ハイリスク妊娠の定義とは?妊婦や病気の危険要因とリスクスコア

68f468259f777fe7fef0b6329deaaed9

この記事の読了時間は約 8 分です。

妊娠で母子のリスクはどれくらい?

「妊娠にリスクはつきもの!」と思っている人は、ドラマや高齢者の影響、または身近に妊娠のリスクを経験した人がいるのかもしれません。

ただ実際は、日本の周産期医療は優秀で、2014年の赤ちゃんの周産期死亡は1,000人当たり2.5人、2013年の妊婦の妊産婦死亡が10万人当たり3.4人という非常に少ない数を維持しています。赤ちゃんの周産期死亡と妊婦の妊産婦死亡の詳細は、以下を参考にしてください。

周産期死亡とは、妊娠満22週以後の死産と早期新生児死亡を合わせた数のことで、1000対(1000人中n人)で表すものを言います。

妊産婦死亡とは、妊娠中および妊娠終了後満42日未満の間に妊娠・出産に関連する病気などが原因で死亡する妊婦の数のことで、10万対(10万人中n人)で表すものを言います。

新生児死亡・周産期死亡・乳幼児死亡の定義や違いと死亡率の推移

30-40代妊娠・出産リスクは?妊産婦死亡の原因と死亡率の推移

どんなに健康な人でも妊娠のリスクはゼロではないため注意は必要ですし、妊娠に高いリスクを伴う可能性がある人もいます。これを「ハイリスク妊娠」と呼び、近年の医療現場ではよく使われる言葉です。

そこで今回は、ハイリスク妊娠の定義、またハイリスク妊娠による影響についてお話したいと思います。

ハイリスク妊娠とは

ハイリスク妊娠とは、妊娠から分娩までの間に母子に妊娠に基づく病気や死亡などのトラブルが起こる可能性が見られる妊娠状態を言います。また、妊娠前にハイリスク妊娠の可能性が見られる妊婦をハイリスク妊婦と言います。

妊娠はわたしたち女性に与えられた権利の1つであり、お腹の中に宿す胎児に対する責任の1つでもあります。そのため、自分の身体のため、妊娠後に授かる赤ちゃんのため、ハイリスク妊娠の状態を理解して妊娠に向き合う必要があります。

このハイリスク妊娠を定義付けるために、妊娠のリスク評価(妊娠リスクスコア)という考え方があります。

妊婦が抱える要因・条件から個々の妊娠リスクを把握することで、リスクに応じた医療施設の役割分担を明確にし、より効率的な医療施設の利用を促すためにも、妊娠リスクスコアは非常に重要な考え方です。

日本では、愛育病院の中林医師が中心となって厚生労働科学研究班で日本の現状に合った項目や重み付けを検討し、妊娠リスクスコアを作成しています。

つまり、以下の内容に当てはまるほど、母子の妊娠リスクの可能性が高くなるということです。

妊娠リスクスコア(初期)

妊娠初期は、妊婦の基本情報、病気などの既往歴、産婦人科でも既往歴、前回の分娩歴を確認して妊娠リスクスコアをチェックしていきます。

参考|ハイリスク妊婦の評価と周産期医療システム|日産婦誌59巻9号
参考|診療所、個人病院における「妊娠リスクスコア」の適応評価に関する調査報告|日本産婦人科医会

1.妊婦の基本情報

年齢
・15歳以下の若年妊娠である|1点
・35歳以上の高齢妊娠である|1点
・40歳以上の高齢妊娠である|5点

経産数
・初産婦である|1点

身長
・妊婦の身長が150cm未満である|1点

妊娠前体重
・BMI値が25以上ある(65-79kg)|1点
・体重が80-99kgである|2点
・体重100kg以上の肥満体型である|5点

2.既往歴(内科疾患合併など)

高血圧
・高血圧の投薬中である|5点

心臓疾患
・NYHAクラスIまたはIIである|1点
・NYHAクラスIII以上である|5点
※NYHA…ニューヨーク心臓協会(New York Heart Association)が定めた心不全症状の程度

