つまむ!ひっかく!噛む!赤ちゃん・子どもの変な入眠儀式まとめ

f666d2873de7b86b2c2047fe2e40b1e5

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

この記事でお伝えしたいこと

入眠儀式ってわかりますか?

3歳の娘はうつぶせで寝て、布団を爪でカリカリひっかきながら眠ります。夏でも冬でも薄手の敷布か、ツルツルのシーツのままじゃないと眠れません。

わたしは同じ布団に寝ているため、冬はボアの敷布にしたいんですがそれに替えると怒ります。何とか冬を乗り越えることができて良かった……。

息子は寝るときに特徴はなく「お話して。」と言って、わたしが話し始めると3分ほどで寝ます。しいて言うなら、わたしがお話をすることがきっかけで息子は眠ります。

娘の布団カリカリや息子のお話しを聞きながら眠る行為を「入眠儀式」と言います。眠りに入るために行う儀式、ルーティーンのことですね。

たとえばわかりやすいもので言うと、背中・お腹・胸・おしりトントンしないと眠れない、タオルを抱きかかえていないと眠れない、子守唄を聞かないと眠れないなどのことです。

入眠儀式は早いうちにママ主導で子どもに習慣化しておくと、後々子どもの寝かしつけがとても楽になります。以下は入眠儀式に必要な要素の5か条です。ぜひ参考にしてください。

入眠儀式5か条1.ママの身体に負担がない儀式
入眠儀式5か条2.ママがイライラしない儀式
入眠儀式5か条3.準備に時間がかからない儀式
入眠儀式5か条4.場所が変わっても行える儀式
入眠儀式5か条5.ママじゃなくてもすぐできる儀式

寝かしつけが楽になる入眠儀式5か条とおすすめ入眠儀式

「気が付いたら癖になっていて、これをしないと眠れない!」という入眠儀式には、子どもの特徴や個性が出ていてとても面白いんです。ママは笑えない場合が多いんですけど……。

そこで今回は、ネットで特徴的な入眠儀式を調べてまとめたものをご紹介したいと思います。

子どもによくある一般的な入眠儀式

よくある入眠儀式1.タオルを抱きかかえて眠る

子どもにとって、タオルはとても一般的な入眠儀式のアイテムですね。わたしも子どものころは、お気に入りのタオルが手放せませんでした。小学校高学年まで使っていた記憶があります。

よくある入眠儀式2.ぬいぐるみを抱きかかえて眠る

ぬいぐるみを入眠儀式に使う子も多いですね。あまり大きなものは抱えにくいので、子どもが抱えてちょうど良いサイズが多いようです。ちなみに娘はシーツカリカリとぬいぐるみをセットで使います。

よくある入眠儀式3.おっぱいを触りながら眠る

ママのおっぱいを触りながら寝る子も多いですね。やっぱり、子どもはママのおっぱいが大好きです。特に卒乳に時間がかかった子ほど、おっぱいに執着が強いようです。

よくある入眠儀式4.耳たぶを触りながら眠る

調べてみると、「ママの耳たぶを触りながらじゃないと子どもが眠らない……。」という入眠儀式もやたら多かったですね。

よくある入眠儀式5.ママの顔を触りながら眠る

同じく、ママの顔を触りながらじゃないと眠れない子も多かったです。ほっぺや下顎、くちびるがよく触られるようです。顎は色々な意味でやめて欲しいです……。

よくある入眠儀式6.指をしゃぶりながら眠る

指をしゃぶりながら眠るのも一般的ですね。子どもの指しゃぶりが治らなくて悩んでいるママもいるでしょう。指しゃぶりの癖は、3歳を境にやめるように習慣を作っていかなければ悪影響があります。

3歳以降の指しゃぶりの割合は?子どもの悪影響とやめさせる方法

子どもの変わった入眠儀式

なぜそうなってしまったの?という個性的な入眠儀式もたくさんありました。

変わった入眠儀式1.ママが足で頭をなでると眠る

ママが”足”で子どもの頭を撫でると、すぐに寝てしまうそうですが、どこから始まってそうなったんでしょう。

変わった入眠儀式2.ママの腕をつねりながら眠る

ママの腕、手の甲、ひじなどをつねりながら寝るそうです。これ嫌ですね。イライラしそう。

変わった入眠儀式3.ママのブラ紐を触りながら眠る

これはママが必要なのではなく、ブラ単体でも良いそうです。だったらその子お気に入りのブラを渡しておけば良いので、楽な入眠儀式なのかもしれません……。

変わった入眠儀式4.ママの襟足を引っ張りながら眠る

ママの襟足を触るのではなく、引っ張りながら眠るそうです。これもママは辛そうです。

変わった入眠儀式5.ママの髪を触ったり口に入れながら眠る

子どもがママの髪の毛を触りながら眠るのはたまに聞く入眠儀式ですが、口に入れるというのは……。毎日キレイにしないといけないので、ママが気を使いますね。

変わった入眠儀式6.ママの脇腹に指を突き刺しながら眠る

これもきつい……。1日だけふざけてキャッキャウフフするならわかりますが、毎日脇腹を指で突き刺されてたら、さすがに腹が立ってくると思います。

変わった入眠儀式7.ママのおっぱいを直接触りながら眠る

パジャマの下から手を入れて、ママのおっぱいを直接触ってくるようです。よっぽどおっぱいが好きな子なんですね。

変わった入眠儀式8.連続で前転していたら眠る

連続で前転していたら眠る……というのは想像したら笑えます。かなり変わっていますが、手はかかりませんね。寝る場所が広くないと前転するのは難しいのですが、大きくなったらどうするんでしょう。

変わった入眠儀式9.乳首を触りながら眠る

これはまた可愛らしい男の子ですね……と思ったらパパの乳首でも良いみたいです。それはそれで……(^_^;)

変わった入眠儀式10.パジャマ、ババシャツなど服の一部を触りながら眠る

子どもそれぞれに、好きな素材があるんですよね。伸縮性のある肌着の場合は、何日も触られるとビロンビロンになってしまいます。

変わった入眠儀式11.パパのズボンorパンツに足を突っ込んで眠る

これはパパのズボンやパンツ専門だそうです。ズボンは良いけどパンツは……と言う前にどんな体勢で子どもが寝るのかイメージができません……。

変わった入眠儀式12.敷布団の角を吸いながら眠る

指をくわえて寝る子や口だけでちゅーちゅーしながら寝る子はたくさんいますが、わざわざ敷布団の角を吸うので、布団の隅に移動して寝るということなんでしょうね。この子も変わってます。

変わった入眠儀式13.兄妹で抱き合って眠る

これは一時期うちもありました。とっても可愛いので、写真撮りまくりました。こういう可愛い入眠儀式なら大歓迎なんですけどね。

入眠儀式はいつかは終わるもの

かなり変わった入眠儀式がたくさんあって面白かったです。

冒頭でお話した通り、入眠儀式は早いうちにママ主導で習慣化できると楽なんですが、油断していると子どもはいつの間にか自分なりの入眠儀式を完成させてしまいます。

中でもママやパパの身体を使わなければ眠れない入眠儀式は迷惑なので、そういう癖がある子は、なんとか他のもので代替できるように治していきたいですね。

子どもの入眠儀式がママに迷惑がかからず、子どもの身体にも悪くなく、単純に変なだけであればムリヤリ治す必要はないと思います。

その子が自分なりに眠りやすい方法を独自であみだして眠るという個性を発揮しているんですから、個性が出始めていることをまずは喜びましょう。

どうせいつか入眠儀式も終わってしまいます。それはそれで寂しい気がすると思いますよ。

記事のURLとタイトルをコピー