致死率30倍!チャイルドシートの正しい使い方と間違った使い方

bf4634953275da49ef8cc83cc21cbe78

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

チャイルドシートは新生児から必要

赤ちゃんが、初めて車に乗るタイミングはいつでしょうか。

「うち車ないから1歳以降じゃないかな。」という都市圏住みの人もいますが、よく考えると出産後の帰宅の際に、家族や知人の車に乗った人は多いはずです。

もちろん、赤ちゃんはチャイルドシートに乗せて帰りましたよね?

知らない人は少ないとは思いますが、2000年4月の道路交通法改正により、6歳未満の乳幼児はチャイルドシート着用の義務があります。

そのため、公共交通機関以外は知人の車でも赤ちゃんにチャイルドシートを着用させなければ、道路交通法違反で運転者に違反点数が1点加算されます。

チャイルドシートはいつからいつまで?着用義務と法律違反の罰則

もちろん、チャイルドシートは乳幼児の安全のために使うものですが、赤ちゃんをチャイルドシートに乗せていれば安全なのでしょうか。実は、チャイルドシートを間違って使うと、より危険が増す可能性があります。

今回は、チャイルドシートの正しい設置方法と使い方、赤ちゃんを乗せるときの注意点についてお話したいと思います。

チャイルドシートを間違って使うと危険が増大

2016年に警察庁と日本自動車連盟(JAF)が行なった調査によると、1歳未満のチャイルドシート使用率は85.7%となっています。

チャイルドシート使用は義務のため、決して良い数字ではないのですが、それでも10年前と比較して使用率は10ポイント以上増えています。

5a00fe94c628bad9fdcd9a3b9c757a68

引用|チャイルドシート使用状況全国調査(2016)

ところが、乳児用チャイルドシート(ベビーシート)の60%が間違った取り付け方をされており、さらに36.2%が間違った使い方をしていることがわかっています。

内閣府の平成28年版交通安全白書によると、チャイルドシートを正しく使用している子どもに比べて、不適正な使用では致死率が29.5倍、死亡重症率が6倍となっており、チャイルドシートを使わないよりもリスクが高いことがわかっています。

aa62b4936bfdf62a869a3053632e2356

引用|第2節 平成26年中の道路交通事故の状況|平成27年交通安全白書(全文) – 内閣府

もちろんこの結果は、「じゃあチャイルドシートしない方がマシじゃん。」ではなく、正しく使用すればよりリスクが軽減できることを理解しなければいけません。

チャイルドシートの間違った取り付け方

チャイルドシートはただ取り付ければ良いのではなく、子どもが安全に乗れるように取り付けなければ意味がありません。以下の間違った取り付け方をしないようにしましょう。

978453be7a3db0b3b16569c7b7b4ee23

引用|チャイルドシート使用状況全国調査(2016)

1.腰ベルトの締付け不足

腰ベルトの締付け不足とは、チャイルドシートを座席に固定したときにぐらつきがあることです。グラつきがあると、衝突時に子どもが投げ出されたり、チャイルドシートが大きく揺れて危険です。

現在、チャイルドシートには、従来の「3点式シートベルト固定方式」と新しい「ISOFIX(アイソフィックス)固定方式」の2種類の取り付け方法があります(2点式は推奨されない)。

ISOFIXは従来のシートベルト固定に比べて、取り付けが簡単でチャイルドシートがぐらつかないため、車種が対応している場合は積極的にISOFIXを選ぶようにしましょう。

2012年7月以降に発売された日本車がISOFIXに対応しています。チャイルドシートには取り付け確認車種のリストがあるため、車に対応したチャイルドシートを選ぶようにしましょう。

2.座席ベルトの通し方の間違い

こちらも3点式シートベルトでの取り付けミスですが、チャイルドシートの背部(または座席部)にシートベルトを通すときに間違った通し方をすると、チャイルドシートが正しく固定されません。

特にシートベルトが途中で捻れてオモテウラで取り付けると、グラつきの原因になります。チャイルドシートの取り付け方は、製品によって多少異なるため、取扱説明書に従って正しく取り付けましょう。

3.座席ベルトの長さ不足

大きなチャイルドシートを固定する際に、車種によってはシートベルトの長さが足りない場合があります。こちらも取り付け確認車種のリストを見れば間違えることはありません。

4.座席ベルトの不適合・固定金具の不備

補助用シートベルトなど既製品以外を使用している場合は、チャイルドシートを取り付けられないことがあります。また、金具とバックルが壊れていてしっかり取り付けられない場合があります。

