内祝いとお祝い返しの違いとは?金額・のし・水引など基本マナー

81c01b33a7cb72708d3e4274ee70d8ec

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

内祝いとお祝い返し(お返し)は意味が違う

「七五三で親戚からお祝いいただいたからお祝い返ししなきゃ。」
「○○ちゃん子どもできたんだってー。内祝い届いてたよー。」

誰でもこんなやり取りをしたことはありますよね。日本には多くのお祝い事があり、お祝いの品や現金を贈る文化があります。また、それに対してどのようにお礼をするのかという決まり事・マナーがあります。

それが面倒だと思う人もいますが、逆にお祝いをするシチュエーションで何も用意しなかったり、お祝いをもらったのに気分でお返しをしていると、適当な人に見られてしまいます。

これは日本に住んでいるため仕方がないことです。反対に、ある程度ルールが決まっていることはありがたいことだと考えた方が良いでしょう。

ところで、「内祝い」と「お祝い返し(お返し)」という言葉がありますが、これを同じ意味で使っている人もいるのではないでしょうか。

「内祝い」と「お祝い返し(お返し)」は、本来全くの別物です。そして日本のお祝い文化の中でも、これらの使い分けは基本知識に入るものだと思います。

そこで今回は、内祝いとお返し(お祝い返し)の意味と違いについてお話したいと思います。

お祝い返し(お返し)とは

お祝い返し(お返し)は、そのままの意味です。お祝いとして人から何かをしてもらった、何らかの品をいただいた行為に対して、感謝の気持ちを込めてお返しをすることを言います。

「遠縁の親戚から、息子の入学祝いにおもちゃを買ってもらった。」
「会社を定年退職したときに、部下からから退職祝いをもらった。」

このように何かをしてもらったら、お礼として何らかのお返しをする行為は、人としての基本的な礼儀ですよね。

「あれ?内祝いも同じ意味じゃないの?」と思う人もいるかもしれませんね。今は、慣習的に同じ意味で使われる場合はありますが、元々は意味が全く違うものです。

内祝い(うちいわい)とは

内祝いとは、何らかの”お祝い事があった当事者”が、普段からお世話になっている人に対して自発的にお祝いの品を贈り、普段の感謝の気持ちを伝える行為のことです。

・無事に子どもを出産した
・結婚した
・新築の家を建てた

など、自分や家族などの”内”に喜ばしい出来事があった場合や何かの節目を迎えたときに、「今回このような喜ばしい出来事があったことをご報告致します。今後ともよろしくお願いいたします。」と言う報告を兼ねてお祝いの品を贈ったり、宴席に招待することを内祝いと呼びます。

そのため、内祝いの相手は、身近な人や関係が深い人などお世話になっている人に限られていました。

現在の内祝いとお祝い返しの違いは?

元々の内祝いの意味や習わしは、「この人にはいつもお世話になっているから。」という自発的な報告なので、ある程度人数を決めて品を贈ったり、食事に招待をしていました。

今は昔とは違い、友人関係や仕事関係のお付き合いが増えています。古くからの友人も、SNSなどで近況を知ることができます。そのため、結婚や出産などで、思いがけずお祝いの品をもらうことが増えました。

そのため、内祝いとお祝い返しを分けずに、お祝い事の当事者が自発的に行う報告とお祝いの品をもらったことに対するお返しの両方の意味を含めて、「内祝い」として扱うようになりました。

現在では、内祝いとお祝い返しの違いを気にする必要はないのですが、昔ながらのしきたりやマナーを大切にしている人やご年配の方の内祝いの扱いによっては、以下の勘違いがあるかもしれません。

内祝いとお祝い返しの勘違い

「内祝い」と「お祝い返し」の意味の違いを知っておかなければ、とても変な勘違いをしてしまう可能性があります。

たとえば、ある日お世話になっていた先輩から、お孫さんが産まれたという報告とお菓子の詰め合わせが届いたとします。もし、内祝いの意味を知らなければ、

「ご出産祝いを贈る前に内祝いが届いたんだけど、これって先走って贈ってきたのかな?」
「お世話になった先輩からお孫さんの内祝いが届いたんだけど、これってお祝いの催促?」

と考えてしまうかもしれません……(^_^;)

でも、実際はそうではなく、内祝いを贈ってくれた人はあなたのことを大切に思っているから、「喜びがあった報告」をしてくれているのです。

年賀状はお返しが欲しいから出すわけではありませんよね。「あの人に年賀状贈りたいな。」「あの人には出した方が良いかな。」という気持ちで出すはずです。それと同じです。

もちろん、内祝いをもらったら、それに対してお祝い返しをするのはマナーですけどね。

内祝いとお祝い返しの基本的なマナー

出産などのお祝い事があった当事者は、まずは親族など必要最低限の方に内祝いを用意しておき、お祝い返しにはその都度対応するようにしましょう。

もちろん、内祝いを貰った方はお祝い返しをすることがマナーですが、当事者はお祝い返しを期待して贈るわけではありません。

内祝いとお祝い返しのマナー1.内祝いを贈る時期

出産などお祝い事、嬉しいことがあった当事者は、その日から1か月以内に親しい人にだけ「内祝い」を贈ります。

もし「内祝い」を贈っていない人からお祝いが贈られてきた場合は、1-2週間以内に「内祝い」としてお祝い返しを贈りましょう。

また、お祝いを贈る側も、お祝い事があった日から1か月以内に贈ることが目安です。

内祝いとお祝い返しのマナー2.内祝いの相場目安

家族や親戚ではない場合の「内祝い」の目安は3,000-5,000円ほどです。これはお祝いの相場が5,000-10,000円ほどから想定する目安です。

内祝いとお祝い返しのマナー3.お祝いの金額がわかる場合

お祝い事があった当事者がお祝いをいただいた場合、いただいたお祝いの3分の1から2分の1でお返しをしましょう。1万円相当の品物や現金の場合、お返しの品は3,000円から5,000円ほどです。

