受診が必要な体温は?赤ちゃんの発熱・高熱・微熱の違いと対処

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

赤ちゃんが発熱!体温で対応は変わる

ある日、ママが赤ちゃんの体温を測ると、「えっ!38.1度!?大変、病院行かなきゃ!」

赤ちゃんが突然発熱することは珍しくありませんが、もし初めての育児で赤ちゃんが初めて発熱した場合、ほとんどのママはオロオロしてしまいます。

ところで、赤ちゃんの体温が何度のときに、どのような対応をすれば良いかわかりますか?

小児救急電話相談(#8000)や病院に電話をして「うちの子高熱が出てるんです!!」と言ったら、きっと「お母さん、まず落ち着いて赤ちゃんの様子を教えて下さい。」と言われるでしょう。

ママは、これから自宅でどのような対応をするときも、発熱を電話口で伝えるときも、まず赤ちゃんの正確な状況を把握する必要があります。

そこで大切なことは、赤ちゃんの発熱・高熱・微熱が何度を指すのかを知っておくこと、そして、それぞれの熱のときに落ち着いて対応することです。

今回は、赤ちゃんの微熱、高熱が何度を指すのか、また、様子を見るべき体温とすぐに受診した方が良い体温の目安についてお話したいと思います。

赤ちゃんの発熱・微熱・高熱とは

大人は自分の平熱や発熱時の体調は、ある程度把握しているものです。平熱が36度前後の低めの人は37度ちょいでもフラフラになりますし、平熱が36.8度など高めの人は37度台は割と平気だったりします。

一方、赤ちゃんは大人に比べて体温が高めなうえ、その日の体調や状況・環境によって体温が上がったり下がったりするため、体温による体調の見極めが難しいですよね。赤ちゃんの発熱・微熱・高熱はどのように定義すれば良いのでしょうか。

発熱とは

発熱とは、病気などで体温が37.5度以上になった状態を言います。

人の身体が発熱するのは、体温を上昇させて免疫系の活性化を促したり、体内に侵入したウイルスの増殖を抑える温度に体温を上げるためです。

一般的に発熱は乳幼児(0-6歳)も含めて、体温が37.5度以上というのは同じ基準で考えます。そのため、赤ちゃんの体温が37.5度以上を1つの目安として、ママは病院や保育園・幼稚園などと連携した対応が必要だと考えてください。

高熱とは

高熱とは、体温が38.5度以上になることを言います。ただし、厚生労働省が定める感染症法では38度以上を高熱と定義しています。そのため、平熱にもよりますが、38.0-38.5度以上を高熱と考えれば良いでしょう。

高熱が出るということは、それだけ体温を上げなければ増殖するほど強いウイルスが体内に侵入しているということです。

微熱とは

微熱は厳密に定義されていませんが、乳幼児期であれば37度台と考えれば良いでしょう。たとえば37.3度だと発熱とは言いませんが、平熱が低い子の場合は「微熱がある」と捉えて、赤ちゃんの微熱の原因を考えてあげます。

ちなみに、保育園・幼稚園の登園を控えるのは一般的に発熱(37.5度)からです。そのため、検温した際に37.3度でも、平熱が低い大人と同じように考える必要はありません。

平熱とは

発熱、高熱、微熱の定義を説明しましたが、これらは単なる定義で、最も重要なことは赤ちゃんの平熱を知っておくことです。

ある条件の平熱が37.1度の赤ちゃんを検温して37.5度だったとしても、それが”発熱”なのか、環境による体温上昇なのかは、その場にいるママにしかわかりません。

一般的に人間の平熱は起床前が最も低く、午後から夕方~夜にかけて高くなります。そして、平熱は人によって1度近く差が出る場合もあります。もちろん赤ちゃんも時間帯によって平熱が異なります。

そのため、赤ちゃんの平熱を把握するためには、起床前、昼食前、午後、就寝前の4回検温を行い、日々記録するといざというときに対応しやすいでしょう。

赤ちゃんは何度の熱で病院に連れて行く?

