3歳過ぎの子どもの耳垢が多い…耳垢が溜まる原因と対処法

faf13facd4fd6dc7a925df3ebba4ec3f

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

うちの子は耳垢が溜まりやすい…

赤ちゃんのころの耳掃除は、基本的には毎日外耳や耳周りをお風呂やお風呂後にきれいに拭いてあげて、1週間に1-2度ほど耳穴の入口付近を湿らせたガーゼなどで拭くだけで問題ありません。

もし、耳垢が外耳道奥に溜まってしまっている場合は、耳鼻科に行って耳掃除をしてもらえば良いでしょう。乳幼児医療費助成の対象になりますし、耳鼻の病気を予防するための定期検診にもなります。

耳鼻科で子どもの耳掃除をするメリットは?料金は?医療費助成対象?

さて、子どもが3歳以上になり、活発にお友だちと遊ぶことも増えました。保育園や幼稚園などで、たくさんの子といっしょに砂遊びや鬼ごっこやサッカーなどをして遊び倒しますよね。

子どもが外で積極的に遊ぶようになると、耳垢が溜まりやすくなる場合があります。「なんでうちの子はこんなに耳垢が溜まるんだろう……。自分で耳掃除させた方が良いのかな?」

このように考えているママもいるとは思いますが、ちょっと待って下さい。その前に、なぜ耳垢が溜まりやすいのか原因を知っておきましょう。

今回は、子どもの耳垢が溜まりやすい原因とその対処法についてお話したいと思います。

子どもの耳垢が溜まる原因

耳垢が多い原因1.耳垢腺が多い湿性耳垢だから

日本人の2割弱は外耳道の汗腺(耳垢腺)が多く、脂分が分泌されるため耳垢が湿っています。これを湿性耳垢と言います。

耳垢が湿っているため、皮脂や空気の汚れを吸着しやすく、それが耳穴に留まりやすい特徴があります。日本人の2割弱が湿性耳垢ですが、子どもはその割合が多く、耳垢腺が多い子ほど耳垢が溜まりやすくなります。

耳垢が多い原因2.汗をかくから

子どもは新陳代謝が活発で、体内の水分割合が多いため、体の割に大人よりもたくさんの汗をかきます。

さらに、大人は汗をかくと拭いたり、休んだりすることで汗を抑えようとしますが、子どもは遊ぶことに夢中で汗を拭こうともしません。その汗が耳穴に入ることで、耳垢が溜まりやすくなってしまいます。

耳垢が多い原因3.外に出ることが多くなるから

子どもは夏の暑い日でも、冬の寒い日でも関係なく外で遊びます。また、身体を汚して遊ぶことが大好きです。

外に出ることが多いほど、空気中のほこりやチリなどが耳穴に入り込む量も増えるため、耳垢が溜まりやすくなってしまいます。

耳垢が多い原因4.水泳やお風呂

身体を動かす子どもの習い事ランキングのトップは、圧倒的にスイミングです。習い事をしている子の4割がスイミング教室に通っています。

習い事は年少・年中・年長から?子どもに人気の習い事と費用感

スイミングで耳に水が入ってしまうと、耳垢が固まってしまい耳の中に溜まりやすくなってしまいます。これは、お風呂でも同じで、特にお風呂の中で潜って遊ぶ子は耳垢が溜まりやすくなります。

耳垢が多い原因5.耳掃除のしすぎ

赤ちゃんのころは、耳かきや綿棒を使った耳掃除をする必要がありません。赤ちゃんもおとなしくしてくれないので、耳の中に異物を入れるのは怖いですよね。

ただ、成長して耳垢が溜まりやすくなり、ママの言うことを聞いてくれる様になると耳掃除もしやすくなります。耳掃除が好きな人は、自分以外の耳掃除も好きだったりします……。ましてや我が子の耳掃除なので気合も入ります(^_^;)

ところが、あまり耳掃除をしすぎると外耳道を傷つけてしまい、細胞から浸出液が滲み出てきてしまいます。そして浸出液が皮脂と固まることで、さらに耳垢が増えてしまいます。

耳垢は基本的に剥がれた皮脂の塊です。つまり、ゴソゴソ耳掃除をするほど外耳道の皮膚が剥がれて、耳垢が作られてしまいます。

また、耳掃除のしすぎは耳を傷つけ、様々な病気を招く原因にもなります。

耳垢の重要な4つの役割とは?子どもの耳掃除が原因になる病気

なぜママは子どもの耳掃除にこだわるのか

耳掃除をしすぎることで耳垢を作り、また耳掃除……というループになることはわかりましたが、なぜママは子どもの耳掃除にこだわるのでしょうか。

別に耳掃除ではなく、鼻掃除だって良いですし、もっと念入りな歯磨きだって良いはずです。ママが子どもの耳掃除にこだわるのは、もしかしたら耳掃除をすると気持ちが良いことを知っているからかもしれません。

なぜ耳掃除をすると気持ちが良いかというと、副交感神経を刺激することでリラックス、眠気、身体の弛緩などの反射が起こっているためです。

外耳道にある耳垢腺には「迷走神経」が通っています。迷走神経とは、脳神経の中で主に臓器に伸びて副交感神経として働く神経のことです。

そして、迷走神経を刺激することで起きるのが、前述したリラックス、眠気、身体の弛緩などで、これを迷走神経反射と言います。

この迷走神経反射が起こっているため、耳掃除をすることで気持ち良さを感じるんです。

参考|耳の話し (5)耳掃除はなぜ気持ちいい? | 地域医療に貢献する|高見台クリニック

子どもの耳垢が多いときの対処法

いくらママが耳掃除の気持ちよさを知っているからといって、「せっかく気持ち良いんだから、子どもの耳掃除もしてあげなくちゃ!」という考えで、耳掃除のループを作ってはいけませんよね(^_^;)

では子どもの耳垢が多いとき、ママはどのように対処すれば良いのでしょうか。

耳垢が多いときの対処法1.基本的に量は気にしない

耳垢の量が多いと、耳垢で耳栓をしたようになる「耳垢栓塞(じこうせんそく)」が気になるママもいるでしょう。

ただ、耳垢栓塞の一番の原因は耳垢を外耳道の奥に押し込んでしまうことです。そのため、基本的には子どもの耳垢は気にせず、赤ちゃんのときと同じように耳穴の入り口を拭く対処を頻繁に行うようにしましょう。

耳垢が多いときの対処法2.やっぱり耳鼻科での耳掃除

湿性耳垢や汗などの影響で耳垢が溜まりやすい子はいるため、耳掃除をしたいと思ったら耳鼻科に行ってください。ママがケアしているにもかかわらず、子どもの耳垢が溜まってしまったら、やっぱり耳鼻科での耳掃除が最適です。

耳鼻科で子どもの耳掃除をするメリットは?料金は?医療費助成対象?

耳垢が多いときの対処法3.ママは1-2歳から子どもの耳掃除を始める

特に耳垢が溜まりやすい子どもの場合、1-2歳ごろから少しずつママの耳掃除に慣らしても良いでしょう。綿部分に粘着性がある子ども用の細い粘着綿棒を使って、耳穴の入り口周辺に溜まった耳垢を取り除くようにしましょう。

その際、耳かきを使って奥にある耳垢を取り除きたい欲求が出る気持ちはよーくわかりますがガマンです……(^_^;)

粘着綿棒を使った耳掃除は、1か月に1度程度で全く問題ありません。また、子どものうちは多くの子が耳掃除を嫌がります。回数を重ねると次第に慣れていくので、ママは根気強く優しく耳掃除をしてあげてください。

記事のURLとタイトルをコピー