もし高価な物をいただいた場合は、3分の1から2分の1で考える必要はありません。想定しているもの+アルファで「内祝い」を返してください。ただし、現金をいただいた場合は、金額の最低3分の1の品を用意しましょう。

反対にリーズナブルなお祝いをいただいた場合は、いただいた品よりも安価になるお菓子や日用品を贈りましょう。いただいたお祝いの品に比べて高価すぎる「内祝い」を返すと、失礼になります。

ただし、家族や親戚の場合は、「お祝い」の金額や「内祝い」の金額目安も変わる場合があります。両親に親戚間での「お祝い」や「内祝い」の目安を聞いて、親戚づきあいのマナーを知っておきましょう。

内祝いとお祝い返しのマナー4.お祝いの金額がわからない場合

いただい品の金額はある程度調べてください。身内に聞いたり、インターネットで調べればわかるものもたくさんあります。

いただいた品の金額がわからない場合は、金額うんぬんよりも相手が喜ぶ品物を選んだり、丁寧な対応をするように心がけましょう。

金額がわからない品の「内祝い」はなるべく早くし、贈ったあとに一言お礼の連絡をしたり、お礼状を添えてください。

内祝いとお祝い返しのマナー5.内祝いの水引

「内祝い」の水引は紅白7本の「蝶結び」が基本ですが、「結び切り」と分けて使う場合もあります。

9179bc1665b15b14fe84e6584abf22af

蝶結びは、ほどいたり結び直したりを繰り返すことができるため、出産祝いや引越し祝い、新築祝など、繰り返しても良い一般的なお祝いに使います。

反対に結び切りは、一度結んだらほどけないため、結婚内祝い、快気祝いなど、繰り返されない方が良い特別なお祝いに使います。

内祝いとお祝い返しのマナー6.内祝いののし

「のし」の表書きは、上の段に「内祝い」もしくは、そのお祝いに応じた「出産内祝い・新築内祝い」などを書きます。下の段には、贈り主の苗字、または世帯主(主体となる人)の氏名を書きます。

また、お祝い事があった当事者にお祝いを送る場合の「のし」には、「出産祝い」「結婚祝い」「寿」などを書きますが、単純に「御祝い」が汎用的で使いやすいと思います。

お返しが必要なもの・不要なもの

いただいた「内祝い」や「お祝い」に対して、全て「お返し(お祝い返し)」が必要なわけではありません。と言っても、いただいたものにお礼をしないのは心苦しいものです。そのため、以下はマナーとして覚えておきましょう。

お返しが必要なもの

まず、いただいたものには全てお礼やお礼状が必要です。お礼を言うことは当たり前のマナーですね。それぞれのお祝い事に対して、以下のように考えましょう。

・結婚祝い
披露宴に招待しなかった人、来ることができなかった人で「お祝い」を頂いた場合は、式後1か月以内にお祝いの半額程度を「内祝い」として贈る

・出産祝い
出産後1か月以内を目安に、「お祝い」の3分の1から2分の1を「内祝い」として、子どもの名前で贈る

・快気祝い
全快後落ち着いたら、3分の1から2分の1を「快気祝い」として贈る。ただし、全快していない場合ののしは「お礼」になる。

ちなみに、法事の香典は、四十九日後に3分の1から2分の1を「香典返し」として、お返しします。

お祝い返しが不要なもの

一般的にお中元やお歳暮、父の日や母の日、子どもの成長の「お祝い」などには「お返し」は不要です。ただし、家族・親戚以外からいただいた場合は、お返しをしないとなんだか気持ち悪い場合もあります。

その場合のお返しの金額の基本的な目安は、いただいた品の3分の1から2分の1で考えてください。

お祝い返しが不要なもの
・帯祝い・お七夜祝い・お食い初め祝いなどは一般的に不要
・初節句・七五三祝いは基本的に御礼状で、内祝いを贈る場合は子どもの名前で贈る
・入学・卒業・成人式祝いは基本的に御礼状で、内祝いを贈る場合は子どもの名前で贈る
・就職祝いは基本的に御礼状で、お世話になっている人にはお返しを贈る
・新築祝いは食事会に招待するなど、内祝いを贈る場合は世帯主の名前で贈る
・定年退職祝いはお礼状を贈る
・お中元・お歳暮はお世話になっている人には同額返しをした方が無難

内祝いとお祝い祝い返しの考え方

日本の伝統的な文化は奥が深くて難しいですよね。1つ1つ明確なルールが決まっているわけではないため、微妙な空気を読んで気を使うこともしばしば……。

何に対して「内祝い」をすれば良いのか、「お祝い」に対するお返しをするのかを覚えることが面倒だという人は、

基本的なお祝いとお返しのルール
・何かいただいたらお返しをする
・お祝い返しはいただいた品の3分の1から2分の1
・見返りを期待せずに食事会などに招く
・リーズナブルな品物にはお菓子を返す
・ちょっとしたお祝いは3,000-5,000円
・関係が深い人にはお礼状も出す
・いただいた日から1-2週間以内に返す

最低限このようなルールを決めておけば、基本的に問題ないはずです。問題ない「はず」というのは、地域や家庭や人によってマナーやルールの考え方が違うからなんですけどね……。

記事のURLとタイトルをコピー