非行少年と不良の定義や違いは?検挙・補導件数の推移と割合

add2529fbfafaecfa410dba8d6400e4a

この記事の読了時間は約 4 分です。

子どもの非行と不良は同じ?

親なら誰もが自分の子どもには強く、優しく、正しく育って欲しいと願っているはずです。ところが、様々な環境や影響によって、程度の差はあれど非行に走る子どもはいます。

非行に走る子を「非行少年」と言ったりしますね。一方、非行ではなく不良という言葉もあります。

よく、「子どもは不良に憧れる」とか、「不良の方が女の子にモテる(わたしはそうは思いませんが……)」と言いますが、「非行に憧れる」「非行はモテる」ということは聞きません。

非行も不良も子どもに使われる言葉で、どちらも子どもが良くない行為をすることだとはわかりますが、意味は違うのでしょうか。親として非行と不良の違いを知っておくべきでしょうか。

総務省では、子どもの非行と不良は「非行少年」と「不良行為少年」として以下のように定義しています。

以下参考|少年非行|総務省

今回は、非行と不良の定義や意味の違いについてお話したいと思います。

非行少年とは

非行少年とは、犯罪少年(刑法犯少年)、触法少年、虞犯少年の総称として用いられています。また、特別法犯少年という区分もあります。

犯罪少年(刑法犯少年)とは

犯罪少年とは、刑罰法令に触れる罪を犯した14歳以上20歳未満の者を言います。ちなみに刑法犯とは、殺人・強盗・放火・強姦・暴行・傷害・窃盗・詐欺などの犯罪を指します。

触法少年(しょくほうしょうねん)とは

触法少年とは、刑罰法令に触れる行為をした14歳未満の者を言います。ちなみに、14歳未満で特別法犯の場合も触法少年(特別法)と言います。特別法犯は以下参考。

虞犯少年(ぐはんしょうねん)とは

以下の事由があり、性格又は環境に照らして、将来罪を犯したり刑罰法令に触れる行為をする恐れのある20歳未満の者を言います。

1.保護者の正当な監督に服しない性癖のあること
2.正当の理由がなく家庭に寄りつかないこと
3.犯罪性のある人、不道徳な人と交際したり、いかがわしい場所に出入りすること
4.自分や他人の徳性を害する行為をする性癖のあること=不特定な不純異性交遊を繰り返すなど

虞犯少年には、親の正当な監督があっても反抗的、家出を繰り返す、良くない交友関係があるなどの傾向があり、来的に犯罪行為をするのではないかと目をつけられているということです。

特別法犯少年とは

特別法犯少年とは、刑法犯を除く犯罪(条例に規定する罪を含む)に触れる行為をした14歳以上20歳未満の者を言います。刑法犯以外の犯罪とは、道路交通法違反や覚せい剤取締法違反、売春防止法違反など主に軽犯罪法違反などのことです。

不良行為少年とは

不良行為少年とは、非行少年には該当しませんが、飲酒、喫煙、深夜徘徊などを行なって自分や他人を害する行為(=不良行為)をする少年を言います。

不良行為の例
・飲酒
・喫煙
・薬物乱用
・粗暴行為
・刃物等所持
・金品不正請求
・金品持ち出し
・性的いたずら
・暴走行為
・家出
・無断外泊
・深夜徘徊
・怠学
・不健全性的行為
・不良交友
・不健全娯楽
など

非行少年と不良行為少年の推移・割合

では、非行少年と不良行為少年の数はどのように推移しているでしょう。

警察庁の「少年の補導及び保護の概況」によると、刑法犯に当たる行為は近年減少しています。

60c713a888e33893e4ee885ef382ab58 769976121fe0ee8e8275f2e79abff70f

出典|少年の補導及び保護の概況(平成25年度)|警察庁

とは言え、平成25年の段階で犯罪少年の検挙数は5万件以上、特別法犯少年は5800件以上、触法少年が1万件以上、触法少年(特別法)が900件以上は少ない数ではありません。

また、補導された不良行為少年(不良行為予備群含む)は80万件以上に及びます。

そして、それぞれ対象となる年齢人口比の割合で見てみると以下のようになります。もちろん、それぞれ延べ人数です。

犯罪少年|7.8/1000人(0.78%)
特別法犯少年|0.81人/1000人(0.081%)
触法少年|2.7人/1000人(0.27%)
触法少年(特別法)|0.205人/1000人(0.205%)
不良行為少年が112.5人/1000人(11.25%)

自分の子どもは非行や不良の恐れはない?

さて、このように非行と不良には多少曖昧な部分はありますが、言葉の定義が違うことがわかります。

そして、以前よりも件数は減りましたが毎年多くの犯罪や違法行為が少年によって行われ、ときにはその中に14歳未満、さらには小学生までもが混じってしまう場合があります。

しかもこの数字は、検挙や補導された数字のため、実際には氷山の一角なのでしょう。

冒頭でお話した通り、親は自分の子どもには強く、優しく、正しく育って欲しいと願っています。とは言え、何をもって「強く、優しく、正しい」というかは難しいところですね。しかも、そのための教育と言われると、さらに難しい……。

刑法犯少年の親の態度としては父親も母親も「該当なし」が最も多い、つまりほとんどの親が普通の親だったということです。「うちの子に限って」というやつですね(古いかな)。

f884320d667b5c2f4cc079b22f2e6b96

出典|少年の補導及び保護の概況(平成25年度)|警察庁

だとすれば、わたしたちは子育てにおいて何に気をつければ、子どもが「強く、優しく、正しく」犯罪行為をしないように育つのでしょうか。

次回は、非行少年と一般少年の環境を比較して、置かれている環境や状況から何か関連性がないかを探ってみたいと思います。

子どもが非行に走る原因は?一般少年の家庭・生活環境との違い

記事のURLとタイトルをコピー