内分泌疾患
・管理良好な甲状腺疾患である|1点
・管理不良な甲状腺疾患である|2点
SLEである|2点

糖尿病、腎疾患
・糖尿病で食事療法のみ行っている|1点
・慢性腎炎などの疾患である|2点
・糖尿病の薬物療法中である|5点

その他
・肝炎である|1点
・先天性股関節脱臼である|1点
・細胞診異常(classIIIb以上)である|1点
・麻疹、風疹、水痘などの感染症である|1点
・予防接種をしたことがない|1点
・精神神経疾患である|2点
・気管支喘息である|2点
・血液疾患である|2点
・Rhマイナスでてんかんである|2点
・てんかんである|2点
・虐待を受けた既往がある|2点
抗リン脂質抗体症候群である|5点
・HIVの陽性である|5点

嗜好
・たばこを1日20本以上吸う|1点
・毎日お酒を飲む|1点
・薬物を乱用している|2点

3.産婦人科既往歴

これまでの妊娠歴において
・軽症の妊娠高血圧症候群だった|1点
・難産だった|1点
巨大児だった|1点
・産後出血多量だった|1点
・子宮筋腫だった|1点
・円錐切除術を行なった|1点
・何度か流産をしている|2点
・早産だった|2点
死産だった|2点
・新生児死亡だった|2点
・胎児発育不全(IUGR)だった|2点
帝王切開を行なった|2点
・大きな子宮筋腫があった|2点
・子宮手術を行った|2点
・重症の妊娠高血圧症候群だった|5点
常位胎盤早期剥離だった|5点

妊娠リスクスコア(後半期)

妊娠後半期は、すでに妊娠をしている妊婦が現在の妊娠経過を確認して妊娠リスクスコアをチェックしていきます。

1.現在の妊娠経過

妊婦健診
・28週以降で妊婦健診が初診、または3回未満|1点
・分娩時に初診を受けた|2点

妊娠成立
・遺伝子、染色体異常の疑いがある|1点
・予定日が不明な妊娠である|1点
・多胎妊娠の減数手術を受けている|1点
・遺伝子、染色体異常が確定している|2点
・人口排卵による妊娠である|2点
・多発排卵による妊娠である|2点
・卵巣切除後の排卵である|2点
・顕微授精(ICSI)を含む生殖補助医療(ART)による妊娠である|2点

感染症
・B型肝炎(HB)が陽性である|1点
・性病・性感染症(STD)治療中である|2点
・HIVの陽性である|5点

Rh陰性
・血液型がRhマイナスである|2点
・Rhプラスに感作されたRhマイナスである|5点

多胎妊娠
・胎児がDD双胎の双子である|2点
・胎児がMD双胎の双子、三つ子以上である|5点

糖尿病
・妊娠糖尿病(GDM)である|1点
・インスリン療法中である|5点
・糖尿病(DM)と合併している|5点

出血
・妊娠20週未満で出血がある|1点
・妊娠20週以後で出血がある|2点

前期破水・切迫流産
・妊娠34-36週の前期破水(PROM)である|1点
・妊娠34週以前の前期破水(PROM)である|2点
・切迫早産である|2点

妊娠高血圧症候群
・軽症妊娠高血圧症候群である|1点
・重症妊娠高血圧症候群である|5点
・子癇やヘルプ症候群である|5点

羊水量
・AFI5.0cm以下の羊水過少である|2点
・羊水過多である|5点

胎盤
・低位胎盤である|1点
・前置胎盤である|2点
・帝王切開の既往があり前置胎盤である|5点

胎児の発育
・2SD以上の巨大児である
・-2SD以下の胎児発育不全(IUGR)である|2点

胎位
・児頭骨盤不均衡(CPD)の疑いがある|1点
・骨盤位や横位である|2点

妊娠リスクスコアの判断

これらの妊娠リスクスコアをチェックして、合計点数でどれくらいの妊娠リスクがあるかを測ります。

もちろん、スコアの合計点数だけでリスクを測ることは難しいのですが、周産期センター(2804例)、診療所・個人病院(2808例)の妊娠リスクスコアを比較してみることで、その度合を推し量ることができるでしょう。

