赤ちゃん・子どもの鼻血が出る原因は?正しい止め方と止血後対応

53e2bddd4e8526bc9a31af88021eb558

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

鼻血は出やすい子とそうでない子がいる

個人差はありますが、赤ちゃんや子どもは突然鼻血を出すことがあります。

突然と言っても、漫画のように「ブーッ!」と鼻血を吹き出すわけではありません。鼻水が出るように「タラー」っと垂れてきます。

子どもが突然鼻血を出したからといって、どこかが特別痛いわけではありません。そのため、手で拭って「わっ!鼻血!」と本人もびっくりします。

幸いうちの子たちはほとんど鼻血を出しませんが、赤ちゃんや子どもが突然鼻血を出すとびっくりするママの気持ちはよくわかります。

わたしもあまり鼻血を出すタイプではないのですが、妹は小さいころから突然鼻血を出す子だったので、妹が鼻血を出す度にドキドキしながら母親の対応を見ていた記憶があります。

では、なぜ赤ちゃんや子どもには、鼻血が出やすい子が多いのでしょうか。また、突然出てしまう子どもの鼻血を素早く止める方法はあるのでしょうか。

今回は、赤ちゃんや子どもが突然鼻血を出す原因と鼻血の止め方・対処法についてお話したいと思います。

鼻血の原因は鼻粘膜が薄いため

赤ちゃんでも大人でも鼻血を出す原因の多くは、鼻粘膜が傷つき、毛細血管が破裂するためです。

特に鼻の入口に近い部分には、鼻粘膜の比較的浅い部分に血管が通っているため、傷がつくとすぐに出血してしまいます。この部分を「キーゼルバッハ部位」と言います。

キーゼルバッハ部位とは、以下のイラストの通り、副鼻腔を分ける鼻の境にある鼻中隔(びちゅうかく)の壁の一部です。キーゼルバッハ部位は傷付きやすく、何度も傷付いて鼻血を繰り返すことで、鼻血が出やすい体質になることもあります。

20a5ac595c84839cf727882db95b88e6

また、花粉症やアレルギー性鼻炎を持っている子も鼻の粘膜が弱くなり、鼻血が出やすくなります。

赤ちゃん・子どもが鼻血を出す原因

では、赤ちゃんや子どものキーゼルバッハ部位が傷つく原因や、それ以外で鼻血が出る原因は何でしょうか。

鼻血の原因1.乾燥で鼻粘膜が傷つきやすくなるため

通常、鼻の中は湿っていて、その湿り気や新しく分泌される鼻水によって体外から入る空気の温度調節をしたり、細菌やウイルスの侵入を防いでいます。

ところが、冬場に空気が乾燥したり、夏場にエアコン等で空気が乾燥すると鼻の粘膜も乾燥して傷がつきやすくなり、簡単に鼻血が出てしまいます。

鼻血の原因2.のぼせて血流が良くなるため

赤ちゃんは平熱が高いだけではなく体温調節機能も未熟なため、一度体温が上がるとなかなか体温を下げることができません。

そのため身体が熱くなるとのぼせやすくなり、血流が良くなることで毛細血管が破裂して鼻血も出やすくなります。夏の暑い日、冬の服の着せ過ぎ、お風呂上がりなどは気を付けましょう。

体温調節機能の役割とは?赤ちゃんの体温管理が必要な理由

鼻血の原因3.カフェインで血圧が上がるため

カフェインは血管を収縮させ血圧を上げる作用があるため、毛細血管が破裂しやすくなります。そのため、カフェイン摂取後に鼻の粘膜に刺激を与えると、鼻血の原因になります。

基本的に、子どもにはカフェインが入った飲み物や食べ物を与えてはいけないのですが、カフェインは母乳を通じて赤ちゃんが摂取してしまうため、授乳中のママも一定量以上のカフェインは避けなければいけません。

安全なカフェイン量は大人が1日400-500mgに対して、3歳以下の子どもはその20分の1以下です。ただ、ママが摂取したカフェインは1%程度しか母乳に移行しないため、コーヒー3-4杯程度であれば問題ないとされています。

子どもの摂取カフェイン量の目安
・3歳以下の子ども|体重(kg)×2.5ml
・4-6歳の子ども|45㎎/日
・7-9歳の子ども|62.5㎎/日
・10-12歳の子ども|85㎎/日
授乳中の薬・お酒・タバコ・コーヒーは禁止?摂取・服用ルールは?

