赤ちゃんのおしりがかぶれにくいのは布おむつ?紙おむつ?

b6103f4b0a69979532251a572f1a2176

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

おむつかぶれはおむつの種類が関係ある?

ある日、赤ちゃんのおむつを交換しようと脱がせてみると、肛門付近が真っ赤……。

「え?なんでかぶれてるの?気をつけてたのに!」……おむつかぶれは突然起こります。不衛生にならないように気をつけていても、おむつかぶれになることは珍しくありません。

たまたまジメジメした日が続いたり、ちょっとおむつを替えることが遅れたり、おしりがこすれてしまったり、赤ちゃんの個性で少し肌が弱かったりなどがかぶれの原因になります。

もちろん、ママが知らない間にいつの間にか軽いおむつかぶれができて、気づかないうちにすぐに治ってしまう場合もあります。

赤ちゃんのおむつかぶれは珍しいものではありませんが、見た目も痛そうで、痒そうでとても可哀想……。そこで、何とか赤ちゃんのおむつかぶれを予防したいのですが、何か方法はないんでしょうか?

「そう言えば、布おむつだとおむつかぶれしにくいって聞いたことがあるけど……。」本当に布おむつの方が、紙おむつよりもおむつかぶれしにくいんでしょうか?

今回は、布おむつと紙おむつはどちらがおしりがかぶれにくいか、衛生的なのかについてお話したいと思います。

おむつかぶれの症状と原因

少しおむつかぶれのおさらいをしましょう。赤ちゃんのおむつかぶれとは、おむつに覆われたおしり周辺の皮膚にできる炎症のことです。

おむつかぶれは、肛門の周りが赤く炎症を起こすだけでなく、かぶれ部分にポツポツと湿疹ができたり、ただれてぐじゅぐじゅと膿んでしまったり、血のにじみや裂傷ができる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんのおしりが真っ赤!おむつかぶれの原因と怖い症状

赤ちゃんのおむつかぶれの原因は、傷ついた肌+不衛生な環境です。

おむつの中が不衛生になる原因はうんち、おしっこ、カビ(カンジダ菌)があり、肌が傷つく原因はおしりの拭きすぎ、汗などの湿気蒸れ、おむつのこすれなどがあります。

特に、肌が傷つく要素は多く、お風呂あがりで濡れたままのおしり、夏場の蒸れやすいおむつ、部屋の湿度設定などによって赤ちゃんの肌がふやけると、すぐに傷ついてしまいます。

布おむつはかぶれにくい?

布おむつとかぶれの関係1.肌に触れる材質

赤ちゃんの肌に触れる部分が優しい素材なほど、赤ちゃんの肌は傷つきにくくなります。

イメージ的には、ゴワゴワした紙おむつよりも布おむつの方が肌に優しい気がしますが、どちらが良いかは布おむつ(ライナー)とおむつカバーの素材によります。

一般的な布おむつは綿素材が多いのですが、使い捨てのライナーはポリエステル素材のため、ライナーがおむつかぶれの原因になる可能性があります。

また、おむつカバーの素材は、綿(コットン)、ウール、ポリエステルがあり、それぞれメリットデメリットがありますが、新生児の場合は一般的に肌に優しく、安価な綿を選ぶことが多いでしょう。

初めての布おむつの選び方は?おむつ交換や洗濯に必要な準備

布おむつとかぶれの関係2.洗剤・漂白剤・柔軟剤の影響

布おむつを洗う洗濯洗剤は赤ちゃん用の洗剤、漂白剤も酵素系の漂白剤を使わなければ、かぶれの原因になる可能性があります。

布おむつの洗濯に柔軟剤は使いません。赤ちゃんの肌に良くないことも理由ですが、柔軟剤を使うとおむつの吸水性が落ちてしまいます。

また、洗濯洗剤や漂白剤は十分にすすがずに成分が布おむつに残ると、おむつかぶれを起こす赤ちゃんもいます。

布おむつとかぶれの関係3.繊維の傷み

何となく新品よりも使い込んだ布おむつの方が、柔らかくなっていて、肌に馴染んで優しそうな気がしますよね。

ところが、洗濯を繰り返すと繊維が劣化して折れてしまい、繊維に尖りができることで、赤ちゃんの肌を傷つけてしまいます。そのため、あまり古い布おむつは使わない方が良いでしょう。

布おむつとかぶれの関係4.吸水性・吸湿性

布おむつは、赤ちゃんがおしっこやうんちの違和感に気付きやすいため、おむつの替え忘れを防ぐことができ、結果としておむつかぶれ予防になるというお話があります。

たしかに、赤ちゃんは布おむつの方がおしっこやうんちに気付きやすいのですが、これは布おむつが紙おむつに比べて吸水性・吸湿性が低く、赤ちゃんが不快感を感じやすいためです。

ところが、おしっこやうんちをしても気持ち悪さを感じない(訴えない)子もいます。そのため、同じ時間放置すると、布おむつの方がかぶれが起きやすくなります。

紙おむつはかぶれやすい?

では、布おむつに比べて、紙おむつとかぶれの関係はどうでしょうか。

紙おむつとかぶれの関係1.肌に触れる材質

紙おむつは不織布という、ポリエステル、ポリプロピレンなどの合成繊維です。つまり化学繊維ですね。化学繊維は天然繊維に比べるとゴワつきがあり、肌が弱いと傷を作る原因になります。

そのため、蒸れや不衛生に気を付けていても、いつの間にかおむつかぶれを起こしてしまう可能性があります。

紙おむつとかぶれの関係2.チェックをうっかり忘れる

紙おむつは布おむつよりも吸水性・吸湿性に優れているため、おしっこの横漏れに注意する必要がありません。そのため、うっかりおむつチェックを忘れて、放置してしまうことがあります。

もちろん、吸水性・吸湿性が優れていても、おむつチェックが遅れるとおむつの中が蒸れて肌がふやけたり、うんちやおしっこで不衛生になるなど、赤ちゃんのおむつかぶれ原因になります。

紙おむつとかぶれの関係3.ギャザー部分の締め付けが強い

紙おむつは、横漏れ防止のためのギャザー部分が太ももや腰回りを締めてこすれが起こるため、布おむつに比べて肌が傷つきやすくなります。

そのため、おしりの表面や肛門に気を付けていても、腰や太ももからおむつかぶれを起こすこともあります。

おむつの種類よりも定期的なチェックが大切

こうして比べてみると、一概に紙おむつの方が布おむつよりもおむつかぶれを起こしやすいというわけではありません。

布おむつの方がおむつかぶれを起こしにくいという話は、布おむつの方が注意することが多いため、結果的に赤ちゃんのおむつかぶれを防いでいるのかもしれません。

合う合わないはありますが、わたしは肌が弱い子でなければ、布おむつよりも紙おむつの方がおむつかぶれを起こしにくい気がします。

もちろん、普段から赤ちゃんの様子に気を付けたり、定期的なおむつチェックをしなければ、どちらにしてもおむつかぶれが起こるため、ママはおむつかぶれの予防法と治療後のケアについて、十分に知っておく必要があります。

赤ちゃんのおむつかぶれ予防法とかぶれ治療後の肌ケア対策

布おむつと紙おむつは、おむつかぶれ以外にも比較する要素がたくさんあります。

以下のように手間やコストなども踏まえて、使いやすいおむつ、赤ちゃんに合うおむつを選んであげてください。

紙おむつと布おむつ徹底比較!使用枚数、費用、メリットデメリット

記事のURLとタイトルをコピー