双子、三つ子の妊娠確率は?多胎の原因と一卵性・二卵性の違い

5c9616b6ffa2b43afcf87e8f176f57d2

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

双子や三つ子はとても可愛い

子どもが保育園や幼稚園に行くようになると、双子や三つ子の子を見かける機会が増えますよね。

同じ顔をした子が、同じ服を着てママと手をつないで歩いているのを見ると、「あー双子いいなぁ。」と羨ましくなります。

以前うちに息子のお友だちで双子の子がお泊りにやって来ましたが、2人とも性格が違っていてとても面白かった反面、双子の赤ちゃんの子育ては大変なんだろうなぁ……と感じました。

このような双子や三つ子を妊娠することを「多胎妊娠(たたいにんしん)」と言います。

多胎妊娠は無事に産むことができれば、子育ては大変ながらも賑やかで楽しそうな家庭になることは予想できますが、実際に妊娠から出産するまではとても大変だと聞きます。

なぜこのような多胎妊娠が起こるのでしょうか。

今回は、多胎妊娠が起こる原因や確率と多胎妊娠の種類についてお話したいと思います。

多胎妊娠とは

多胎妊娠とは、同時に2人以上の胎児を妊娠することを言います。多胎妊娠は、胎児の数によって双子の場合は双胎(そうたい)、三つ子の場合は品胎(ひんたい)、四つ子場合は要胎(ようたい)、五つ子の場合は周胎(しゅうたい)と呼ばれます。

反対に、1人の胎児を妊娠することは単胎妊娠(たんたいにんしん)と言います。

現在、多胎妊娠が起こる確率は妊娠全体の100分の1ほどで、単胎妊娠と比べると周産期死亡率が高く、早産や発育不全などの確率も高いだけでなく、母体にも危険を及ぼす可能性があるため、医学的に多胎妊娠は異常妊娠と定義されています。

参考|多胎妊娠-よくわかる用語辞典|赤ちゃん&子育てインフォ

また、多胎妊娠から出産に至ったことを複産と呼び、一般的な1人の子どもの出産のことを単産と言います。

多胎妊娠が起こる原因

一般的に、多胎妊娠が起こる原因は明らかになっておらず、偶発的に起こるものです。ただ、多胎妊娠の確率が高まる原因として、いくつかつの可能性が考えられます。

多胎妊娠の原因1.遺伝

一卵性の多胎妊娠には一般的に遺伝は関係がないと言われますが、二卵性の多胎妊娠には遺伝が関係していると言われています。

多胎妊娠の原因2.高齢妊娠

高齢妊娠が多胎妊娠の原因になるというのは、あくまでも統計上の結果による推測です。以下で紹介している「多胎妊娠の実態とその予防|日本産科婦人科学会」を見ると、双胎の割合が増えるほど、30歳以上の妊産婦の割合も増えています。

多胎妊娠の原因3.不妊治療

不妊治療を行う場合、受精卵の数が多い方が一般的に妊娠率を向上させます。そのため、体外受精によって精製した受精卵は複数個を体内に戻すのですが、受精卵が複数個あるため多胎妊娠の可能性も上がってしまいます。

多胎妊娠・複産になる確率

前述した通り、多胎妊娠が起こる確率は100分の1ほどですが、筑波大学臨床医学系産婦人科講師の斉藤氏によると、多胎妊娠は以前に比べて増加傾向にあるとのことです。

少し古い資料ですが、厚生省統計情報部によって発表された多胎出産率の推移は以下の通りです。

269adf6cf7232b3c0851ece3d1db6f57

引用|多胎妊娠の実態とその予防|日本産科婦人科学会

1955年から1975年までは、1,000分娩あたりの多胎妊娠は6-7件前後(約160分の1)でしたが、1997年には1,000分娩あたり9.36(約107分の1)にまで増加しています。

また、平成22年度に厚生労働省が発表した「出生に関する統計」を見ても、多胎妊娠による出生数の割合は以前よりも増加しています。

3710e3750672b1e184b90235a691965e

引用|厚生労働省:平成22年度 「出生に関する統計」の概況

このグラフは死産を含まない出生数を表しており、単産が左側、複産が右側の数値(万人)を見ます。

昭和50年時点では、単産が190万人に対して複産が2万人ほどのため、出生件数で比較すると190:1になります。ところが、平成21年には、単産が110万人に対して複産が2万人ほどのため、出生件数の比較は110:1と割合が増加しています。

