初めての自転車のサイズと選び方は?子どもの身長別インチ数

ee849c5f08f567b5297cf4d14b793d50

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

自転車はどう選べば良いのか

男の子も女の子も3歳ごろになると、近所の同級生や年上のお友だちと走り回ったり、ボールを蹴ったりして遊ぶことが増えますよね。

少しずつ運動能力も上がっていき、体力もついてくると、ママだけではなく子どもも近所のお兄ちゃん・お姉ちゃんが乗り回している自転車に憧れて、欲しくなるものです。

ところで、初めての子どもの自転車はどのような基準で選べば良いか知っていますか。

自転車屋さんに行き、試乗してから買うことが一般的だと思いますが、ネットで直接購入する人も増えていますよね。わたしもそうでした。

ここで1番気をつけたいところは、自転車のサイズ感です。子どもの自転車だからといって適当に選んではいけませんし、たとえお下がりがあるとしても、サイズが合わなければ乗ることができません。

もちろん、大きい自転車でもいずれはサイズは合いますが、大きすぎると危険です。とは言え、高い買い物なので長めに使いたい気持ちもあり……なかなか複雑です。

そこで今回は、子どもの自転車選びに必要なもの、自転車の選び方、身長別のタイヤのインチ数の目安などについてお話したいと思います。

子どもの自転車の種類

一言で子どもの自転車と言っても、年齢などに応じてキックバイク、キッズサイクル、ジュニアサイクルの3種類に分かれています。

キックバイクとは

キックバイクとは、ペダルがついておらず、足で地面を蹴って進む自転車に似た乗り物のことです。キッズバイク、バランスバイク、トレーニングバイク、ランニングバイクとも言います。

キックバイクのことをストライダーで認識している人もいると思いますが、ストライダーはメーカー名ですね。対象年齢は2歳から5歳ごろまでで、身長80cm以上の子どもに適しています。

自転車に乗る前のバランス感覚を養うために、早い子は2歳ごろから乗り始めます。ただし、キックバイクは自転車ではないため、公道では乗ることができません。

キックバイク(ストライダー)は必要?選び方と安全な乗り方

キッズサイクルとは

キッズサイクルとは、子どもが乗る自転車で、ほとんどに補助輪がついている乗り物のことです。押し手用のハンドルが付いている自転車もあります。

キッズサイクルは、タイヤのサイズが12-18インチまであり、対象年齢は3歳から8歳ごろ、身長80cm以上の子どもに適しています。

以前は、3-4歳で初めての自転車としてキッズサイクルに乗る子が多かったのですが、最近はキックバイクに乗ってからキッズサイクルに乗る子どもも増えているようです。

そのため、キックバイクに慣れた子は、初めから補助輪なしでも乗れる場合があります。もちろん、危険はあるので親は細心の注意が必要です。

補助輪なし自転車の乗り方は?簡単な練習方法と教え方のコツ

ジュニアサイクルとは

ジュニアサイクルとは、子どもが乗る自転車で、もともと補助輪がついていない乗り物のことです(付けられるものもある)。

ジュニアサイクルは、タイヤのサイズが20-26インチほどで、対象年齢は5歳から12歳ごろ、身長110cm以上の子どもに適しています。

キッズサイクルとの大きな違いはタイヤのサイズですが、小学生になる前後からが対象になるため、より男の子らしいデザイン、女の子らしいデザインの自転車が多いことも特徴です。

5歳以降の子どもの自転車の買い替え時期は?選び方と注意点

子どもの自転車のサイズとは

キックバイクに乗る乗らないは別にして、子どもの初めての自転車は3-4歳が多いでしょう。

子どもに合う自転車は、身長に適したタイヤサイズを選ぶ方法が一般的です。ただし、タイヤサイズと身長の関係に明確な決まりがあるわけではありません。

サドルとハンドルの位置や自転車の種類、メーカーによっても変わるためあくまでも目安です。というわけで、実際に調べてみるとかなり情報に差がありますね。さて、どれを信じれば良いのでしょうか……。

A B C
12インチ 80-105cm
14インチ 80-105cm 90-105cm 95-114cm
16インチ 90-110cm 98-115cm 101-119cm
18インチ 100-120cm 103-125cm 106-123cm
20インチ 120-135cm 110-135cm 114-137cm
22インチ 125-140cm 115-145cm 126-145cm
24インチ 130-145cm 123-155cm 137cm以上
26インチ 135cm以上 140cm以上

このようなタイヤサイズと身長の関係表には、対象年齢が記載されていることがありますが、基本的に年齢は気にしなくても良いでしょう。

最初の自転車で大事なことは、サドルを1番低くしたときに足の裏が地面につくかどうかです。

3歳児の平均身長は90-100cm前後、4歳児の平均身長は100-110cm前後のため、上の表を考慮すると14インチ(身長80-110cm前後ほど)か16インチ(90-115cm前後ほど)を購入することになります。

