妊娠週数・出生体重・発育曲線による赤ちゃんの分類と割合

690d83a11122133a2a695834cfb3d0b2

この記事の読了時間は約 6 分です。

赤ちゃんを分類する方法は体重?妊娠期間?

「妊娠後期に入ったからもうすぐ出産……。赤ちゃんに会えるのは楽しみだけど、やっぱり不安……。」という心配は、妊婦なら誰もが思うことです。

妊婦が出産で1番気になることは、赤ちゃんが健康で産まれてきてくれるかどうかですが、赤ちゃんが健康かどうかを判断するための指標にはどのようなものがあるでしょうか。

もちろん、赤ちゃんの身体機能が平均程度成熟して産まれてくれれば良いのですが、そうではない場合もあります。出産後すぐに赤ちゃんに医療処置をするためには、ある程度事前に赤ちゃんの成長具合を予測しておかなかればいけません。

そのため、赤ちゃんの成長を見極めるいくつかの指標があり、その指標によって赤ちゃんが分類されることになります。では、その指標とは何でしょうか。

今回は、出産したばかりの赤ちゃんの成長具合を見極めるための指標と分類する方法についてお話したいと思います。

出生体重による赤ちゃんの分類と割合

早産であっても正期産に近い出生体重の子はいますし、正期産であっても比較的体重が軽い子はいますが、生まれる時期関係なく出生体重で赤ちゃんを分類すると以下のようになります。

分類と割合1.高出生体重児(巨大児)

高出生体重児とは、産まれたときの体重が4,000g以上の赤ちゃんのことで、一般的には巨大児と呼ばれます。巨大児の出産割合は、出産全体の0.8%ほどです。

赤ちゃんが4000g以上の原因は?巨大児の障害や後遺症リスク

分類と割合2.正出生体重児

正出生体重児とは、産まれたときの体重が2,500g以上4,000g未満の赤ちゃんのことです。正出生体重児の出産割合は、出産全体の80%ほどです。

分類と割合3.低出生体重児(低体重児)

低出生体重児とは、産まれたときの体重が2,500g未満の赤ちゃんのことで、一般的には低体重児と呼ばれます。低体重児の出産割合は、出産全体の9-10%ほどです。また、1,500g以上2,500g未満の赤ちゃんに限定すると9%弱になります。

低出生体重児が産まれる原因は?後遺症や障害リスクと成長の差

分類と割合4.極低出生体重児

極低出生体重児とは、低体重児の中でも産まれたときの体重が1,000g以上1,500g未満の赤ちゃんのことです。極低出生体重児の出産割合は、出産全体の0.5%ほどになります。

分類と割合5.超低出生体重児

超低出生体重児とは、低体重児の中でも産まれたときの体重が1,000g未満の赤ちゃんのことです。超低出生体重児の出産割合は、出産全体の0.3%ほどになります。

出生体重別出生数、出生割合の年次推移

厚生労働省の人口動態統計のデータを表化すると、出生体重別の出生数、出生割合は以下のように推移しています(平成4年に調査票が改正されているため1995年以降のもの)。上の表は出生数(人)、下の表は出生割合(%)です。

b5aa73e5b1287f6041cc6c029d000b94

出典|政府統計の総合窓口

巨大児の出産が減り、低体重児の出産が増えていることでわかる通り、全体的に出生体重の推移は減少傾向が見られます。

出生体重による割合

また、2014年度の出生数に対する出生体重の割合を円グラフにすると以下のようになります。

3adb48795905363cb492834ed65ebe91

妊娠週数による赤ちゃんの分類と割合

身体機能や出生体重は関係なく、妊娠週数で赤ちゃんを分類すると以下の4つに分類されます。

分類と割合1.早産児

早産児とは、妊娠22週0日から妊娠36週6日の間に産まれた赤ちゃんのことです。早産児の出産割合は、出産全体の5-6%ほどです。

早産児の中でも、妊娠34週0日から妊娠36週6日の間に産まれた赤ちゃんのことを後期早産児と呼びます。

分類と割合2.正期産児

正期産児とは、妊娠37週0日から妊娠41週6日の正産期に産まれた赤ちゃんのことです。正期産児の出産割合は、出産全体の93-94%ほどです。

一般的に、赤ちゃんは正産期まで胎内にいることで、生存のために必要な体重と身体機能を備える確率が高くなります。

正産期と正期産と臨月の違いは?いつからいつまで?過ごし方は?

