ママとパパの語源は?何語が由来?世界の子どもの親の呼び方

73e083a6a0a0933599d09582322c5101

この記事の読了時間は約 7 分です。

子どもにパパ・ママと呼んでもらいたい?

自分の子どもに何て呼んでもらいたいか、何て呼ばせようかを考えながら、期待と不安がいっぱいな妊婦は多いですよね。

わたしが子どものころに比べて、親のことを「パパ」「ママ」と呼んでいる子は確実に増えました。

わたしは子どものころからでずっと「お父さん」「お母さん」と呼んでいましすし、周りも「お父さん」「お母さん」と呼ぶ子が多かったように思います。

では、今一般的に親は子どもから何と呼ばれているんでしょうか。少し古いのですが、2009年のベネッセのアンケート調査で親が子どもから何と呼ばれているのかというものがありました。

564644cda8f0e30073c88c45479f1782

出典|パパ・ママ派が約4割。5割はお父さん・お母さん|ベネッセ教育情報サイト

お袋(おやじ)|0.2%
ママ(パパ)|39.8%
お母さん・お母ちゃん(お父さん・お父ちゃん)|52.2%
名前+さん・ちゃん|1.5%
あだ名|1.9%
その他|4.4%

「あれ?思ったよりもパパ・ママと呼ぶ子が少ない……。」それもそのはず、アンケート対象は「高校生以下のお子さまの保護者」です。つまり、幼児を対象にすれば、パパ・ママと呼ぶ割合がもっと増えることは予想できます。

そこで今回は、なぜ小さいころはパパ・ママと呼ぶ子どもが多いのか、パパ・ママの由来も合わせて調べてみました。

子どもがママと呼ぶ由来

子どもが母親のことを「ママ」と呼ぶ由来は、赤ちゃんの最初の言語と哺乳行動が基になっています。

人が最も簡単に発声できる音は、口を開いて出す母音です。産まれたばかりの赤ちゃんでも「あー」「うー」というクーイングで泣いたり、音を発したりします。

そして、生後4か月を過ぎると何らかの意思を示すために「まー」「ばー」「ぱー」「ぶー」「だー」など、子音を交えた喃語を発声するようになります。

クーイングと喃語の意味と違いは?赤ちゃんが使うのはいつから?

ロシアの言語学者であり、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学などで名誉教授を務めたロマーン・ヤーコブソン氏の研究によると、生後6か月ごろから発声する「まーまー」という呼びかけは世界中どの言語にもほぼ存在しているそうです。

つまり、母親のことを「ママ」と呼ぶのは、全世界で共通して赤ちゃんが最初に発声しやすい単語だからです。

ただし、赤ちゃんが初めて発声する「まーまー」は、ママをママと認識して出している声ではありません。

赤ちゃんが「まーまー(ma-ma-)」を最初に発声するのは、おっぱいを口に含んだときと同じ形で、赤ちゃんが最も簡単に作れる口の形だからです。

つまり、ロマーン・ヤーコブソン氏によると、赤ちゃんが母乳を飲みたくて「まーまー」の口を作ると、ママが授乳してくれるため、おっぱいをくれる人を「まーまー」で認識するようになるんです。

子どもがパパという由来

子どもが父親のことを「パパ」と呼ぶ由来は、ママの由来ほど明確ではないようです。

幼児語で父親のことを「パパ」と言うが、「パパ」は「ママ」ほど意味のひろがりはない。日本では首都圏で「ママ」と同様によく使用される。関西では「おとうちゃん」が普通である。なおパパの語源はローマ教皇を表すPope(英)と同じでありギリシャ語 παππας(pappas)→ラテン語 papa→Popeとなる。

キリスト教においては神は「父」と呼ばれる。ヘブライ語の「アッバ」(「父ちゃん」「パパ」の意)という幼児語が当てられており、畏怖の対象というより親しい存在とされている。

引用|父親 – Wikipedia

上記引用を見ると、パパの由来はローマ教皇や神様にたとえられるように、尊敬すべき対象の愛称をもじったところから来ているという説が有力なようです。

ただ、「あー」「うー」を母音に持つ子音は、赤ちゃんにとって発音しやすい言葉です。世界中の子どもにとって「まーまー」が言いやすいように、「ぱーぱー」も比較的言いやすい言葉なのは間違いありません。

子音は「まー」「ばー」「ぱー」「ぶー」「だー」の順に赤ちゃんが言いやすく、それらの音を組み合わせて「まーま」「ばーば」「ぱーぱ」「ぶーぶ」「ばーぶー」など、赤ちゃんお馴染みの言葉を話せるようになります。

赤ちゃんが話し始める時期はいつから?年齢毎の言葉の成長と発達

世界の子どもたちの親の呼び方

世界中の子どもにとって発音しやすい「ママ」、比較的発音しやすい「パパ」が、母親・父親の呼び方につながることはわかりましたが、実際に世界の子どもたちは親をどのように呼んでいるのでしょう。

