子どもを怒鳴るママを見かけて…叱るときに必要な4つの要素

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

ママ怒鳴る!子ども平然!

先日、とあるコンビニでお買い物をしていた時のことでした。

「おめぇそんなもんも決められねぇのかよ!※&%$#※&(聞き取れず)」

という女性の声。

見ると、子どもが買いたいおにぎりを迷っていることが原因で、ママが子どもに怒鳴っているところ(だと思います)。

もっと正確に文字に起こすと、

「おっめぇえっ、そんなもんもきっめれねぇのっかよっおぉ!※&%$#※&」

ママは20台後半、子どもは5歳くらいの男との子と4歳くらいの女の子。このママは怒ると言葉が跳ねるんですね……(^_^;)

で、そんなママの口調に対して特に反応することなく、ビビることなくおにぎりを選んでレジに差し出す子どもたち……。

むむぅ……?なにこの「口が悪いママだな。」だけで済ませられない違和感。

親が怒鳴ると子どもの心に4つの影響がある

暴力は論外ですが、親、特にママが突然怒鳴りだすのは、子どもの心に大きな傷を作ると言われてます。

そりゃそうですよね、だって子どもはママのことが大好きなんですから。傍から見たら、それがどんなに理不尽だったとしても、子どもにとってママの存在は絶対です。

「ママが怒ってるから、僕が悪いのかな……。」

と子どもは思ってしまいます。しかも、それがママの虫の居所が悪いときは最悪です。

「この前は怒られなかったのに、なんで今は怒られたんだろう。」
「この前の怒り方と、今の怒り方が違うのはなんでだろう。」

このような理不尽な怒られ方が続けば、子どもの心は恐怖で萎縮し、何をすれば良いかがわからなくなってしまいます。

そして、子どもに4つの影響を与えます。

  1. 人の顔色を見て話したり行動するようになる
  2. 怒られないように行動するため、消極的になる
  3. 誰にも本音が話せなくなってしまう
  4. 人とかかわるのが嫌で精神的に患ってしまう

子どもを叱るときは必ず理由が必要

さて、わたしが言いたいのはママの口が悪いからどうという話じゃなく、怒鳴られている子どもたちがママのおんどれ口調に平然としていたことです。

普通はこのような口調でいきなり怒鳴られたら、ビクッとして泣き出してしまいます。ましてや、見たところ子どもたちはまだ4-5歳です。

これって「叱るときと普段の口調に差がないため、子どもたちが慣れてしまっているのでは??」ということです。

もちろん、子どもを怒鳴りつけるのは基本NGなんですが、わたしも保育士として言うことを聞かない子どもたちをがっつり叱ることはあります。

「オラァーヽ(`Д´#)ノ ムキー!!」とはなりませんが、大き目の声でしっかり叱ると子どもたちはたいてい泣いてしまいます。

そして、その後なぜわたしが叱ったのか理由を話し、何をしなければいけなかったのかを諭し、次からはどうしなければいけないか意見を言わせるようにしています。

子どもを叱るときに必要な4つの要素

ママが子どもを叱る際には一貫した流れが必要です。

子どもを叱る要素1.口調を変えてビシッと叱る

・お友だちをわけもなく叩いてしまった
・ご飯を食べたくないからわざとこぼした
・お片付けをしたくないから嘘をついた

いけないことをしたら、まずメリハリを付けて叱ります。いきなり諭そうとしても、子どもは頭の切り替えができないためママの言葉が聞き入れられません。

そのため、口調をしっかりと変えることで「あっ、ママが怒ってる。」と感じさせる必要があります。

子どもを叱る要素2.叱った理由を説明する

次になぜママが子どもを叱ったのか、しっかりとその理由を説明します。

子どもたちがちゃんと叱られた理由を理解できるようにトーンダウンはしますが、口調は厳しいままで、丁寧にわかりやすく話をします。

もちろん、感情に任せて怒鳴ってはいけないため、予め子どもを叱る時のスイッチは決め、その理由も明確にしておきましょう。

子どもを叱る要素3.子どもの意見を聞く

どのような行動がいけなかったのかを説明した後は、どうしなければいけなかったのかを子どもの口から言わせます。

ここでは優し目の口調に戻します。怖がって何も言えなくなってしまうと困るので、応援もしながら、多少時間がかかっても子どもが自分の口でちゃんと言えるまで側にいます。

時間がかかることもありますが、ここは親がイライラせずにガマンしてお付き合いするところです。

子どもを叱る要素4.思いっきり褒める

そして、どうすれば良かったかを自分の口で言えたら、しっかりと褒めてあげます。もちろんそのときはできるだけ優しい言葉で、

「よく言えたね。次からはしないようにしようね。」

など言いながら、ギュッと抱きしめます。ちなみに、子どもを叱る年齢の目安は2-3歳からです。ここは子どもの理解度に合わせてあげてください。

ママは叱ると怒るの違いを明確に理解しておきましょう。

子どもを叱るのは何歳から?叱ると怒るの違いとは?

怒鳴ること全てがダメじゃない!口調はスイッチ

たとえ、ビシッと叱る際に「おんどりゃぁあー」と言ってしまったとしても……そんなときもあるでしょう。人間だもの。

ただ、その後きっちりと叱った理由を説明をして、子どもの口からどうすれば良いか話をさせ、ちゃんと褒めてあげれば……怒りっぱなしよりはよっぽど良いと思います。

子どもを叱ることで大事なことは、それぞれの段階で口調を変えて、ママの心情を子どもにわからせることです。

つまり、口調はスイッチなんです。

わたしがコンビニで見かけたママの口調よりも、子どもたちの平然とした態度が気になってしまったのは、

「子どもを叱るときのメリハリがなく、頻繁にあの口調なのかな……。」
「叱った後の理由は教えてもらえないのかな……。」

と思ったからです。

子どもたちがママの口調に慣れているのを見る限り、まぁ普段もこんな感じなんだろうとは思います。

せめて口調を変えてメリハリを付けないと、子どもたちは何が悪いことなのか理解できなくなってしまうでしょう。

ただ、どんな理由があっても、買うおにぎりを迷ったくらいで怒鳴るのはおかしいですけどね(^_^;)

今は小さな子どもでも、みんな大人になっていきます。そのため、口が悪いママの影響は受けると思いますが、ある程度自分で判断して使い分けができるようになっていくはずです。

口の良し悪しは大きな問題ではありません(もちろん個人的見解)が、ママの言葉遣いの影響はとても大きいということは知っておきましょう。

ママ?テレビ?友達?子どもの言葉遣いに与える影響ランキング

記事のURLとタイトルをコピー