赤ちゃんが生まれると産まれるの意味の違いは?使い分けは必要?

a161df8f48248691e273ef6020e588c4

この記事の読了時間は約 3 分です。

わたしもよくわからない「生まれる」と「産まれる」

「赤ちゃんが生まれる」
「赤ちゃんが産まれる」

みなさんは、この「生まれる」と「産まれる」の使い方は、どちらが正しいと思いますか?

実はわたしも「生まれる」と「産まれる」の使い方の違いをよくわかっておらず、文章を書くときはそのときの気分で「生まれる」「産まれる」のどちらも使ってしまいます。

「生まれる」と「産まれる」には、何か意味の違いはあるんでしょうか。また、明確な使い分けの必要性はあるんでしょうか。

今回は、「生まれる」と「産まれる」の意味の違いや使い分けの必要性について、調べてみたいと思います。

生まれると産まれるの意味

生まれるとは

「生まれる」の漢字は、「赤ちゃんなどの生命を生む」の他に「作品を生む」「誤解を生む」などに使われます。

類語例解辞典によると、

「生まれる」は、人間だけでなくあらゆる動物についていう。また、「オリンピックで数々の世界新記録が生まれた」のように、物事やある状態が新たに現れたり、人間の手で作り出されたりする意でも用いる。

とあります。つまり、生命の誕生だけでなく、物を作り出したり、芸術作品を創造するなど何かが現れることを意味しています。

産まれるとは

「産まれる」の漢字は、「赤ちゃんなどの生命を産む」の他には、「卵を産む」などに使われます。

「生まれる」に対して、「産まれる」は生命の誕生のみに限定的に使われることが特徴的です。

生まれると産まれるの使い分け

では、前述した意味を踏まえ、「赤ちゃんが生まれる」と「赤ちゃんが産まれる」には、使い分けの必要があるのでしょうか。

おそらく、赤ちゃんなど生命の誕生に対して、「赤ちゃんが生まれる」と「赤ちゃんが産まれる」を使い分ける必要はなく、どちらを使っても間違いではありません。

ただし、「生まれる」はより一般的な言葉であり、何に対して使っても問題がないことに対して、「産まれる」は出産などの行為(生命を体内から取り出す行為)に使うことが多い言葉です。

そのため、「わたしは、生まれも育ちも八王子です。」の場合は、対象が人間でも出産などの行為ではないため、「生まれる」を使う方がより妥当だということになります。

「生まれる」と「産まれる」の使い方事例
子どもが生まれる
卵が生まれる
記録が生まれる
作品が生まれる
疑惑が生まれる

子どもが産まれる
卵が産まれる

新聞ではどう使われている?

ちなみに、全国紙の新聞では、生まれると産まれるをどのように使い分けているのでしょうか。毎日新聞・校閲グループの公式Twitterには、以下のように書かれていました。

というわけで、ある程度使い分けルールはあるようですが、わたしたちが一般的に使う分にはそれほど意識する必要はなさそうです。新聞は、わたしたちが日常生活で使い分けを意識する以上に、明確な使い分けや漢字の統一が必要なので大変ですね。

妊娠、おめでた、懐妊なども普段特に意識せずに使っていますが、こちらも意味の違いや使い分けの必要性があるのでしょうか。以下を参考にしてください。

妊娠・おめでた・懐妊・身籠るの意味は違う?正しい使い方は?

記事のURLとタイトルをコピー