小さな子がいる家庭では、カフェインが含まれる飲み物をある程度知っておいた方が良いでしょう。主にカフェインが含まれる飲み物と含まれるカフェイン量の一覧は、以下を参考にしてください。

妊婦・授乳ママが飲むノンカフェイン飲料と飲み物別カフェイン量

鼻血の原因4.鼻炎などで鼻粘膜に傷がつきやすいため

キーゼルバッハ部位や副鼻腔などが炎症を起こすと、鼻粘膜が傷つき毛細血管が破裂しやすくなります。鼻粘膜の炎症は、アレルギー性鼻炎、急性副鼻腔炎、蓄膿症などが原因になって起こります。

アレルギー性鼻炎は、花粉やハウスダストが鼻粘膜を刺激して鼻炎症状を引き起こすものです。赤ちゃんにもよく起こる鼻炎症状のため、家の中を清潔に保つようにしましょう。

また、副鼻腔炎や蓄膿症は悪化すると治りにくい病気のため、予防に努めてください。子どもの鼻づまりが治らない場合、口臭が気になった場合、顔や歯の痛みを訴えた場合は、副鼻腔炎や蓄膿症の可能性があります。

子どもの鼻づまり放置で蓄膿症に!厄介な症状と予防・治療法

鼻血の原因5.鼻水ケアをしすぎるため

赤ちゃんの鼻水ケアは必要ですが、ティッシュでこすりすぎたり、綿棒を奥まで突っ込んだり、鼻水吸引器で強く吸引し過ぎると鼻粘膜が傷ついて鼻血が出てしまいます。

赤ちゃん・子どもの鼻水ケアはとても大切なことですが、過剰に行わないようにし、鼻水が出る原因を少しでも軽減できる環境を整えましょう。

さらさら…ねばねば…赤ちゃんの鼻水が出る原因と鼻づまりの原因

鼻血の原因6.鼻をかみすぎるため

子どもは3-4歳から鼻をかむことができる様になりますが、6割近くが間違った鼻のかみ方をしています。間違った鼻のかみ方をすると鼻粘膜を傷つけ、鼻血が出やすくなります。

大人も間違う正しい鼻のかみ方は?子どもへの教え方と練習法

鼻血の原因7.鼻をほじりすぎるため

子どもは、2歳ごろになると鼻ほじりをし出します。あまりに鼻をホジホジし過ぎると鼻粘膜を傷つけてしまい、鼻血が出てしまいます。

鼻ほじりをする子の多くが癖なので、ママは「汚い!」などと怒らずに、子どもが鼻を気にしたら何度も鼻をかむように促し、鼻ほじりの癖がつかないようにしましょう。

赤ちゃんでも鼻を触りすぎると鼻血が出ることもあるため、ママは普段から鼻づまり解消、鼻くそ解消を心掛けましょう。

鼻血や病気など子どもが鼻をほじる癖は危険!やめさせる方法は?

