3歳までに8割!急性中耳炎の原因や症状は?治療は必要?

aa4825d480c67fe10c4176838151324b

この記事の読了時間は約 7 分です。

中耳炎はほとんどの子がかかる!

赤ちゃんが突然発熱して、なかなか泣きやまなかったら中耳炎かもしれません。
子どもが耳やこめかみなどの痛みを訴えたら中耳炎かもしれません。
風邪を引いた後に、子どもを呼んでも反応しなかったら中耳炎かもしれません。

子どもの病気でとても多いのが中耳炎です。2013年度版の「小児急性中耳炎診療ガイドライン」によると、生後1歳までに62%、生後3歳までに83%の子どもが小児の中耳炎(急性中耳炎)にかかるという報告があります。

参考|小児急性中耳炎診療ガイドライン2013年版

しかも、1歳前後までに1度中耳炎にかかると何度も繰り返すことがあり、風邪で鼻やのどに疾患があると「ついでに中耳炎にかかっちゃいました……(*ノω・*)」というくらい頻繁にかかる子もいます。

ただ、中耳炎はよくかかる割に、軽視するとやっかいな病気です。もし、風邪や鼻炎などの延長程度に考えているママがいるとしたら、その考えは改めた方が良いでしょう。

今回は、長引くと厄介な病気「中耳炎」の原因や症状、治療法などについてお話したいと思います。

中耳炎の分類

中耳炎には主に5つの分類があります。それは、「急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)」「慢性中耳炎(まんせいちゅうじえん)」「滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)」「真珠腫性中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん)」「好酸球性中耳炎(こうさんきゅうせいちゅうじえん)」です。

急性中耳炎:中耳に炎症が起こっている状態。痛みが強い。
慢性中耳炎:急性中耳炎の後鼓膜が穿孔したもの。
滲出性中耳炎:中耳に浸出液がたまっている状態。急性中耳炎に引き続き起こることが多い。また、飛行機に乗った際に耳が痛くなり、その後痛みは治まったが耳が聞こえにくい、という場合には滲出性中耳炎の場合が多い。痛みは基本的にはない。
真珠腫性中耳炎:中耳に真珠腫ができたため、中耳に炎症が生じた状態。真珠腫とは、上皮が存在しないはずの鼓室内に、何らかの原因で上皮細胞が侵入して増殖したもの。腫瘍ではない。
好酸球性中耳炎:気管支喘息患者にみられる事のある難治性の中耳炎。ニカワ状の耳漏(耳だれ)が特徴。再燃寛解を繰り返し、感音難聴が進行する。

引用|中耳炎 – Wikipedia

中耳炎の中で一番最初にかかりやすいのが急性中耳炎で、急性中耳炎が悪化して、他の中耳炎になるケースが多いと言います。

そのため、ママはどのように子どもの急性中耳炎を予防し、どのように急性中耳炎を治療するかを知ることが大切です。

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)とは

急性中耳炎とは、鼻やのどに付着した細菌やウイルスが耳管を通って鼓膜の内側の中耳に感染して炎症を起こし、膿が溜まってしまう病気のことです。

子どもの耳管は、大人に比べて太く短いため細菌やウイルスが中耳に入りやすく、前述した通り1歳前後までに約6割、3歳までに約8割の子どもが急性中耳炎にかかります。

子どもが急性中耳炎を発症すると、炎症によって中耳に膿がたまります。細菌やウイルスによって炎症を起こしているため、高熱の原因にもなります。

膿がたまることで中耳から鼓膜が圧迫されて、強い痛みを感じます。また、膿が溜まることで軽度の難聴(耳閉感)も引き起こします。

そのため、急性中耳炎は、子どもが耳の痛みや耳の異変を訴えることで気が付きやすい病気です。ただし、1歳程度の小さな子どもは耳の痛みを訴えられないことがあるため、発熱によって気が付く場合もあります。

急性中耳炎の原因

急性中耳炎の原因は、風邪の原因である細菌(肺炎球菌、インフルエンザ菌など)やウイルス(RSウイルス、ヒトヘルペスウイルス、麻疹ウイルスなど)が、鼻やのどから中耳に入り込むことです。

そのため、鼻水がよく出る風邪を引いた後は、急性中耳炎にかかりやすくなります。つまり、急性中耳炎は他の病気の合併症として起こる可能性が高いといえます。

特に、強い粘り気がある緑っぽい鼻水や黄色っぽい鼻水(膿性鼻漏)が出る場合は、細菌やウイルスが多く混ざっているため、鼻水をすすらないなどの注意が必要です。

さらさら…ねばねば…鼻水の種類と赤ちゃんに鼻づまりが多い原因

・肺炎になったら……急性中耳炎になるかも……
・インフルエンザになったら……急性中耳炎になるかも……
・RSウイルス感染症になったら……急性中耳炎になるかも……
・突発性発疹になったら……急性中耳炎になるかも……
・麻疹(はしか)になったら……急性中耳炎になるかも……

と考えて、子どもの様子を気をつけて観察しましょう。

急性中耳炎のリスクが高まる要因

前述した通り、急性中耳炎の直接の原因は細菌やウイルスが中耳に入り込むことですが、普段の生活において細菌やウイルスが中耳に入るリスクが高まる要因があります。

日本呼吸器学会によると、親の受動喫煙によって子どもの中耳炎のリスクは1.2-1.6倍に高まります。これは、受動喫煙が耳管粘膜の線毛運動を低下させ、感染症にかかりやすくなるためです。

