オリックスの働くパパママ川柳の共感とあるある感がすごい

d8a364437098cbf48f56d21b96e19ff6

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

働くパパママ川柳とは

「兄妹を 足せたら全てが うまくいく」

なぜ兄妹でこんなに性格が違うのか……足したらちょうど良くなるのに……、まぁ実際に悪いところが足されたらえらいことになってしまうんですけどね。

第1回オリックス 働くパパママ川柳の結果が発表されました。川柳と言えば、第一生命が行っているサラリーマン川柳が有名ですよね。

働くパパママ川柳では、応募総数およそ5万作品の中から、「大賞1作品」「パパ目線賞3作品」「ママ目線賞3作品」「優秀賞10作品」「佳作20作品」が選ばれました。

どの川柳も、子育てをしながら家事や仕事を頑張っているパパやママの姿が想像でき、「あーわかるわー。」と共感できるものばかりです。

また、働くパパママ川柳に使われていたイラスト(冒頭引用)が子育てと仕事を前向きに取り組んでいるパパとママの雰囲気を表していて、ちょっとうらやましく思ったり……。

そこで今回は、賞に選ばれた川柳をざざっとご紹介したいと思います。

以下、「第1回 オリックス 働くパパママ川柳特集:朝日新聞デジタル」作品と応募者名などを引用します。

川柳とは

川柳とは、俳句と同じく「五・七・五」の十七音で構成されている定型詩のことです。川柳には、決まったルールがないため、あまり難しく考える必要はありません。

川柳と俳句の違いは3つあります。

1.俳句には季語が必要ですが、川柳には季語がいりません。
2.俳句は文語表現ですが、川柳はわたしたちが普段使う口語表現です。
3.俳句では「や」「かな」「けり」などの切れ字を使いますが、川柳は特に必要としません。

というわけで、川柳は「五・七・五」で言葉がまとめられていれば、特にこだわりはないということですね。

参考|川柳と俳句の違い

そのため、短い期間で全国から5万作品もの川柳の応募があったのでしょう。

働くパパママ川柳の入賞作品は?

入賞作品|大賞

「カバンには パソコンスマホ 紙おむつ」なおみん(42歳・女性/神奈川県)

わたしはパソコンを持ち歩くキャリアママではないので、ぴったりの共感はできないのですが、どのカバンにもおむつやおしり拭きが常備されているのはわかります。

入賞作品|パパ目線賞

「パパ育児 一度は試す 父の乳」パパシー(30歳・男性/福岡県)
「おむつ替え プレゼンよりも 汗が出る」新婚さん(36歳・男性/大阪府)
「ワンオペで 家事が回る日 神ってる」兼業主夫(37歳・男性/東京都)

パパ目線だとおむつ替えでも緊張するみたいですね。うちの夫も「おむつ替えができたら成長した気がする。」と言ってました……(^_^;)

また、「ワンオペ」や「神ってる」などの今流行の言葉を入れるのも、今どきの川柳で入賞を目指すコツなんでしょうね。

入賞作品|ママ目線賞

「欲しいのは 子供と主婦を もう1人」パタパタママ(34歳・女性/大阪府)
「すべりこむ 会社に園に お布団に」煮え湯(39歳・女性/京都府)
「ないのかな 家事の労働 基準法」産休中(39歳・女性/埼玉県)

わたしが最も共感したのは、「すべりこむ 会社に園に お布団に」です。「明日もお弁当だから、く早く寝なきゃ。」「運動会だから……発表会だから……。」と、布団に入ることも予定に組み込まれている感じがします。

入賞作品|優秀賞

「ただいまと 聞いた瞬間 ギュッとハグ」ココナッツ(13歳・女性/東京都)
「初トイレ あんよも全て 保育園」家事リーマン(41歳・男性/埼玉県)
「駅に着き 深呼吸して ママになる」そらそらお(51歳・女性/千葉県)
「築地もか うちの娘も 決まらない」オンマー(36歳・女性/兵庫県)
「のっけ弁 超多忙の日 母分る」野球少年(14歳・男性/三重県)
「おべんとう なぜか僕まで 離乳食」コトノシン(31歳・女性/三重県)
「上司より 呼び出し多い 保育園」たっちゅんママ(24歳・女性/京都府)
「ひと休み したいと願い 5年経つ」キーさん(34歳・女性/東京都)
「育休を とれば不倫を 疑われ」上の空(56歳・男性/京都府)
「ウイルスが 縁で三人 水入らず」はますだれ(55歳・男性/神奈川県)

