赤ちゃんは耳は聞こえますが、目はあまり見えていないため、「いないいないばあ」をしても何をしているかわかりません。

個人差はありますが、「いないいないばあ」は早い子で生後5-6か月以降に理解できると言われています。

スイスの心理学者ジャン・ピアジェは、「いないいないばあ」と子供の発達の関係を以下のように解釈しています。

ピアジェによれば、生後7-9ヶ月程度に達した乳児は、物の永続性(object permanence)を理解し始める。これは、物を見ることができなくても、物が存在し続けていることを理解する能力を獲得したことを意味する。例えば、ブランケットの下に子供のお気に入りのおもちゃを隠した場合、子供は物理的におもちゃを見ることができなくとも、ブランケットの下を探そうとするようになる。この能力を獲得すると、乳児は養育者といないいないばぁ(Peekaboo)を楽しむことができるようになる。

引用|子供の発達 – Wikipedia

簡単に言うと、赤ちゃんに「いないいないばあ」をすると、「いないいない~」で目の前からママの存在が消えてしまい、「ばぁ!」で突然現れたママにびっくりする、というものです。

そして、「いないいないばあ」を繰り返すことで、ママの存在が消えてしまったのではなく、見えなくなっただけだということを赤ちゃんが少しずつ理解できるようになるそうです。

いないいないばあと赤ちゃんの認知機能の発達

赤ちゃんは、「いないいないばあ」で喜ぶまでに、以下の様な認知機能の発達があります。

認知機能の発達1.自分の存在を理解する

赤ちゃんは母乳を飲んで満足したり、おしっこやうんちをして不快感を感じたり、指しゃぶりやハンドリガード・フットリガードすることで自分の存在を認識できるようになります。

ハンドリガード・フットリガードはいつまで続く?しない理由は?

認知機能の発達2.人がいることを理解する

自分の存在を理解することと同時期に、母乳を飲ませてくれたり、おむつを替えてくれたり、自分に暗視感を与える存在を理解できるようになります。その存在は「ママ」ですね。

認知機能の発達3.人が隠れていなくなることを認識する

赤ちゃんが、目で見て人の存在を認識する部位は顔が中心です。

新生児期の赤ちゃんは、目・鼻・口ではなく顔の輪郭や髪型で顔を見分け、生後3-4か月ごろになると、目・鼻・口で顔を認識できるようになり、生後5-6か月には、人の白目と黒目のコントラストで顔を認識できるようになります。

赤ちゃんがママを認識するのはいつから?声・匂い・顔で時期が違う

そのため、ママが「いないいない~」と言って手で顔を覆うと、ママがいなくなったように感じます。

認知機能の発達4.手を開くと顔が見え人が現れたと認識する

いなくなってしまったママが、「ばぁ!」の掛け声で突然現れたことでびっくりします。

認知機能の発達5.「いないいない~」と「ばぁ!」で何が起こるか予測する

「いないいないばあ」を繰り返すことで、「いないいない~」でいなくなった人が、「ばぁ!」で突然現れるものだということを覚えます。

発達の流れ6.自分の予想通りのことが起き興奮する

「いないいない~」「ばぁ!」の流れで、赤ちゃんが予想通りに、いなくなったママが現れるため嬉しくなって笑う、というのが一連の「いないいないばあ」の流れです。

赤ちゃんはいないいないばあで成長する

このように「いないいないばあ」の仕組みを理解すると、「いないいないばあ」による赤ちゃんの認知機能の成長がよくわかります。

「いないいないばあ」を何度も繰り返すことで、赤ちゃんは物がいきなり消えるのではなく、実は存在していると考えることができるようになります。

隠した物が存在することを心理学者ジャン・ピアジェは「物の永続性」と呼び、物の永続性を認識した赤ちゃんは、さっきまでそこにあった記憶に残っている物を探すことができるようになります。

つまり「目の前にあるから存在している」という認識だけではなく、視界から外れたママを探そうとしたり、物の影に隠れたおもちゃを探したりすることができるようになるんです。

大人の言葉に置き換えると、「あれ?ここにあったはずなのに……。」「さっきまでここにいたのに……。」と赤ちゃんが考えられるようになるということです。

この認知機能の発達を知ると、「いないいないばあ」で赤ちゃんが笑ってくれて嬉しいだけでなく、成長してくれて嬉しいと感じられるようになりますね。

これは、「もっとやって!もっとやって~。」という顔で見られても、お付き合いするしかありません(^_^;)

また、赤ちゃんが物の永続性を認識することと運動機能の発達(ズリバイやハイハイ)によって、ママの後追いも始まります。

赤ちゃんの後追いはいつからいつまで続く…する理由としない理由

いないいないばあで笑わない赤ちゃん

「いないいないばあ」を楽しむために必要な「物の永続性」は、生後6か月から遅くても生後9-10か月には理解できるようになると言います。

ところが、1歳近くになっても、「いないいないばあ」にあまり反応を示さない赤ちゃんもいるようです。これは赤ちゃんの性格でも変わるようで、赤ちゃんが何に興味を持っているかでリアクションも変わります。

「いないいないばあ」をしても「(・ ε ・)ふーん、それで?」という赤ちゃんもいるということですね。

そのため、もし「いないいないばあ」のリアクションが薄くても、ママの呼びかけに反応する、目で後追いをするようであれば、とくに心配はいりません。

また、ママの「いないいないばあ」には反応するのに、パパの「いないいないばあ」には反応しないというのも個性の1つです。

その赤ちゃんにとって「いないいない~」で消え、「ばぁ!」で現れたときに喜びを感じる対象がママだったというだけで……まぁ、パパ見知りという言葉もありますし、今だけだと思うのでパパは落ち込まないよう(^_^;)

耐えろ夫…赤ちゃんのパパ見知りはいつからいつまで?原因と対策

上手ないないいないばあのやり方

「いないいないばあの反応が薄い……。」とちょっと心配なママのために、「いないいないばあ」を正しく行う注意点が2つあります。

注意点1.「いないいない~」と「ばぁ!」の間をあける

「いないいないばあ」で赤ちゃんが嬉しそうに反応するのは、「『いないいない~』で目の前にいた人がいなくなったけど、きっと『ばぁ!』で出てくる!」という赤ちゃんの予想が当たるためです。

「いないいない~」と「ばぁ!」の間があいていないと予想をする時間がなく、赤ちゃんにとってよくわからない行動に映るかもしれません。

注意点2.目はしっかりと手で隠す

赤ちゃんは人の顔の中で”目”の存在を一番重視しています。

そのため、ママが「いないいないばあ」の反応を見たくて、「いないいない~」のときに指の間から見ていると、赤ちゃんにはママが消えたように感じないかもしれません。

3-4歳の子供でも顔以外の認識が薄く、パパやママの絵を描かせると顔から手足が生えた「顔だけ星人※」になるのは、顔の認識が強いためです。

保育用語で頭足人(とうそくじん)と言います。

いやー、「いないいないばあ」はほんとに奥が深いですね。当時こういうことを意識していれば、もっと子供の成長を楽しめたのかもしれません。

記事のURLとタイトルをコピー