アメリカなど英語圏の子どもの親の呼び方

英語圏では父親はダッド(Dad)・ダディ(Daddy)、母親はマム(Mom)・マミー(Mommy/Mummy)が一般的です。または地域によって、パパ(Papa)、パピー(Pappy)、ママ(Mama)と呼ぶようです。

子犬はpuppy

また、大人になるとダッド、マムのままかファーストネームで呼んだりします。ファーザー(Father)、マザー(Mother)は日本で言うと、第三者に対する「父」「母」と同じように使われます。

スペインの子どもの親の呼び方

スペインでは父親はパパー(Papá)・パピ(Papi)、母親はママ(Mamá)・マミ(Mami)と呼ぶことが一般的です。大人でもパパー、ママは普通に使うそうです。

第三者に対する「父」「母」の呼び方は、パドレ(Padre)、マドレ(Madre)になります。

フランスの子どもの親の呼び方

フランス語では父親はパパ(Papa)、母親はママン(Maman)です。大人でも普通に使われるそうです。

第三者に対する「父」はペール(Père)、「母」はメール(Mère)になります。

イタリアの子どもの親の呼び方

イタリア語では父親はパーパ(Papá)、母親はマンマ(Mamma)です。大人でも普通に使われるそうです。

第三者に対する「父」の呼び方はパドレ(Padre)、「母」の呼び方はマドレ(Madre)になります。

デンマークの子どもの親の呼び方

デンマークでは父親はファー(Far)、母親はMor(モア)です。大人でも普通に使われるそうです。

ロシアの子どもの親の呼び方

ロシア語では父親はパーパ(папа)、母親はマーマ(Mama)です。大人でも普通に使われるそうです。その他にも、パパーシュカ、パパーシャ、ママーチカ、ママーシャと呼ぶそう。ロシア語っぽいですね。

第三者に対する「父」の呼び方はアチェーツ(отец)、「母」の呼び方はマーチ(мать)になります。

中国の子どもの親の呼び方

中国語では父親はパパ(爸爸)、母親はママ(妈妈)です。以前は父親がディエー(爹)、母親がニャーン(娘)と使われていたそうなので、パパ、ママは今時の言い方ということですね。

第三者に対する「父」の呼び方はフーチン(父亲)、「母」の呼び方はムーチン(母亲)になります。

韓国の子どもの親の呼び方

韓国語では父親はアッパ(아빠)、母親はオンマ(엄마)です。

第三者に対する「父」の呼び方はアボジ(아버지)、「母」の呼び方はオモニ(어머니)になります。親元を離れた場合は、こちらを使うようになるようです。


他にもあるので、以下も参考にしてください。Google翻訳を使うと何となくわかると思います。

参考|外国でも現地の子供達は母父親をパパ・ママと言うんですか? – 大人… – Yahoo!知恵袋

パパ・ママとお父さん・お母さんの歴史は変わらない

こうして世界のパパ・ママという呼び方を見てみると、たくさんの国で親の呼び方のベースになっていることがわかります。

さらに、子どものころに使うパパ・ママなどの呼び方が大人になると変化することも、多くの国で普通のようです。

ちなみに、昔の日本は「おっとう」「おっかあ」でしたね。この言葉も「とー(父親)」と「かー(母親)」に「お」をつけることで、丁寧な言い方になったと言われています。

また、「おととさま」「おかかさま」という丁寧な言い方もありました。それから「おとっさん」「おかっさん」になりました。それが「お父さん」「お母さん」になったのは、明治36年に国定教科書に記載されてからだそうです。

もう1つちなみに、パパ・ママという言い方は明治中期から日本の貴族の間で流行りだしたそうです。それまでは、貴族が親を呼ぶ場合は「おもうさま(御父様)」「おたあさま(御母様)」でした。

全ての真偽は正式な文書を見なければわからないことですが、日本において「お父さん」「お母さん」と「パパ」「ママ」の歴史はそれほど変わらないということです。

そのため、以下のように考えるのはちょっと違うようですね。

「子どもに親のことをパパ、ママと呼ばせるのは変!」
「日本では昔からお父さん、お母さんが正しい!」

世界の国の常識に照らし合わせるならば、パパ・ママは幼児語に相当するので、ある程度の年齢になると「パパ・ママと呼ばれたくない親」「パパ・ママと呼ぶのが恥ずかしい子ども」が出てきます。

それが、成長によってパパ・ママの呼び方が減っていく理由のようです。詳しくは以下を参考にしてください。

子どもの親の呼び方がパパ・ママは恥ずかしい?何て呼ばせたい?

正直わたしは、「ママ」「お母さん」どちらでも構わないのですが……みなさんは子どもにどう呼ばれたいですか?

記事のURLとタイトルをコピー