のぼせ?鼻ほじり?病気?赤ちゃん・子供が突然鼻血を出す原因

53e2bddd4e8526bc9a31af88021eb558

この記事の読了時間は約 6 分です。

鼻血は出やすい子とそうでない子がいる

個人差はありますが、赤ちゃんや子供は突然鼻血を出すことがあります。突然と言っても、漫画のように「ブーッ!」と鼻血を吹き出すわけではなく、鼻水が出るように「タラー」っと垂れてきます。

ただし、子供が突然鼻血を出しても、ほとんどの場合どこかが特別痛いわけではありません。そのため、子供本人も手で拭って「わっ!」とびっくりします。

幸いうちの子供たちはほとんど鼻血を出しませんが、仕事中に突然鼻血を出す子もいるため、赤ちゃんや子供が突然鼻血を出すとびっくりするママの気持ちはよくわかります。

では、なぜ赤ちゃんや子供には、鼻血が出やすい子が多いのでしょうか。

今回は、赤ちゃんや子供が突然鼻血を出す原因についてお話したいと思います。

鼻血の原因は鼻粘膜が薄いため

赤ちゃんでも大人でも鼻血を出す原因の多くは、鼻粘膜が傷つき、毛細血管が破裂するためです。

とくに鼻の入口に近い部分には、鼻粘膜の比較的浅い部分に血管が通っているため、傷が付くとすぐに出血してしまいます。この部分を「キーゼルバッハ部位」と言います。

キーゼルバッハ部位とは、以下のイラストの通り、副鼻腔を分ける鼻の境にある鼻中隔(びちゅうかく)の壁の一部です。キーゼルバッハ部位が何度も傷付いて鼻血を繰り返すと、鼻血が出やすい体質になることもあります。

20a5ac595c84839cf727882db95b88e6

また、花粉症やアレルギー性鼻炎を持っている子も鼻の粘膜が弱くなり、鼻血が出やすくなります。

赤ちゃん・子供が鼻血を出す原因

では、赤ちゃんや子供のキーゼルバッハ部位が傷付く原因、それ以外で鼻血が出る原因は何でしょうか。

原因1.乾燥で鼻粘膜が傷付きやすくなるため

鼻の中は湿っていて、その湿り気や分泌される鼻水によって体外から入る空気の温度・湿度調節をしたり、細菌やウイルスの侵入を防いでいます。

ところが、冬場の空気の乾燥や夏場にエアコンによる乾燥によって鼻の粘膜も乾燥して傷付きやすくなり、簡単に鼻血が出てしまいます。

原因2.のぼせて血流が良くなるため

赤ちゃんは平熱が高いだけではなく体温調節機能も未成熟なため、一度体温が上がるとなかなか下がりません。

身体が熱くなると大量に流れることで毛細血管が破裂して、鼻血も出やすくなります。夏の暑い日や冬の服の着せ過ぎ、お風呂上がりなどは気を付けましょう。

体温調節機能の役割とは?赤ちゃんの体温管理が必要な理由

原因3.カフェインで血圧が上がるため

カフェインは血管を収縮させ血圧を上げる作用があるため、毛細血管が破裂しやすくなります。そのため、カフェイン摂取後に鼻の粘膜に刺激を与えると、鼻血の原因になります。

カフェインは母乳から摂取する恐れがあるため、授乳中のママも過剰摂取は避けなければいけません。安全なカフェイン量は大人が1日400-500mgに対して、3歳以下の子供はその20分の1以下です。

ただ、ママが摂取したカフェインは1-2%程度しか母乳に移行しないため、コーヒー3-4杯程度なら問題ないとされています。

子供の摂取カフェイン量の目安
・3歳以下の子ども|体重(kg)×2.5ml
・4-6歳の子ども|45㎎/日
・7-9歳の子ども|62.5㎎/日
・10-12歳の子ども|85㎎/日
授乳中の薬・お酒・タバコ・コーヒーの影響と摂取・服用のルール

また、子供でもカフェインが入った飲み物や食べ物を摂取しない方が良いため、カフェインが含まれる飲み物を知っておいた方が良いでしょう。カフェインが含まれる飲み物とカフェイン量の一覧は、以下を参考にしてください。