分類と割合3.過期産児

過期産児とは、妊娠42週0日以降に産まれた赤ちゃんのことです。過期産児の出産割合は、出産全体の約3-4%を占めます。

通常、過期産に入る前に陣痛促進剤(子宮収縮剤)などを投与して自然分娩を促しますが、胎児が低体重児の場合は在胎週数を伸ばして、過期産での分娩を選択する場合もあります。

妊娠週数別出生数、出生割合の年次推移

厚生労働省の人口動態統計によると、妊娠週数別の出生数、出生割合は以下のように推移しています。上の表は出生数(人)、下の表は出生割合(%)です。

f06b8170d0a2e2715e53531fe8f6742c-1

参考|政府統計の総合窓口

妊娠37週-41週の割合が増加傾向にあるのは、医療技術が進んだことで、早産や過期産を正期産で行う様にコントロールする技術が高まったためでしょう。妊娠22-23週の割合が微増しているのも、早産児の生命を助ける医療技術が進んだためではないかと思います。

また、この統計情報からは正確に読み取ることはできませんが、出産全体の5-6%を占める早産児のうち、9割ほどが後期早産だと予想できます。

妊娠週数別の出生割合

2014年度の出生数に対する妊娠週数の割合を円グラフにすると以下のようになります。

acbcbf866a34ca296ec56c9b30ffb6a5

胎児発育曲線による赤ちゃんの分類

妊娠週数と出生体重を比較して、赤ちゃんをパーセンタイルで分類する方法もあります。それには以下の胎児発育曲線(パーセンタイル曲線)を用います。

517da314c5dd8f8cc5b57ce2acd036aa

引用|「推定胎児体重と胎児発育曲線」保健指導マニュアル|厚生労働省

パーセンタイル曲線とは、2-7本の曲線を使い何%の赤ちゃんがその値よりも上下に存在するかを表しています。上のパーセンタイル曲線は最も一般的な10%、50%、90%を示したパーセンタイル曲線です。

10%の曲線は、これよりも下の値の赤ちゃんが10%いることを示しており、90%の曲線は、これよりも上の値の赤ちゃんが10%いることを示しています。もちろん、50%に近いほうが平均的ということになります。

妊娠週数での出生体重による分類1.体重が10%タイル未満

妊娠週数における出生体重が、10%タイルを下回って産まれた赤ちゃんを指します。

妊娠週数での出生体重による分類2.体重が10%タイル以上90%タイル未満

妊娠週数における出生体重が、10%タイルと90%タイルの間で産まれた赤ちゃんを指します。

妊娠週数での出生体重による分類3.体重が90%タイル以上

妊娠週数における出生体重が、90%タイルを上回って産まれた赤ちゃんを指します。

標準偏差曲線による胎児発育曲線

日本ではパーセンタイル曲線よりも、標準偏差曲線(SDスコア)で胎児体重の推移を見る方法が多く使われています。

44450400bb17267b562314af80ef9a09

引用|胎児計測と胎児発育曲線について|日本産科婦人科学会

標準偏差曲線(SDスコア)による胎児発育曲線と胎児体重の推移は以下を参考にしてください。

胎児発育曲線とは?妊娠週数毎の推定胎児体重と推移グラフ

健康な赤ちゃんを出産するために必要なこと

もちろん、これらの妊娠週数、出生体重、胎児発育曲線による赤ちゃんの分類は、どれか1つだけを参考にすれば良いわけではありません。

2500g以上ある赤ちゃんでも、妊娠34週に産まれてきた場合は身体機能が未成熟かもしれません。妊娠40週に2400gで産まれてきた赤ちゃんは、身体機能が成熟していても、体力が伴っていないかもしれません。

赤ちゃんの健康は、出生体重や妊娠週以外にも色々な指標を総合して判断されますし、出産時の状況と医師の判断によって赤ちゃんに必要な医療処置も異なります。

わたしたちが意識するのは、なるべく正出生体重児で、なるべく正期産児で、なるべく出産時に10%タイルと90%タイルの間で赤ちゃんが産まれるように妊娠期間の生活習慣に気をつけることです。

それだけで、健康な赤ちゃんが産まれてくる確率はグンと上がります。

記事のURLとタイトルをコピー