出産・分娩・お産の意味の違いは?正しい使い方は?

55922d53eedca83c46993dd7bf019354

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

お産と出産と分娩は同じ意味?

妊娠・出産に関する用語は、難しいものが多いですよね。

そんな妊娠・出産に関するたくさんの用語の中で、医師と話をしているときに「出産」のことを「分娩」と言っていることに気付きます。妊娠して、初めて「分娩」という言葉を聞く人もいるでしょう。

わたしたちは、普段赤ちゃんを産むことを「お産」や「出産」と言いますが、何となく、分娩も赤ちゃんを産むことだとわかりますね。

ただ、お産、出産、分娩の意味がどう違うかはよくわかりませんし、お産、出産、分娩をどのように使い分けて良いかもわかりません。

お産、出産、分娩は、しっかりと使い分けた方が良いのでしょうか。それとも、単に曖昧なだけで同じ意味の言葉なのでしょうか。

そこで今回は、お産、出産、分娩の意味の違いや、それぞれ正しい使い方があるのかどうかについてお話したいと思います。

お産・出産とは

お産と出産は同じ意味で使われます。

出産とは、赤ちゃんを妊婦の子宮内(胎内)から外に出すことを言います。出産は赤ちゃんを産むことを総称して表す言葉で、社会的、文化的側面も含んだ一般的な用語として広く使われています。

赤ちゃんを胎内から外に出す方法は、産道を通る経膣分娩でも、帝王切開でも何でも構いません。また、外に出した赤ちゃんがすでに死亡している場合も、「死児の出産」という言い方をします。

ただし、妊娠22週以前に胎児を胎外に出す場合は、一般的に胎児に命がない状態のため死児の出産とはならず、流産として区別して使われます。

日本産科婦人科学会では、妊娠22週未満(妊娠21週6日以内)の胎児が娩出(べんしゅつ)されることを「流産」と定義しています。

さらに、流産の中でも妊娠12週未満の流産を前期流産と呼び、妊娠12週-妊娠22週未満の流産を後期流産と呼びます。また、妊娠22週以降の死児の出産を「死産」と定義しています。

前期流産・後期流産の原因や時期は?状態による流産の6つの種類

分娩とは

分娩とは、出産と同じく、どのような方法でも良いので赤ちゃんを妊婦の胎内から外に出すことを言います。

ただし、出産が赤ちゃんを産む行為の総称を指すことに対して、分娩は医療用語であるため、分娩の開始と終了が明確に決まっています。

正常分娩の場合、本陣痛の発来(10分周期で定期的な陣痛など)によって分娩が開始されます。この時期を「分娩第1期(開口期)」と呼びます。

そして、「分娩第2期(娩出期)」を経て、「分娩第3期(後産期)」で、胎児および子宮内付属物を母体外に娩出すると分娩が終了したと見なします。詳しい正常分娩の流れは以下を参考にしてください。

正常分娩と異常分娩の違いとは?症状・種類・割合・出産の流れなど

異常分娩の場合は、分娩の開始は同じく陣痛発来、または帝王切開などの手術を開始したとき、そして分娩の終了は、胎児およびその付属物を母体外に娩出完了したときになります。

つまり、分娩は赤ちゃんを産む行為の総称ではなく、開始と終了が決まった赤ちゃんを子宮から取り出す行為だということです。

出産(お産)と分娩の使い方

このように出産と分娩は、一見同じような意味に思えますが、細かく比べると多少の違いがあることがわかります。

前述した通り、わたしたちが一般的に赤ちゃんを産むことを表す場合は「出産」「お産」で良いと思います。これには、実際に赤ちゃんを胎内から取り出す行為の他に、赤ちゃんを産むという現象自体が含まれます。

「来週には出産のために入院します。」
「ママが○ちゃんを出産したときはねぇ~~」

一方、「分娩」は赤ちゃんを胎内から取り出す行為のみを明確に表す言葉のため、上記の様に使うと、意味は通じますが違和感を感じるかもしれません。

「来週には分娩のために入院します。」
「ママが○ちゃんを分娩したときはねぇ~~」

分娩は、その行為が行なわれる際の細かい状況を聞きたい場合や、医師と話をして正確な知識を得たい場合は積極的に使うようにすれば良いでしょう。

分娩行為のどの段階でどのような処置が行なわれるのか、胎児や母体がどのような状態にあるのかを知ることは、出産に向かうママの安心材料になるからです(人によります)。

もちろん、出産やお産ほど日常的に使われませんが、分娩も一般的に使われる言葉なので、堅苦しく使い分けを気にする必要はありません。

まぁ、そこまで気にしませんよね(^_^;)


参考|出産 – Wikipedia
参考|分娩 – Wikipedia

記事のURLとタイトルをコピー