鼻血の原因8.大泣きなど興奮で血圧・体温が上がるため

赤ちゃんは火がついたように泣くことがあります。しかも、30分は余裕で泣き続けます。大泣きすると血圧や体温が上がり、鼻粘膜の毛細血管が切れて鼻血が出てしまいます。

赤ちゃんが激しく泣いて興奮しだしたら、とにかく落ち着かせて血圧や体温を下げるようにしましょう。

鼻血の原因9.鼻をぶつけたため

もし、赤ちゃんや子どもが鼻をぶつけて鼻血を出してしまった場合は、いくつか確認するポイントがあります。

・鼻血がすぐに止まるか
・鼻血が口から出ていないか
・鼻が腫れていないか
・鼻が曲がっていないか

30分以上鼻血が止まらない、鼻が腫れている、曲がっている場合は、鼻骨骨折の可能性があります。すぐに病院に連れていきましょう。

また、鼻血が口から出ている場合は鼻の奥を切ったか、鼻血の量が多いことが考えられます。鼻血がある程度落ち着いたら、念のため病院に連れて行ってください。

鼻血の原因10.原因不明の鼻血

何度も鼻血を繰り返す子は鼻粘膜が薄くなり、傷つきやすい可能性があります。病院で検査をしてもらい、点鼻薬などを処方してもらいましょう。

また、1度鼻血を出すとなかなか止まらなかったり、出血量が多い場合は、わずかですが白血病、血友病、紫斑病などの病気の可能性もあります。

もちろん、鼻血だけで病気を見抜くことは難しいことなので、理由がわからず何度も大量の鼻血を繰り返す場合は、鼻血の頻度や量などを記録して、すぐに医師に相談してください。

赤ちゃん・子どもの鼻血の止め方

赤ちゃん・子どもがどのような原因で鼻血を出しても、まずは止血を試みることが大切です。すぐに鼻血を止めるには、どうすれば良いでしょうか。

鼻血の止め方1.仰向けにしない

子どもが鼻血を出した場合は座らせ、赤ちゃんの鼻血の場合は縦抱きをしましょう。姿勢は仰向けでも、うつぶせでもなく、身体をまっすぐにした状態から少しだけ前に傾けます。

仰向けにすると鼻血を飲み込んだたり、気道に入ることがあるため、顔は少しだけ下を向かせてください。縦抱きだと服は汚れますが仕方ないですね。

鼻血の止め方2.止血する場所

鼻血を止血する際は、小鼻を親指と人差し指でつまんで圧迫止血します。鼻骨部分(鼻の上の方)をつまんで圧迫しても出血は止まりません。

キーゼルバッハ部位の毛細血管が傷ついて出る鼻血は5-10分、長くても15分その姿勢でいれば止まります。もし30分以上鼻血が止まらない場合や、鼻を痛がる場合はすぐに病院に行きましょう。

鼻血の止め方3.ティッシュを詰めない

赤ちゃん・子どもの鼻血を止めるためにティッシュなどを鼻の中に詰める行為は、垂れてくる鼻血を受け止める効果はありますが、直接的な止血効果はありません。

さらに、ティッシュを詰めると、ティッシュを抜いたときに鼻の粘膜が剥がれたり傷つけてしまい、また鼻血が出てしまいます。そのため、ティッシュは鼻の中に詰めない方が良いでしょう。

鼻血の止め方4.首の後ろを叩かない

鼻血が出ると、上を向いて鼻の上の鼻骨を摘んで首の裏をトントンと叩く……とイメージをする人もいますが、この鼻血の止め方は間違っています。

前述した通り、まっすぐに座って少しだけ下を向き、小鼻をつまんで、しばらく待機です。首の裏をトントン叩くと、刺激によって鼻血が止まりにくくなる場合があります。

鼻血の止め方5.鼻の根元を氷などで冷やす

子どもの鼻を押さえる際は、もう1つの手で氷嚢や冷たい水で濡らしたタオルなどを使って鼻の根本も冷やしましょう。鼻の根元を冷やすと血管が収縮するため、止血が早まります。

首の後ろを冷やす行為は体温を下げる効果はありますが、鼻血を止める効果はありません。

鼻血の止め方6.赤ちゃんは興奮を押さえる

赤ちゃんの鼻血を止血をしようとしてママが小鼻を押さえると、嫌がって余計に泣いてしまう可能性が高いですね。

その場合は仕方がないので、まずは縦抱きをして、泣き止むまで待ちましょう。重大な原因でなければ、鼻血はそのうち止まります。

鼻血止血後の対処

子どもの鼻血を止めた後も、いくつか気をつけて対処することがあります。

止血後の対処1.子どもを落ち着かせる

出血に慣れていない子どもは、止血後も鼻血が出たことで興奮したり、泣き続けることがあります。興奮すると血圧が上がり、また鼻血が出ることもあるため、子どもをなだめて落ち着かせましょう。

