名前で揉めて離婚も…赤ちゃんの名付けで注意する7つのこと

553267104946539815facc01f23daf8c

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

赤ちゃんの名付けは難しい

赤ちゃんの名前を決めることは、思っていたよりもなかなか難しいですよね。

わたしたちが子どものころと今では流行りの名前は違いますし、よく使われる漢字も違います。もちろん、わたしたちの両親の子どものころとも大きく違います。

そのため、大人になっても違和感がない名前、おじいちゃんおばあちゃんになっても違和感がない名前を赤ちゃんに付けてあげることは、今持っている感覚では難しいと思います。

そもそも、親は子どもの名前を決めることができますが、そこには子どもの人生に対する責任が発生します。

そんなことが頭をぐるぐる回っていると、余計に名付けに時間がかかってしまいます……。

そこで今回は、名付けに迷っているパパとママの参考になるように、名付けで気をつけるべき7つのことをお話したいと思います。

名付けの注意点1.夫婦で話し合って決めること

赤ちゃんはパパとママがいるからこの世に生まれてくることができました。そのため2人の意見を合わせて名前をつけることが大切です。

パパの意見を尊重する場合も、ママの意見を尊重する場合もお互いが納得することができれば、赤ちゃんが成長したときにその名前を気に入ってくれるはずです。

ところが、世の中には変わった人もたくさんいます。気がついていないだけで、あなたのパートナーもちょっと変わった人かもしれません。

赤ちゃんの名前で揉めて離婚してしまう夫婦もいるそうですが、将来子どもが自分のせいで両親が離婚に至ったと知ったらどう思うでしょう……。

できれば妊娠する前、できれば結婚する前から「可愛い・かっこ良いと思う赤ちゃんの名前」を何気なく聞いておきましょう。

名付けの注意点2.他人の意見に耳を傾けること

名付けは子どもの一生にかかわることなので、両親や親戚から口を出されることもあります。

もちろん世代が違えば感覚も違うため、「そんな名前はかわいそうだ。」と言われてパパ、ママが納得いかないこともあるでしょう。

わたしは両親や義両親に名前に対する意見は求めましたが、同時に「こういう意図があるから、この名前をつけようと思うんだけど。」と話をしたうえで、「参考として意見を聞きたい。」と切り出しました。

意見を聞いた全員が納得する名前を付けるのはとても難しいため、あくまでも参考にすることが前提です。最終的に決めるのはパパとママです。

名付けの注意点3.別の意味がないか確認すること

最近は、名前の音を大切にして当て字として漢字を使用する名付けが増えています。人によってはキラキラネームと受け取ってしまう名前のことですね。

キラキラネームの是非はちょっと横に置いて、当て字による漢字の組み合わせに別の意味が無いかを確認しましょう。

実際、「海月」という名前の子を見たことがありますが、「くらげだ……。」と思ってしまいました。他にも「心太(ところてん)」「海星(ひとで)」など、思わず名前に付けてしまいそうな漢字の組み合わせがありますね。

可愛ければ良いという自分本位な考え方では、将来赤ちゃんが可哀想ですよ。

名付けの注意点4.違和感を感じる漢字か確認すること

画数などで縁起が悪いと言われる漢字はいくつもありますが、画数を気にしないパパ、ママはたくさんいますね。わたしも名付けの最後に画数を参考にした程度です。

画数の良し悪しの意見は変わると思いますが、どう見ても違和感を感じる漢字を使ってしまうと、人によって印象が悪くなる可能性があります。

たとえば、昔で言うと「悪魔ちゃん」という名前を付けようとした話がありましたが、「悪」や「魔」という漢字は、今後赤ちゃんが成長して出会う人に対して、さすがに違和感を与えると思います。

そして、その違和感は名前を付けた親ではなく、その名前を持つ本人に向けられてしまうものです。

名付けの注意点5.無理に由来を考える必要はないこと

「子どもが将来こんな風に育ってほしいから。」という理由で付けられた名前は説得力があり、パパとママの強い意志や愛情を感じるものです。

もちろん、名前に由来があった方が子どもが大きくなったときにも、自分の名前に誇りを持てるようになるのかもしれません。

でも、名前の由来を考えることはとても難しいことです。もし、素晴らしい由来が思いつかなくても、「わたしが大好きな音」「わたしが大好きな漢字」で構わないと思います。

大切なことは、パパとママが愛情を持ってその名前で子どもを呼んであげて、いつまでもその名前を好きでいてあげることです。そして、子どもにもその名前を好きになってもらわなければいけません。

名付けの注意点6.その名前で不便ではないか考えること

名前は個人のものであると同時に、社会でその人を認識するための呼び方でもあります。

子どもの名前に当て字の漢字を使っているにもかかわらず、「名前の呼び方が間違ってる!」など小学校や病院などの公共の場で怒る親がいるそうですが、それはちょっとおかしいですよね。

読めない名前や長すぎる名前、また、難しすぎる漢字は個性ではありますが、周囲が認識しづらいということも覚えておくべきです。

子どもはいつか自分の手を離れます。その際に、子どもが苦労しない名前だということも大切な名付け要素です。

名付けの注意点7.名前が一番ではないと認識すること

名前はたしかに重要ですし、ずっと使っていくべきものなので、パパとママは一生懸命考えてあげるべきだと思います。

ただ、名前をつけることよりも、これから生まれてくる赤ちゃんに愛情を注いであげることの方が何百倍も大切です。

そして、素晴らしい名前を付けられたと子どもが感じるよりも、両親から素晴らしい愛情を受けたと感じる方が何千倍も大切です。

たとえ平凡な名前をつけたとしても、愛情までも平凡になることはないはずです。逆もまた然り。

赤ちゃんには名前よりも愛情!

以前、赤ちゃんの名づけについて思うことをお話ししました。

基本的に赤ちゃんの名付けは親の権利ではなく責任です。名前は個人のものであるとともに公共の中の1つの存在を表すためにあるものです。

どう読んでも読めない当て字や難しすぎる漢字を使った名前は、本人だけではなく周囲の人が困ってしまう可能性もあるということを忘れないようにしましょう。

ちなみに「表現の自由」という言葉がありますが、これは無制限に認められるものではなく、公共の福祉に反しない範囲において認められるべきものだそうです。

姓名判断・画数・漢字検索など赤ちゃんの名付け参考になるサイト一覧

名前は子どもたちが成長していく過程で困るようなものでなければ、それほど特別なものである必要はないと思います。

もちろん、名前で親の愛情を感じる子もいるとは思いますが、それ以上に大切な子どもとの接し方があるはずです。

そう考えると、今よりもちょっと名付けを楽に考えられるんじゃないでしょうか。

記事のURLとタイトルをコピー