40歳以上の出産数や割合は?高齢妊娠・出産の合併症リスク確率

41472353aaa57580474a62f88ecf0fcd

この記事の読了時間は約 6 分です。

高齢妊娠・高齢出産はリスクを伴う

多くの女性にとって出産は特別なものです。赤ちゃんを産むことの決断も、産まないことの決断も、後の人生に大きな影響を与えます。

そんな中、世の中には高齢出産(第1子が35歳以上、第2子以降が40歳以上)で赤ちゃんを産んだママがたくさんいます。

人によっては他人の高齢出産の話を聞いて、「自分もまだイケる!」と希望を持つのかもしれません。ただし、年齢が高くなるほど妊娠・出産は母子に様々なリスクを伴います。

そもそも妊娠できないかもしれません。流産や死産の確率も高まります。赤ちゃんの胎児発育不全が、機能不全や奇形につながるかもしれません。もちろん、妊婦の病気も起こりやすくなります。

では、このような高齢妊娠・高齢出産のリスクはどのようなもので、どれくらいの確率で起こるのでしょうか。

今回は、高齢妊娠・高齢出産のリスク確率などについてお話したいと思います。

高齢出産の人数と割合

ニュースや新聞で高齢出産を見聞きすることはありますが、自分の周囲を見回して高齢出産と言える人はどれくらいいるでしょうか。厚生労働省の人口動態統計を見ると、高齢出産の割合がわかります。

第1子合計478071人
35-39歳|81254人(17.00%)
40-44歳|19084人(3.99%)
45歳以上|622人(0.13%)

第2子合計363219人
35-39歳|93249人(25.67%)
40-44歳|19660人(5.41%)
45歳以上|354人(0.10%)

第3子以上合計164366人
35-39歳|53786人(32.72%)
40-44歳|12449人(7.57%)
45歳以上|332人(0.20%)

参考|平成27年人口動態統計月報年計(概数)の概況 – 厚生労働省

平成27年度の高齢出産は第1子全体で21.12%、第2子全体で5.51%、第3子以上全体で7.77%になります。

さらに全体で見ると、第1子35歳以上の高齢出産率は10.04%、第2子40歳以上の高齢出産率は3.26%、高齢出産全体は全出産中13.03%ということになります。

ちなみに、平成27年に生まれた赤ちゃんのうち1300人のママは45歳以上です。もちろん、これらは自然妊娠と体外受精(IVF)を合わせた数です。

高齢出産のリスク

高齢出産にはどのようなリスクがあるのでしょうか。

リスク1.初期流産が増える

妊娠適齢期と呼ばれる20代前半から30代前半までの流産率は10%ほどです。ところが、35-40歳では20%、40歳以上では35-40%ほどになります。これは卵子(精子)の老化による原因が大きいとされています。

年齢別・妊娠週数別の流産確率は?妊娠初期流産の予防法はある?

また、アメリカにおける36,056例を対象とした研究では、35歳未満の妊婦に対して35歳-40歳の妊婦の流産率は2倍、40歳以上では2.4倍上昇すると発表されています。

参考|齢階層別に見た産科合併症の総分娩数に対する割合|杏林医会誌 47巻1号 77~79 2016年3月|厚生労働省

リスク2.染色体異常が増える

また、染色体異常の頻度も20歳の妊婦が1/526であることに対して、40歳では1/66と約8倍上昇しています。しかも、それ以降の年齢でも、染色体異常は何倍にも跳ね上がっています。

b8edf75d2cbde8bc9bd23b4a7bd8f43e

出典|齢階層別に見た産科合併症の総分娩数に対する割合|杏林医会誌 47巻1号 77~79 2016年3月|厚生労働省

40歳から42歳でさらに3倍、45歳で6倍、46歳で8倍にもなります。これは20歳と比べると66倍のリスクになります。

そして、それにともなって、ダウン症の確率も増えています。20歳では1667人に1人の割合で生じていたダウン症は、40歳で106人に1人、45歳で30人に1人です。

リスク3.帝王切開による出産が増える

女性は年齢とともに子宮が老化します。すると、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気も増え、より子宮内環境が悪化します。

