赤ちゃんのハゲが心配…1歳前の薄毛・抜け毛の原因は?

45efb14b9f67940ce314bac967fc8ae4

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

薄毛の赤ちゃん…ハゲないか心配

産まれたばかりの赤ちゃんは、背中や額や耳の産毛が気になる割に男女とも髪は薄毛気味です。「た……多分生えるよね……。」とは思いつつ、新生児室で隣の子のフサフサな髪の毛を見ると、ちょっと心配になります(^_^;)

ところが、生後3か月を過ぎ……生後6か月を過ぎ……体毛は大分薄くなりましたが、髪の毛も薄いまま……。髪の毛は伸びているんですが、どう見てもスカスカです。

しかも、ある日気がつくと赤ちゃんの後ろ頭がどんどんハゲてきています。枕には日々たくさんの抜け毛がついています。

「恐らく大丈夫……個人差だから……。」とは思っても、初めての赤ちゃんだと少し心配になりますよね。ママはせめて、赤ちゃんの後頭部がハゲてしまっている理由くらいは知りたいはずです。

そこで今回は、なぜ赤ちゃんの髪の毛は抜けてしまうのか、いつ生えてくるのか、後頭部にハゲができる理由についてお話したいと思います。

赤ちゃんの薄毛・抜け毛が起こる原因

薄毛・抜け毛の原因1.新生児生理的脱毛

新生児生理的脱毛とは、生後1か月ごろから赤ちゃんの前頭部から頭頂部にかけて髪の毛などが抜け落ちてしまうことで、抜け毛の量は赤ちゃんによって変わります。

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、髪の毛が生え変わるサイクルも大人より早いため、生後数か月は抜け毛が気になることがあるでしょう。

髪の毛の成長サイクル(ヘアサイクル)は頭の場所によりますが、成人男性で3-5年、女性で4-6年と言われています。赤ちゃんの髪の毛にヘアサイクルができるまでは、およそ半年ほどかかります。

新生児生理的脱毛の期間に髪の毛がごっそり抜け、隙間が目立ってしまうこともありますが、髪の毛は徐々に強く太くなっていくため、特に心配する必要はありません。

参考|赤ちゃんのハゲ | 北見市小児科の秋山こどもクリニック

薄毛・抜け毛の原因2.乳児期後頭部脱毛

乳児期後頭部脱毛とは、赤ちゃんがずっと仰向けに寝ているため後頭部の髪の毛が擦れて切れたり、少なくなってしまい、ハゲてしまうことを言います。

乳児期後頭部脱毛は、赤ちゃんが寝返りをできるようになる生後4-5か月ごろまでよく見られる現象です。

新生児生理的脱毛と重なることで余計に髪の毛がスカスカになり、心配なママもいると思いますが、どちらも赤ちゃんの成長によって髪の毛が徐々に強く太くなっていくことで脱毛しなくなっていきます。

薄毛・抜け毛の原因3.乳児脂濡性湿疹(にゅうじしろうせいしっしん)

乳児脂漏性湿疹とは、主に赤ちゃんの顔や頭、耳周辺に乳痂(にゅうか)と呼ばれるかさぶたができることで、皮脂と汗の分泌が盛んな生後1か月から4か月ごろまで見られる症状です。

36ec8071a186531bf91df195adb513ae

引用|Baby With Cradle Cap – 乳痂 – Wikipedia

これは病気やアレルギー、不衛生が原因ではなく、皮脂腺の過活動が原因とされていますが、乳児脂漏性湿疹によって頭に乳痂ができると、乳痂が剥がれるときに髪の毛も抜けてしまい、赤ちゃんの薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

乳児脂漏性湿疹自体は炎症症状ですが、赤ちゃんに症状が起こっていても特に心配する必要はなく、毎日の沐浴で無理にこすったりせずに優しく洗ってあげることがケアになります。

参考|乳児湿疹と乳児脂漏性皮膚炎|写真で見る「子どもの病気」 – 町医者の家庭の医学

薄毛・抜け毛の原因4.抜毛症(ばつもうしょう)

抜毛症とは、ストレスなどの精神的な理由によって、自分で髪の毛をむしってしまうことを言います。ただし、赤ちゃんの場合は、精神的な理由によって髪の毛をむしってしまうわけではありません。

赤ちゃんは、ハンドリガードやフットリガードなど、じっと手足を見つめて自分に手足があること、自分の意思で手足が動かせる発見の過程で物を触ったり、掴んだり口に含めたりするのですが、その1つとして抜けやすい髪の毛を掴んでしまうことで抜毛が起こります。

ハンドリガードやフットリガードが現れる時期は生後2-3か月ごろからなので、そのころに自分で髪の毛を抜いて、その手を不思議そうに見つめる光景が見られる子もいます。

特に心配する必要はありませんが、抜毛症は癖になることもあるため、ある程度の月齢になったら、髪の毛を抜くよりも面白いおもちゃがあることを教えてあげてください。

薄毛・抜け毛の原因5.ストレスによる脱毛症

赤ちゃんにもストレスによる脱毛症はあるようです。ただし、乳児期ではなく早い子で1歳過ぎから見られるもので、 精神的ストレスによって血管障害や自己免疫障害が起こるため、髪の毛が抜けてしまうことがあります。

参考|子どもの円形脱毛症 【前編】|ベネッセ教育情報サイト

薄毛・抜け毛の原因6.先天性欠毛症・先天性無毛症

先天性欠毛症・先天性無毛症とは、先天的な理由で赤ちゃんに髪の毛が全く生えなかったり、生え揃わない病気のことです。生後1-2年で髪の毛が抜け落ちてしまい、それから生えてこない場合もあります。

先天性欠毛症・先天性無毛症の原因は遺伝子異常や放射線などによるもので、確率は少ないのですが、1歳を過ぎても髪の毛が生えてこない・生え揃わない場合に疑う必要があります。

参考|無毛症または乏毛症とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A – gooヘルスケア

その他、感染症、薬剤によて、後天的に欠毛症を起こす症候性脱毛症などもあります。

赤ちゃんの抜け毛・薄毛の対処法

赤ちゃんの抜け毛や薄毛の原因は、ほとんどが生理現象や成長過程で見られる現象であるため、ママはあまり心配する必要はないと思います。

特に、生後6か月過ぎまでは色々な原因が重なることで、後頭部だけハゲてしまったり、髪の毛が伸びているのに前頭部から頭頂部が薄くなって落ち武者のように見える赤ちゃんもたくさんいます。

また、赤ちゃんの髪の毛は細くて軽いため、髪の毛が逆立ちます。そのため、余計に頭皮が見えて髪の毛の少なさが目立ってしまいます。

髪の毛の生え揃いが遅い子でも、1歳ごろには髪の毛量が増えたことは実感できますし、産毛も3歳ごろまでに全て生え変わり、1本1本にハリがあり、重さがある髪の毛になります。

ただし、それまで赤ちゃんは、薄毛のため地肌が露出した状態です。見た目は特に気にしないママも、春から夏にかけては紫外線が強くなるので、日光を避けるために可愛い帽子を被って外出するようにしてください。

「子どもの抜け毛はそんなに気にならないんだけど、わたしの抜け毛が……。」

出産後はママも抜け毛が増えることがあるため、そちらの方が心配になるかもしれませんね。

妊娠中はエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が大量に分泌されているため、一時的に髪の毛や体毛が抜けにくくなります。

そして、出産後にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が減るため、増えた髪の毛や体毛が一気に抜けている場合がほとんどなので、こちらも心配はいりません。

産後の抜け毛がひどい…原因と予防・対処法は?再発した理由は?

記事のURLとタイトルをコピー