どちらもチャイルドシートを取り付ける前に、確認と整備を済ませておきましょう。

5.サポートレッグ調節不良

サポートレッグとは、チャイルドシート本体の前部から床面に伸ばした支柱のことで、チャイルドシートをより固定するために必要な装備です。

ただ、サポートレッグは他の部位に比べて劣化が激しいため、折れたり、緩みやすくなることがあります。

6.車両座面形状との不適合

車種によっては、座席の角度や深さ、柔らかさなどによってチャイルドシートが取り付けにくかったり、ぐらつきやすかったりします。こちらも取り付け確認車種のリストを事前に見ておけば、間違うことはありません。

チャイルドシートの間違った使い方

せっかく正しくチャイルドシートを取り付けても、間違った使い方をすると万が一のときに危険が高まります。以下の間違った使い方をしないようにしましょう。

52c25e6fca42fab0d4205148f8f90c67

引用|チャイルドシート使用状況全国調査(2016)

1.ハーネスの締め付け不適正

子どもをチャイルドシートに乗せてバックルをカチッと留めたら、調節用のベルトでハーネスの長さを調節して身体にフィットさせてください。締め付けすぎても、緩すぎてもいけません。

2.ハーネスの高さ調節間違い

子どもをチャイルドシートに乗せたときに、肩とハーネスに隙間があると車が揺れる際に子どもが上下に揺れてしまいます。ハーネスの長さを調節し、座席の高さを調節するなどして、子どもの肩をハーネスが覆うように調整しましょう。

4b84b28f636c3a22be71704d5cd1c1bf

引用|はじめてのチャイルドシート クイックガイド 乳児・幼児兼用タイプ

3.ハーネスのよじれ・ねじれ

ハーネスによじれやねじれがあったり、ベルトから手を出していたり、ベルトが開いてハーネスが肩に当たっていなければ、衝撃があったときに子どもを正しく固定できません。

ベルトに捻れがないように適度に締め付けて、ハーネスの全面が子どもの肩に当たるように調節してください。

fe04a87b2342112c3c3902f312704783

引用|はじめてのチャイルドシート クイックガイド 乳児・幼児兼用タイプ

4.背もたれ角度の不適切

1歳未満児が使うベビーシートは、45度未満の傾斜がついて身体を包み込む形をしていることで、衝突などの衝撃を衝撃を背中全体で分散してくれます。

ところが、座席の素材や深さ、角度によって45度以上になる場合があります。そのため、ベビーシートの角度が合わなければ、クッションなどを使って赤ちゃんの腰を少し上げるか、ベビーシートの角度を変える必要があります。

c43ecc8d4e34c2434154005b529c1369
506c713c9106b2bedc119fecd9053e38

引用|子どもの命を守るために 必ず使おう!!チャイルドシート|日本小児科学会

5.体格不適合

チャイルドシートは、乳児用のベビーシート、幼児用のチャイルドシート、学童用のジュニアシート、兼用シートに分かれており、子どもの体格によって使い分けなければいけません。

乳児用のベビーシート
使用年齢目安|新生児から1歳ごろ
使用体重目安|13kg未満
使用身長目安|70cm以下

幼児用のチャイルドシート
使用年齢目安|生後9-10か月から4歳ごろ
使用体重目安|9kg-18kg未満
使用身長目安|65cm-100cm以下

学童用のジュニアシート
使用年齢目安|4歳から6-10歳まで
使用体重目安|15kg-36kg未満
使用身長目安|140cm未満

ベビーシート・チャイルドシート・ジュニアシート・兼用シートの違い

特に赤ちゃん用のベビーシートは、首がすわって体重が10kgを超えるまでは、後ろ向きに使用しなければ首を痛めてしまう可能性があります。

チャイルドシートは毎回確認する

チャイルドシートは一度取り付ければ、ずっと同じ状態で固定されるわけではありません。特に、3点式シートベルトは、車の揺れや子どもの動作によって、少しずつズレや緩みが生じるため、毎回しっかりと固定できているかを確認してください。

また、赤ちゃん・子どもをチャイルドシートに乗せる際の注意点として、

・洋服を着せすぎないようにする
・おくるみなどは外す
・頭をドアなどにぶつけないように注意する
・暴れてもベルトは緩めない

などを心掛けましょう。また、チャイルドシートとともに、赤ちゃんの乗車準備や安全運転に気をつけてください。

赤ちゃん乗車時の注意点
1.なるべく生後1か月後
2.とにかく安全運転
3.何度も休憩を取る
4.赤ちゃんが泣いたら休憩
5.二階以上の駐車場を利用しない
6.車に置いて外に出ない
7.お出かけは赤ちゃん優先
8.帰宅後は生活リズムに注意して休む
新生児は車に乗れる?赤ちゃんの長距離移動・遠出はいつから?

赤ちゃんが慣れるまでは時間がかかりますが、首がしっかりすると安心できますし、1歳を過ぎるといっしょにお出かけをすることが楽しくなります。

安全の配慮と注意点を忘れずに、赤ちゃん・子どもとのお出かけを楽しんでください。

記事のURLとタイトルをコピー