子どもの愛着行動の意味とは?親子の愛着関係の形成に必要な要素

f00b61bea6a64df856eaf20161625fee

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

子どもにとっての愛着とは

よく「愛着が湧く」という言い方をしますが、この愛着とは一体どういう意味か知っていますか?

愛着とは、ずっと使い続けているタオルやずっといっしょにいる人など、慣れ親しんだ物や人に心を惹かれて、離れがたく感じることを言います。

子どもにとって、初めて愛着が湧く存在は親(養育者)です。それは、単純に慣れ親しんだ存在という意味だけではありません。

何もできない子どもにとって、愛着を感じる人との関係性は生きるために必要な支えであり、その支えによって子どもの心は成長し、身体機能の成長にもつながっていきます。

そのため、子どもは積極的に親に対して愛着行動をとり、愛着関係を築こうとします。そして、親は子どもの愛着行動を理解し、応えてあげることで、愛着関係をいっしょに築いていかなければいけません。

では、子どもが親に対して行う愛着行動とはどのようなものなのでしょうか。また、親子の愛着関係を築くために必要な要素とは何でしょうか。

今回は、子どもの愛着行動と愛着関係を築くために必要な要素についてお話したいと思います。

愛着行動とは

愛着行動とは、ストレスのある状況で愛着を抱いている特定の他者に対して親密さを求めるために行う行動のことで、心理学者ジョン・ボウルビィ氏が「愛着理論」において提唱したものです。

子どもが起こす愛着行動は生後6か月から2歳ごろまでの間に行なわれ、以下の3つに分類されます。

子どもの愛着行動1.発信行動

発信行動とは、愛着を抱いている対象の注意を引くための行動を言います。

赤ちゃんや子どもは、泣いたり、表情を作ったり、声を出したり、手足を動かすなどをして、ママの注意を引く発信行動を行います。

子どもの愛着行動2.接近行動

接近行動とは、愛着を抱いている対象に近づいていくための行動を言います。

赤ちゃんや子どもは、ママに抱っこをせがんだり、後追いをしたり、寝ているときに擦り寄ったりなどの接近行動を行います。

子どもの愛着行動3.定位行動

定位行動とは、愛着を抱いている対象を探すための行動を言います。

赤ちゃんや子どもは、ママのいる方を目で追いかけたり、ママの声を聞いて声がする方に顔を向けるなどの定位行動を行います。

愛着関係を築くために必要な要素

子どもにとって、愛着は簡単に感じられるものではありません。特に乳幼児は、精神的にも身体的にも機能が未熟であるため、自ら考えて、行動をして愛着関係を築くことはできません。

そのため、子どもとの愛着関係を築くためには、親に以下の行動が求められます。

愛着関係の要素1.栄養を与えること

乳幼児は、生きていくために必要な栄養を与えてもらう必要があります。もちろん、食べ物を目の前に出されても食べたり、飲んだりできるわけではないので、”与える”という行為が必要です。

特に、ママが授乳を行うことは、子どもにオキシトシンの分泌を促すだけでなく、ママにもオキシトシンが分泌されるため、母乳生成の促進や子どもに対する愛着の増加につながります。

オキシトシンとは、脳下垂体から分泌されるホルモンのことで、心拍を下げ、副交感神経を高めることでストレス状態を和らげる効果もあります。

愛着関係の要素2.スキンシップを取ること

子どもの肌に触れることは、程良いぬくもりを与え、それがオキシトシンの分泌につながります。オキシトシンは単純に触っているだけよりも、一定のリズムで優しく触れ合うことで分泌を促進します。

たとえば、子どもを寝かしつけるときの背中をトントンする行為、泣いている子どもを泣き止ませるときに頭を撫でる行為、腹痛の子どものお腹をさすってあげる行為などがそれにあたります。

愛着関係の要素3.子どもの行動に反応すること

子どもが行う発信、接近、定位という愛着行動は、ストレスのある状況で特定の他者に対して親密さを求める行動であるため、親はその愛着行動に対して反応してあげることが重要です。

子どもは愛着行動によってストレスを発散するのではなく、親との親密さを確認することでストレスを解消します。そこで、子どもに自己肯定意識が芽生え、それが自発的な行動を伴った発達につながっていきます。

