5歳以降の子どもの自転車の買い替え時期は?選び方と注意点

7e2187e1d334974676267c19258c4c4a

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

そろそろ自転車替えた方が良いかな…

もう少しすると、息子が7歳になります。最近は小学校入学の準備で忙しく、ようやく必要なものが一通り揃ったかな……という状況です。

小学校の準備が一段落したら、次は生活環境の準備も必要ですね。季節が替わって夏物も出さなければいけませんし、もう着られない洋服の仕分けも必要です。

そして、そろそろ小さくなった自転車を買い替えなければいけません。節目の時期は、本当にお金がかかりますね……(^_^;)

ところで、子どもの自転車を買い替える時期は、どのように判断すれば良いのでしょうか。

子どもの初めての自転車はキッズサイクルですが、おそらく多くの子が2台目に乗る自転車はジュニアサイクルになります。

ジュニアサイクルは、タイヤのサイズが20-26インチの2インチ刻み(一部異なる)で対象年齢は5歳から12歳、身長110cm以上の子どもに適した自転車のことです。

初めての自転車のサイズと選び方は?子どもの身長別インチ数

もちろん、子どもの自転車はサイズが合うものを買わなければいけないのですが、買い替え時には他に気をつけるべき点があります。

そこで今回は、小学校にあがる子どもの自転車の買い替えどきを見極めるポイント、自転車の選び方についてお話したいと思います。

自転車の買い替え時期1.サイズが小さい

1番最初に購入した自転車が小さくなってしまえば、買い替えなければいけません。

最初の自転車の身長の目安は、14インチの上限が110cmほど、16インチの上限が115cmほど、18インチの上限が120cmほどのため、6-7歳前後に買い替えの検討をすることになるでしょう。

ただし、単純に身長だけを見るのではなく、サドルを上げても足の裏が地面にピッタリついていたり、ハンドル調整ができず操作がしにくい状態であれば、買い替える必要があります。

以前も紹介しましたが、身長とサイズの関係は自転車の種類、メーカーによっても変わるためあくまでも目安です。以下はジュニアサイクルの身長とサイズの関係です。

A B C
20インチ 120-135cm 110-135cm 114-137cm
22インチ 125-140cm 115-145cm 126-145cm
24インチ 130-145cm 123-155cm 137cm以上
26インチ 135cm以上 140cm以上

自転車の買い替え時期2.新生活が始まる

子どもが保育園や幼稚園に入園するタイミング(3歳ごろ)で、初めての自転車を購入した家庭も多いでしょう。

そのような家庭では、次の自転車の買い替えタイミングも小学校入学に合わせることが多いと思います。そして、この買い替えタイミングは間違っていません。

なぜなら、各インチの身長目安はおおむね上限と下限の差が20cm前後となっており、これはこの時期の子どもが3年間で伸びる身長(1年で平均6cmほど)とそれほど変わらないためです。

そのため、3年ほど自転車を使うと、ちょうど買い替えの時期になります。

また、新生活が始まる時期は生活の節目でもあります。子どもが新しい場所や新しいお友だちに馴染むためには、少し背伸びしたイメージを持ちたいものですよね。

親にとっても、子どもの自転車を新しく買い替えることは心機一転につながります。

自転車の買い替え時期3.破損が目立つ

自転車は3年ほど使っていれば、ある程度は劣化が目立つようになります。特に、初めての自転車は子どもが何度も転ぶため、あちこちが破損してしまいます。

・塗装が剥がれた
・色々な箇所の錆びが目立つ
・ブレーキレバーが曲がった
・ブレーキが効きづらい
・ブレーキの音が大きい
・ベルが鳴りづらい
・カゴが曲がっている
・タイヤが摩耗している
・チェーンが緩い
・ライトの球切れ
・鍵を壊した・無くした
など……

もちろん、破損や劣化は、サイクルショップに持ち込めば修理も可能ですが、これらの修理だけで1-2万円ほどになるため、「だったら買い替えた方が良いよね。」となります。

参考|自転車修理サイクルピットのジュニアマウンテン修理価格表

自転車の買い替え時期4.子どもの好みの変化

子どもの流行は年齢毎に変わります。未就園のころはアンパンマンが好きだったのに、就園後の男の子はヒーロー物やアニメが好きになり、女の子はプリンセス物が好きになります。

