30-40代妊娠・出産リスクは?妊産婦死亡の原因と死亡率の推移

dc8cc93780df0e1e390582c9c982e4ca

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

妊産婦死亡率(にんさんぷしぼうりつ)とは

妊産婦死亡とは、妊娠中および妊娠終了後満42日未満の間に妊娠・出産に関連する病気(産褥感染症など)が原因で死亡してしまった妊婦のことを言い、妊婦10万人中の死亡割合のことを「妊産婦死亡率」と言います。

妊娠中および妊娠終了後満42日未満の間であっても、妊娠とは関係ない病気や事故などによる死亡は妊産婦死亡に含みません。

妊娠した妊婦が第一に考えることは、お腹の中の赤ちゃんが順調に育っているか、赤ちゃんに万が一のことがないかどうかだと思います。

ただ、重くなっていく身体、お腹や腰の痛み、そして陣痛や分娩に対する恐怖から、「もし、わたしに何かあったらどうしよう……。」という考えが頭をよぎりますよね。

今は妊娠・出産年齢も上がっていますが、年をとるごとに母体リスクが高くなるという話を聞いて、不安を募らせている人も多いでしょう。

そこで今回は、妊婦の身に起こる妊産婦死亡の原因と妊産婦死亡率の推移についてお話したいと思います。

日本の妊産婦死亡率の推移

ドラマを見たり本を読んでいると、妊婦が出産で命を落とすシーンを割と見ます。そのため、妊婦が出産で死んでしまう危険性は高いとイメージしてしまいがちです。

もちろん、妊娠・出産による危険性がゼロではないため怖いことは怖いのですが、昔に比べると妊産婦死亡の数は圧倒的に減っています。

昔は「出産は命がけの行為」だと言われていましたが、医療の発達によって命を落とす妊婦は減りました。妊婦死亡率は0.003%程度です。

8240fa9420585117b17540088bca3824

引用|わが国の妊産婦死亡率(出産10万対)の年次推移|厚生労働省

産後クライシス解決法と後悔する前に夫婦で話し合う3つのこと

上グラフは統計を開始した1899年から2007年までの妊産婦死亡率ですが、1899年に10万人中409.8人(0.41%)の妊産婦死亡率が2007年には10万人中3.1人(0.003%)にまで減少しています。

医療技術の進歩により、妊産婦死亡率は世界全体で減少しています。以下を見るとわかる通り、妊産婦死亡率が低い国は、10万人中3-5人前後の数字に収まっています。

911019ee39fbdbd3a4220a6e91d52ae3

引用|平成22‐24年妊産婦死亡症例検討実施83事例のまとめ|日本産婦人科医会

日本の妊産婦死亡率も世界トップクラスの低さで、2007年が10万人中3.1人、2008年が3.5人、2009年が4.8人、2010年が4.1人、2011年が3.8人、2012年が4.0人、2013年が3.4人となっています。

もちろん、最終的にはゼロになって欲しいのですが、日本の2007-2013年の妊産婦死亡率の推移を見てわかる通り、これ以上劇的に減少させることは難しいようです。

妊産婦死亡の人数と原因

妊産婦死亡の原因は、「直接産科的死亡(ちょくせつさんかてきしぼう)」と「間接産科的死亡(かんせつさんかてきしぼう)」とその他に分かれます。

直接産科的死亡とは妊娠・出産行為自体が原因の死亡のことで、間接産科的死亡とは妊娠前の病気や障害が妊娠・出産行為で悪化した死亡を言います。その他は事故や原因不明です。

日本産婦人科医会によると、妊産婦死亡の内訳は直接産科的死亡が63%、間接産科的死亡が32%、その他が5%となっています。

また、厚生労働省が発表した「平成26年人口動態統計」によると、直接産科的死亡、間接産科的死亡、その他による死亡の数は近年以下のように推移しています。

2010年 2011年 2012年 2013年
総数 45人 41人 42人 36人
直接産科的死亡 34人 26人 35人 28人
 子宮外妊娠 3人 2人 1人
 高血圧性障害 2人 3人 8人 8人
 胎盤早期剥離 4人 3人 4人 1人
 分娩前出血
 分娩後出血 3人 4人 3人 7人
 産科的塞栓症 11人 9人 11人 4人
 その他の直接産科的死亡 11人 5人 9人 7人
間接産科的死亡 11人 15人 7人 8人
原因不明の産科的死亡
産科的破傷風
ヒト免疫不全ウイルス病

