児童虐待が原因で起こる脳萎縮の症状と子どもの成長の影響

f6e6581f3cb4f8a659bae1a979a3896c

この記事の読了時間は約 6 分です。

児童虐待は脳の萎縮を起こす

子どもに対する虐待は年々増加傾向にあり、平成27年度には児童相談所に対する児童虐待相談対応件数が103,260件にも増えています。

厚生労働省の調査によると、児童虐待相談対応件数は25年前の平成2年に比べて100倍近い件数に伸びています。

被害者の子どもの年齢・加害者の割合は?児童虐待相談件数と推移

同じく厚生労働省によると、保護者のいない子どもや児童虐待されている子どもなどが入所する「児童養護施設」の入所者のうち、59.5%が児童虐待を受けていたそうです(2013年2月時点約2万9900人中)。

児童養護施設の役割は以下の通りです。

児童養護施設とは?児童の利用者数と入所理由の割合は?

さて、このように児童虐待を受けた子どもが影響を受けるのは、身体的虐待による身体の傷とネグレクト・心理的虐待・性的虐待による心の傷なのですが、これらは単純に心身に傷を受けただけでなく、子どもの成長を阻害する要因になることがあります。

それが、児童虐待が原因で起こる「脳の萎縮」による影響です。

今回は、児童虐待と脳萎縮の関係、脳萎縮によって子どもが被る悪影響についてお話したいと思います。

脳萎縮(のういしゅく)とは

脳萎縮とは、文字通り脳が萎縮してしまい、脳の容積が減少してしまうことを言います。

とても怖いことのように思いますが、脳の萎縮は30歳前後から少しずつ始まっていて萎縮が止まることはありません。つまり、加齢とともに脳の機能はドンドン衰えていくものなんです。

脳萎縮の原因は様々ですが、以下の5つが代表的な脳萎縮の原因です。

脳萎縮の原因1.加齢

脳萎縮は30歳前後から始まり、特に40-60歳過ぎに顕著に現れます。

脳萎縮の原因2.アルコール

アルコールの過剰摂取は脳の神経細胞を破壊するため、脳萎縮を起こしてしまいます。

脳萎縮の原因3.脳や血管の病気

脳梗塞や脳出血などの脳の血管障害、アルツハイマー病、レビー小体病などの病気だけでなく、脳の外傷でも脳萎縮を起こします。

脳萎縮の原因4.生活習慣

運動不足や寝不足、過度なダイエットによる栄養不足など、生活習慣の乱れによって脳萎縮を起こしてしまいます。

脳萎縮の原因5.強いストレス

生活の中でストレスが長く続いた場合、また、うつ病やPTSDなどストレスが発端となる病気も脳萎縮の原因です。もちろん、ストレスの中には児童虐待が含まれます。

人生経験が少なく、ストレスを転嫁できる手段を知らない子どもにとって、児童虐待で受けるストレスはあまりにも強すぎるため、大きな脳萎縮を起こしてしまいます。

児童虐待と脳萎縮の関係性

福井大学の友田教授とハーバード大学の共同研究によると、子どものときに受けた虐待が脳に与える影響について以下のことがわかっています。

研究内容は、アメリカに住む18-25歳の約1500人の中で幼少期に児童虐待を受けた経験のある者とない者を分け、知能検査とMRI検査を行うことで、児童虐待の種類によって脳萎縮の部位と脳萎縮の割合が変わることを明らかにしたものです。

1.激しい体罰による前頭前野の萎縮──幼少期に激しい体罰を長期にわたり受けると、感情や理性をつかさどる「前頭前野」が約19%萎縮する。
2.暴言虐待による聴覚野の拡大──幼少期に暴言による虐待を受けると、会話や言語をつかさどる「聴覚野」の一部が約14%拡大する。
3.性的虐待による視覚野の萎縮──幼少期に性的虐待を受けると、視覚をつかさどる「視覚野」が約18%萎縮する。
4.両親のDV目撃による視覚野の萎縮──幼少期に頻繁に両親のDVを目撃すると、視覚野の一部が約6%萎縮する。