参考|受動喫煙の害|一般社団法人日本呼吸器学会

また、その他のリスク要因としては、2歳未満の低年齢であること、鼻をかんで鼻水をしっかり除去しないこと、母乳育児を行わないこと、兄弟姉妹がいること、保育園などの集団生活をしていることなどが挙げられます。

参考|小児急性中耳炎診療ガイドライン2013年版 – caom-guide.pdf

急性中耳炎の治療方法

急性中耳炎は、一般的には自然治癒することがわかっていますが、場合によって治りにくい場合があります。そのため、痛みや耳だれ、発熱などが続く場合は、医師によっていくつかの治療を行います。

治療法1.鼻とのどの薬剤治療

風邪などが原因で鼻水が多く、それが急性中耳炎の原因だと認められる場合は、原因になっている病気の治癒が必要になります。

そのため、炎症を抑える薬や痛み、発熱を抑える解熱鎮痛剤を使って治療を行います。

治療法2.痛みが治まるまで経過観察

中耳の炎症が治まり、中耳に溜まった膿が耳管を通って鼻に抜けるようであれば、中耳炎が治まってきている証拠です。

ただし、膿が抜けるまではある程度の期間がかかるため、経過観察のために何度か受診し、鼻の通りをよくするために鼻水や痰の吸引をする場合があります。

治療法3.耳だれを吸引する

家庭で子どもの鼓膜が破れて耳だれ(膿)が起こった場合は、耳の外側に出てきた膿だけをこまめに拭き取ります。耳の中を触ると炎症が悪化するおそれがあるため、ママが触ったり子どもに触らせないようにしましょう。

耳だれは細菌の塊なので、耳だれが治まらない場合は、病院で吸引して綺麗にしなければ、急性中耳炎を何度も繰り返す場合があります。

治療方法4.腫れが引かない場合は抗生剤も

細菌性中耳炎の方がウイルス性中耳炎よりも腫れやすく、膿が溜まりやすいそうです。そのため、見た目で判断できる場合は早めに抗生剤を投与し、その後経過観察を行う場合もあります(医師の判断による)。

治療方法5.鼓膜切開で膿を出す

中耳腔の膿が引かずに痛みが続く場合は、医師の判断によって鼓膜切開を行う場合があります。

治療方法6.完治するまで通院する

急性中耳炎は、中耳腔の膿がすべて抜けきってようやく完治します。膿の量が多い場合は完治まで数か月かかることもあるため、何度も耳鼻科に通院しなければいけません。

また、赤ちゃんのうちに一度かかると反復する恐れがあり、慢性中耳炎や滲出性中耳炎の原因にもなるため、完治するまでは安心せずに通院を欠かさないようにましょう。

ちなみに、現在は急性中耳炎に対し、以下の治療方針が一般的です。急性中耳炎の治療に、すぐに抗生剤や鼓膜切開を行うわけではありません。

20年前から実行され、世界の中耳炎の治療を変えた治療方針を紹介します。
耳痛や熱があるときには2日程度は痛み止めだけで様子をみます。耳痛や熱が続くときにだけ(10%程度)「抗生剤」を飲ませます。これでも痛みや熱が続くときにだけ(1%程度)「鼓膜切開」を行います。
「経過観察」、「抗生剤」、「鼓膜切開」と順番に行うことで、安全性に配慮しながら過剰な治療を避ける合理的な方法です。

子供の急性中耳炎の治療は必要ですか?|ふかざわ小児科

急性中耳炎の予防法

急性中耳炎はウイルス性・細菌性の病気との合併症で起こるため、予防はそれぞれの病気に依存します。特に、風邪を引いたときは、鼻水をすする前に、鼻の中をこまめに綺麗にするように気を付けましょう。

子どもが2-3歳以上の場合は、鼻水のかみ方を教えて早めに鼻の中を清潔にする方法を身に付けさせましょう。

大人も間違う正しい鼻のかみ方は?子どもへの教え方と練習法

子どもが0-1歳の場合は、ママが鼻水ケアをしなければ、鼻づまりを起こしてしまいます。ママが鼻水吸引器で鼻水を吸引するなど、子どもの鼻づまりを解消してください。

ただし、鼻水は細菌やウイルスの塊です。口で吸引するタイプはママにも感染のおそれがあるため、なるべく電動タイプが好ましいです。

赤ちゃんフガフガ苦しそう…鼻水・鼻づまりの対処・解消法21選

急性中耳炎は長引かせないこと

急性中耳炎は、耳の痛みや高熱が治まれば良いわけではありません。

目に見えない膿が全部抜け切って炎症が治まらなければ、再発して慢性中耳炎になってしまいます。また、急性中耳炎を治し切らず、膿や滲出液が出る状態が続くと滲出性中耳炎に移行する場合もあります。

難聴が心配…滲出性中耳炎の原因・治療法は?自然治癒で良い?

滲出性中耳炎になると、急性中耳炎よりも軽度の難聴になってしまう期間が長く、難聴の期間と言葉の発達の期間が被ってしまうと、言葉の遅れにもつながる可能性もあります。

そうなると、年単位で中耳炎とお付き合いすることになる可能性もあります。

もちろん、急性中耳炎は自然治癒が多いのですが、子どもの様子を見て、適宜病院に連れて行くようにしましょう。ママは、たかが中耳炎とは思わずに、1か月、2か月でしっかり治し切るように対応してください。


参考|【耳と聞こえのQ&A】<急性中耳炎>:社団法人 日本耳鼻咽喉科学会
参考|中耳炎の症状・治療について | たかはし耳鼻科 – 耳鼻咽喉科 –
参考|急性中耳炎|榊原耳鼻咽喉科医院

記事のURLとタイトルをコピー