もちろん、複産の割合が増えた原因は周産期医療の技術向上や出産体制の向上などが挙げられますが、全体的には多胎妊娠の傾向が増えていると言えそうです。

一卵性と二卵性の違い

多胎妊娠には一卵性と二卵性があります。中でも双子の違いとして、一卵性双生児と二卵性双生児という言葉はよく耳にすると思います。

一卵性双生児とは

一卵性双生児とは、受精卵が子宮内膜に着床後に偶然分かれたものを言います。

一卵性双生児は、同じ遺伝子を持つ1つの受精卵から2人の子どもが産まれてくるため、成長しても遺伝子は同じです。そのため、成長に個体差はありますが、徐々に容姿がそっくりになっていきます。

また、一般的には同じ遺伝子を持つため性別は同じになるそうですが、稀に男女にわかれる場合もあるようです。

二卵性双生児とは

二卵性双生児とは、違う受精卵が2つ子宮内膜に着床したものを言います。

二卵性双生児は、違う遺伝子を持つ2つの受精卵からそれぞれ1人ずつの子どもが産まれてくるため、遺伝子が異なります。そのため、双子と言っても容姿が異なることが多く、一般的な兄弟姉妹のように見えるでしょう。

三つ子以上の場合は?

ちなみに、三子の場合は一卵性の三つ子、二卵性の三つ子、三卵性の三つ子の場合があり、四つ子の場合も一卵性の四つ子、二卵性の四つ子、三卵性の四つ子、四卵性の四つ子の場合があるそうです。

膜性による多胎妊娠の種類

前述した通り、双子には一卵性双生児と二卵性双生児がありますが、さらに、羊膜と絨毛膜の組み合わせよって以下の3種類に分類できます。

5f18fafe4d0388fcebcb05a037c1dc96

引用|多胎妊娠の方へ|大阪府立母子保健総合医療センター

二絨毛膜二羊膜双胎(DD)

二絨毛膜二羊膜双胎とは、胎児1人につき羊膜と絨毛膜を1つずつ持っている多胎妊娠のことを言います。つまり、胎児の部屋が別れていて、それぞれ専用の胎盤を持っているということです。

二卵性双生児の場合は100%が二絨毛膜二羊膜双胎になり、一卵性双生児の場合は25%の確率で二絨毛膜二羊膜双胎になります。

一絨毛膜二羊膜双胎(MD)

一絨毛膜二羊膜双胎とは、胎児1人につき1つの羊膜を持っていて、絨毛膜を共有している多胎妊娠のことを言います。つまり、胎児の部屋が別れていますが、胎盤は共有しているということです。

一卵性双生児は75%の確率で一絨毛膜二羊膜双胎になります。

一絨毛膜一羊膜双胎(MM)

一絨毛膜一羊膜双胎とは、2人の胎児が羊膜と絨毛膜を共有している多胎妊娠のことを言います。つまり、胎児は同じ部屋と同じ胎盤を共有しているということです。

一卵性双生児の1%が一絨毛膜二羊膜双胎になるという珍しい多胎妊娠の状態です。

多胎妊娠のリスク

冒頭でお話した通り、多胎妊娠は異常妊娠の一種です。そのため、一般的に多胎妊娠・出産におけるリスクは、単胎妊娠のリスクよりも高くなります。

妊娠リスクとしては、母体に起こる妊娠高血圧症候群や低血圧、胎児に起こる発育不全や胎児死亡、また出産においては切迫早産や早産の可能性が高くなり、帝王切開の割合も増えます。

また、多胎妊娠は胎児1人あたりの体重が単胎妊娠に比べて少なくはなりますが、2人以上の胎児を抱えているため、妊娠生活が大変になることが考えられます。

双子、三つ子の妊娠・出産がママと赤ちゃんに及ぼすリスクとは

多胎妊娠であることは妊娠8週前後には判明しているため、妊娠確定時期とほぼ同時期です。そのため、多胎妊娠が発覚した場合は、気持ちを落ち着けて、これから良い妊娠生活が送れるように準備を整えましょう。

また、仕事をしているママは早めに会社に産休を申請するようにしてください。多胎妊娠の場合の産休期間は、産前休業の6週間(42日)が14週間(98日間)に増えます。

産休と育休の取得条件の違いは?休暇中の給料・手当はどうなる?

どちらにしても、たくさんの元気な赤ちゃんを産めるように早めの準備を心がけ、家族や周囲の人もしっかり支えてあげてください。

記事のURLとタイトルをコピー