もちろん、ママが焦ると子どもに伝わるため、落ち着いて対処してください。たまに、ドキッとするくらい鼻血が出る子もいるので、心の準備をしておきましょう。

止血後の対処2.赤ちゃんが鼻を触らないように

鼻血が止まると鼻腔内にかさぶたができます。かさぶたは痒みや違和感を伴うため、赤ちゃんや子どもが鼻ほじりをして、また鼻血が出るかもしれません。

かさぶたは1週間ほど残ることもあるため、子どもにはしっかりと言い聞かせ、赤ちゃんは注意深く見守ってください。念のため、爪は切っておいた方が良いでしょう。

止血後の対処3.お風呂は少し休憩

一度鼻粘膜が傷ついて鼻血がでると、しばらくは毛細血管が傷つきやすくなります。そのため、鼻血が出た日は体温が上がるお風呂は控えましょう。

おしりのかぶれが気になるなら、局部だけきれいに洗ってください。もちろん、室温が高い場合や泣いて体温が上がる場合も、同じように鼻血は出やすいと思ってください。

止血後の対処4.貧血の確認をする

子どもが鼻血を出した際に、貧血を起こすこともあります。貧血の症状は、めまいやたちくらみ、息切れ、寒気、食欲不振、顔色が悪くなるなどです。

子どもが鼻血を出した後に貧血の症状が見られたら、まずは、鼻血が止まっていることを確認し、その後横にして安静にしてください。

貧血とは、血液中の赤血球が少ない状態です。赤血球が少なくなる原因は、単に鼻血が出ただけではなく、鉄分やビタミン不足、何らかの病気の可能性もあります。そのため、貧血を繰り返す子は、1度血液検査を行って原因を明らかにしましょう。

止血後の対処5.1歳以下の子は1度病院へ

子どもは鼻血を出しやすいと言っても、初めて鼻血を出したときは何が潜んでいるかわかりません。特に赤ちゃんが鼻血を出した後は、検査のために病院に連れて行ってください。

赤ちゃん・子どもの鼻血の注意点と心構え

鼻血の出やすさ出にくさ以外に、鼻血の量も子どもによって違います。鼻水に鼻血が混じっている程度の子もいれば、洗面器で受け止めるくらい大量に鼻血が出る子もいます。

血に弱いママもいるとは思いますが、赤ちゃんや子どもは鼻血が出やすいことを認識をして、突然の鼻血に冷静に対処できる心構えをしておきましょう。

子どもが大量に鼻血を出したり、鼻血が止まらない場合は、毛細血管ではなく動脈が傷ついている恐れもあるため、普段から鼻血が出やすい子でも注意して観察してください。

また、鼻血以外に鼻の痛み、鼻や顔の腫れ、発熱などの症状を伴っている場合は、何らかの病気や骨の異常の可能性もあるため、すぐに病院に連れて行きましょう。

その他にも、「咳き込んで口から血を吐いた!」→鼻血が気管に入って口から出た、「うんちに血が混じってる!」→飲み込んだ鼻血がうんちに混じっている、ということもあります。

とにかく、ママは焦らずに子どもの鼻血の対処を行い、場合によっては病院に連れて行くことを忘れないようにしましょう。


参考|鼻血の止血方法|おかむら耳鼻咽喉科
参考|正しい鼻血の止め方・ティッシュではなく圧迫止血で [耳・鼻・喉の病気] All About
参考|鼻出血(鼻血) | 大人の病気・症状 – 町医者の家庭の医学
参考|鼻血|塚田こども医院

記事のURLとタイトルをコピー