もし赤ちゃんが熱っぽいと感じた場合、何度以上なら病院に連れて行けば良いんでしょうか。

病院に行く熱の判断1.微熱(37度台)の場合

赤ちゃんは、生後3か月くらいまでは体温調節機能が未熟なため、洋服の着せ過ぎや空調温度の上げ過ぎ、授乳の後、泣いた後などに、すぐに37度台まで体温が上がってしまうことがあります。

また、以下のように赤ちゃんが健康でも1日のうち朝は体温が低めで、夕方を過ぎると体温が上がります。これを日内変動(にちないへんどう)と言います。

ae3bdc3854291f3f9843919b79bc66d5

テルモのデータを表化したもの

新生児・赤ちゃん・子どもの平均体温は?年齢・男女別平熱の目安

環境など体温が上がる要素が重なった微熱の場合、赤ちゃんの機嫌は普段と変わらないはずです。まずは半日-1日ほど様子を見て、こまめに体温を測り、普段よりも少し多めに水分補給(母乳やミルク)をしてあげましょう。

もし赤ちゃんの機嫌が良く、微熱から平熱に戻れば受診の必要はありませんが、熱が高くなってきたら赤ちゃんの機嫌に関係なく1度病院で受診しておきましょう。

また、熱が37度台でも機嫌が悪かったり、寝付きが悪かったり、母乳を飲まなかったり、ぐったりして苦しそうなときもすぐに受診をしましょう。

病院に行く熱の判断2.発熱して微熱に下がった場合

赤ちゃんが発熱(37.5度以上)した場合は、それから微熱に下がったとしても、発熱した原因があるはずだと考えます。

生後3か月くらいまでは特に体調管理、体温管理が難しい時期なので、赤ちゃんの熱が一旦下がっても、これから他の症状が現れる場合もあります。

そのため、診療時間内であれば病院に行き、診療時間外の発熱であれば次の日の診療予約を行うなど、早めに受診するようにしましょう。その際、医師に注意すべき点を聞いておくと良いですね。

病院に行く熱の判断3.38.5度以上の高熱の場合

まず、生後3か月までの赤ちゃんであれば、38度以上の発熱のときは必ず病院で診てもらいましょう。「うちの子平熱が高いから~~」というのは、もう少し慣れてからの方が良いと思います。

また、生後3か月以降の平熱が高い子でも、38.5度以上あれば早めに病院で診てもらいましょう。診療時間内であれば、すぐに病院に連れて行き、診療時間外であれば、次の日の朝に病院の予約をして一晩様子を見ます。

高熱でも赤ちゃんの機嫌が良かったり、母乳をしっかり飲んでいる場合は問題ないという人もいますが、個人的にその判断は赤ちゃんの発熱を何度も経験してから徐々にそういう対応をしていくものだと思います。

発熱から入院!?赤ちゃんは大丈夫?

突発性発疹、インフルエンザ、尿路感染症、嘔吐下痢症、中耳炎など、発熱を伴う赤ちゃんの病気はたくさんありますが、乳児期の病気は症状から病気の特定をすることが難しいはずです。

さらに、単体ではそれほど問題がない発熱でも、体力がなく免疫機能や回復機能が未熟な赤ちゃんは、他の病気を併発してしまう可能性があります。

そのため、赤ちゃんの発熱による病院での検査は慎重に行われ、場合によってはすぐに検査入院の措置がとられることもあります。

もちろん、「赤ちゃんの身体なので慎重に」という意味も含まれた入院も多いため、ママは「赤ちゃんは入院する可能性があるもの」という認識を持っておきましょう。

ちなみに乳幼児医療費助成は、市区町村によって「通院費に適用される助成」「入院費に適用される助成」「両方に適用される助成」の3パターンがあります。こちらも先に知っておくと、心の準備ができますね。

子どもは医療費が無料?乳幼児医療費助成の手続きと年齢・所得制限

赤ちゃんの発熱で救急外来を使う目安

ドラマなどで赤ちゃんが急に発熱し、慌てて病院に駆け込むシーンを見たことはありますよね。わたしも子どもが夜中に発熱する経験は何度かしていますが、なぜか昼間の発熱よりもドキドキしてしまいます。

