0-2歳の子どもにお昼寝が必要な理由と3歳以降のお昼寝時間

e31f555a6c95f5631d0857753b525fe3

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

お昼寝は何歳まで必要か

「休日のお昼寝って必要ですか?うちの子なかなか寝ないんですけど。」保育士なら1度はされたことがある質問じゃないでしょうか。

お昼寝は子どもの年齢によりますが、お休みの日は通っている保育園のお昼寝時間に合わせると、子どもの生活リズムが作りやすいと思います。

保育園のお昼寝の時間は全国一律ではなく保育園毎に決めているものなので、それぞれ確認が必要ですが、1つの目安としては以下の通りです。

0-1歳児|12時30分-15時
2-3歳児|13時-15時
3-5歳児|13時-14時30分

ただしこれはあくまでもお昼寝時間として設定されている時間帯で、寝付きが悪い子もいれば、時間より早く起きてしまう子もいます。3歳からお昼寝時間がない保育園もあります。

また、子どもの生活リズムによっては、「お昼寝をすると夜に眠れないから、1時間で起こして欲しい。」という話があったり、年齢によっては「寝かせないで欲しい。」という保護者ママもいます。

わたしも子どもが3歳以上であれば、子どもの意思に反して無理にお昼寝をさせる必要はないと考えています。

保育園と違い、幼稚園ではそもそもお昼寝時間を設けていないことが多く、幼稚園から子どもが帰ってくると15-16時くらいのため、もうお昼寝をさせるわけにはいきません。

ただし、0-2歳ごろまではお昼寝時間は必要です。お昼寝をしている子とお昼寝をしていない子には明らかに違いが出てきます。

今回は、0-2歳までの子どもにお昼寝時間が必要な理由と3歳以降のお昼寝をどう考えれば良いかをお話したいと思います。

赤ちゃんにお昼寝の概念はない

産まれたばかりの赤ちゃんは1日16時間以上寝ています。個性による多少の差はありますが、2-3時間ごとに起きて授乳したり、おむつを変えて少ししたらまた眠るという生活です。

生後3か月前後までの赤ちゃんは特に視力が弱く、光も強く感じることができないため昼夜の区別が付きません。そのため、大人の感覚だとお昼寝ですが、生後2-3か月ごろまでの赤ちゃんにとっては、1日の中の睡眠の1つということになります。

生後4か月以降、特に離乳食が始まってからは体力が付き、身体機能も向上してくるため、昼間の活動時間が増えて夜の睡眠がメインになっていきます。

そのため、お昼寝は夜の睡眠の補助的な役割になっていくのですが、補助だからといって疎かにしてはいけません。

子どもの成長に合わせた夜の睡眠時間、お昼寝時間の目安は以下を参考にしてください。

知っておくと便利な赤ちゃんの月齢別睡眠・お昼寝時間の目安

0-2歳の子どもにお昼寝が必要な7つの理由

理由1.体力を回復するため

0-2歳の乳幼児にとって、お昼寝の最も重要な要素は体力を回復することです。

小さな子どもにとって1日はとても長く、夜の睡眠だけで昼の長い時間を過ごすことはできません。そのため、お昼寝によって体力を回復しています。

理由2.病気を予防するため

お昼寝をして体力を回復させることで、体内の免疫細胞が活性化し、病気の予防につながります。

理由3.ストレスを解消するため

お昼寝をすることで脳がリラックスした状態になります。そのため、もしイライラすることや嫌なことがあっても、一度眠ることでストレスを解消する効果があります。

理由4.夜に落ち着いて眠るため

年齢が低いほど自分の感情をコントロールできないため、お昼寝をしないと夜に興奮して寝付きが悪くなることがあります。何度かお昼寝をして精神的にリセットをすることが夜の良い眠りに繋がります。

理由5.生活のリズムを作るため

毎日決まった時間にお昼寝をすることで、夜の就寝時間をコントロールし、生活のリズムを作ることができるようになります。

理由6.集中力の維持

赤ちゃんから子どもにかけて、生活の中で学ぶことはたくさんあります。学びは、肉体的な疲れと精神的な疲れがあると継続できません。集中力維持のためにもお昼寝が必要です。