愛着関係の要素4.子どもに行動を促すこと

子どもに自己肯定の意識が芽生えた場合、ママは行動に移すように促してあげなければいけません。その促しは、愛着関係にある親とのコミュニケーションを意味します。

まだ自発的な行動に慣れていない子どもは、愛着関係にあるママを安全基地に見立てることで、安心して自発的な行動をとることができるようになります。

愛着関係の要素5.何度も繰り返すこと

愛着関係を形成するためには、上記の要素を常に何度も繰り返す必要があります。

子どもの心の成長のためには、常に自分に安心感を与えてくれる存在がおり、ストレスを解消できる存在がおり、触れて見守ってくれる存在がいることを子ども自身が認識できなければいけません。

愛着関係の安定型・不安定型

では、この愛着関係が安定的に築かれている場合、反対に不安定な場合、子どもはどのような反応を示すのでしょうか。

愛着関係の安定型

安定型とは、愛着関係が築かれたママを安全基地として認識しているため、安心して自発的な行動をするタイプのことを言います。全体の55-65%が安定型になります。

安定型の子どもは、保育園などでママと離れる際に泣きぐずりはするものの、再会したときは喜んで迎えます。また、泣いている場合はママに接触したがりますが、気持が安定すればすぐに自発的に行動できるようになります。

愛着関係の不安定型|回避型

回避型とは、ママにあまり興味を示さず、常に自発的な行動を取り、ママと離れても泣いたり悲しんだりしないタイプのことを言います。全体の25%が回避型になります。

回避型の子どもは、ママに再会してもあえて避けたり、場合によってはママを無視したりすることもあります。

このような子どもは、ママが普段子どもに関心を示さなかったり、コミュニケーションが不足している場合に見られることがあり、赤ちゃんの場合はサイレントベビーになったり、成長すると反抗が強くなる可能性もあります。

愛着関係の不安定型|両価型

両価型とは、子どもが自発的な行動を取らず、常にママの動きを気にしているタイプのことを言います。全体の10-15%が両価型になります。

両価型の子どもは、保育園などで離れていたママに再会した際に、接触をしたがりつつも接触を拒絶するなど両端の行動を取ります。また、急に怒りだしたり、突飛な行動を取ることもあります。

このような子どもは、ママの過保護や過干渉の差が激しい場合に見られることがあり、ひとみしりの恐怖症が強く出たり、成長してから不安障害を発症する可能性もあります。

愛着関係の不安定型|未組織/無方向型

未組織/無方向型とは、親からの愛着を感じることができず、変わった行動を取るタイプのことを言います。全体の10-15%が未組織/無方向型になります。

未組織/無方向型の子どもは、顔をそむけながらママに近づいたり、 ママに対して凍りついたような反応をするなど、混乱した行動を取ります。

このような子どもは、ママが精神的に不安定な場合や親などから虐待を受けているときに多く見られることがあり、将来的に境界性人格障害などを発症する可能性もあります。

親はなくとも子は育つ?

ほとんどの場合、子どもが愛着関係を築くのは親であり、とりわけママがその対象になることが多いでしょう。

では、もしシングルファーザーだった場合、さらには親がいなかった場合は、子どもに愛着の感情や愛着関係を築く対象は現れないんでしょうか。

「親はなくとも子は育つ」ということわざがあります。

これは、「たとえ産んでくれた親がいなくても、周囲の人の心づかいと自分自身の努力があれば、子どもはどうにか育っていけるものだ」という意味で、世間の人たちのあたたかさと子どものたくましさを表す言葉です。

単純に親がいなくても子どもが成長するという意味ではありません。つまり、愛着関係を築く対象は、子どもに対して愛着を抱ける人であれば良く、必ずしも親である必要はないということになります。

もちろんこれは、親の育児放棄を肯定しているわけではありませんし、実の親の愛情が必要ないという話をしているわけでもありません。

たとえ周囲の人の心づかいがあり、誰かが親代わりになってくれたとしても、本当の意味でお互いが信頼しあい、愛着関係を築くことはとても大変なことです。やはり、本当の親子関係がある方が最初から形式がある分、愛着が湧きやすく、結びつきも強くなるのではないかと思います。

愛着関係を形成しやすい相互の対象がいるということはとても幸せなことです。そのため、わたしたちは実の子との愛着関係を築けることを幸せに思い、子どもにもそう思ってもらえるような育児をしなければいけないのだと思います。

参考|アタッチメントの安定・不安定とは何か|埼玉学園大学・川口短期大学情報メディアセンター

記事のURLとタイトルをコピー