そのため、初めての自転車のデザインが、当時好きだったキャラクター自転車だった場合、恥ずかしくて乗りたくないと言い始める子も出てきます。

このように子どもの好みが変わった場合も、自転車の買い替えタイミングですね。

特に男の子は、ジュニアサイクルからマウンテンバイクタイプの種類も増えて、人気が高くなります。

また、切り替えができる変速ギアのグリップシフトは、男の子にも女の子にも人気ですね。スピードメーターが付いたCIデッキも、お友だちの間で話題になる要素の1つです(危ないとは思いますが)。

子どもは、5-6歳以降になると「みんな持ってるから、買って~。」ということも増えてきます。これをどこまで許容するかは家庭の教育方針によりますが、いつまでもアンパンマン自転車に乗るわけにはいきません。

ジュニアサイクルを選ぶ際の注意点

おそらく2台目の自転車は5・6・7歳ごろになるため、20インチ以上(110cm以上)のジュニアサイクルを選ぶことになります。

子どもはもう自転車に乗ることに慣れていますが、やはり親としては安全面に気を使った選び方をしたいはずです。この辺りは、キッズサイクルの選び方と似ています。

選び方1.つま先立ちで両足がつく

すでに補助輪が外れて、問題なく自転車を操作できるようであれば、少し先を見越した自転車の選び方をしましょう。

キッズサイクルでは両足の裏が地面に付いている必要がありましたが、ジュニアサイクルは無理がない両足のつま先立ちで、身体を支えられれば問題ありません。

ただし、まだ子どもが自転車に慣れていない場合は、つま先立ちではなくかかとが浮く程度の余裕を持ったサイズを選びましょう。

選び方2.ペダルの漕ぎ出しがスムーズ

ペダルにしっかりと力が伝わっているか、ペダルの漕ぎ出しがスムーズにできているかを確認しましょう。タイヤのサイズが大きいほど、漕ぎ出しは重くなり、バランスを崩しやすくなります。

選び方3.ブレーキでしっかり止まれる

サイズが合っていれば、しっかりと手でブレーキをかけて止まることを意識できますが、サイズが合っておらず恐怖心があると、つい足を出して止まろうとしてしまいます。

また、ブレーキが握りやすいか、レバーが大きすぎないか、ブレーキが固すぎないかなども確認しておきましょう。

選び方4.自転車タイプの違い

マウンテンバイクタイプとシティサイクル(ママチャリ)タイプは、サドルとハンドルの位置が異なります。

特に男の子は、1台目がシティサイクルタイプ、2台目がマウンテンバイクタイプになることも多いため、操作性が異なることは知っておく必要があります。

うちは息子がマウンテンバイクタイプ、娘がシティサイクルタイプなのですが、自転車を交換すると「運転しづらい、怖い。」とお互いが言います。

選び方5.降りて引っ張れる、止められる

すぐにではないと思いますが、2台目の自転車は少しずつ親から離れて乗る機会が増えていきます。

そのため、自転車から降りたら1人で引っ張って、所定の場所で自分でスタンドをかけることができなければいけません。サイズが大きすぎたり、重い自転車だとそれらが難しくなります。

子どもの自立が始まるころ

子どもの成長はとても早いため、ちょうど良いサイズの自転車を買ってしまうと、2年後には「あれ?ちょっと小さいかも……?」と思うかもしれません。

そのため、安全面には考慮しつつも、お財布に優しい買い方をすることも大切だと思います。

また、子どもは小学生になると、一気に親離れが進みます。これまではどこに行くときも親といっしょが多かったのですが、学校の時間が増え、お友だちと遊ぶ時間が増えると、親の存在は薄れます。

そんなときに子どもが親から物理的に離れる道具として、自転車が活躍します。

親としては悲しくも感じますが、子どもの自立を助けるためには、子どもが使いやすく満足できる自転車を用意することが親の努めなのかもしれません。

もちろん、小学校1-2年生ごろまでは、まだ親から離れて行動できる子はあまりいません(今の時代の話です)。自転車を危なげなく乗りこなせる子も多くはいません。

そのため、自転車を買い替えてから1年ほどは、子どもといっしょに遊び、少しずつ親離れしていく子どもとの関係性を心に留めておけるようにしましょう。

記事のURLとタイトルをコピー