理由7.記憶力の維持

眠ると脳の情報が整理されて記憶が定着しやすくなると言いますが、これは子どもでも同じです。ただし、記憶を司る海馬が働くのは、早くても2歳ごろからです。

たとえば、2歳以降の子どもが午前中に外で遊んで色々な遊びや虫の名前を覚たら、お昼寝をした方が情報が整理されて記憶が維持されやすくなります。

子どものお昼寝とメラトニン・セロトニン

「幼児期にお昼寝をすると成長ホルモンのメラトニンが分泌され、細胞の修復や筋肉・骨格の形成を促してくれる」というお話を聞いたことがあるママもいると思います。

ただ、今これは諸説あるため、お昼寝が必要な理由に含めませんでした。メラトニンは通常、夜の睡眠で必要な量が分泌されるそうで、お昼寝をしても余分に分泌されるわけではありません。

お昼寝と関係するホルモンは「セロトニン」の方で、セロトニンはお昼ごはんを食べて少しすると分泌され、睡眠を促す効果を持っています。

お昼寝は子どもの体力を回復し、ストレスを解消し、集中力や記憶力を高めるために必要な行為です。前中にたくさん遊んで、ご飯をしっかり食べ、お昼寝をすることが健康な生活リズムを作ることにつながります。

ちなみに、メラトニンは昼間たくさん太陽の光を浴びることで、夜の睡眠時に大量に分泌されます。

睡眠中に分泌されたメラトニンは、身体の発育や脳の成長を助ける大切な成長ホルモンの1つです。お昼寝も大切ですが、夜の睡眠をしっかり取ることが本質だということを忘れないようにしましょう。

メラトニンは以下のグラフの通り、幼児期に大量に分泌されるため如何に夜の睡眠が大切なのかがわかると思います。

ae3092ae4d06626c824fc920ed8faed6

引用|体内時計と睡眠のしくみ | 体内時計を調節するホルモン、メラトニン | 体内時計.jp

3歳以降のお昼寝は必要?

今回のお話は「0-2歳の子にお昼寝が必要な理由」が主ですが、3歳以降の子どものお昼寝はどうなんでしょうか。

平成21年度に厚生労働省で改定された「保育所保育指針解説書」では、今まで必須だった午睡(お昼寝)について以下のように記述されています。

午睡は、子どもの年齢や発達過程、家庭での生活や保育時間などを考慮して、必要に応じて取れるようにしていきます。子どもの家庭での就寝時間に配慮し、午睡の時間や時間帯を工夫し、柔軟に対応します。

引用|保育所保育指針解説書 – 厚生労働省

つまり、3歳以降の子どもにはお昼寝が必要な子もいれば、必要ではない子もいるため、それぞれ個別の対応をするようにとのこと。

うちの息子は3歳半ごろまで1時間のお昼寝が必要でした。これは無理矢理お昼寝をしていたわけではなく、毎日13-14時ごろには眠くなり1時間寝る(1時間で起こす)というものでしたが、それ以降お昼寝をすることはなくなりました。

娘は3歳になったころには、お昼寝をしなくなっていました。ただし、遊び疲れたときは気が付いたら落ちていたことはあったので、必要に応じてお昼寝をしていたと解釈しています。

そうかと思えば、わたしが勤める保育園では5-6歳でも2時間近くお昼寝をする子も何人かいます。その子たちは夜もしっかり眠っているそうなので、必要なお昼寝をしていることになります。

お昼寝は子どもに合わせて行う

3歳以降のお昼寝は個人差があるため、あまりマジメに考えすぎる必要はありません。

「お昼寝って必要ですか?うちの子なかなか寝ないんですけど。」という冒頭の質問にわたしなりの回答をすると以下のようになります。

3歳以上の子であれば、「特にお昼寝は必要ないと思います。毎日バラバラの時間にお昼寝をしたり、夜の睡眠に影響するお昼寝なら無理にしない方が良いと思いますよ。」と回答します。

2歳以下の子であれば、「夜は毎日決まった時間に眠れるように、お昼寝を含めた生活リズムを作ってあげてください。朝早めに起きて午前中に身体を動かすと良いですよ。」と回答します。もちろん、保育園に預けていれば、年齢に合わせて必要なお昼寝時間をとります。

本当はお昼寝が必要な子にもかかわらず、親の都合でお昼寝を無理矢理させないということは避けるようにしましょう。

また、適切なお昼寝時間や睡眠時間の確保のためには、夜の就寝時間の調整が必要です。仕事などの都合で夜遅くなることはある程度仕方ありませんが、就寝時間がバラバラになることはなるべく避けましょう。

子どもの理想の就寝時間・睡眠時間は?仕事で遅いときの対処法

お昼寝は夜の睡眠のためのつなぎの睡眠です。とは言え、年齢によって大切な役割もあるため、子どもの様子を見ながらママが生活リズムを作ってあげられるようにしてください。

記事のURLとタイトルをコピー