紙おむつより布おむつの方が早くおむつがはずれる理由

9d1edb56a293c47939e30eb7437a4a2c

この記事の読了時間は約 5 分です。

おむつはずしに熱心なママ

赤ちゃんが産まれる前から、「おむつはずし頑張るぞぉー!」とおむつはずしに熱心なママはいます。

一般的におむつはずしを始める目安は、2歳-3歳の春夏ごろにトイレトレーニングと平行で行います。また、以下の子どもの成長が見られたときに行うと良いでしょう。

おむつはずし開始時期1.ママが子どもの成長を感じたとき
おむつはずし開始時期2.おむつでのおしっこを気にしだしたとき
おむつはずし開始時期3.昼のおしっこ間隔が2時間程度になったとき
おむつはずし開始時期4.朝おむつが濡れてなかったとき

おむつはずしは時期が重要!お兄さんパンツ成功の方法は?

ただ、おむつ代がかかる、手間がかかる、お漏らしや成長の心配など、おむつはずしが遅れるデメリットを考えると、早くはずしたい気持ちはよくわかります(^_^;)

子どものおむつはずしを早くする方法はいくつかありますが、根本から考えるなら、普段使うおむつの種類を選定するのも1つの方法です。

おむつの種類選定で、まず最初に思いつくのが「紙おむつではなく布おむつを使う」ですよね。

たしかに、布おむつの方が紙おむつよりも、早くおむつを外すことができるでしょう。……これだけだと話が終わってしまうので、なぜ布おむつの方がおむつはずしが早く終わるのかを考えてみましょう。

今回は、紙おむつより布おむつの方が早くおむつがはずれる理由についてお話したいと思います。

布おむつの方がおむつはずしが早い理由

おむつはずしが早い理由1.子どもがおむつ濡れに気付きやすい

おむつはずしをするためには、子どもが尿意や便意を感じ、それをママに訴えなければいけません。もちろんトイレに行き、自分でおしっこやうんちができれば最高です。

この流れで重要なことは、子どもが「尿意や便意を感じること」です。尿意や便意を感じるためには、まず、おむつにおしっこやうんちをしたことに違和感を感じ、「気持ち悪い」と思う体験が必要です。

これを赤ちゃんのトイレの成長の流れで追うと以下のようになります。

1.おむつ濡れやうんちのべとつきが不快と感じる

2.不快感はおむつにおしっこ・うんちが出たから

3.おしっこ・うんちが出る前の感覚を理解

4.おしっこ・うんちが出る前に報告ができる

5.トイレでおしっこ・うんちができるようになる

1→2→3の流れでおしっこ出そう、うんち出そうという感覚を理解できれば、ママにおしっこやうんちが出そうなことを伝えられるため、おむつはずしはできます。

おむつはずしが早い理由2.ママがおむつ交換に敏感になる

布おむつは、紙おむつに比べて、吸水性、保水性、吸湿性の点で機能的に劣っています。

吸水性の低さは布おむつやライナーの量でカバーできますが、保水性はカバーできません。紙おむつは吸収したおしっこを漏れないように固めてくれますが、布おむつはタオルを濡らしたことと同じで、絞ればおしっこが漏れてしまいます。

また、布おむつの保水性が低いということは、吸湿性も低いということです。赤ちゃんがおしっこをすると、じとっと濡れている状態です。この状態で放置すると子どものおしりがかぶれてしまいます。

赤ちゃんのおしりが真っ赤!おむつかぶれの原因と怖い症状

このようなおむつかぶれにならないために、ママは1回のおしっこでもおむつ替えを意識するようになります。

そこで子どもが「おしっこが出たからママがおむつを替えてくれる」という気付きを得られることが、早いおむつはずしにつながります。

おしっこ濡れを気にしない子もいる

たしかに、子どものおむつはずしが早いとママは早く楽になりますが、おむつはずしを早く始めれば、おむつが早くはずれるわけではありません。

子どもは成長するとおしっこの量が増え、回数が減ります。これは抗利尿ホルモンが分泌され、膀胱容量が大きくなり、蓄尿コントロールが徐々にできるようになるためです。

おねしょ卒業は何歳?4-5歳までに焦らず治す方法・対処法

トイレトレーニング、おむつはずし、おねしょ卒業を進めるためには身体の成長が必要ですが、布おむつを使っていてもおむつ濡れを気にしない子もいます。

身体の機能が成長しても、子どもがおむつ濡れを気にしなければ、おしっこが出たことをママに訴えないでしょう。また、トイレでおしっこやうんちをすることを理解できなければ、やはりママに伝えずにおしっこを漏らしてしまうでしょう。

つまり、子どもの心と身体の機能が成長しなければ、おむつはずしを早く始めても、不快感を感じやすい布おむつを使っても、結局時間がかかってしまう可能性があります。

おむつはずしを早くする必要性は?

ママ友から「うちの子、おむつはずし終わったよー。」と聞くと焦りますよね。気持ちはわかりますが、子どもの成長を比べる必要はありません。

布おむつを使っておむつはずしが遅い子もいれば、紙おむつを使っておむつはずしが早い子もいます。でも、それは単なる個性で、身体の機能に異常がなければ、どちらも普通にあり得ることです。

また、早期のおむつはずしメリットとして、「子どもの自立性が高まる」「無意識時に習慣化した方が楽」などが言われますが、そのメリット以上にママが早期のおむつはずしで苦労するなら、ある程度子どもが理解できる年齢で短期に済ませた方が良い気がします。

そのため、おむつはずしの目的だけで、無理に手間がかかる布おむつを使う必要はありません。

もちろん、布おむつはおむつはずしが早くなる以外にもメリットがあるため、本当に使った方が良いかは他のメリットやデメリットも併せて考えた方が良いでしょう。

紙おむつと布おむつ徹底比較!使用枚数、費用、メリットデメリット

記事のURLとタイトルをコピー