日本の出生数はここ10年ほど100-110万人付近を推移していますが、この表を見てわかる通り妊産婦死亡数も年間40人前後から大きく上下していません。

前述した通り、元々妊婦が持っている病気や遺伝的に患う病気、また、防ぎきれない分娩時の事故などを考えると、やはりこれ以上妊産婦死亡数を減らすことはなかなか難しいようです。

もう1つ違うデータを見てみましょう。

妊産婦死亡数と年齢の関係性

以下は、日本産婦人科医会が発表した「年齢と妊産婦死亡数の関係」を表したグラフです。

029f393ef5870fee74d848a796ed12a7

引用|妊産婦死亡146例の解析結果|日本産婦人科医会

このグラフを見ると30代の妊産婦死亡数が多いのですが、これは単にその年代の出産数が多いためです。

年齢は上のグラフとは少しズレるますが、厚生労働省の人口動態調査を用いて、各年齢ごと10万件の出産数から妊産婦死亡数・妊産婦死亡率を算出すると以下のようになります。

年齢別妊産婦死亡数・妊産婦死亡率
20-24歳の妊産婦死亡|4.7件/10万件……0.0047%
25-29歳の妊産婦死亡|6.0件/10万件……0.0067%
30-34歳の妊産婦死亡|9.5件/10万件……0.0095%
35-39歳の妊産婦死亡|24.5件/10万件……0.0245%
40-44歳の妊産婦死亡|124.5件/10万件……0.1245%

20代に比べて40代の方が20-30倍ほど妊産婦死亡の危険性は高いのですが、たとえ40代でも「出産は自殺行為」などと一部で揶揄される死亡率ではありません。

ちなみに、1年間で自動車事故に合う確率は0.9%だそうです。

国土交通省が新たな道路政策を諮問した社会資本整備審議会の会議の場で、こんなユニークな資料が示されました。「人生で交通事故にあう人は、2人に1人」資料を提供したのは国交省です。年間の交通事故死傷者数(118万人)を日本の総人口(1億2692万人)で割った「1年間で事故にあう確率」を0.9%と算出。

引用|一生のうち交通事故に遭う確率は何%? | 交通事故慰謝料協会

妊産婦死亡に対するイメージが悪すぎる

日本だけでなく、世界的にも医療技術が大きく進歩しているため、妊産婦死亡は大きく減少しています。

もちろん、年齢が若い方が体力はありますし、元々病気を患っている可能性も少ないため妊産婦死亡の確率は低くなりますし、流産や死産の確率も低くはなります。

ただ、赤ちゃんが欲しくても、社会的背景により若い間の妊娠・出産が以前よりも難しくなっていることも事実です。そのため、30代後半や40代での出産はある程度社会に認知される必要があると思います。

実際、現在の40代の妊産婦死亡率は1960年ごろの全体の妊産婦死亡率と変わりませんし、30代後半に至っては1970年台後半の妊産婦死亡率と変わりません。

それだけ医療技術が進歩し、妊産婦死亡率が減っているにもかかわらず、高齢出産はとてもリスクがあるイメージを持たれています。

もし、今から高齢出産に臨もうとしている人、また、高齢出産をしようか迷っている人は、世間が持っているイメージと実際の数字を比べて考えることも必要だと思います。

もちろん、出産は妊婦自身だけではなく、そもそも赤ちゃんが無事でなければいけません。そちらも母体の年齢が高齢なほどリスクが増すため、以下を参考にして合わせて考えてみてください。

年齢別・妊娠週数別の流産確率は?妊娠初期流産の予防法はある?

わたしももう目の前に迫る40代……さて、どうしようか……真剣に考えないと。

記事のURLとタイトルをコピー