8157eb2e15034cf117f274016ebf99db

妊娠リスクスコア0-1点|低リスク群

妊娠リスクスコアが0-1点の場合は、妊娠リスクが低いと言われます。

前述した5612例においては、低リスク群の帝王切開率は4.3%、分娩時に1リットル以上の出血多量は3.3%、37週未満の早産率は2.3%、NICUへの入院率は2.8%となっています。

妊娠リスクスコア2-3点|中等度リスク群

妊娠リスクスコアが2-3点の場合は、妊娠リスクが中程度と言われます。

前述した5612例においては、中等度リスク群の帝王切開率は15.7%、分娩時に1リットル以上の出血多量は9.4%、37週未満の早産率は8.2%、NICUへの入院率は7.4%となっています。

妊娠リスクスコア4点以上|ハイリスク群

妊娠リスクスコアが4点の場合は、妊娠リスクが高いと言われます。

前述した5612例においては、中等度リスク群の帝王切開率は43.6%、分娩時に1リットル以上の出血多量は21.6%、37週未満の早産率は25.3%、NICUへの入院率は21.6%となっています。

ハイリスク妊娠への対処

もちろん、妊娠リスクスコアではハイリスク群ほど妊娠時のリスクが高くなります。さらに、中等度リスク群であっても、万が一に備えた環境づくりをしておいた方が良いでしょう。

対処1.自身の妊娠リスクを把握する

自分自身の妊娠リスクを把握することとは、現状を正しく認識するということです。たとえばわたしの場合、2人目の娘はちょうど35歳の妊娠で、帝王切開の既往があったため、妊娠リスクスコアは3点の中程度リスク群になります。

ここで「低リスクじゃなくて、中程度リスクか……。」と表面的な受け止め方をせずに、1つ1つのリスク要因に対して、病院側の対策や環境作りを医師に確認して、安心材料を増やすことが大切です。

ちなみに、妊娠管理の基本として初診時に家族歴、既往歴、妊娠分娩歴、生活習慣などの問診、さらに肥満度、血圧測定、尿蛋白検査などを通して、ハイリスク群のスクリーニングが行われています。

対処2.ハイリスク妊娠対応の病院に移る

もし、何らかの原因でハイリスク妊娠だと判断された場合は、早めに医師と相談をして万が一のリスクに対応できる設備が整った総合病院に移ることも考えた方が良いでしょう。

胎児や新生児に影響がある場合はNICU(新生児集中治療室)、妊娠中の妊婦に影響がある場合はMFICU(母体胎児集中治療室)を備えた病院を選びます。

MFICU(母体胎児集中治療室)の役割と妊婦の入院基準・費用

NICU(新生児集中治療室)の役割と赤ちゃんの入院基準・費用

さらに、MFICU(母体胎児集中治療室)・NICU(新生児集中治療室)を持つ総合周産期母子医療センターや地域周産期母子医療センターの存在も押さえておくと、妊娠リスクがハイリスク群であった場合もスムーズな移転のきっかけにできます。

MFICU・NICUを持つ全国の周産期母子医療センター一覧

対処3.普段の生活習慣に気をつける

自分の妊娠リスクを把握できていれば、自然とこれまでの悪い生活習慣を改めようと考えるはずです。

生活習慣の乱れは、妊娠初期には見られなかった妊娠リスクを生んでしまう可能性もあります。そのため、たとえ妊娠リスクが低リスク群だったとしても、良い妊娠・出産にこだわって生活習慣の見直しをしてください。

なお、医師からハイリスク妊娠だと判断された場合は、病気の発症予防や症状の悪化を防止するための生活指導が行われます。

さらに、ハイリスク妊婦は病気の療養やより管理された生活指導のために早期の入院可能性もあります。そのため、いつ入院を告げられても良いように予め心と身体の準備をしておくようにしましょう。

記事のURLとタイトルをコピー