赤ちゃんの出生届とは?提出期限はいつまで?遅れたら罰金?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

出生届は戸籍登録のために必要

赤ちゃんが産まれたら、必ずするべきことの1つに「出生届(しゅっしょうとどけ・しゅっせいとどけ)」の提出があります。

出生届を区役所や市役所などの地方自治体に提出すると、赤ちゃんは晴れて日本国民の戸籍を得て社会の一員になることができます。

もし、何らかの理由で出生届を提出しなければ、その子は無戸籍者ということになります。無戸籍者は学校に通うことができません。自動車の免許が取れません。公的な結婚もできません。

それどころか、予防接種や補助金など、赤ちゃんや家族にとって無ければ困る様々な制度も受けられません。

現在、日本には1万人ほどの無戸籍者がいるそうです。ほとんどの無戸籍者がやむにやまれない事情によるものですが、親の怠慢や政治的な主張によって赤ちゃんを巻き込むケースもわずかながらあります。

参考|【私は戸籍が32年間ありません】~無戸籍者、国内少なくとも1万人の可能性~

やむにやまれない事情は国の法律と国民の声によってなんとかしなければいけませんが、それ以外の理由で赤ちゃんが将来に渡って受けられる権利を放棄することがあってはいけません。

と、この話はまた別にするとして、要は赤ちゃんが産まれたらちゃんと出生届を出して戸籍登録をしましょうね、ということです。

今回は、出生届の提出方法や期限・その他注意点を簡単にまとめてお話したいと思います。

出生届(しゅっしょうとどけ)とは

出生届とは、戸籍法第49条から第53条までに定められた法務局の戸籍課が管轄する届出書類のことです。

届出義務者(嫡出子及び認知した私生子の届出は父親、非嫡出子の場合は母親)が出生届を地方自治体に提出して、受理されることで、子どもの出生が公的に認められ、父母等の戸籍上に記載されます。

出生届の読み方

出生届の読み方は、正式には「しゅっしょうとどけ」ですが、「しゅっせいとどけ」と読んでも問題ありません。

日本を「にっぽん」と読んだり、「にほん」と読むようなものですね(正式には「にっぽん」ですが)。

出生届の提出期限と提出先

出生届は、赤ちゃんが戸籍を認められて、様々な権利を発生させるために必要な書類です。そのため、提出期限には特に注意してください。

1.出生届の提出先

出生届の提出先は市区町村役所の窓口です。基本的には夫婦どちらかの住民票がある市区町村役所に提出する書類ですが、以下の市区町村役所に提出しても構いません。

出生届の提出先
1.夫または妻の住民票がある市区町村役所
2.夫・妻の本籍地の市区町村役所
3.赤ちゃんを出産した病院の市区町村役所
4.旅行中・里帰り出産の場合はその市区町村役所

出生届は、土日祝日問わず24時間365日いつでも提出できますが、窓口担当者が不在の夜間や休日の場合は、夜間窓口や通用口の守衛さんに預けます。

ちなみに、児童手当や各種助成金は、親の住民票がある地方自治体でしか申請できません。そのため、上記2、3、4が夫または妻の住民票がある市区町村でない場合は、もう一度赤ちゃんの住民票を移す手続きをすることになります。

2.出生届の提出期限

出生届は、赤ちゃんの出産当日を含む出生後14日以内に、市区町村役所の窓口(戸籍課など)に提出しなければいけません。赤ちゃんが産まれた時間が23時59分でも1日と数えます。

もし、14日目が日曜日や祝日・祭日の場合は、提出期限が翌日に延長されます。日曜と祝日が連続する場合はさらに翌日に延長されますが、年末年始など大型連休の場合は対応が変わる可能性があるため、当該市区町村役所に確認しておきましょう。

3.出生届の提出期限が過ぎた場合

出生届の提出が14日間の期限を過ぎて行なわれる場合は、出生届とともに「戸籍届出期間経過通知書」に遅延した理由を記載して、市区町村役所に提出する必要があります。

戸籍届出期間経過通知書とは、出生届の提出期限を過ぎた旨を簡易裁判所に通知する書類のことで、場合によって「過料」という罰金が科せられます(戸籍法第135条)。過料は5万円以下の罰金です。

もし、何らかの事故や天災などで14日の期限が過ぎてしまった場合は、出産した病院や警察署で「届出遅延理由書」を発行してもらい、届出が可能になった日から14日以内に、出生届と届出遅延理由書を提出します。この場合は、過料の必要はありません。

また、14日以内に子どもの名前が決まらない場合は、出生届の提出期限内に「子の氏名」欄を空欄にして提出すれば、一旦戸籍が作成されるため遅れたとはみなされません。その場合、名前が決まった後に「追完届」を提出して戸籍の修正依頼をすることになります。

4.国外出産の出生届の提出期限と提出先

外国で出産をした夫婦が以下に当てはまる場合は、日本の戸籍対象として出生届を提出しなければいけません。

・日本国籍を持つ日本人夫婦
・外国人夫と結婚した日本人妻
・日本人夫と結婚している外国人妻
・外国人夫と結婚していない日本人妻

もし国外で出産した場合は、出生届の提出期限は出産日から3か月以内となります。3か月以内に日本に戻れない場合の届出先は、その国の日本大使館や領事館、または夫婦の住民票がある地方自治体への郵送で手続きを行います。