子宮内環境の悪化は胎児への十分な栄養供給を難しくし、胎児発育不全から低出生体重児の出産が増えてしまいます。

また、子宮の老化は出産時に陣痛が弱くなったり、子宮口が開大しないなどが原因で難産の確率も高まります。そして、結果的に帝王切開による出産が増えてしまいます。

リスク4.妊娠中期-後期の合併症が増える

もちろん、子宮内環境が悪化したり、胎児の発育を阻害する要素には合併症の懸念があります。そして、年をとるほど合併症の確率は上がります。

f00709e626c0d071788990972e2639f0

出典|齢階層別に見た産科合併症の総分娩数に対する割合|杏林医会誌 47巻1号 77~79 2016年3月|厚生労働省

以下で、もう少し合併症のリスクと年齢の関係性を見てみます。

妊娠に伴う合併症リスクと年齢の関連性

徳島大学大学院産科婦人科学分野の苛原稔教授は、妊娠・出産に伴う合併症のリスクと母体年齢の関連性について調査を行いました。

周産期医療施設のデータベースに登録された2001-2010年の単胎575,927例を調査対象にして、頻度の高い8つの産科合併症と年齢の相関性を以下のように表しています(20-34歳を相対リスク1として算出)。

以下参考|年齢と妊娠・出産に伴う合併症のリスク評価について|厚生労働省

妊娠高血圧症候群のリスク

20歳未満|0.68
20-34歳|1.0
35-39歳|1.66
40歳以上|2.55

前期破水(37週未満)のリスク

20歳未満|0.96
20-34歳|1.0
35-39歳|1.0
40歳以上|1.14

切迫早産のリスク

20歳未満|1.78
20-34歳|1.0
35-39歳|0.83
40歳以上|0.75

子宮頚管無力症のリスク

20歳未満|1.32
20-34歳|1.0
35-39歳|1.04
40歳以上|1.04

絨毛膜羊膜炎のリスク

20歳未満|1.07
20-34歳|1.0
35-39歳|1.0
40歳以上|1.04

前置胎盤のリスク

20歳未満|0.36
20-34歳|1.0
35-39歳|1.76
40歳以上|2.19

常位胎盤早期剥離のリスク

20歳未満|0.67
20-34歳|1.0
35-39歳|1.18
40歳以上|1.5


高齢出産(妊娠)と特に関係が高い合併症は、妊娠高血圧症候群、前置胎盤、常位胎盤早期剥離だとわかります。

妊娠高血圧症候群は20-34歳に比べて35-39歳が1.66倍、40歳以上は2.55倍、前置胎盤は20-34歳に比べて35-39歳が1.76倍、40歳以上は2.19倍、また、常位胎盤早期剥離は20-34歳に比べて35-39歳が1.18倍、40歳以上は1.5倍に発症確率が高まります。

妊孕性に対する知識教育が必要

前述した通り、高齢出産で生まれてくる子の割合は全出産中13.03%(13万人)もいます。そして、母親の年齢が40歳以上で生まれてくる赤ちゃんは5万人以上もいます。

ただ、この子たちは生まれることができて幸運でした。「どうしても赤ちゃんが欲しい!」と望んでも、それが叶わない家族は少なくありません。

国立成育医療研究センターの齊藤英和博士は、医療の観点から妊娠適齢期を20代から30代前半としています(複数要素がある)。加えて、日本人の妊孕性に対する知識は低く、適切な教育が必要だとしています。

529518bf85f8ca8f88ba9835df4d597a

出典|妊娠適齢期を意識したライフプランニング|国立成育医療研究センター、周産期・母性医療診療センター

つまり、高齢出産という言葉や年齢を知っていても、リスクはそれほど認識しておらず、「芸能人でも◯◯さんが40歳で産んでるから大丈夫。」と良い面でしか捉えていない可能性があるということです。

芸能人でも高齢出産は多く、第1子の高齢出産では坂上みきさん(53歳)、金田朋子さん(44歳)、長山洋子さん(42歳)、はしのえみさん(41歳)、山下久美子さん(41歳)、相田翔子さん(41歳)、松嶋尚美さん(40歳)、中澤裕子さん(39歳)、梨花さん(38歳)などたくさんいます。

女性が子どもを産める年齢は?妊娠適齢期と出産限界年齢とは

もし出産を望むのであれば、わざわざ「高齢出産」という定義があることを認識しましょう。そして、「自分は産みたいときに産む」が通用するかどうかをもう一度真剣に考えてみてください。

記事のURLとタイトルをコピー