情操教育とは?子どもが動物を飼うと良いという意味と是非

b489f2781c907a36829572a866d76cbf

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

子どもが動物を飼いたい年ごろになってきた

最近、6歳になるうちの息子が「ねーママー、おれうさぎ飼いたい。」と言うようになりました。

うちは戸建ではないので、動物を飼う場合は許可を取らなければいけませんし、お隣さんにもお話しなければいけないため、飼うことはほぼできないでしょう。

もし戸建に住んでいれば検討の余地はあるかもしれませんが、常に誰かがお家にいるわけではないので、飼うことができる動物は限られます。

ところで、「動物を飼うことは子どもの情操教育につながる。」という言葉を耳にします。そのため、動物を飼う理由が「子どもの情操教育のため」という家庭の話も聞いたことがあります。

この情操教育とは一体どんな教育のことなんでしょうか。動物を飼うことで子どもに何が身につくんでしょうか。

今回は、情操教育のために動物を飼うことが良いと言われる理由などについてお話したいと思います。

情操教育(じょうそうきょういく)とは

情操教育とは、簡単に言うと子どもの感情を豊かにし、物事に対する考え方を深めたり、表現力に幅を持たせたりすることで、心を育てる教育のことを言います。

動物や植物、文化や芸術品に触れ合い、感性や情緒を育てさまざまな表現方法を知ります。また、体を使い歌ったり踊ったり、演奏したりすることで個性や想像力、自分を表現する力を育てます。学校では、道徳・図工・音楽・体育などが情操教育として挙げられます。情操教育を行うことで、自分の頭を使って考え表現することができるので、自立し責任感や相手を思いやる気持ちを持った人間に成長します。

引用|心を育てる情操教育 | 幼児教育の基本

そのため、動物を飼うことが子どもの情操教育につながるとは言いますが、決して動物を飼うことだけが情操教育ではありません。

絵を描いて遊ぶことも、植物を育てることも、たくさんの人と話すことも、綺麗な音楽を聞くことも、全てが子どもの心を育てる情操教育ということになります。

動物を飼うことで身につく情操教育とは

では、なぜ動物を飼うことが情操教育によく取り上げられるのか、それにはいくつかの理由があります。

動物と情操教育1.動物のお世話には責任感が必要

去年のクリスマスに、子どもにおねだりされて買ったおもちゃが、いつの間にか放ったらかしになっていませんか?

時間を守ってする約束をしていたゲームが、いつの間にかおざなりになっていませんか?

子どもには、責任感が何かわかりません。ルールを守ることの大切さもよくわかりません。

ところが、動物を飼うと放ったらかしにはできません。ご飯を忘れたら、死んでしまうかもしれません。散歩のルールを忘れたら、ストレスで病気になるかもしれません。

もちろん、一生懸命お世話をしても、動物が言葉で感謝するわけではありません。

もし、子どもが本当に動物を飼いたいなら、その動物が自分と同じように生きていて、お腹もすくし、遊んで欲しいときもあることを理解できなければ、飼うことはできないでしょう。

そのため、動物を飼うということは、命に対して責任感を持つことを教えることにつながります。

動物と情操教育2.生き物の個性に対する理解が必要

動物にはそれぞれ個性があります。匂いが強い動物もいますし、よだれを垂らす動物もいます。

子どもが、どれだけ責任感を持ってご飯をあげたり、散歩をしても、匂いはなくなりませんし、よだれも垂らします。それは、その動物の個性として受け入れなければいけません。

見た目がどれだけ可愛くても、子どもが嫌だと思う個性も受け入れられなければ、動物を飼うことはできません。

動物と情操教育3.生と死の理解が必要

人間にとって「死」を実感するのは、身近な人が亡くなったときだけです。身近というのは単に近くにいただけではなく、何らかの影響を及ぼし合う関係性があるということです。

身近な人が亡くなると、その関係がなくなってしまうため悲しさを実感することができます。

おもちゃが壊れることやゲームのキャラクターが死んでしまうことと全く違うと理解するためには、動物との関係性を築く必要があります。

子どもが責任感を持ってお世話し、その動物の個性を受け入れて関係性ができることで、ようやく動物の「死」がどのようなものか理解できるようになります。

「死」が理解できるようになれば、「生」が素晴らしいことも理解できるようになります。でも、「生」は難しいですね。わたしも「生」を理解できたのは、子どもが生まれてくれたからだと思います。

情操教育のために動物を飼うことの是非

わたしは、子どもの情操教育のため”だけ”に動物を飼うことには賛成しません。

息子が「ねーママー、おれうさぎ飼いたい。」という言葉には、初めから責任を持ち、個性を受け入れ、生と死を学ぶ準備ができているわけではありません。

そのため、もしうさぎを飼うと決めた場合は、ママやパパもうさぎのお世話をして、子どもといっしょにうさぎとの関係性を作っていけるかを考えてからにした方が良いと思います。

子どもが動物のお世話をしなかったときに、「あんたが飼いたいって言ったんでしょ!」と叱るだけでは、親の責任放棄に思えます。

子どもが何らかの理由で動物のお世話をしなくなっても、家族がお世話をしなければ「そもそも情操教育って何?」と思わざるを得ません。

仮に子どもの発言がきっかけだとしても、動物を飼う責任は家族全員で負うものだと思います。そうでなければ、本当の意味で子どもに情操教育を学ばせたいとは言えないですよね。

ママがうさぎを心から可愛がっている姿、大切に育てていることを子どもが見ることも立派な情操教育になります。

そう言えば、いつの間にか「おれ」って言うようになった息子。言葉だけ生意気にならないように、いろいろ教えてあげなきゃなと思いました。

記事のURLとタイトルをコピー