赤ちゃんが診療時間外の夜中に発熱をした場合、まずは慌てずに赤ちゃんの様子を観察してください。

仮に赤ちゃんが高熱でも比較的機嫌が良く、母乳やミルクを飲んで寝付きも良いようであれば、慌てて救急外来を使わなくても問題無いでしょう(生後3か月以降が目安)。

基本的には以下の通りです。発熱をしたのが赤ちゃんでも子どでも、ママの対応はそれほど変わりません。

子どもの発熱でママがすること
1.体温計で熱を計測
2.症状の確認
3.おむつのおしっこ・うんちの確認
4.症状に合わせて着替え
5.水分をこまめに補給
6.とりあえず布団を用意
7.体温より体感温度に合わせた調節
8.小児科の予約をする
9.小児救急電話相談の利用
10.救急外来を利用
赤ちゃん・子どもの急な発熱!慌てて病院に行く前の10の対処

ただし、赤ちゃんに緊急を要するかは、熱の高さだけではなく、赤ちゃんの様子や全身の状態を見て判断しなければいけません。

以下の症状を伴った発熱の場合は、たとえ37度台だったとしても緊急性が高い可能性があるため、救急外来や救急車を利用してください。

子どもに緊急性が疑われる症状
・元気がなくぐったりしている
・呼びかけても反応がない
・顔色が青く、呼吸が荒い
・母乳などの水分を摂取できない
・生後0-3か月の赤ちゃんの高熱
・血便や血尿が出た
・嘔吐や下痢が激しい
・熱性けいれんがあり、5分以上続く
・熱性けいれんが何度もある
など

明確な判断がつかなければ、小児救急電話相談を利用すれば良いでしょう。「#8000」にはスマホからもつながりますが、反対にダイヤル回線・IP電話・光電話からはつながらないので注意しましょう。

小児救急電話相談は都道府県によって、利用できる時間帯が異なるため以下で確認してください。対象年齢は生後1か月から6歳までです。

夜間の発熱・嘔吐・ケガに小児救急電話相談!繋がらない場合は?#8000

基本的には病院で診てもらう対応でOK!

赤ちゃんは平熱が高めの子が多いため、微熱であれば基本的に問題はないと言われています。ただし、熱が高いから重い病気、熱が低いから軽い病気というわけではありません。

たとえ微熱でもママが気をつけるべきことは、母乳などちゃんと水分補給ができているか、元気がなくぐったりしていないか、うんちやおしっこに異変はないかを徹底的に観察することです。

もし熱が上がったり下がったりしている場合は、なるべく早めに病院に行き、現在の状況を理解するようにしましょう。「何となく大丈夫かな。」とは考えないよう。

生後間もない赤ちゃんは、何か異変を感じたら基本的に病院で診てもらう対応でOKだと思います。わたしたちは医療の専門家ではないので、基本的な水分補給などの応急処置をして、病院に連れて行くなり、電話で判断を仰ぐなりになるでしょう。

ノロウイルスなどによる嘔吐下痢症の場合は水分補給をせずに、すぐに病院に連れて行く必要があります。
大人も感染る?潜伏期間は?嘔吐下痢症の原因・症状と予防・治療法

なお、救急外来は小児科医だけが担当しているわけではありません。あくまでも救急なので、救急外来を利用した次の日にはかかりつけの小児科を受診して、「昨日救急外来に行って、このような処置をされました。」と話をしてください。


参考|発熱 – Wikipedia
参考|発見!体温を正しく測れている人は少ない? 結果詳細・ドクター解説|活動報告|テルモ体温研究所とは|テルモ体温研究所
参考|初めての発熱 熱が出たらどうする? 妊娠出産育児初めてレッスン ムーニー ユニ・チャーム
参考|赤ちゃんの発熱と対処法 – 大阪堺市  いしいこどもクリニック

記事のURLとタイトルをコピー