引用|虐待で「脳が傷つく」衝撃データ 2割近い萎縮も (1/2) 〈AERA〉|dot.ドット 朝日新聞出版

「身体的虐待」は脳の感情や理性を司る前頭前野を萎縮させ、暴言などの「心理的虐待」は会話や言語を司る「聴覚野」を拡大させ、他人に対する暴言やDVを見聞きすると「聴覚野」が萎縮し、「性的虐待」を受けると視覚を司る「視覚野」が萎縮します。

心理的虐待において一部脳の拡大が起こっていますが、こちらの理由はわかりません。虐待の鮮明な記憶が残るため、脳が拡大をするというものなのでしょうか。

児童虐待の脳萎縮によって受ける影響

脳萎縮の具体的な影響1.身体的虐待の場合

大人が暴力を振るうことで、子どもが暴力に対する大きなストレスを感じると、脳の前頭葉が萎縮してしまいます。

前頭葉は、思考、自発性、感情、性格、理性などをコントロールしているため、前頭葉が萎縮した子どもは感情をコントロールできずに暴力的になったり、物事に関心ややる気を示せなくなる場合があります。

参考|脳の解剖とはたらき|稲村脳神経外科クリニック

脳萎縮の具体的な影響2.性的虐待の場合

子どもに対する性的虐待、または身近な人の性的虐待を見ることで、後頭葉にある視覚野が萎縮してしまいます。

視覚野は、視覚対象の姿を認識し、形状の表象や長期記憶として留めておく機能があるため、視覚野が萎縮した子どもは相手の認識が薄れ、長期記憶に残さないような影響が出ます。

参考|性的虐待、体罰、言葉による暴力で脳が萎縮
参考|視覚野 – Wikipedia

脳萎縮の具体的な影響3.ネグレクト(育児放棄)の場合

親が育児放棄をすることで子どもが愛情を感じられないと、側頭葉内側の扁桃体が萎縮してしまいます。

扁桃体は、記憶力や学習能力を司り、怒り、恐れ、喜び、悲しみなどの情動的な出来事に関連付けた記憶の形成と貯蔵を行うため、扁桃体が萎縮した子どもは情緒不安定になります。

参考|扁桃体 – Wikipedia

脳萎縮の具体的な影響4.心理的虐待の場合

加害者による言葉の暴力を受けたり、身近な人に対する暴力を見ることで、 側頭葉の上側頭回、横側頭回にある聴覚野が萎縮してしまいます。

聴覚野は、音などの聴覚情報、言語情報の処理を担う領域のため、聴覚野が萎縮した子どもは聴覚や言語の発達に障害が起こる可能性があります。

躾と児童虐待の境目は愛情が共有できているかどうか

加齢、アルコール、病気など、本来であれば脳萎縮の原因は、子どもにはあまり関係がないものばかりです。

ところが、児童虐待で子どもが大きなストレス受けると、子どもは脳萎縮を起こし脳の成長に大きな影響を及ぼしてしまいます。

では、強く叱ること、おしりを叩くこと、兄弟が強く叱られるところを見ることは虐待にあたり、子どもの脳萎縮に繋がるのでしょうか。

子どもが児童虐待によって大きなストレスを感じるのは、叱ることに親の愛情がなく、子どもも親の愛情を感じることができないためではないかと思います。

もし仮に、親が愛情を持って強く叱ったり、おしりを叩いたとしても、子どもが親の愛情を感じられなければ、身体的虐待や心理的虐待として、脳の萎縮につながる可能性があります。

小さな子は愛情という言葉の認識が難しいため、対象が信用できるかどうかが大切になります。子どもにとって対象が信用できるかどうかは、普段の接し方で決まります。

そのため、親がいくら「これは躾だ!うちの子は全てこうやって育てるんだ!」と言っても、子どもが親を信用できなければ、親の行為は躾ではなく虐待ということになります。

わたしたちが良い躾をして子どもを良い未来に導くためには、子どもとの信頼関係が成り立っていなければいけません。つまり、普段の子どもに対する愛情表現の仕方と愛着関係の築き方が大切になるということですね。

参考|子供の脳が萎縮する、危険な「触れ合い不足」 | 家庭 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

記事のURLとタイトルをコピー