胎動カウントはいつから?正しい方法は?やる意味や平均時間は?

d0fabda04c35f37b3ad3421ffbaad561

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

胎動で赤ちゃんの健康状態がわかる?

妊娠20週前後になると、妊婦は胎児がお腹の中で動き出すことを感じられるようになります。いわゆる「胎動(たいどう)」ですね。

胎動は、胎児によって強さや時間あたりの回数が違います。胎動を音で表現すると「ポコポコ」「グゥー」などですが、初めは「ん?何か動いた?空気?」程度のものです。

そのため、胎児の胎動が始まっても最初は気付かない妊婦もいますし、胎動だと確信できるまで時間がかかる妊婦もいます。

また、胎動初期は胎児が胎内で動き回るリズムも整っていないため、いつ動くか全くわかりません。妊婦が眠っているときも胎動が起こりやすいため、気付きづらいこともあるでしょう。

胎動は出産が近づき、妊娠8-9か月ごろが最も強く、それまでは徐々に回数が多くなっていくものですが、胎児の個性によって胎動の強さや回数が違うため、他の胎児と比べると妊婦のストレスになる場合もあります。

胎動は誰かと比較して強い弱い、多い少ないで一喜一憂する必要はありませんが、胎動が強く多かった子が、胎動が弱く少なくなってしまった場合は、胎児に何らかのリスクがあるか疑うきっかけにはなります。

赤ちゃんの動きが弱い…少ない…感じない原因と胎動を感じる方法

そこで今回は、お腹の中の胎児の健康管理の1つ「胎動カウント」の方法と胎動をカウントをする理由についてお話したいと思います。

胎動カウントとは

胎動カウントとは、お腹の中で胎児が動く回数や時間を定期的に計ることで、胎児の胎動を把握する方法のことです。

胎動カウントをすることで、胎児の活動周期を把握したり、胎動の回数や強さを比べることで生命活動にトラブルが起きていないかなど、胎児の健康状態を測ることができます。

一般的に、胎児の健康状態や成長具合をチェックする方法には、妊婦健診時の「超音波検査(エコー)」や「胎児well-being検査(NST)」など、病院で行う正式な検査があります。

対して、胎動カウントは妊婦が自分で簡単に行える方法であり、妊婦にとって胎動カウントを行うメリットがあるため、積極的に取り入れている病院は少なくないようです。

胎動カウントのやり方はいくつかあるので、やり方はそれぞれ医師の指導に従ってもらえれば良いと思います。

妊婦が胎動カウントを行った方が良い理由

なぜ妊婦が胎動カウントをすることが推奨されているんでしょうか?胎動カウントをした方が良い理由は3つあります。

胎動カウントをする理由1.胎児の健康管理のため

胎児の健康管理のために、妊娠28週ごろから胎動カウントをするよう病院で指導されることがあります。

確率は少ないですが、妊婦が胎動カウントを行って日々の変化を把握することで、胎児の重大な変化やトラブルに気づく場合があります。

胎動カウントをする理由2.妊婦の体調理由のため

妊婦が「妊婦糖尿病」や「妊婦高血圧症候群」を患っている場合は、胎児の胎動が弱くなったり、回数が少なくなる可能性があります。

そのため、逆説的になりますが、胎動カウントの計測を行うことで妊婦の体調リスクを予見するために胎動カウントを行います。

胎動カウントをする理由3.胎内の胎児を実感するため

妊婦は、妊娠して体調や体型の変化から妊婦であることを自覚できますが、胎動が起こることで胎児の存在をより強く実感できます。

日々の妊娠生活の注意を怠らないため、また出産に向けて気持ちを作っていくために、あえて胎動カウントが指示される場合があります。

一般的な胎動カウントの方法とは

胎動カウントは妊娠28週目、早い場合は妊娠22週前後から始めます。胎動カウントにはいくつかやり方がありますが、ここでは最もポピュラーな胎動10カウント法のやり方をご紹介します。

胎動10カウント法のやり方1.胎児が動いたら開始

胎動カウントは、なるべく決まった時間帯に行う方が良いでしょう。たとえば朝と夜などです。

ただし、妊娠週数が少ないと胎児の胎動は弱く、数も少なくなります。そのため、きっちり時間を決めるのではなく、胎児が動いたと感じたら胎動カウントを始めるようにしましょう。

胎動10カウント法のやり方2.座ったり寝るなど楽な姿勢で

胎児の胎動が始まったらソファなどに座って楽な姿勢を作ります。何か作業をしていたり、歩いていると胎児の胎動がわかりにくく、正しく胎動カウントが行えない可能性があります。

「あぁ、動き出したわね。」という感じで焦らずに作業を中断して、ソファに座って胎動カウントを始めてください。

胎動10カウント法のやり方3.開始時間を記録する

まず、胎動が始まった時間を胎動カウントシートに記録してください。胎動カウントシートは病院でもらえると思いますが、時間と胎動回数を記録する程度なので普通のノートでも構いません。

