子どもの将来の夢・なりたい職業ランキングと実現する割合

998f617c2751d9c23681a8105772256d

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

子どもの頃の将来の夢は?

みなさんは子どもの頃どんな夢を持っていましたか?
大人になったら、何の職業に就きたいと思っていましたか?

子どもの頃の夢と言っても、保育園児・幼稚園児に聞くと「プリキュア~!」「プリンセス~!」「○○レンジャー!」「ポケモンー!」などの答えが多く、年長の途中くらいからようやく、「サッカー選手」「ピアノの先生」「ケーキ屋さん」など、今の習い事や好きなことから、自分が将来やりたいことを考えられるようになります。

では、少し成長した小学生の将来の夢ややりたい職業とは何でしょうか。また、実際に子どもの頃の夢を叶えて、自分がやりたい職業に就いた大人の割合はどれくらいなのでしょうか。

今回は、子どもの将来の夢・なりたい職業ランキングとなりたい職業の実現率について、いくつかのアンケート結果を用いてお話したいと思います。

第一生命による子どもの将来の夢・職業

第一生命は、2016年に全国の保育園・幼稚園児及び小学校1-6年生1,100人を対象に「第28回「大人になったらなりたいもの」アンケート調査」を行ないました。

出典|第28回「大人になったらなりたいもの」アンケート調査結果|第一生命

男の子の将来の夢
1位|サッカー選手:12.1%
2位|学者・博士:5.5%
3位|警察官・刑事:5.3%
4位|野球選手:5.0%
5位|お医者さん:4.7%
5位|食べ物屋さん:4.7%
7位|大工さん:4.5%
8位|水泳選手:3.2%
9位|電車・バス・車の運転士:2.9%
10位|飼育係・ペット屋さん・パイロット:2.1%

男の子の将来の夢は、やはりサッカー選手が多いですね。サッカー選手は20年間で9回1位にランクしています。

また最近は、野球選手の順位が少し下がり気味ですが、同じく20年間で見ると1位を10回取得しています。さらに今回8位の水泳選手も20年間で4回ランクインするなど、スポーツ選手は男の子のあこがれのようです。

女の子の将来の夢
1位|食べ物屋さん:15.5%
2位|保育園・幼稚園の先生:5.5%
3位|学校の先生(習い事の先生):5.3%
4位|お医者さん:5.3%
5位|看護師さん:5.3%
6位|デザイナー:4.7%
7位|飼育係・ペット屋さん・調教師:4.2%
8位|美容師さん:3.9%
9位|歌手・タレント・芸人:2.9%
10位|ダンスの先生・ダンサー・バレリーナ・ピアノ/エレクトーンの先生・ピアニスト・薬剤師さん:2.5%

女の子は、食べ物屋さんの人気が断トツで、保育園・幼稚園の先生や学校の先生も人気の職業です。その他、看護師さんや美容師さん、デザイナーなど昔からおなじみの女の子らしい職業のほか、最近ではダンスの先生やダンサー、歌手・タレント・芸人も人気があります。

日本FP協会による子どもの将来の夢・職業

もう1つ子どもの将来の夢に関する調査を見てみましょう。

日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)は、2016年に実施した作文コンクールの応募作品3,606点の集計結果から「第10回小学生の「将来なりたい職業」ランキング」を発表しました。

出典|小学生の「将来なりたい職業」集計結果 | 日本FP協会

男の子の将来の夢
1位|サッカー選手・監督など:186人
2位|野球選手・監督など:148人
3位|医師:104人
4位|ゲーム制作関連:71人
5位|建築士:48人
6位|バスケットボール選手・コーチ:46人
7位|教師:40人
8位|警察官・警察関連:39人
8位|水泳選手・コーチ:39人
10位|テニス選手・コーチ:38人

第一生命の調査結果同様、男の子の将来の夢は、スポーツ選手が多く、やはりサッカー選手、野球選手、水泳選手は人気のスポーツです。また、他にも、バスケットボール選手やテニス選手が入っていることも特徴的です。

女の子の将来の夢
1位|保育士:133人
2位|医師:117人
3位|パティシエール:110人
4位|看護師:96人
5位|薬剤師:73人
6位|獣医:70人
7位|教師:69人
8位|ファッション関連(デザイナー等):68人
9位|美容師:59人
10位|幼稚園教諭:44人

女の子の1位は保育士で、医師(お医者さん)や獣医(ペットに関係する仕事)、パティシエール(食べ物屋さん)、教師(学校の先生)なども第一生命の調査結果と似ていますね。デザイナーや美容師もランクインしています。

子どものころの夢が実現する割合は?

小学生が将来の夢を話すことは、仮に拙い発想だとしてもとても微笑ましく、親としては暖かく見守ってあげたいものです。

では、小学生の夢、将来就きたい職業は、大人になってどれくらいの人が実現しているのでしょうか。1つの指標として、株式会社セレスが20-59歳の男女・就業者1,004人に対して行なった「子どもの頃の夢と職業比較」というモバイルリサーチの結果を見てみます。

d30036bdf25ab06a7593bab51aff8367

出典|♪バイト・お仕事調査♪ 子どもの頃の夢と職業比較調査 2012|バイト・仕事を楽しむキャリアマガジンCareer Groove by モッピージョブ

結果を見ると、どの年代の人もおよそ10%前後が、憧れていた職業に「就くことができ、今も就いている」、また、5-8%ほどが「就くことはできたが辞めてしまった」と回答しています。

つまり、子どもの頃(小学生の頃)に憧れた職業に(一度でも)就ける割合は、およそ15-18%ほどということになります。

親は子どもの将来の夢をどう応援すれば良いか

子どもの頃の将来の夢の実現率が15-18%という割合を高いと見るか、低いと見るかは人によって変わるでしょう。もちろん、夢の職業に就いたとしても、4割ほどが辞めてしまうという現実もあります。

子どもが大人になって夢の職業に就けるかどうかは、職業の適性や職業への憧れ度合いだけでなく、金銭の問題や環境の問題によっても変わるでしょう。もしかしたら、親の方針によって諦めてしまった人もいるかもしれません。

ちょっと前は「キャバ嬢になりたい!」、最近では「ユーチューバーになりたい!」という子どもがいると話題になりましたね。こんなとき、親として応援すれば良いのか、理由をつけてやめさせた方が良いのか迷う人もいますね。

個人的には、親が口を挟んで(もしくは暗に)やめさせることがあっても良いとは思います。ただし、子どもの夢を咎めたり、社会の厳しさを教えるのは、中学生・高校生ごろで良いと思います。

小学生の頃に、そこまで深く考えて将来の夢を語る子はほとんどいません。中学生以降で少しずつ現実を知り、本当にどうしてもやりたければ、親が止めても子どもは夢の実現を目指して頑張るはずです。

ちなみに、わたしは小学生の頃の夢を叶えて保育士になりました。仕事も多く、薄給の部類ですが、毎日子どもたちと触れ合って、自分では楽しくやれていると思います。

夫は小学生のころの夢が何だったか覚えていないそうです。こういう人も意外と多いんでしょうね。

さて、今7歳の息子は、憧れているサッカー選手になれるでしょうか。そして、4歳の娘はキューレンジャーになれるでしょうか(少し前まではエルサでした……)。

記事のURLとタイトルをコピー