子どもを叱るのは何歳から?叱ると怒るの違いとは?

この記事の読了時間は約 4 分です。

叱ると怒るの違いとは

子どもが何か悪いことをしてしまった時、ママとパパは適切に子どもを叱る必要があります。

ママとパパが基本的に知っておくことは「叱る」と「怒る」の違いです。

怒るとは、「ママが怒る」「パパが怒る」という風に使うため、ママが感情を出して自ら腹を立てることを言います。「怒る」は感情がスイッチになっています。また、怒るは相手がいなくても成り立ちます。

そのため、「子どもを怒る」という使い方は間違いです。

叱るとは、「ママが子どもを叱る」という風に使い、他人の良くない行動を指摘してとがめることを言います。「叱る」は基準があってそれに反したことがスイッチになっています。また、相手がいないのに「叱る」という表現は使いません。

「ママが叱る」という表現もしますが、省略されているだけで必ず叱る相手がいるため、「ママが(子ども)を叱る。」という風に使います。

叱るという行為は、相手を良くするため・助けてあげるために注意やアドバイスを強く言うことです。

ママが正しく子どもを叱ることによって、子どもは「食べ物を粗末にしない」「道路では車が来ないか注意する」「お友だちを理由もなく叩かない」など、自分の命を守ることや社会に適応することを学んでいきます。

ママが子どもを叱る年齢は?

「叱る」は相手を良くするために注意をすることなので、叱られた相手がそのアドバイスを理解できなければいけません。

つまり、ママが子どもを叱る場合は、子どもが叱られた理由を理解して納得できなければ意味がありません。

そのため子どもの成長の差によっても変わりますが、子どもを叱る年齢は一般的に2-3歳ごろからと言われています。

それ以下の年齢では「叱る」よりも「指導する」「説明する」「教える」と言った方が適切かもしれません。2歳以下の子は「なぜ○○をしてはいけないのか」を考えることができないため、「○○をしてはいけない」と端的に教えてあげた方が良いんです。

たとえば、1歳の子がママの手を噛んだときは「ママの手を噛んじゃダメ!」と教えてあげます。公共の場でキーキー金切り声をあげたときは「みんながびっくりするから、静かにしなさい。」と指導します。

「指導する」「説明する」「教える」から「叱る」に移行する明確なラインがあるわけではありません。そのため少しずつ簡単な理由を付けていき、徐々に「叱る」に移行することが理想です。

ママが叱るときは、口調を変えて「お友だちを叩いちゃダメ。◯ちゃんも叩かれたら嫌でしょ。」と理由を付けて、子どもに理解を促してください。

初めは意味がわからないと思いますが、少しずつ理解できるようになっていきます。

その際は表情も少しずつ変えてあげてください。子どもはいつも優しいニコニコママがちょっと睨んだだけで「怖い」と思うものです。

ちなみに、2-3歳以上の子どもを叱る時に必要な行為は以下の4つです。

子どもを叱る要素1.口調を変えてビシッと叱る
子どもを叱る要素2.叱った理由を説明する
子どもを叱る要素3.子どもの意見を聞く
子どもを叱る要素4.思いっきり褒める

子どもを怒鳴るママを見かけて…叱るときに必要な4つの要素

子どもを叱る要素はどれも重要なんですが、特にメリハリをつけるために「口調を変えてビシッと叱る」というスイッチを入れることは大切ですね。

ママとパパは叱ると怒るの違いを理解しよう

ママもパパも大人なので、子どもに対してはなるべく感情的にならないことが大切です。

もう一度言うと、感情がスイッチになって自ら腹を立てることは「怒る」です。

基準があってそれに反したことがスイッチになって子どもに何かを促したり、言うことを聞かせようとすることは「叱る」です。

この使い分けは頭でわかっていても、けっこう難しいものです。

なぜなら、単純に感情で怒ることができれば楽なんですが、叱るためにはちゃんとした理由が必要で、叱った後には相手を納得させなければいけないからです。

子育てにはイライラすることがあまりにも多く、しばしば「てめぇー何やっとんじゃぁーぁーー!」と言いたくなる気持ちがあることはよくわかります。

ただ、親として子どもの将来を思うなら、子どもを正しく導いてあげたいなら、感情を押さえて冷静に対処してあげてください。


参考|「怒る」と「叱る」の違い | 違いがわかる事典
参考|「叱る」と「怒る」の違い [子供のしつけ] All About

記事のURLとタイトルをコピー