赤ちゃんの耳掃除はいつから?綿棒や耳かきは使える?

7b149e271ac80458756d5314c7942926

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

赤ちゃんの耳掃除はどうすれば良い?

赤ちゃんは汗をかきやすく、身体の大きさで比較すると大人の2倍程度の発汗量があるため新陳代謝も活発です。

また、ぷにぷにの首周りにあるシワの間には埃などが溜まりやすいため、毎日身体をきれいにしてあげなければいけません。そのため、お風呂に入って身体の隅々まで洗ってあげると、さっぱりしてとても喜びます(そんな気がする)。

ママは、どうせなら赤ちゃんの全身をきれいにしてあげたいと思い、お風呂後の仕上げに耳掃除(耳かき)が日課になっている……そんな家庭もあるかもしれません。

ところで、赤ちゃんの耳掃除は一般的にいつごろから始めれば良いのでしょうか。また、大人と同じような方法で行って良いのでしょうか。

今回は、赤ちゃんの耳や耳垢の特徴、また、何を使って耳掃除をすれば良いかなどについてお話したいと思います。

耳の器官の名称

まずは、基本的な耳の器官の名称を一通り紹介します。全ての器官を覚える必要はありませんが、赤ちゃん・子どもの耳の病気や鼻の病気の際に、それぞれの器官名称が出てくるため、覚えておくと理解しやすいでしょう。

特に鼓膜より外側の名称を覚えておくと良いと思います。耳の器官の名称は大人も子どもも変わりません。

812e291c9df44b47fb0e8c0ac0d0017c

1.骨導(こつどう)
2.外耳道(がいじどう)
3.耳殻(じかく)
4.鼓膜(こまく)
5.前庭窓(ぜんていそう)
6.槌骨(つちこつ)
7.砧骨(きぬたこつ)
8.鐙骨(あぶみこつ)
9.三半規管(さんはんきかん)
10.蝸牛(かぎゅう)
11.聴神経(ちょうしんけい)
12.耳管(じかん)

赤ちゃんの耳と耳垢の特徴

赤ちゃんの耳掃除を大人と同じように考えてはいけません。そのため、赤ちゃんの耳の特徴と耳垢の特徴を知っておきましょう。

赤ちゃんの耳・耳垢の特徴1.大人よりも耳垢ができる

前述した通り、赤ちゃんは発汗量が多いため、耳周辺や耳穴(じけつ)にも汗による皮脂ができやすく、結果として耳垢も多くなります。

赤ちゃんや子どもは、その他様々な理由で大人よりも耳垢ができやすいと言えます。

3歳過ぎの子どもの耳垢が多い…耳垢が溜まる原因と対処法

赤ちゃんの耳・耳垢の特徴2.外耳道が短い

鼓膜はとてもデリケートな器官ですが、赤ちゃんの外耳道(耳穴の入口から鼓膜まで)は大人の外耳道(3cm前後)よりも短いため、刺激に弱いという特徴があります。

赤ちゃんの耳・耳垢の特徴3.耳垢がしっとりしている

大人の耳垢はしっとり湿った「湿性耳垢」よりも、カサカサした「乾性耳垢」の割合が多いのですが、赤ちゃんは発汗量が多いため湿性耳垢の割合が多くなります。

赤ちゃんの耳・耳垢の特徴4.新生児の耳垢は黒い

新生児の耳の穴を見てみると、黒っぽいゴマのような耳垢がたくさん見えることがあります。これは胎内にいたときの羊水中のゴミが耳穴に入り乾燥したものなので心配はいりません。

ただ、赤ちゃんの耳垢は黒以外にも変わった色をしていたり、耳垢に匂いがあったりなど大人に比べて変化しやすく、それらの変化が病気によって起こる変化の可能性もあるため注意が必要です。

