パパに知って欲しい!ママが産後うつになる原因と対処法

この記事の読了時間は約 5 分です。

産後うつとは

産後うつとは、出産3か月以内に発症し、数か月から1年程度続く産後の初期うつ症状のことで、気分の落ち込み、睡眠障害、食欲の減退、イライラ、倦怠感などの影響が現れます。

産後うつのほとんどが一時的なものですが、重症化すると重いうつ病になることもあるため、長引いてしまうと心療内科や精神科で本格的な治療が必要になります。

女性は出産後に「プロラクチン」や「オキシトシン」などの女性ホルモンの分泌によって体内のホルモンバランス量が変わりやすく、ホルモンバランスが崩れることで、誰でも軽いうつ状態を起こしやすくなります。

さらに、ホルモンバランスが変化した身体に次の3つのストレスが加わることで、重い産後うつの原因になることがあります。

「プロラクチン」や「オキシトシン」の説明は以下を参考にしてください。

母性本能の意味とは?ママの子どもに対する愛情は本能?感情?

産後うつの対処法

前述した通り、産後うつは女性ホルモンが大量に分泌されて引き起こされる症状ですが、何もないところからイライラが始まったり、不安が大きくなるわけではありません。

元々抱えていた不安や育児によるイライラが、ホルモンバランスの乱れによって自分の感情でコントロールできないため、表面化してしまうものです。

そのため、産後うつを予防したり、産後うつに対処するためには、元々の不安やストレス原因を自分自身が理解し、周囲に協力を求めながら上手く排除する必要があります。

では、産後うつの原因になる不安やストレスとはどのようなものでしょうか。

産後うつの原因1.初めての子育てに対する不安

初めての子育ては、誰でも不安があります。人間を育てるため、単純に可愛いがるだけじゃなく、長く大きな責任も負わなければいけません。

不安になったママが育児のことを人に聞いたり、子育て本を見ると「子育てはこうあるべき!」という意見をたくさん見聞きしてしまい、余計にプレッシャーを感じることがあります。

自分の育児方法が、子どもの成長や人格形成に大きな影響を与えると自覚しているため、今の子育て方法が周囲からどう見られているかが気になり、常に子育ての正解を探したくなってしまいます。

また、子どもが成長していく過程の金銭問題や教育問題など、先々を考えると不安でいっぱいです。プレッシャーで押しつぶされそうになる気持ちもわかります。

産後うつの原因2.子どもが思い通りにならない

子どもはある程度大きくなるまでは、ママと一心同体です。

基本的に寝ている時以外は目を離せませんし、定期的に授乳の必要がありますし、夜中突発的に起きて激しく泣くため、ママは子どもを寝かしつけるまで眠れません。

また、子どもの扱いにある程度慣れるまでは、全ての行動が慎重になるため常に気を張り続けます。

パパが仕事に出かけてしまえば、一日中子どもと一緒にいて、自分の意思では全くどうにもならない時間を何度も味わわなければいけません。

「わたしはうまくやってるつもりなのに……なんで、なんで……。」と考えてしまいストレスが溜まっていきます。

産後うつの原因3.人間関係に不安がある

出産時期に夫婦関係、嫁姑関係、隣近所、妊婦友だちなど、これから赤ちゃんも含めた家族として関係する人たちに対して、不安を抱えている場合があります。

ママとしては、赤ちゃんを守らなければいけないという責任と、自分を守るために色々なことを排除したいという気持ちで板挟みになってしまい、大きなストレスを抱えてしまいます。

日常生活で一番のストレスは人間関係だと言われているので、可愛いはずのわが子でさえも邪魔に思えてしまい、そんな自分が嫌になると余計に心を病んでしまいます。

産後うつの原因とどう向き合えば良いか

たとえ産後うつに至らなかったとしても、「将来に対する不安」「子育てに対する不安」「人間関係に対する不安」などで常にストレスを感じている状況に対して、「わかるわ~。」というママはとても多いと思います。

一生懸命、まじめに子育てをしようと考えるママ、子育てを神聖化しているママほど、

・思い通りにならない周囲の環境
・予測不能な子どもの行動
・コントロールできない自分の気持ち

でパニックになってしまい、ときには大事なわが子を傷つけてしまうこともあるんです。

わたしも出産後にストレスが溜まっていた時期に、当時現役のベテラン保育士だった母に相談したところ、

「子どもはちょっと大きくなったらすぐ出てっちゃう。子どもはあなたのものじゃなくて預かってるだけなんだから、送り出すまで元気に育てることだけ考えてれば良いんだよ。」と言われました。

たしかに、子どもにとって親の影響(特にママの影響)は大きいため、「これから、わたしが完璧に子育てしなきゃ……。」と思うママは多いかもしれません。

でも、子どもの将来の人格はママが作るわけではありません。「1から10まで全て親が教えてくれたから今の私でいられる。」と考えている人は少ないですよね?

というわけで、「将来に対する不安」「子育てに対する不安」「人間関係に対する不安」を感じることはよくわかりますが、あまり真正面から向き合わないでライトに考えてください。

周囲の環境は思い通りになりませんし、子どもの行動は予測不可能なことが当たり前ですし、自分の気持ちをコントロールするのも難しいことです。

不安やストレスは定期的に発散

産後に抱える不安やストレスは、人に相談をしたり(愚痴を言うでOK)、たまには何も考えないようにすることで軽減できます。

出産・子育てを経験した自分の親、子どもがいる友人、子育て支援センターなどに相談して、不安やストレスを抱え込まないようにしたり、たまに近くの保育施設に数時間だけ子どもを預けて、心に余裕を作る工夫をしましょう。

抱えている不安やストレスを受け止めてもらうだけで安心感につながり、ママの産後うつの症状は大分和らぐと思います。

ママが抱えている産後うつの症状と、抱えている不安やストレスは、パパにも話をして理解してもらえると良い協力が得られるでしょう。

また、産後うつにしろ、これから味わう育児ストレスや育児ノイローゼにしろ、病んでしまいやすいママの傾向・環境があるので、そういう人は注意してください。

育児ノイローゼになりやすいママ1.とにかくマジメなママ
育児ノイローゼになりやすいママ2.子どもと意思疎通できると信じるママ
育児ノイローゼになりやすいママ3.近くに頼れる人がないママ
育児ノイローゼになりやすいママ4.いつも子どもと2人きりなママ
育児ノイローゼになりやすいママ5.初めての子育てをするママ
育児ノイローゼになりやすいママ6.パパが育児に協力的ではないママ
育児ノイローゼになりやすいママ7.家計が苦しいママ

育児ノイローゼになりやすいママの特徴・環境とストレスの対処法

記事のURLとタイトルをコピー