運動神経と身体能力の違いとは?子どもの運動神経を良くする方法

5ada98028c22b6b4b92ae4ae0706b2d2

この記事の読了時間は約 7 分です。

子どもの運動神経を良くしたい!

子どものころ、足が速い男の子は女の子にモテましたね。また、ドッジボールが上手い子やサッカーが上手い子は、スポーツ全般何事にも積極的なことが多く、クラスやお友達の中心になっていました。

このようにある程度スポーツが得意であることは、子どものコミュニティ形成において有利な面があるため、幼児期の運動を重視する親は少なくありません。

子どものころにあまりスポーツができず、大人になった今が充実した人生でも、「わたしは運動神経が悪かったから……。」と子どもにスポーツをやらせるようです。

では、一体何歳ごろから本格的なスポーツをやらせれば、成長してスポーツが得意な子になるのでしょうか。また、どのように身体を動かせば運動神経が良くなるのでしょうか。

今回は、運動神経と身体能力の違い、子どもの運動神経を良くするための方法についてお話したいと思います。

運動神経が良い?身体能力が高い?

スポーツが上手にできる言葉を表すときに「運動神経が良い」「身体能力が高い」、最近では「フィジカルが強い」などの表現がありますが、これらの言葉はすべて同じ意味なのでしょうか。

身体能力が高いとは

まず、運動神経と身体能力は全くの別物です。その上で、基本的な能力は身体能力の方です。身体能力とは、運動における身体的資質の総称のことで、体格・瞬発力・持久力など競技上の技術とは関係がない機能のことです。

つまり、身長や体重などに対して適正な骨格や筋力があり、その筋力を使って走力・跳躍力・持久力が高い人を「身体能力が高い」と表現します。そのため、身長が高く必要な筋力があれば、その分身体能力値は上がると考えられます。

運動神経が良いとは

運動神経とは、身体や身体の筋肉の動きをコントロールする(信号を伝える)神経の総称のことです。

一般的に運動神経が良いと言われる子は、足が速かったり、ジャンプ力があったり、サッカーが得意だったりなどスポーツ全般が得意と思われがちですが、たとえ足が遅くても、ジャンプ力がなくても、サッカーボールの扱い方がうまかったり、走り方がきれいだったり、水泳で息継ぎがスムーズだったりなどが見られます。

つまり、運動神経が良いとは、持っている身体能力を活かす脳の処理判断とその命令、命令による身体のコントロールができているということになります。

フィジカルが強いとは

フィジカルとは身体や肉体という意味のため、「フィジカルが強い」というと肉体的な強さのみを表すと考える人もいるでしょう。

スポーツトレーナー、コンディショニングコーチを務める山田大介氏は、スポーツメディア「MUSTER」で以下のように述べています。

スポーツにおいてのフィジカルは、今回取り上げたフィジカルコンタクトだけを指すのではなく、各競技において必要な体格(身長、体重、筋肉量など)及び体力要素(筋力、持久力、敏しょう性、平衡性など)だと考えるべきです。

したがって各競技スキルで必要なフィジカルが変わってくるということを理解し、選手はメンタルを含め各種体力トレーニングを実施すること、また競技スキルを強化することがフィジカルの強化につながるということ忘れてはいけません。

引用|【日本人の弱点?】「フィジカル」とはなんなのか | MUSTER

つまり、フィジカルが強いとは、そのスポーツに必要な身体能力と運動神経を最大限高めた状態だということなのでしょう。

運動神経を良くするゴールデンエイジ

よく子どもの運動を考える場合、子どもの成長期の特徴に合わせて行うと効果的だと言われます。その際に用いられるのが、この「スキャモンの発育曲線」です。

3f57811bd4cc84f373e453eb273e1b3a

出典|女性アスリート指導者のためのハンドブック|国立スポーツ科学センター

スキャモンの発育曲線を読み解くことで、子どもの年齢に合わせた効果的な運動方法がわかります。

1.プレゴールデンエイジ|3-8歳ごろ

プレゴールデンエイジの3-8歳ごろは神経系が急激に発達し、ほぼ完成に近づくための期間です。この時期にかけっこや、ボール投げ、ボール蹴りなど様々な遊びを通して身体の使い方を学ぶことが大切です。

多少の個人差はありますが、プレゴールデンエイジの初期(3-5歳)は身体能力の差は大きくありません。そのため、まずは身体をうまく使いこす運動神経の接続を高めることがスポーツをする自信につながり、次のステップを踏み出しやすくなります。

2.ゴールデンエイジ|9-12歳ごろ

ゴールデンエイジの9歳-12歳ごろは、運動神経だけでなく身体能力を含めたスポーツの能力を高めるために最も有効な時期だと言われます。

この時期は、動作の習得に対する準備態勢(レディネス)も整い、さらに「可塑性」と呼ばれる脳・神経系の柔らかい性質も残しているという非常に得意な時期として位置づけられています。 一生に一度だけ訪れる「即座の習得」を備えた動作習得にとって、もっとも有利なこの時期は、「ゴールデンエイジ」と呼ばれ、世界中どこでも非常に重要視され、サッカーに(他のスポーツでもいっしょです)必要なあらゆるスキル(注:単なる技術とは異なる)獲得の最適な時期として位置づけられています。しかし、この「即座の習得」は、それ以前の段階でさまざまな運動を経験し、神経回路を形成している場合にしか現れません。だからこそ、プレゴールデンエイジも重要となるのです。