耳が臭い・耳垢が赤い・黒い・白いのは病気?赤ちゃんの耳垢の種類

赤ちゃんの耳・耳垢の特徴5.耳垢は耳穴の入口近辺にできる

大人の外耳道は3cmほどの長さがあることに比べて、赤ちゃんの外耳道は2cmほどしかないため、耳垢が極端に詰まってしまうことはありません。

また、耳の汗腺は入り口近くにあるため、耳垢が溜まるとしても入口付近ということになります。

赤ちゃんの耳掃除の方法と注意点

赤ちゃんの耳掃除の方法と耳掃除をする際の注意点について知っておきましょう。

耳掃除方法と注意点1.耳掃除は生後何か月から行うか

赤ちゃんの耳は比較的耳垢ができやすいのですが、外耳道の奥(鼓膜付近)に溜まるということはあまりありません。

耳垢の成分は皮脂に加えて、空気中の埃も多く混じるため、赤ちゃんが頻繁に外出をするようになると溜まりやすくなります。そのため、本格的な耳掃除はおよそ1歳以降が目安になります。

耳掃除方法と注意点2.耳掃除はどのように行うか

では、1歳まで赤ちゃんの耳掃除を全く行わないかというとそうではありません。基本的には綿棒や耳かきを使わずに、湿らせたガーゼなどで外耳と耳穴の入り口にある汚れを拭き取る耳の掃除を行います。

また、湿らせた綿棒で耳穴の入口1cm弱程度を軽く撫でるように汚れを拭き取っても良いでしょう。ただし、赤ちゃんが耳掃除を嫌がって暴れると、耳を傷つけてしまう危険があります。

耳掃除方法と注意点3.耳掃除はいつ行うか

基本的には、お風呂で身体が温まった後は皮脂が剥がれやすく汚れも落ちやすくなるため、赤ちゃんの耳掃除もしやすくなります。

耳掃除方法と注意点3.どれくらいの頻度で行うか

ガーゼで赤ちゃんの耳周辺や耳の裏を拭いてあげる行為は毎日行います。

ただし、耳穴は敏感なのでそこまで頻繁に拭く必要はありません。耳垢が溜まりやすい環境や個性によりますが、わたしの場合は1週間に1-2回ガーゼで耳穴の入り口を拭く耳掃除をしていました。

耳掃除方法と注意点4.耳を傷つけると病気になる

赤ちゃんの耳は柔らかくデリケートです。もし綿棒や耳かきを使って、赤ちゃんの耳を傷つけてしまうと感染症を起こし、外耳炎や急性中耳炎の原因になってしまいます。

耳垢の重要な4つの役割とは?子どもの耳掃除が原因になる病気

耳掃除方法と注意点5.水分は軽く取る

お風呂後に赤ちゃんの耳の中が濡れていたら、こすらずにガーゼなどをそっとあてて水分を吸収してください。

ただし、黄色っぽい透明な液体が出ている場合は、滲出性中耳炎の可能性があるためすぐに病院で診察してもらいましょう。

滲出性中耳炎の原因と症状は?早期の難聴発見と治療法

耳掃除方法と注意点6.耳垢が気になったら耳鼻科へ

たとえ赤ちゃんの耳垢を発見したとしても、数日後には入口付近に出てくることが多いため、無理やり取ろうとはしないでください。

ただ、大きな耳垢がずっと耳穴の奥にあると気になりますよね。もし、赤ちゃんの耳の中にずっと大きな耳垢がある場合は、耳鼻科へ連れていきましょう。耳鼻科に行けば、安全に赤ちゃんの耳掃除をしてもらえます。

耳鼻科で子どもの耳掃除をするメリットは?料金は?医療費助成対象?

赤ちゃんの耳掃除を気にしすぎない

わたしは潔癖な方ではありませんが、自分の耳掃除をするのが好きなので、毎日お風呂上がりに耳かきでガサガサしています。といっても、毎日耳掃除をしているため耳垢が取れるわけではありません。癖のようなものです。

これは大人でも良くない行為なのですが、もし、同じような癖を持っている人は、赤ちゃんの耳掃除もしたくなってしまいます……よね?

赤ちゃんはある程度成長するとより耳垢が多く出るようになりますが、耳の中に溜まることがあまりないため、神経質に耳掃除をする必要はありません。

気になって仕方がないという人は、耳鼻科に連れて行って耳掃除をお願いすれば良いと思います。

赤ちゃんの身体は、耳の穴、鼻の穴、口の中、目付近など粘膜に近い部分が特に弱いため、扱う場合は慎重に。逆に、皮膚に付いた埃や汗、よだれなどが残っているとかぶれなどの原因になるため、丁寧に拭いて清潔にしてあげましょう。

記事のURLとタイトルをコピー