今は夫婦共働きが多いので、「初トイレ あんよも全て 保育園」というのも仕方ないですよね。見るためには子どもにつきっきりにならなければ行けないので、現実的ではないという夫婦は多そうです。

「ひと休み したいと願い 5年経つ」も共感できるママが多いでしょう。5-6歳までの子育ての悩みの上位には、ずっと身体の疲れと時間がないことが入っています……。

0歳から6歳の育児の悩みランキング-厚労省調査

いつもは仕事で忙しいパパやママも、病気になると「ウイルスが 縁で三人 水入らず」という状態になるということですかね。これは、去年末のうちの状況ですね。水入らずという穏やかなものではありませんでしたが。

佳作

「ありがとう 笑顔でふえる パパの家事」ゆるゆるママ(44歳・女性 / 鹿児島県)
「ツイッター 互いの愚痴を チェックする」さごじょう(34歳・男性 / 愛知県)
「お疲れを 救うルンバと 食洗器」りのんぱ(37歳・男性 / 東京都)
「毎日が トライアスロン 待ったなし」なつママ(39歳・女性 / 千葉県)
「苦労消す 消しゴムなんだ 子の笑顔」りょうちゃん(33歳・女性 / 千葉県)
「部下も子も 褒めて育てて 裏切られ」橘孔雀(52歳・男性 / 福井都)
「はじめての お遣いちゃんと パパ出来た」ジミさん(50歳・女性 / 東京都)
「子を送り 朝の準備は 二倍速」しーしー(45歳・女性 / 千葉県)
「3交替 家に帰れば 2交替」アンディ(49歳・男性 / 神奈川県)
「朝はパパ 昼はリーマン 夜旦那」育児するメン(24歳・男性 / 京都府)
「「やっとくよ」 パパの一言 まじで神」ぽにまむ(31歳・女性 / 山形県)
「「買ってきて」 メール割り込む 会議中」黄金虫(65歳・男性 / 千葉県)
「朝支度 目指せF1 メカニック」まなみんママ(30歳・女性 / 兵庫県)
「初詣 合格祈る 保育園」コダクさん(55歳・女性 / 山口県)
「子の微熱 キャリアママの 泣きどころ」ナンサン(76歳・男性 / 神奈川県)
「目の前に あるのに遠い 保育園」フランソワゆう子(40歳・女性 / 神奈川県)
「少子化に 保活で苦労 する不思議」おいまる(44歳・男性 / 東京都)
「帰るのを 待ってる部下と 待ってる子」パパはランドセル(28歳・男性 / 広島県)
「にらめっこ 子どもの熱と 勤務表」拓颯(51歳・女性 / 宮城県)
「ITが 家族の絆 命づな」よし、やるぞう!(41歳・男性 / 千葉県)

佳作にも面白い川柳がたくさんありますね。わたしが特に好きなのはこの5つですね。

「ありがとう 笑顔でふえる パパの家事」
「苦労消す 消しゴムなんだ 子の笑顔」
「はじめての お遣いちゃんと パパ出来た」
「「やっとくよ」 パパの一言 まじで神」
「にらめっこ 子どもの熱と 勤務表」

パパの育児や家事はママの心配事の1つです。そのため、ちょっとしたことでもやってくれるとありがたいです。「疲れてるなら洗濯と食器洗っとくよ。」まさに「まじで神」です。

あとは、ありきたりですが、子どもの笑顔は本当に疲れを忘れさせてくれますね(疲れの原因は子どもですけど)。

働くパパママ川柳の感想

もっと妻から夫に対するパンチが効いたシニカルな作品があるかと思いきや、「大変だけど、がんばるよー。」という川柳が多く、ほんわかした気持ち、昔を思い出し懐かしい気持ちになれました。

サラリーマン川柳の方は面白い作品も多いのですが、以下のように皮肉が効きすぎていて、苦笑いだったり、イタタタ……という作品もあるので、わたしは「働くパパママ川柳」の方が好きですね。

「ボディコンを 無理して着たら ボンレスハム」
「いい夫婦 今じゃどうでも いい夫婦」
「退職金 もらった瞬間 妻ドローン」

おそらく来年もあるはずなので、わたしも応募しようと思います。川柳の応募数はサラリーマン川柳を超えているので、もしかしたら、一大ムーブメントになるかもしれません。

みなさんも、普段の育児生活の中から1つ2つは思いつくはずです。大々的ではなく、「パパママ川柳がおもしろい! – 男が育休を取ったら気づけたこと」のように小さく行われているものでも意外と楽しいですよ(むしろわたしはこっちの方が面白かったです)。

記事のURLとタイトルをコピー