胎動カウント – Google 検索

また、胎動カウントアプリもあるので、スマホに慣れている人はそちらを使った方が楽かもしれません。胎動カウントアプリは、iPhone・Android両方でリリースされているので、それぞれ以下を参考に探してください。

スマホで胎動カウント・陣痛カウントできる無料アプリ10選

胎動10カウント法のやり方4.10回の胎動にかかった時間を記録する

赤ちゃんの胎動が10回確認できたら終了時間を記録して、胎動開始から胎動を10回行うまでにかかった時間を記載・記録しておきましょう。

胎動カウントの平均時間

妊娠28週以降であれば、10回の胎動が20-30分以内で行われる場合が多いと思います。

なぜなら、このころの胎児は「20-30分間隔で寝て、20-30分間隔で起きる」を繰り返しているためです。そのため、途中で胎児が眠ってしまって胎動カウントが取れないこともあると思います。

胎動の激しさは妊娠30週-36週前後でピークを迎え、胎児は20分毎に寝て起きてを繰り返します。そして、臨月に近づくに従って少しずつ落ち着いていくことが多いようです。

ただし、これらはあくまでも目安に過ぎません。そのため、1回の胎動カウントで一喜一憂する必要はありませんし、胎児の健康状態が明確にわかるわけではありません。

胎動カウントを毎日記録する中で、胎動の変化が徐々に可視化されることに意味があります。

カウントする胎動の種類

胎動は、臨月前までは妊娠週数が進むに連れて強く多くなっていくので、初めは何が胎動かわかりにくいと思いますが、毎日記録すると胎児の胎動リズムがわかるようになるはずです。

胎動カウントで1回と数える胎動は、以下の様な動きのことです。

胎動のカウント例
・足でお腹をポコッと蹴ったとき
・手や足などでお腹をグーっと押したとき
・胎児が身体の何処かの部位で押しながら移動するとき
・胎児がぐるっと回転したとき
など

ただし、お腹の中が一定のリズム、比較的短い周期でピクピクする動きは、胎児がしゃっくりをしている可能性があります。そのため、ピクピク連続で動いている場合は、胎動カウントに入れないようにしましょう。

妊娠30週を過ぎると胎児はお腹が膨らむほど羊水を飲むため、横隔膜を刺激して痙攣が起こります。この痙攣がしゃっくりです。

そのため、小さな胎動が連続して起こっている場合は、胎児がしゃっくりをしている可能性があります。

胎児に五感はある?視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚の発達時期と順番

また、胎動は、赤ちゃんが動いて休んでを繰り返す行為のため、お腹を連続してキックしたとか、一連の動きの中で何度もお腹を押された場合は1回と数えるようにしましょう。

胎動のポイントは赤ちゃんの活動時間の把握

最初はなかなか胎動カウントがうまくいかないと思います。それは、胎児が起きている時間と眠っている時間の感覚を掴むことができないためです。

まずは、胎動が始まったら胎動カウントをしなくても時間だけは記録しておきましょう。そうすると、胎児の活動時間のサイクルが把握できるようになり、後々胎動カウントの参考になるはずです。

妊婦に接したことがある人は、「今赤ちゃん起きてるよ。」「今眠ってると思う。」という言葉を聞いたことがあるはずです。

このように妊婦は、胎児の胎動によって起きている時間と眠っている時間を何となく分かるようになっていきます。

そのうち、夜寝ているときに「ドンッ!」と蹴られて、「ウッ!」と起きてしまうのは、妊婦同士の「あるある話」になると思います(^_^;)

胎動カウントは意味があるのか

ちなみに、胎動カウントを行なっていることで周産期死亡が減少するかというと、そこに医学的な結論は出せていないようです。

ただ、日本産科婦人科学会が発表した胎動カウントを導入する前後の比較研究では、導入前には死亡児が8.7/1000であったものが、導入後には2.1/1000にまで減少したという報告もあります。

また、胎動減少のみの理由で来院した妊婦292人のうち、1.7%が来院時に胎児は死亡しており、4.4%が急速遂娩(きゅうそくすいべん)を必要とし、5.8%が胎児機能不全のため医療的なフォローが必要とされるなど、胎動カウントがある程度有効だった結果が示されています。

参考|産婦人科診療ガイドライン2014|日本産婦人科医会

胎動カウントの平均時間は、胎児によって異なります。妊婦が胎児の胎動が弱い・少ないと感じたとしても、問題なく健康に生まれてくる赤ちゃんもたくさんいます。そのため、まずは自分の子の胎動の特徴を掴み、他の子と比べないようにしましょう。

あまり強く、多く胎動をしない子であれば、そのことも踏まえて医師にアドバイスを貰うようにしてください。

「激しかった胎動の数が減り、弱くなったように感じる。」
「10カウントあった胎動がなくなってしまった。」
「胎動になんだか違和感を感じる。」

という場合は早めに受診して、胎児の様子を確認しましょう。

胎動カウントは絶対ではありませんが、わたしは赤ちゃんの胎動が楽しくてずっとカウントをしていました。医師と相談しつつ、胎児が動くペースが早くつかめると良いですね。

記事のURLとタイトルをコピー