引用|選手の発育・発達段階に合わせた指導(2)|特定非営利活動法人(NPO法人)スポーツクラブ アミザージ

上記引用通り、ゴールデンエイジをゴールデンにするためには、プレゴールデンエイジにおいて運動神経を高めるだけでなく、親が子どもの運動意欲を高めることも必要になります。

3.ポストゴールデンエイジ|13-15歳ごろ

ポストゴールデンエイジの13-15歳ごろは生殖型が急激に発達し、ホルモンの影響で骨格が大きくなることから身長や体重が急激に増えて、大人の身体に近づく時期です。

そのため、基礎的な筋力を高めたり、心肺機能を高めて持久力を上げたりなどをすることで、身体能力を高めつつ身体のコントロールとのバランスを取りながら全体的な運動能力を高めていく時期です(高負荷の筋トレには賛否がある)。

プレゴールデンエイジの運動の方法

では、子どもの運動神経を良くするために、プレゴールデンエイジにどのように運動に取り組めば良いのでしょうか。

1.親が体を使って積極的に遊ぶ

子どもの性格は様々なため一概には言えませんが、特に3-5歳ごろにかけて親が子どもと身体を使った遊びをしなければ、運動に対する子どもの積極的な姿勢は引き出しづらくなります。

ボールを投げたり蹴ったり、アスレチックで遊んだり、追いかけっこをしたりという運動がそのまま幼稚園・保育園でのお友達との運動体験に繋がります。

2.スポーツに挑戦する環境を整える

ベネッセの調査によると、3歳児の29.8%、4歳児の47.9%、5歳児の71.4%が何らかの習い事をしており、さらにケイコとマナブの調査よると、年少・年中・年長児の習い事の41.1%は水泳教室、26.2%体操教室、6.1%はサッカーなど、10位以内に多くのスポーツの習い事がランクインしています。

習い事は年少・年中・年長から?子どもに人気の習い事と費用感

スポーツの種類によって、身体の使い方・動かし方は異なります。そのため、なるべく多くのスポーツに挑戦をさせることが、より身体の使い方を覚え、運動神経を高めることに役立ちます。

3.良い習い事、良いコーチを選ぶ

一流のスポーツ選手の中には、2-3歳ごろから親がスパルタで特定のスポーツに取り組ませている人もいます。もちろん、テレビで見かけるのは成功例なので、誰もがスパルタで一流選手になるわけではありません。

ただ、スパルタではなくても、良い習い事(教室)を選ぶことはコミュニティの中での切磋琢磨に繋がりますし、そこに良いコーチがいれば、子どもの性格に合わせた練習方法や競わせ方で導いてくれます。

子どもがやる気がなくスポーツに取り組んでも、運動神経が良くなることはありません。たかが追いかけっこでも、汗をかいて、息を切らして真剣に逃げるからこそ、走り方を覚えて、速く走れるようになるんです。

運動神経の良し悪しは親の遺伝?

さて、せっかく子どもの運動に対する意欲が高まっているにもかかわらず、それに冷水をかける言葉があります。

「運動神経って親の遺伝でしょ?」

たしかに、一流スポーツ選手の親や家族は元々スポーツ選手ということが多いですね。そのため、運動神経は遺伝という話も納得できます。

メリーランド大学運動生理学部教授のStephen Roth氏によると、運動神経や運動に関する能力には遺伝するものと遺伝しないものがあり、それは人によって異なるそうです。

運動特性の遺伝率についての大まかな数値をいくつか挙げておきましょう。遺伝率が高ければ高いほど、カウチポテト族とスター選手の違いは、トレーニングではなく遺伝のせい、ということになります。

有酸素運動:遺伝率は約40~50%
筋力および筋肉量:遺伝率は約50~60%
「遅筋線維」と「速筋繊維」の混在率(簡単に言えば、持久力と瞬発力のどちらが優れているかを決定する要素です):遺伝率は約45%
身長:遺伝率は約80%
スポーツでの全般的な競争力:遺伝率は約66%

引用|遺伝子は運動能力にどれだけ影響するの? | ライフハッカー[日本版]

これらの数値を見ると、遺伝の影響は少なくないようにも思えます。ただ、これらは全て身体能力です。子どものころ、ましてや園児から小学生までの間において、有酸素運動や筋力などの身体能力には大きな差は出ません。

それよりも、今ある身体能力に対してどれだけ自由自在に身体を動かすことができるか、運動神経が正しく接続されているかの方が重要です。

「わたしがスポーツ苦手だから、どうせこの子も……。」と運動に消極的になると、せっかくのプレゴールデンエイジが過ぎてしまいます。大切なことは、一流スポーツ選手になることではなく、子どものコミュニティ形成に有利な面を持たせることです。

まずは、わたしたち親が子どもと触れ合って身体の動かし方を教え、コミュニケーションをとりながら、子どもに運動の楽しさを実感させてあげましょう。

記事のURLとタイトルをコピー