妊娠・おめでた・懐妊・身籠るの意味は違う?正しい使い方は?

15f93e140319a47fc30b9d059ec06751

この記事の読了時間は約 5 分です。

妊娠には色々な言い回しがある

わたしは幸いなことに望まれて妊娠できましたし、妊娠後に「妊娠おめでとう!」「おめでただね!」と言ってもらえる環境でした。

女性が妊娠をすることは色々な言い回しがあり、妊娠、おめでた、懐妊、身籠るなどの言葉が思い浮かびます。

一般的に妊娠とは、母体内で胎児を育てる動物において、雌の胎内で受精卵が子宮内膜に着床してから出産(流産)に至るまでの状態を言います。つまり、妊娠という期間を表していることになります。

妊娠が始まるとは?期間や確率は?医師が妊娠確定する3つの条件

もちろん、妊娠という言葉自体が妊娠の始まりや妊娠している状態も表すため、広く使われる言葉だと考えて良いでしょう。

では、たくさんある妊娠、おめでた、懐妊、身籠るなどの言葉は同じ意味なのでしょうか。それぞれ、場合によって使い分ける必要があるのでしょうか。

今回は、妊娠を表す言葉の意味や違い、また使い分けた方が良いかについてお話したいと思います。

1.妊娠が始まった時点

妊娠には、妊娠期間が始まったことを表す意味があります。妊娠の始まりとは、妊娠に至る行為ではなく、妊娠が始まった時点のことです。他にも妊娠の始まりを表す言葉として以下のものがあります。

妊孕(にんよう)とは

妊孕とは、妊娠をすることを言います。医療分野では「妊孕性(にんようせい)」という言葉が使われますが、これは妊娠のしやすさを指し、高齢になると妊孕性は低下します。

おめでたとは

おめでたとは、もともとおめでたい出来事全般を指します。特に、結婚・妊娠・出産をおめでたと言いますが、現代では主に妊娠の始まりを指す言葉として使われます。

懐妊(かいにん)とは

懐妊とは、お腹の子どもを授かることで、妊娠よりも丁寧な言い方です。よく、皇族に使われる言葉と勘違いされていますが、一般的な言葉として使っても問題ありません。

受胎(じゅたい)とは

受胎とは、妊娠の始まりを言いますが、受精が行われたことを指すこともあります。ちなみに受精とは、精子と卵子が結合して受精卵になることです。

懐胎(かいたい)とは

懐胎とは、一般的に妊娠の始まりを指しますが、”胎”は子宮の意味があるため妊娠よりも専門性が強く、堅い表現になります。

2.妊娠状態になること

妊娠は、「する」をつけて「妊娠する」という言葉になると、女性が妊娠状態になることを表します。

他にも、以下のように女性が妊娠状態になることを表す言葉は色々あります。一般的に使われるかどうかの違いはありますが、それぞれ特に意味が異なるわけではありません。

身篭もる、身籠る、妊る、身篭るは、全て「みごもる」と読み、子どもを妊娠することを表します。ちなみに、身籠もるには、身をひそめて隠れるという意味もあります。

孕む、妊む、胎むは、全て「はらむ」と読み、同じく子どもを妊娠することを表します。折れ込む(おれこむ)、宿す(やどす)にも妊娠状態になることを表す意味があります。

また、前述した懐姙、受胎、懐胎に「する」を付けると解任する、受胎する、懐胎するという動詞になり、全て妊娠状態になることを表す言葉になります。

3.妊娠している状態・妊娠中

妊娠には、妊娠中・妊娠状態であることを表す意味があります。

前述した言葉では、懐妊、懐胎が妊娠中の状態を表す言葉です。他に以下の言葉があります。

胚胎(はいたい)とは

胚体とは、もともと「物事が始まる要因を含んでいるもの」を表す言葉ですが、転じて妊娠している状態を表します。

身重(みおも)・身持ち(みもち)とは

身重・身持ちは、妊娠、妊娠中と同様の意味で使われます。どちらも近世語として江戸時代から使われている言葉ですが、現代では身持ちはほとんど使われずに、身重が一般化しています。

4.妊娠が終わってしまうこと

では、妊娠が終わってしまうことは何と表現すれば良いでしょうか。

妊娠が終わってしまうことには、「妊娠」や妊娠に関連した言葉は使いません。

無事に赤ちゃんが産まれた場合は「出産」が行なわれて、妊娠が終了します。反対に、妊娠が胎児の死で出産に至らずに途中で終わってしまうことを「中絶」と言います。

中絶には、胎児がお腹の中で自然に死んでしまい流産や死産になる「自然妊娠中絶」、妊娠22週未満で人工的に妊娠を終わらせる「人工妊娠中絶」があります。

日本の年間中絶数は?自然妊娠中絶と人工妊娠中絶の違い

妊娠に関する言葉の使い分け

さて、妊娠の状態変化による言葉の違いをご紹介しましたが、実際にこれらの言葉を使う際は、使い分けをした方が良いのでしょうか。

どの状態のどの言葉にも条件などに縛りがないため、妊娠の状態変化による言葉の違いはあまり気にする必要はありません。つまり、わざわざ使い分けをする必要はないということです。

1つだけ注意した方が良いのは、「おめでた」ですね。おめでたは、おめでたいから転じている言葉なので、万が一妊娠が喜べない立場の人がいる場合は使わない方が良いでしょう。

そのため、もし、妊娠初期で妊娠が発覚したことを告げられた場合は、安定期に入るまでは「おめでた」という表現は控えた方が良いかもしれません。

家族以外で、安定期に入る前に妊娠したことを告げられることはあまりないとは思いますが。

記事のURLとタイトルをコピー