出生届を郵送する場合は夫婦の本籍地の市区町村役所でも良いのですが、移転手続きを考えると住民票がある地方自治体に送った方が良いでしょう。

出生届書の準備と書き方

出生届の用紙は、市区町村役所の戸籍課や出産した病院などでもらえます。また、各市区町村役所のサイトからダウンロードすることもできます。

出生届はA3用紙で「出生証明書」と一体になっており、左半分の出生届は夫婦どちらかが記載し、右半分の出生証明書は出産した病院で記入押印してもらう必要があります。

出生届の書き方は以下を参考にしてください。

嫡出子?職業?満年齢?出生届の正しい書き方と記入例

出生届は誰が提出をするか

出生届の「届出人」の欄は「父か母」で、署名押印が必要です。ただ、出生届を市区町村役所に提出する人は、父母以外の以下の人でも問題ありません。

・同居者(兄弟や両親など)
・出産に立ち会った医師や助産師
・法定代理人(色々あるが赤ちゃんの親が未成年の場合など)

出生届の提出期限は出産後14日以内なので、普通は父親が市区町村役所に提出するパターンが多いでしょう。

母親が何らかの理由で動くことができず、父親が不在の場合は、市区町村役所や出産した病院に問い合わせてどのような方法がとれるかを検討しましょう。

出生届の提出には書類以外の持ち物も必要になるため、それらも代理で市区町村役所に持っていってもらうことを考えると、なるべく身近な人・信頼できる人が良いとは思います。

出生届の提出に必要な書類など

出生届を市区町村役所に提出する際は、以下の書類なども必要になります。忘れずに確認しておきましょう。

出生届に必要な書類など
・出生届(出生証明書と一対)
・出生通知書
・母子健康手帳
・世帯主の健康保険証
・届出人の印鑑
・身分証明書(免許証など)
・外国人登録証(養育者が外国籍の場合のみ)

世帯主がわからなければ、市区町村役所で住民票を取得して確認してください。出生通知書は、市区町村役所によって必要な場合もあります。出生通知書の詳細は、以下を参考にしてください。

新生児出生通知書と低出生体重児の届出の役割とは

印鑑はシャチハタではダメです。身分証明書は、届出人の免許証や保険証などです。

母子健康手帳は「出生済み証明」欄に出生届が受理されたことを記入押印してもらう必要があるため、市区町村役所が閉庁時に夜間窓口や通用口の守衛さんに預けた場合は、もう一度行かなければいけません。

母子手帳はいつもらう?引越しても使える?紛失時は再発行?

出生届のついでに児童手当など

出産でバタついているのはママだけではなく、家族みんないっしょです。そのため、なるべく必要な手続きはまとめて行っておきたいものです。

出生届を提出した際に「児童手当」「出産育児一時金(出産一時金)」「乳幼児医療費助成制度」の申請もいっしょに済ませてしまいましょう。

これらの申請方法など、詳しくは以下リンク先を見て欲しいのですが、概ね以下の持ち物が必要になります。

・健康保険証(加入者のみ)
・預金通帳(父・母名義or児童手当等申請者のもの)
・身分証明書(必要な場合も)

赤ちゃんが国外で生まれた場合は手続きが違う場合があるため、住民票がある市区町村役所に問い合わせてください。

また、乳幼児医療費助成制度は、赤ちゃんの健康保険証ができていなければ、できた後に健康保険証の写しを提示する必要があります。児童手当、出産育児一時金の詳細、また赤ちゃんの健康保険証の作り方は以下で確認してください。

こども手当と違う?児童手当の申請手続き・受給額・支給月など

出産育児一時金で42万円!国保と社保の違いは?差額の扱いは?

子どもは医療費が無料?乳幼児医療費助成の手続きと年齢・所得制限

赤ちゃんの健康保険証はいつ必要?社保と国保で加入手続きは違う?

出生届で押さえる注意点

出生届の提出に際して、いくつかの注意点を押さえておきましょう。

出生届の注意点1.ちゃんと戸籍登録されているか

出生届を提出して戸籍登録がされることで、その家に1人家族が増えたことを国や地方自治体が認識できるようになります。そのため、ちゃんと戸籍登録されているかを確認しておきましょう。

出生届の注意点2.子どもの名前・漢字に間違いがないか

赤ちゃんの名前に使えない漢字を書いてしまった場合は、出生届の再提出です。漢字は役所の窓口で使えるかどうかをチェックされます。

また、出生届に記入する名前は公的な手続きのため、一度受理されると変更が難しくなります。たとえ漢字を間違えても、「間違えたから修正して。」と簡単にはいきません。

名前は自分のものですが、後から改名するには裁判所での許可が必要になります。そのため、赤ちゃんの名前を決める場合は、以下を参考にして予め名付けのルールを知っておきましょう。

姓名判断・画数・漢字検索など赤ちゃんの名付け参考になるサイト一覧

出生届の注意点3.国外で出産したか

初めから予定をして国外で出産できれば良いのですが、突然国外で出産になると現地のことが全くわからずに入院することもあるでしょう。

その場合、出生届の提出期限は3か月ですが、バタバタとしてついうっかり忘れてしまうかもしれません。先に大使館や領事館に連絡をとって、出生届の手続きを行うなど慌てずに対処しましょう。

出生届の注意点4.出生届が再提出になったか

生年月日や使用不可文字などの記載ミスがある場合は、出生届が受理されずに再提出になります。面倒ですが、仕方がありません。

また、手続きに必要な母子健康手帳を忘れたり、印鑑を間違えた場合も受理されません。出生届の再提出は割とよくある話なので、14日間の期限ギリギリではなく余裕を持って提出するようにしましょう。

記事のURLとタイトルをコピー