同じ身長でも足の長さが違いますが、それほど変わるものではありません。

もし購入した自転車に座って足の裏がピッタリつかないようであれば、子どもが自転車に乗る際は必ず親が近くで補助をしてあげましょう。

子どものヘルメットの選び方

平成20年6月の道交法改正によって、13歳未満の子どもにヘルメットを装着させることが親の義務になりました。今の子にはヘルメットが必須なので、ヘルメットの選び方も知っておきましょう。

1.ソフトシェルとハードシェル

ヘルメットには、ソフトシェルとハードシェルという種類がありますが、安全性はどちらも同じです。ただ、ソフトシェルの方がハードシェルよりも軽いため、首の負担を軽減できます。

そのため、初めての自転車のヘルメットは、軽いソフトシェルを選んだ方が良いでしょう。

2.ヘルメットのサイズ

子ども用ヘルメットのサイズは、以下のようにある程度の年齢の目安があります。

1歳-1歳半|47-51cm
2歳-3歳|47-52cm
4歳-6歳|50-54cm
6歳-8歳|54-56cm

たとえば3歳で初めての自転車を購入する場合は、47-52cmサイズのヘルメットを選ぶのですが、「6歳までは乗るから、50-54cmでも良いかな。」と考えてはいけません。

サイズが合わないと自転車に乗っているときにヘルメットがズレて、前が見えなくなる可能性があります。ヘルメットを被っている方が危険だと本末転倒なので、ヘルメットは試着をしてサイズを合わせた方が良いでしょう。

3.ヘルメットの安全規格

ヘルメットの価格はピンキリですが、できればSGマークが付いたものを選びましょう。SGマークとは、製品安全協会が日本の安全基準に達している商品だというお墨付きマークのことです。

34401a9927dd4c26d092dfcde85dface

もし、海外製品を購入する場合は、海外の安全基準をクリアしているヘルメットを購入しましょう。たまに、安くてかっこ良いヘルメットを見かけますが、安全基準が明確でない商品は万が一を考えると怖いですよね。

海外ブランドのヘルメットはそれぞれの国や地域のの安全基準をパスしています。ヨーロッパであればCEやTÜV、アメリカならばULなどが代表的なもの。欧米の安全基準は日本国内よりもやや厳しいとされており、これらのマークがあれば安心して使えるでしょう

引用|3/3 子供用自転車ヘルメットの選び方ポイント [子供乗せ自転車] All About

初めての自転車を購入する流れ

さて、初めての自転車購入に必要なものはわかったと思うので、自転車購入の流れを見ていきましょう。

購入の流れ1.身長からサイズの絞り込み

まずは子どもの身長から自転車のサイズのあたりをつけます。前述した通り、初めての自転車は3-4歳が多いため、子どもが一般的な身長であればサイズは14-16インチになると思います。

購入の流れ2.お店で試乗する

サイクルショップ、ショッピングモール、量販店、ホームセンターなどで、お目当てのサイズの自転車に試乗させます。サドルを1番低くして、足の裏がピッタリつくことが目安です。

初めての自転車は、初めは補助輪あり、途中から補助輪なしで乗ることになります。そのため、補助輪を外すのが少し先であれば、かかとが微妙に浮いていても良いと思います。

ちなみに、3-4歳ごろの子どもは1年で5cmほど身長が伸びます。

購入の流れ3.自転車を購入する

サイズ感がわかったら自転車の購入です。もちろん、そのお店で購入するか、サイズ感だけ理解してネットで購入するかはその人の自由です。

ただし、子どもの自転車にはヘルメットが必要です。また、自転車の防犯登録も必要だと思うなら、お店で購入した方が手間はかかりません。

もちろん、試乗した自転車とネットで購入する自転車のメーカーや種類が違えば、サイズ感は多少異なる場合があります。

防犯登録の加入方法

最後に、防犯登録と加入方法についてお話しておきます。

一般的な自転車は防犯登録が義務化されているため、自転車を購入したらすぐに加入しなければいけません。ただし、18インチ以下の自転車は、防犯登録義務の対象外になります。

子どもの自転車を盗む人はいないとは思いますが、もしものために防犯登録をしておいても良いでしょう。

防犯登録は近くのサイクルショップやホームセンターなどで加入できます。加入には、自転車、保証書、販売証明書、親の身分証明書と500円前後の登録手数料が必要になります。

息子の最初の自転車は、3歳の誕生日にネットショップで購入しました。事前にホームセンターやお友だちの自転車を試乗していたため、サイズもピッタリ(かかとが少しだけ浮く)のものを購入できました。

そんな息子の自転車も、4年近く乗っているのでボロボロです。自転車1つでもなんだか感慨深い気がします。早く買い替えてあげなきゃな……。

5歳以降の子どもの自転車の買い替え時期は?選び方と注意点

記事のURLとタイトルをコピー