飲料別のカフェイン量と妊娠・授乳中に飲むノンカフェイン飲料

原因4.鼻炎などで鼻粘膜に傷がつきやすいため

キーゼルバッハ部位や副鼻腔が炎症を起こすと、鼻粘膜が傷付き毛細血管が破裂しやすくなります。炎症はアレルギー性鼻炎、急性副鼻腔炎、蓄膿症などが原因で起こります。

アレルギー性鼻炎は、花粉やハウスダストが鼻粘膜を刺激して炎症を起こすものです。赤ちゃんにもよく起こる症状のため、家の中を清潔に保つようにしましょう。

また、副鼻腔炎や蓄膿症は悪化すると治りにくい病気のため、予防に努めてください。子供の鼻づまりが治らない場合、口臭が気になった場合、顔や歯の痛みを訴えた場合は、副鼻腔炎や蓄膿症の可能性があります。

子供の鼻づまり放置で蓄膿症に!厄介な症状と予防・治療法

原因5.鼻水ケアをしすぎるため

赤ちゃんの鼻水ケアは必要ですが、ティッシュでこすりすぎたり、綿棒を鼻奥まで入れたり、吸引器で強く吸引し過ぎると鼻粘膜が傷付き鼻血の原因になります。

赤ちゃん・子供の鼻水ケアは過剰に行わないようにし、鼻水が出る原因を軽減できる環境を整えましょう。

赤ちゃんや子供に鼻づまりが多い原因と鼻水の注意点

原因6.鼻をかみすぎるため

子供は3-4歳から鼻をかめるようになりますが、6割近くが間違った鼻のかみ方をしています。間違った鼻のかみ方は鼻粘膜を傷つけ、鼻血の原因になります。

大人も3割が間違い!子供に教える正しい鼻のかみ方と練習方法

原因7.鼻をほじりすぎるため

子供は、2歳ごろになると鼻ほじりをし出します。鼻をホジホジし過ぎると鼻粘膜を傷つけ、鼻血の原因になります。

鼻ほじりの多くが癖なので、ママは「汚い!」などと怒らずに、子供が鼻を気にしたら何度も鼻をかむように促し習慣化しないようにしましょう。

赤ちゃんでも鼻を触りすぎると鼻血が出ることもあるため、ママは普段から鼻づまり解消、鼻くそ解消を心掛けましょう。

鼻血や病気など子供が鼻をほじる癖は危険!やめさせる方法は?

原因8.大泣きなど興奮で血圧・体温が上がるため

赤ちゃんは火がついたように泣くことがあります。大泣きすると血圧や体温が上がり、鼻粘膜の毛細血管が切れて鼻血が出てしまいます。赤ちゃんが激しく泣いて興奮したら、とにかく落ち着かせて血圧や体温を下げるようにしましょう。

原因9.鼻をぶつけたため

もし、赤ちゃんや子供が鼻をぶつけて鼻血を出した場合は、いくつか確認するポイントがあります。

・鼻血がすぐに止まるか
・鼻血が口から出ていないか
・鼻が腫れていないか
・鼻が曲がっていないか

30分以上鼻血が止まらない、鼻が腫れている・曲がっている場合は鼻骨骨折の可能性もあるため、すぐ病院に連れていきましょう。

また、鼻血が口から出ている場合は鼻の奥が傷付いたか、鼻血の量が多いことが考えられます。落ち着いたら念のため病院に連れて行きましょう。

原因10.原因不明の鼻血

何度も鼻血を繰り返す子は鼻粘膜が薄くなり、傷つきやすい可能性があります。病院で検査をしてもらい、点鼻薬などを処方してもらいましょう。

また、1度鼻血を出すとなかなか止まらなかったり、出血量が多い場合は、わずかですが白血病、血友病、紫斑病などの病気の可能性もあります。

鼻血だけで病気を見抜くことは難しいため、理由がわからず何度も大量の鼻血を繰り返す場合は、鼻血の頻度や量などを記録して医師に相談してください。

鼻血の原因を見極めることが大切

赤ちゃん・子供が鼻血を出す原因の多くは、まだ身体が未成熟なためです。そのため、ママは冷静に鼻血の原因を見極めてください。

ただし、赤ちゃんは言葉での意思疎通ができないため、鼻血が止まった後も機嫌が悪いなど違和感を感じた場合はすぐに病院に連れて行くようにしましょう。

また、意思疎通ができる子供でも突然の鼻血にびっくりして、鼻をぶつけてもいないのに「痛い」「ケガをした」という場合があります。泣き出して話ができないかもしれません。

その場合は、子供を安心させ、落ち着かせながら鼻血をなるべく早く止めてあげる必要があります。

では、どうすれば早く鼻血は止まるのでしょうか。次回は鼻血の正しい止め方と間違った止め方についてお話します。

子供の鼻血の正しい止め方・間違った止め方と止血後の対処


参考|鼻出血(鼻血) | 大人の病気・症状 – 町医者の家庭の医学
参考|鼻血|塚田こども医院

記事のURLとタイトルをコピー